自己愛性人格障害の被害にあってしまったあなたが次の恋愛で幸せになるうえで気をつけたいこととは?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまったあなたが

次の恋愛で幸せになるポイントについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

相手に寄り添いすぎる面が

あります。

 

男性に尽くす女性というのは

日本の美徳であったり、

理想の女性だと言われることが

あるのですが、

あまり自分を犠牲にしてまでも

相手に尽くしすぎると

自己愛性人格障害ではなくでも

調子に乗ってしまう男性も

多くみえます。

 

付き合いだしたばかりのころは

相手に尽くすことによって

いい子だな、と思われたり

感謝されたりということも

あるのですが、

だんだんとあなたの優しさに

無意識のうちに

甘えてしまうようになります。

 

そしてそれも時間がたち

お付き合いが

どんどん進んでしまうと

それが当たり前になってしまい

感謝すらされなくなってしまい

やっていないと逆に

「やっておいてよ!」などと

怒られたりして

あなたが大切に

扱われなくなります。

 

 

一度、自己愛性人格障害の被害に

遭ってしまった女の子は

ただでさえ

とても長い時間、無駄にしていると

思いますので

次の恋愛はできるだけ早く

いい人をつかんでほしいと

思います。

 

まず、あなたの自己肯定感が低いと

こんな自分が

付き合ってもらえるなんてと

それだけで感謝してしまい、

少しくらいひどい扱いを

受けたとしても

我慢してしまったり

彼を怒らせないように

あなたの方ばかりが努力するように

なってしまいます。

 

 

ですので、次は

彼の方もあなたのために

同じくらい寄り添ってくれているか

よく見たほうがいいと思います。

 

本来男性は、女の子に頼られると

自分がそれだけ頼りがいがあると

思われていると思い

自尊心を上げて満足する

生き物です。

 

 

もちろん自己愛性人格障害のひとも

自尊心を上げてくれる人は

好きですから

尊敬してもらったり

自分が頼りがいがある男性だと

女の子に思われていることに

関しては

とても満足するのですが

それでも、

自己愛性人格障害のひとは

そんな女の子も自分よりも上に

立ちそうになると

全力でつぶしたくなります。

 

あなたにそんな気がなくても

たとえばあなたに得意なことが

あったり

彼が好きなあなたの魅力にですら

やきもちを妬くようになります。

 

 

だからあなたが次に

男性を選ぶときは

あなたが彼を認めたり、

彼の魅力に惹かれることも

もちろん大事なのですが、

彼もあなたのことを認めてくれたり

いつまでもあなたの魅力を

喜んでくれるか

きちんと見てください。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の彼女が魅力的になるだけでも

(例えば美容院に行くとか

新しい洋服を買うなど)

やきもちを妬いて

つぶしたくなります。

 

 

Tiaraの経験で言うと

いくらTiaraがおしゃれをしても

新しい靴を買っても

「あ、新しいの買ったね!」などと

褒めてくれたことがありません。

 

彼自身もおしゃれな人だったので

そういうところに

目がいかないはずはないと

思ったので

少し変だなとは思ったのですが

恥ずかしくて言えないのかな?

などど勝手にいい方向に

考えてしまっていました。

 

ちなみに

恥ずかしくて

褒められないタイプでも

ありません。

 

映画のワンシーンのようなセリフも

さらっとさりげなく

なんの照れもなく言える人です。

 

自己愛性人格障害のひとには

こういった人が多いのですが。

 

もしくは顔を赤らめて

「可愛いね。」

と言ったりするタイプも

いるようですが

共通して言えるのは

だんだんとそういった

誉め言葉を言わなくなることです。

 

これは普通の男性と

お付き合いをしていても

付き合いが長くなると共に

あることだとは思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

本当に全く徹底して

言わなくなるのです。

 

言うとしたら

あなたが離れていきそうだと

予感したときや

別れるまで行かないとしても

あなたの方が

少し冷めてきてしまったときに

(いわゆるマンネリ化したときなど)

いうことがありますが、

基本はディスってからかったり

何も言わなくなることが多いです。

 

普通の彼の場合、

マンネリ化して、

だんだん言わなくなったとしても

ふとした時に

「あれ?これ可愛いね!」と

ほんとにたま~に言うことは

あるのです。

 

とにかく普通の男性は

いい時も悪い時も自然です。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

気づくとどんな時も

不自然にあなたの気持ちを

不安にするような

行動や表情をするのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

普通の人の違いが分かるようになると

明確に違うということが

分かるのですが

これも感覚的なものなので

言葉で表現するのは

少し難しいです。

 

ですが、一度

自己愛性人格障害の被害に

遭ったあなたなら

ある程度は見分けがつくでしょう。

 

次にあなたがパートナーを

選ぶときは

あなたが彼といて

自然にふるまえるかを

常に意識してください。

 

あなたの方が彼に気を使って

前もって不安を隠したり

言いたいことが言えなかったり

なぜか彼が不自然に機嫌が

悪くなる機会が多いと

感じたときは

彼はあなたの気持ちを

大事にしていないかもしれません。

 

普通の男性は好きな子が

無意味に不安になったり

けんかになりそうになる原因を

避けようとします。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなたが不安になるような

要素をちらつかせ

あなたが普通でいられなくして

しまうのです。

 

自己愛性人格障害のひととは

本当に他人の気持ちは

どうでもいいので

どれだけ傷つこうが

どんだけみじめになろうが

まったく気にかけないのです。

 

むしろあなたが

みじめな気持ちになればなるほど

高揚して興奮するので

こういった男性と一緒にいることは

あなた自身を不幸にしてしまうと

自覚し

あなたの心を

大切にしてくれる人を選び

あなたのそばに置いてください。

 

あなたの気持ちを

大切にしてくれる人が

あなたがそばにいるべき

パートナーなのです。

 

優しい人ほど

自分を大切にしてくれる人を

選ばないといけないということを

頭に叩き込んでおいてください。

自己愛性人格障害のひとの言うことがころころと変わる訳とは?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

言うことがころころと変わる訳について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

息を吸うように嘘をつくと言いますが

なぜそんなことをするのでしょう?

 

そのことについて

ひもを解いていきます。

 

自己愛性人格障害のひととは

幼いころの経験により

自尊心を無くしてしまってそのことから

自分が生きている価値がないと

思い込んでいます。

 

 

そしてそのことが

世間の人にばれることを

極端に恐れている病気です。

 

そして、本当はそんなこともないのに

勝手に周りから捨てられることを

極端に恐れているので

そうならないように

あらかじめ、見せかけの自分を

とても価値のある有能な人物だと

思われるように

必死で努力を続けています。

 

そのやり方は

個々の

自己愛性人格障害のひとの

キャラクターによって違い、

尊大で立派な人物を演じる人もいれば

知的で有能なところを見せるタイプも

いますし、

いい人でとても親切な人を

演じるタイプもいれば

若くてイケメンなら

可愛くて甘え上手な面を

見せるタイプもいます。

 

そしてそうやって

人の心に上手に入り込んだ後で

都合によっては急に不機嫌な態度をとったり

昨日まで優しくしてくれている、

と思っていたのに

今日は急に無視しているかのように

あなたの存在を除外する、ということをして

不安にさせます。

 

場合によってはあなたが、

「どうしたの?」と聞くことも

あると思いますが、

「ううん。なんでもないよ?」と

あなたの勘違いかのように

思わせてくるときもあります。

 

実は、自己愛性人格障害のひとは

そういったことを故意にしながら

あなたの様子を見て

あなたがそういった理不尽なことを

耐えるタイプの人か

ということを判断していきます。

 

 

そしてあなたの方も

そういうことをされると

次に彼が

不機嫌な態度をとったりするときがあっても

もしかしたらまた勘違いなのかな?

と思ってしまい

彼の態度に不安になりながらも

我慢してしまったりして

だんだんに

あなたを操作しやすくしていきます。

 

そうやってあなたは

彼の都合のいいように

彼のご機嫌を取るように

調教されていくのです。

 

普通の人は

わざわざそんなことをすることなく

普通に生きているので

自己愛性人格障害のひとが

日常的にそんなことをしているとは

なかなか気づくことはありません。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

そうやって毎日、

何かを人よりもできるようになるために

必死で努力しづつけているので

自己愛性人格障害のひとのほうが

極めて何か特別な能力を

持っていることも多いです。

 

人間とは不思議なもので

その心の奥底にどんな思いがあろうと

必死で努力をし続けて

尊大な魅力を魅せつけていることから

それがたとえ嘘だとしても

本当のことのように見せていくことによって

本当にできるようになってしまうことも

あるのです。

 

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

常にそうやって

自分に都合のいいことだけを考えて

それに合わせて言うことを

ころころ変えるので

本当の自分というものがありません。

 

常に人から見て立派に見えることだけ

いい人に見えることだけを軸にして

周りを固めてくので

本当の気持ちというものがないのです。

たとえば上司もの味方をしていたほうが

その上司に良く思ってもらえると

判断したときは

たとえ部下のほうが正しいことを

言っていたとしても

上司の味方をします。

 

ところが

その上司がひどいことをしている、と

評判が立ってきた瞬間に

自分も実はそう思っていた、

とコロッと態度を変えるのです。

だから周りの人は

全然気づくことがありません。

 

やはりあの人は優しい人だから

正しい判断ができていたんだな、と

自己愛性人格障害のひとを

悪く思うことがないのです。

 

ですが、そこに

自己愛性人格障害のひとの

本当の思いというものはなく

ただ、自分が

いい人に思われることだけです。

 

だから自己愛性人格障害のひとは

評判が落ちることがないのです。

 

たとえば恋愛に関しても

今まで付き合ってきた人に

ターゲットとして

自分のいら立ちを彼女にぶつけたり

優しくして

彼女から絶大な信用を得ているときは

満足していますが

自分の彼女よりもきれいな子や有能な人物、

その他、この人についていたほうが

有利になる、

と判断した場合は

簡単に乗り換えることができます。

 

ですが、その瞬間

ひどい人呼ばわりされてしまうことに

なってしまうと

また平気な顔をして

元の彼女のほうがいいと思っていたが

その人から迫られて仕方なく

優しさから、あるいは同情心から、など

いろいろな理由をつけて

自分がいい人だったからこそ

その人の面倒を見てしまった、

などと言ったりします。

 

元の彼女に戻ることがありますが

ただどちらが都合が良かったのかを

見ているだけです。

 

 

そういった理由から

結婚しないと後に引けない、

という場合には

結婚することもありますが

それも本当にその人と結婚したい、

と思ってしているわけではなく

そのほうが都合がいいから

結婚しているだけなのです。

 

ですが、口では

「もちろん初めから

彼女と結婚するつもりだったよ」

などというので

本当のことが分からないのです。

自己愛性人格障害とは

自分の都合次第で平気で

真逆のことを言い出すので

まったく信用ができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとを

信じてしまった人は

本当に不幸で

その不幸の原因でさえ

あなたのほうに原因があると

されてしまうのです。

 

Tiaraはいろいろな人の

相談を受けているので

いろいろなパターンを聞いていますが

自己愛性人格障害のひとの考え方は

本当に面白く

パターン化されているので

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

ほとんど自己愛性人格障害のひとのやり方が

最終的には分かってしまい

彼が自己愛性人格障害だと気付くのです。

 

このように自分の都合によって

言うことがころころと変わる

自己愛性人格障害のひとを信じてしまうと

かなり長い時間を無駄にしてしまうので

気づいた時点からあまりかかわるのを

やめるようにしましょう。

 

 

自己愛性人格障害の被害から逃れるためには

自己愛性人格障害のひとと距離をとることが

あなたの心を守る最大の解決法なのです。

 

 

自己愛瀬人格障害のひとは

治ることがありません。

 

彼を治すよりも

あなたの周りの人間関係を

きちんと選べるようになることが

自己愛性人格障害から

あなたを守るための

最大の解決法になるのです。

自己愛性人格障害の本当の怖さ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の

本当の怖さについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraのところには

毎日、自己愛性人格障害の彼と

別れたくないとか

何とかやっていけないか

アドバイスしてほしいという相談が

あります。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のことを信用してもらうために

初めに何年かかけて

素敵な気分を味わわせて

くれますから

彼が変わってしまったことには

何か原因があり

それを改善して

また元のような幸せな関係に戻りたい、

と思うことは

自然なことだと思います。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

すべてが普通の人と逆で

本人も

わざわざ意識しているわけではないのですが

心のどこかで

自分がどれだけひどいことをしても

相手に受け入れられるという服従関係を

願っていて

それほど極端な

関係の持てる相手がいることでしか

自分の存在を認められないほど

自尊心のつぶれた心情の中

苦しんでいます。

だから無意識のうちに

自分が優位に立てる存在を見つけてしまい

初めはとても臆病なので

自分の良いところを見せたり

少しだけ相手が気づかない程度に

嫌な思いをさせて

それでも相手が許してくれて

次の瞬間に普通にしゃべってくれたり

逆に相手の方から

自分に気を使ってくれるところを見て

この人には

自分が少しくらいひどいことをしても

許してくれる寛大な心の持ち主だと

安心しています。

 

そしてその安心できる存在に

自分のことを最大限

好きになってもらうために

いろんなプレゼントをしたり

思いやりを見せたり

「君のことを全力で守る」と

ドラマのワンシーンのようなことを

言ったりして

女の子を信用させていきます。

 

ほとんどの被害者が

自己愛性人格障害のひとのことを

悪く言うことはなく

またそういう人に限って

どんどんびっくりするほど

ひどい目に遭っていきます。

 

女の子をさんざん本気にさせ

そしてまるで女の子の方に原因があるから

冷めたり、冷たくなったりした、

というようなスタンスをとっていきますが

自己愛性人格障害のひとに限っては

そうではなく

あなたが何をしようとも

何もしまいとも

同じような結果になり

あなたの自尊心を

ズタズタに傷つけていきます。

 

その傷つけ方が

尋常ではなくひどいのです。

 

それは女の子が仮に

何かしてしまったから

お別れすることになってしまったとしても

今まであれほど「あなたしかいない」

と言っていたのに

何もなくても急に

本当にちょっとしたことをきっかけに

それほどひどい態度になる?と

驚くほどひどいことになるのです。

 

 

そしてそれはたいていの場合

何度も繰り返されるので

周りの人からは

分からないかもしれませんが

やられている本人は

さすがに何かおかしい、と気づいて

Tiaraのサイトにたどり着くのです。

 

また自己愛性人格障害の被害に

遭う人もまた

彼が病気だと気付かないうちは

心当たりがないとしても

こじ付けて、自分の悪いところを

何とか導き出そうと自らがしてしまい

勝手に必死で努力していきます。

 

 

そしてどれだけ努力をして

彼に寄り添おうとしても

自己愛性人格障害のひとのほうが

あなたに寄り添う気はまったくないので

最後には本当にごみのように

捨てられてしまいます。

 

そしてそのあとも

自己愛性人格障害のひとは

紳士的な雰囲気を貫き通し

まるで自分は何もしていないかの行動を

とるのです。

 

恋愛だけでなく

このような男性を

何度も見てきているので

あれだけ残酷なことをしていたにも関わらず

「どうしたんですか??」

というような態度の男性を見かけると

すぐにこの人は自己愛性人格障害だと

分かります。

 

自己愛性人格障害のひとは

恋愛に限らず

こういった態度を

あらゆる場面でとり続けているのです。

自己愛性人格障害のひとは

はたから見てあからさまに分かるような

大声を上げる、とか

暴力を振る、とか怒鳴り散らす、

というようなことはほとんどせず

行動と雰囲気だけで

相手を追い込むことができるので

本当に近くで

少しでも関わっている人にしか分からず

しかも近くで関わっている人も

気づいていたとしても

ほとんど口に出すことがないので

いくらでもごまかしがきくのです。

 

自己愛性人格障害のひととはそうやって

自分を頼ってくる人を限界まで追い込んで

その場にいられないようにし

その姿を見ることで満足するために

なんの罪もない人を

落とし込み続けているので

できるだけそばにいないようにしましょう。

 

そしてあなたの心を守るためにも

あなたのせいではなく

どうしてもそうしてしまう

自己愛性人格障害という

病気の人がいるということを

理解しておくことが大切なのです。

自己愛性人格障害のひとは自分を守るために何の罪もない相手を犠牲にする

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとの

自分を守るために

人を犠牲にする無関心力について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは

自分軸よりも他人軸で動く人が多いです。

 

自分の気持ちが少々乗らなくても

相手が乗り気なら

自分の気持ちを100%隠して

「行きたいね!」などと

合わせてしまうことのほうが多いし

それで自分が嫌な気持ちになることも

ありません。

相手が喜んでくれることが一番なので

初めは乗り気じゃなかったとしても

相手が楽しむところを見ていることにより

いつの間にか自分まで

楽しくなってきたりします。

 

ですので

Tiaraはそれが悪いことだとは

まったく思っていませんでした。

 

だって結果的に自分も楽しめてしまうし

恋人同士なら

それで仲良くなることも多いので

特なことしかありません。

 

Tiaraもこの性格のおかげで

小さいころから友達と仲良くなったり

友達の輪が広がることも

多かったと思います。

 

ですが、相手が自己愛性人格障害だった場合

この性格は

とてもひどい目に遭ってしまうことに

なってしまうのです。

 

そもそも自己愛性人格障害のひとは

自分の話しか興味がないのですが

他人軸で動く人というのは

それがまったく嫌ではありません。

 

むしろ自己愛性人格障害のひとの

魅力的な面を見て

惹きこまれてしまうことが多いのです。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

頭脳明晰でクールに

どんなことでも瞬時にこなしてしまうので

その鮮やかな立ち振る舞いを見るだけでも

とても尊敬できましたし

とても楽しい思いをしていました。

 

自己愛性人格障害のひとにとっては

尊大な魅力が充分に認められるので

とても満足すると思います。

 

これが自己愛性人格障害のひとと

自分のことはほとんど持っていなくて

他人軸で動く人とくっつきやすくなる

特徴の1つでもあります。

 

そして

尊大な自分の魅力を

魅せつけることができるので

あなたが

周りの人の前で尊敬の態度を

見せますので

こういった人をなかなか離さなくなります。

 

 

結果として付き合いが

とても長くなってしまうのですが

そして相手をののしるときも

何もなくてももっともらしく話をするので

とてもこじつけには見えません。

 

 

あなたが分かってくれないからだよ?

とか

俺の気持ちがわかってないんだね?

と言われてしまうと

突然何の前触れもなしに

機嫌が悪くなってしまう彼に

あなたが気づいていなかったから

彼を怒らせてしまったのではないかと

自分を責めてしまうので

まったく気づかないし、

なんの意味もなく無視をしたり

機嫌が悪くなったりしても

正当化されてしまいます。

 

 

周りの人だけでなく

あなた本人まで

自分が何か悪いことをしたのではないか?

と思ってしまうのです。

 

自分軸で動く人は

自分が何もしていないのに

相手の人が機嫌が悪くなったり

急に無視をしたりしても

自分が悪いとは思いません。

 

明確な納得できる理由もないのに

勝手に反省したりしないので

口に出すか出さないかは別として

自己愛性人格障害のひとに

不信感を持つのです。

 

もちろん納得できる理由が分かれば

反省もするし彼に対して謝ったりすることも

あると思うのですが、

理不尽な目に遭えば

不信感をいだきますので

自ら、自己愛人格障害のひとと

距離を置くと思いますので

彼から別れ話を出されたとしても

納得して別れてしまうかもしれませんので

自分からごめんなさいと謝ったり

むやみにすがりついたりしません。

 

しかも自己愛性人格障害のひとも

こういった人には

嫌がらせをすることができませんので

自分軸で動いている人には

自己愛性人格障害の

被害に遭うことはないのです。

 

他人軸で動いてしまう人は

自分に何の心当たりがないとしても

あの時の自分の態度が

いけなかったのではないか?とか

彼の気持ちを無視するような行動を

知らない間に

起こしてしまっていたのではないか

とやってもいないことを反省したりするので

どれだけ被害に遭っても分からず

自分からごめんなさいと謝ってしまったり

無視をされていても

すがりついてしまったり

してしまいます。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

自分が責められることがないので

好都合なのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭わないためには

まずは自分軸で考えてみる

癖をつけるといいでしょう。

 

そして自分がなにかをした

心当たりがあるときには

きちんと相手の立場に立って

考えることができるようにすると

きちんとどちらのせいかを

明白にすることができ

ごまかされてやってもいない

罪を背負うことがなくなるのです。

 

やったほうが

「どちらのせいか、

明白にする必要がない。」

という時には

寛大なふりをして

自分の罪をごまかしていることがあるので

よく気をつけて

相手を見るようにしましょう。

自己愛性人格障害のひとのモラハラの始まり方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

モラハラの始まり方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性い人格障害のひとは

初めは取り込み作業から入ります。

 

あなたに自分がいかに素敵かを魅せつけ

そしてそのうえで

あなたをどれほど思っているか

アピールしてきたり

困っているときにさっと取り入って

瞬時にあなたの問題を

解決してしまったりします。

 

自己愛性人格障害の人は対人技術を

極めているので

とても感じがいいうえに

何かにつけて人に負けることに

恐怖を感じているので

必要以上に努力を重ねている人が多いので

普通のひとよりも解決できる問題が

多くあります。

 

あなたが困ったときに

素敵だと思っている自己愛性人格障害のひとが

さっとトラブルを解決してくれると

あなたはなんて素敵な人なんだろう

と感激してしまうでしょう。

そんなもともとは

普通の人よりも感じのいい

自己愛性い人格障害のひとが

いつのタイミングから

あなたに嫌がらせをしたり

あなたの犠牲を求めたりしてくるように

なるのでしょう。

 

あなたにとって

何度か疑問点をいだく場面はあるかと思いますが

妙に納得してしまったり

あれ?気のせいかな?とおもっったりするほど

一瞬で元のいい人に戻ってしまうので

なかなか気づかないかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

確実に少しづつ

あなたに気付かれないように

モラハラ行為を強めてくるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

誰にでもモラハラができるわけではなく

ある特定の

嫌がらせをしても自分に害のない人に限って

こっそりと

周りの人にも気づかれないように、

もしくは周りの人が

あなたの方が悪いのだから

自己愛性人格障害のひとが

怒っても仕方がないね

と思ってしまうほど

あなたのことを悪く思ったときに

モラハラ行為が始まります。

 

そうなるために

あなたはこっそりと悪く思われるように

少しづつあなたの悪い噂を

自己愛性人格障害のひとに

流されているのです。

 

あなたは本当はとても良い人なので

そんなことをされているとは

疑ったこともないと思います。

 

そんな穏やかなあなただからこそ

狙われてしまうのです。

そしてあなたと出会ってから

自己愛性人格障害のひとは

この子にはモラハラをしても

大丈夫な人かどうかを

きちんと判断してから

モラハラ行為を仕掛けて来て

あなたの苦しむ顔を楽しむのです。

 

あなたの優しいところや

ちょっとしたことで人を疑わないところ

少し嫌な顔をされたり

無視をしていても

今日は嫌なことでもあったのかな?と

相手を理解してあげようとする寛大な心を持っている

と確信したときに

自己愛性人格障害のひとは

あなたをターゲットにしてもいいと判断します。

 

普通の人が思っていることと

逆のことをするのです。

 

普通の人は

何もしていない人が嫌がらせをされたり

悪い噂が流れたりすることはないと

思っています。

 

 

だからうわさが流れたり

嫌がらせをされているところを見た時点で

何も知らないくせに

あなたに原因があると思ってしまいます。

 

そんな人が

世の中にはたくさんいるのです。

 

嫌がらせをされたり

ターゲットになってしまった人は

自分が悪いことをしていないと

知っていますので

どうして嫌がらせをされたり

悪い噂を流されたりしなければいけないのかと

理解に苦しむのですが

あなたが味わっているその理不尽な気持ちに

自己愛性人格障害のひとは

満足感を得るのです。

 

 

そしてそのために

ターゲットを常に作っては

自分より下の人やみじめな人を見て

自分のほうが上だと安心するのです。

 

 

そしてそのために

自己愛性人格障害のひとは

常にターゲットを作り続けるのです。

 

その人が耐えられなくなり

会社を辞めたり、

その場からいなくなったりすると

また別の誰かを探してターゲットにします。

 

誰かがみじめな状態になっているところを

見続けていなければ

自分がみじめな存在のように思えてきてしまい

恐怖に苦しむのです。

 

 

その苦しみから必死で逃れるために

ターゲットを作って

立場を落としていきますので

悪いことをしている自覚がありません。

 

それに自分がそんなひどいことをする人間だと

認めることも

耐えられないのそこから逃れるために

本当にターゲットが悪いと

自分でも思い込むのです。

 

自己愛性人格障害のひとに狙われる人は

自己愛性人格障害のひとを信じてついてきた

優しい寛大な人なのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

捨てられることで傷つく人は

喜んでどんどん傷つけていくのです。

 

優しい人ほど一緒にいる人は

選ばなくてはいけない、

とTiaraは思っています。

 

みじめな存在になって

その場にいられなくなるくらいなら

相手が自己愛性人格障害だと気付いた時点で

その場から離れたほうが

より安全なのかもしれません。

 

残念ですが

自己愛性人格障害のひとがいたときは

その場から離れるほうが

一番被害が少なくてすむのかもしれません。

自己愛性人格障害の被害者が長続きする恋愛をするために

こんばんは♡

今日は、長続きする恋愛をするために

自己愛性人格障害の被害に遭ったあなたが

心がけることについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの大切な彼が

自己愛性人格障害だったことは

とてもショックが大きかったと思います。

 

Tiaraも付き合った人の中で

自己愛性人格障害のひとは初めてでしたが

あまりにも素敵な人だったために

初めはとてもそんなひどいことを

してしまう病気だということが

信じられませんでした。

 

自己愛性人格障害の特徴が

あまりにも彼のことだったので

まず瞬時に納得してしまいましたが

似ているだけで

本当はまったく違っていた、

と思うことがあるかもと

調べに調べつくして

彼と違う特徴を必死で探しました。

 

いつも突然機嫌が悪くなることに

普段とのあまりのギャップに驚いたTiaraは

はじめ彼のことアスペルガーではないかと

疑っていました。

アスペルガーの人も突然怒りだすので

周りの人を驚かせますが

それは神経が細かいために

ほんとうに人と違ったポイントで

怒りだしてしまうので

本人には悪気はないようです。

 

そして自分でトラブルを起こした後

とても後悔して恥ずかしくなるのが

アスペルガーの特徴でした。

 

自己愛性人格障害のひとと違って

アスペルガーのひと本人には

相手を傷つける気など全くありません。

 

ですが、どうしても自分の気持ちに

コントロールが効かないので

怒り方がとても怖いのです。

 

病気で人と感覚が違うのは仕方がない、

と思いつつも

いくら悪気がなくても

突然自分の気持ちで怒ってしまうのは

一緒にいるのは怖いな、と思って

彼とは一緒にいられないかもと思ってしまい

ですが、

やはり彼のことはとても大好きでしたので

どこか違うポイントはないかと

やはり必死で探していました。

 

ですが、すぐに

彼とは全く違う特徴が出てきたので

彼は絶対にアスペルガーではない、

と断言することができ、

機嫌が悪くなるのは

普通の人の機嫌が悪くなるのと同じだと

ほっとして安心して

付き合うことができました。

 

アスペルガーの人は純真な人が多く

心の整理はできるのですが

身の回りの整理整頓ができない、

という特徴があったのです。

 

Tiaraの彼は絶対に違う、と思いました。

 

だって部屋や机の中は完ぺきで

キッチンも食器棚もリビングも

玄関もお部屋の中は

男の人とは思えないほど

完ぺきにきれいな人だったのです。

 

あんな人、見たことがありません。

 

ただ、神経質なために

人が腹を立てないようなことでも

彼は品がいいので気になってしまい

怒ってしまうとするならば

Tiaraも細かいところに

気をつけるようになるし

彼を怒らせないためにも

それはそれでTiaraも品よくふるまわないと

いけないなと思い

Tiaraも少し、気が付かない面があるので

自分を正すことができ

いいことだと思っていました。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

外見やお部屋の中は

きれいに整理整頓されていても

頭の中は

ぐちゃぐちゃだということを知り

恐怖を覚えました。

 

常に尊大な自分を演じることに必死なために

自分自身がなくなってしまい

頭の中がふちゃぐちゃになり

自分をかばうために相手を悪者にし

自分でも本気で

相手が悪いと思い込んでしまうので

本当のことが

分からなくなってしまうのです。

 

アスペルガーは突然怒りだしても

後から自分自身で思いだして後悔し

その場では取り乱してしまい

ブレーキが効かなくなってしまいますが

きちんと後から本当のことが分かります。

 

本人でさえ本当のことが

分からなくなってしまう

自己愛性人格障害のひとのほうが

怖いのです。

 

それになかなか気づけないあなたは

自分の気持ちを置き去りにして

相手のことばかり考えてしまいます。

 

だから分からなくなってしまうのです。

 

そして自己愛性人格障害のひととは真逆で

なんでも自分が悪いと思ってしまいます。

 

だからそれは

自己愛性人格障害のひとにとって

非常に都合のいいことで

あなた自身まで自分を悪いと

思い込んでしまうので

自己愛性人格障害のひとの嘘が

簡単に成立してしまうのです。

 

あなたに足りないのは

相手のことよりも

自分の気持ちを大切にする気持ちです。

 

誰でも自分のことを大事にしているので

自分を傷つける人には敏感になるのです。

そして自己愛性人格障害の被害者は

相手のいいところを見ようとして

少しくらい変だな、と

思うようなことがあっても

そこから目をそらして

相手のいいところばかり見ようとします。

 

Tiaraもおばあちゃんや友達に

「悪いところばっかり見たらいかんよ?

相手のいいところを見てあげると

うまくいくよ?」と幼いころから

何度も言われたことがありますし、

Tiaraもずっとそう思ってきていました。

 

たしかに相手のいいところばかり見ていると

関係性は上手くいくところがあります。

 

 

ですが、あなたが嫌な思いをしているのに

それを考えてくれない彼は

あなたのことを大切にしているとは

言えません。

 

少しくらいなら嫌な時も

あるかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとは

常に人の上に立たないと

恐怖に押しつぶされてしまうくらいですから

常に誰かを潰していないとダメなので

人のことを認めることができないのです。

 

それでも見過ごしていたあなたは

人の悪いところばかり見ている、

というよりは

普通の人よりも

極端に相手の悪いところには目をつむり

自分が傷つけられても我慢する癖が

極端についている人なのです。

 

あなたは

他人からそんなアドバイスを

受けている場合ではありません。

 

人の悪いところばかり見ている人は

自己愛性人格障害のひとの

被害には決して遭わないのです。

 

あなたに足りないのは

あなたが嫌だということを

相手に分かってもらう気持ちです。

 

そしてその気持ちさえあれば

話し合うこともできない

自己愛性人格障害のひとには

自分を大切にしていれば

すぐに気づけてあなたの方から

離れるはずなのです。

 

あなたを傷つける行為を

何度も何度も繰り返し行う

自己愛性人格障害のひとは

あなたのことをどんなに愛している、

と言っても

説得力がありません。

 

お得意のロマンチックな設定も

彼の涙やあなたに対する熱い思いも

どれだけあなたを傷つける行為を

繰り返しているかを考えてみると

なんの説得力もなくなってしまうのです。

 

あなたが自分を大切にする気持ちさえ

持っていればすぐに気づけるはずです。

 

そしてそれに気づくと

今まで彼が言っていたことを

信じていたこともばからしくなり

彼から気持ちを簡単に離すことが

できるのです。

 

 

今度誰かと出会う時には

あなたを心配させたりしないような

あなたを本当に大切にする

思いやりのある優しい彼を

選ぶように心がけましょう。

 

二度と同じ間違いを起こさないためにも

そもそも相手を選ぶときにしっかりと

あなたを本当に大切にしてくれているかを

よく見てから

相手を選ぶようにして下さい。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人はもっと自分軸で物事を考える癖をつける

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害者の人が考えるべき

自分軸と他人軸について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひともそうですが、

実は自己愛性人格障害の

被害に遭うような人も

自己肯定感がとても低い人が多いです。

 

Tiaraは自分で

自己肯定感が低いとは思いませんが

ふとした時に

幼いころ親から適当にあしらわれたり

話しを聞いてもらえなかったことが

よみがえり

他人に対して思いを

はっきり言えないことがあります。

 

きっとそんなときは

自己愛性人格障害のひとから

狙われやすいのだと思います。

 

ですが、

いつもはっきり言えないわけではなく

自分が自信を持って

思っていることを言える場所

というものがあります。

 

それは自分を受け入れてくれている

と感じる場所です。

 

昔からの友達と一緒にいるときや

Tiaraのいいところも悪いところも

分かってくれている

友達しかいない場所、

新しいところでも、

Tiaraの意見を積極的に

聞いてくれる人がいる場所や

話しを否定したり、無視したりせず

きちんと相手と向き合うような人が

いる場所では

はっきりと自分の思っていることや

できること、できないことを

はっきりということができるのです。

 

簡単に言えば

自己愛性人格障害のひとがいない場所や

モラハラ体質の人がいないところでは

Tiaraがありのままの姿でいても

平和な時が流れていきます。

 

自己愛性人格障害や

モラハラ体質ではない人、

というのは

自分にしっかりと自信を

持っている人たちのことです。

 

 

自分に自信を持っているからこそ

他人の意見がきちんと聞けるし

他人を認めることができるのです。

 

もし、誰か、強い立場や

有能なところを持っている人がいるとしても

それは自分の個性とは

まったく関係のないもの、として

とらえることができるので

相手をきちんと認めることができ

称賛し、ほめたたえますが

自分は自分だと自分にも

自信を持っているのです。

 

それは他人からどう見られるか

ということに焦点を絞った生き方ではなく

自分軸がしっかりとしているから

他人のことも受け入れる余裕があるのです。

 

自己愛性人格障害のひとというのは

そんな風に見えませんが

実は自分にまったく自信がないのです。

 

 

もしかしたら被害者の人よりも

自信がないのかもしれません。

 

だからこそ、

被害者のほうが目立ってしまうことに

恐怖を覚え

先に潰しておくことで

自分が活躍しようとします。

 

そうやって人から認めてもらっていないと

怖くてたまらないのです。

 

 

その恐怖が普通の人と違って

とても極端なので

人のことがまったく考えられません。

 

だから被害者を嫌いなわけでもなく

被害者をみじめな立場に立たせようと

しているわけでもなく

人のことを考える余裕がないだけで

自分のことに必死なだけなのです。

 

自分軸を

しっかり持っているように見えるのに

実は自分に自信がないので

他人からどう見られるか、

ということを基準に自分の立場を

見ようとするのです。

 

他人から見た自分、というもので

自分の立場が上か下かを判断して

人よりも上の立場に立っていないと

安心していられないのです。

 

だから、

そうやって常に

自分のそばにいる人の上に

立とうとするために

結果的に人を潰してしまうことを

やめられず、

被害者を潰してしまうので

あとから後悔をすることもあります。

 

ですが、その時は自分のことしか

考えられないのです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

それが他人だけでなく

自分の恋人や奥様、

また自分の子供にまで同じような

嫉妬のような気持ちを持ってしまうので

家族間の関係性まで

壊してしまうことも多いです。

 

ですが、被害者が奥様や子供だった場合

簡単に離婚して出ていく、

ということができないために

それが長い年数、

家の中で行われることになり

奥様やお子様の心が

病んでいってしまうことも

とても多いのです。

 

特に、子供は嫌な思いや

理不尽な思いをしていたとしても

自己愛性人格障害の相手が

両親のどちらかだったりすると

もちろん出ていくこともできませんし

それでも親なので

信じていることも多いです。

 

 

そして幼いころから

そんな環境に育ってきてしまっているので

それがおかしいとは思わず

当たり前だと思って

育ってしまうことも多いのです。

 

モラハラの過程に育った子供たちは

結果的にモラハラ体質か

モラハラの被害に遭いやすい子供に

なってしまうかのどちらかになります。

 

 

そして同じように

モラハラの家庭で育ってきた子供が成長して

モラハラの子供のターゲットに

なってしまうのです。

 

あなたがもし、

自分の旦那様が

自己愛性人格障害かもしれないと

思っている場合は

旦那様に頼ることなく

自分でも生活していける力を

身につけたほうがいいです。

 

そしていつか旦那様と一緒にいなくても

生活していける自信がついたときは

もし旦那様に理不尽なことを言われても

もう少し自分に

自信を持つことができるでしょう。

 

あなたが判断すべきは

あなたの方も自分に自信を持つことで

他人から振り回されたりせず

相手の気持ちにこびて

辛い思いをしなくて済みますし

そうなると

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされることも

なくなっていくのです。

自己愛性人格障害のひとは恋愛心理学を逆利用する

こんばんは♡

今日は恋愛心理学の盲点について

お話ししたいと思います。

 

男の人が理想の女性像として

尽くしてくれる子がいいな、とか

常にラインで

連絡を取ってくるような子は嫌だ、

もう少し信用してほしい、とか

相手の気持ちを思いやってくれる

優しい子がいいなとか

よく言うのですが、

自己愛性人格障害のひとは

この理想をうまく利用します。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭うような女の子は

まさにこの男の理想を絵にかいたような

従順で何一つ文句を言わない、

相手の行動を

いちいち詮索しないような

女の子なのです。

 

相手の気持ちを思いやり、

少しおかしいな、

と思うようなことがあっても

許してしまったり

また、まったく疑わないような子も

います。

その結果、自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまうのです。

 

 

ですが、それが

自己愛性人格障害の被害に遭うと

まったく真逆のことを

言われてしまったりします。

 

そして人は他人のことを

いちいち深く詮索したりしないので

彼女のほうがいちいち詮索してくる、

とか何もしていないのに

すぐに疑われるから嫌になったと言っても

それが簡単に信用されてしまい

被害者のほうが悪くとらえられてしまうのです。

 

 

被害者になるような人は

特に普通の人よりも

素直で疑うことを知らない

純真無垢な人が多いので

まさかそんな真逆のことを

いうひとがいるとは思わず

簡単に信用してしまい、

自分だけがひどい扱いを受けてしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害までいかないとしても

自分の身を守るために

本当はありもしないことを言って

人を悪者にする人も

案外と多いものです。

 

人を信頼できることは

素晴らしいことなのですが

そのために自分がこれ以上ないくらい

悪者にされてしまうことも多いのです。

 

すべての人がそうだとは言いませんが

人から悪く思われている人の半分が

この人から悪く思われることを

極端に恐れている人が

本当は、自分ほうが

ひどいことをしたときの言い訳に

相手をありえないほど悪人に仕立て上げる人が

数多くいるので

まったくの善人が悪者になっていることも

多くあるのだと思います。

そしてそういった人ほど

信じられないほど

多くの人から嫌われてしまっていることも多いのです。

 

人の言うことを簡単に信用しすぎる人と

極端に臆病で自分だけは

嫌な思いをしたくないという

極端に悪く思われたくない臆病な人たちが

逆療法で

相手をコテンパンに悪者に

初めからしておくことで

もし自分がひどいことをしたのだとしても

相手は驚くほど従順な人なので

言うことはありませんし、

自己愛性人格障害のひとが

先に言ったことが

早い段階で浸透してしまっていて

被害者が気づいたときには

もう誰からも

信じられなくなっているのです。

 

そんなときに大騒ぎすれば

逆効果となり

さらに悪く思われることになるので

騒ぐこともできません。

 

 

できることはその場から

逃げることだけなのです。

 

あなたのいいところが

利用されるようなところは

あなたの方から自主的に離れてください。

 

それが

あなたが自分自身を守る

最も簡単で速い方法なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

変わることがありません。

 

説得しようとしたり

分かってもらおうとすることは

あなたの状況を

さらに悪くする結果となるだけなのです。

自己愛性人格障害のひとと誤解されやすい人の見分け方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

普通の人との違いについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

第一印象がとてもいいです。

 

自尊心があまりにもないために

自分のことを恥ずかしいと思っていて

それが周りの人にばれることを

恐れています。

 

そのために幼いころから

必死で尊大な自分を

演じ続けていているので

尊大な自分を演じることが

くせになっています。

 

そのため本当に立派な人に見えるのですが

本当はそれは見せかけだけなので

あなたのためにはなりません。

 

よく自己愛性人格障害のひとのそばにいると

自分も仕事ができるようになるんじゃないか

とか、

しあわせになれるんじゃないか

と思う人が多いのですが

実際には本当にできるようにはなりません。

 

Tiaraは

いつもそばにいたので分かるのですが

はたから見ると

Tiaraの面倒を

とてもよく見ているように見えていましたし

Tiara自身もそう思っていたのですが

具体的な仕事の仕方について

教えてもらえる機会は

ごくわずかでした。

 

ほとんどが

「俺がやるから

Tiaraは隣にいるだけでいいよ。」という

優しい言い方で

安心させるようなことを言うのですが

実際に教えてもらえることは

肝心なことではなく

ほんのさわりの部分だけでした。

 

 

「こういう業務が

できるようになりたいから教えて」

といったこともあるのですが

少しだけやり始めて気分がのってくると

「今日は遅くなっちゃったから

またにしようか?」となどと

言われてしまったり、

お出かけをしたり

別の遊びをし始めたりして

いつも中途半端に終わってしまいました。

 

人前で「今日は○○を教えるから

仕事が一致段落したら教えて。」と

言われたこともあるのですが、

テキストを開いて

とても饒舌に内容を説明をして

周りにいる人も彼のことを

「すごいな。」とざわついているのが

聞こえてきていたのですが

彼がテキストを指していたところは

話している内容と

全く関係のないところでした。

 

テキストを見ていたのはTiaraだけなので

周りの人は

まったく違うことを言っていると

気づく人はまったくいません。

 

Tiara1人で

「え?」とびっくりしていると

「じゃあ俺、これから違う業務が

入っているから

今日は中途半端だけど

ここまでにしよっか?」と

突然言われて

「また時間があるときに声をかけるから

この続きをやろうね。」と

言われたのですが

その後彼からその業務について

教えてもらえる機会はありませんでした。

 

ただ、彼のことを

「さっき見ていたけど

○○さんすごいね。

なんでも知っているね。」

とほかの人から言われただけで

終わりました。

 

Tiaraも彼のファンでもあったので

「うん。」と嬉しそうに答えていましたが

今考えたら

彼と一緒にいて

仕事ができるようになるようなことは

なかったです。

 

彼とは別の自己愛性人格障害のひとも

数多く見てきていますが、

仕事を教えているような雰囲気、

有能な雰囲気を醸し出していますが

混乱させられるだけで

本当に仕事ができるようにはなりません。

 

本当に仕事を教えてもらって

使いものになるまでになれるのは

そんなに有能そうには見えない

しかし丁寧で親切な優しい普通の人のほうが

よほど分かりやすいと思います。

 

たまに熱心になりすぎて

怒っているように見える人もいますが

その人自身が

Tiaraにきつくいってしまったことを

恥ずかしく思っているような様子が

見られますし

あまり器用でない人は悪く取られたりして

「あんなきつい言い方しなくても

いいじゃんねえ。」と

周りの同情をかうこともあるのですが

自己愛性人格障害のひとと圧倒的に違うのは

本当に分かるようになることです。

 

もちろん反省もしますし、

話し合いも白熱したとしても

きちんと成立するのです。

 

こういった人は

ただ、教えることに必死なだけです。

 

早く仕事を覚えてもらって

できるようになってほしいと

思っていることが伝わります。

 

そういった人は周りの目は

気にしている暇がないので

自分が悪くとられてしまっていることに

気づきながらも

覚えてもらいたいという気持ちのほうが

勝ってしまっているのです。

 

 

だからどんなに怒っていても

言っていることがとてもよくわかるし

悪い人ではない、ということは

Tiaraには分かるのです。

 

もしかしたら

上手にできていない分

周りで聞いている人からは

悪く思われてしまうことも

あるかもしれません。

 

ですが、

自己愛性人格障害のように

中身のない雰囲気だけの人ではないので

一緒にいて前に進むことも

一緒にいる価値も必ずあるのです。

 

そしてそういった熱い人には

必ず愛している人たちが周りにいて

必ず周りの人に幸せを与えています。

 

 

誤解をされることもあると思いますが

分かってくれる人は必ずいるのです。

 

自己愛性人格障害のひとも

本来他人を見下すようなことをしなければ

魅力的な人達ばかりです。

 

自己愛性人格障害のひとが

病気の部分を治すことができれば

とても魅力的な人間なのです。

 

ですが、育ってきた環境によって

自尊心と共感力を無くしてしまっているので

もともとの人間が持つ

愛情というものを

持つことができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとと

ただ、不器用で本当は愛情のある人を

きちんと見分けて

一緒にしないようにしてくださいね!

自己愛性人格障害の被害者が新しく歩き出すためにする心得とは?

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の対策をしていると

異性にモテない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の対策について

聞かれることが多いのですが

自己愛性人格障害のひとから

よくも悪くも狙われないようにすると

普通の人からもモテなくなります。

 

あなたが自己愛性人格障害のひとから

狙われてしまうポイントと

普通の人があなたに惹かれるポイントは

実は同じなのです。

 

ですから

あなたが普通にしていれば

別に

自己愛性人格障害のひとからだけでなく

普通の人からもモテると思います。

 

ですが、あなたの優しさや

あなたの共感力の高さは

普通の人からも魅力的なものなのですが

自己愛性人格障害のひとのほうが

押しも強く

あなたのそばに来たほかの人をディスったり

バカにしてしまうので

あなたの方が普通の人に

目がいかなくなってしまうのです。

そのうえで

自己愛性人格障害のひとは

非常にコミニュケーション能力が高いので

あなたの心を簡単に信用させてしまいます。

 

おまけに

自己愛性人格障害のひとの

マインドコントロールは

一度かかると

彼が危険な人物だと

理解することができた後でも

なかなか解けないので

別れた後も

なかなか恋人を作る気にならない人が

本当に多いのです。

 

だから数年の付き合い+忘れられない数年

が余裕でかかってしまい

10年ほどの長い時間を

無駄にしてしまう人も

数多く存在するのです。

 

20歳だった人は30歳になってしまい、

30歳だった人は40歳になってしまいます。

 

40代で出会ってしまった場合は

余裕で50を超えるという人も

数多くいるのです。

 

結婚できなくなってしまう人も

子供ができなくなってしまう人もいますし

ひどい人は別れた後

あまりのショックに

誰ともお付き合いを

できなくなってしまう人も

いるのです。

 

あなたの人生はあなたのものです。

 

できるだけ早く

自己愛性人格障害のひとと

距離を置いて

できるだけ早く自分の人生を歩みださないと

多くのものを犠牲にしてしまいます。

 

ですがそれは誰のせいでもない

あなたの責任になってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

恨みを持つ人も大勢いますし

自己愛性人格障害の元彼を

ずっと忘れられない人もみえます。

 

さらには働けなくなってしまった人や

病気になってしまう人でさえいるのです。

 

今は、まだ分からない人も

時間がたった後に

自分で何をしていたんだろう、

と思うことも多いので

できるだけ早く別れて

できるだけ早く転職をし、

できるだけ早く引っ越したりしないと

あなたの精神的ダメージは

大きくなってしまいます。

 

妙に警戒心を持つように

なってしまい

普通の人とも

付き合えなくなってしまうのは

それこそもったいないです。

 

自己愛性人格障害のひとも

あなたが忘れられなければ

忘れられないほど

ふとした時に普通に連絡をしてきたり

またあなたの前に

現れたりすることもあります。

 

自己愛性人格障害のひとは

ひどいことをされても

逃げていかない人を見て

高揚するので

またあなたを手に入れようと

近づいてくるかもしれません。

 

あなたの魅力は

自己愛性人格障害のひとに

知られてしまうと

しつこく付きまとわれて

しまうことになりますし

また自己愛対策をしていると

そもそもが

自己愛性人格障害のひとに関心を

持ってもらわないような態度を

とっていきますので

普通の人からも気にならない存在に

なってしまいますし

あなた自身が周りの人から見て

冷たい人に見られてしまいます。

 

自己愛対策は基本

自己愛性人格障害のひとにだけ

するようにしてください。

 

普通の人にまでしてしまうと

あなたは冷たい人間だと

取られてしまいかねないのです。

 

調節が難しいですが

あなたがのびのびと行動することは

自己愛性人格障害のひとが

いないところでするようにしてください。

 

だからはっきり言うと

自己愛性人格障害のひとの前では

あなたがどんな人間か

分からないようにふるまい

自己愛性人格障害のひとのいないところで

普段のあなたが持っている

天然の部分を出せば

普通の人はあなたをいい人だと

すぐに気づいてあなたに

近づいてくるのです。

 

自己愛対策をしているときは特に

普段のあなたは気心の知れた人や

普通の人の前では

出さないようにするのが

ルールだと思います。

 

その代わり、自己愛性人格障害の

特徴を持っている人、

以外の人の前では

あなたはあなたのまま

ありのままふるまえばいいのです。

 

 

あなたの魅力に気づいて

近づいてきた人の中で

あなたの世界を作っていってください。

 

そうすれば、

あなたが今までストップしていた

あなたの人生が動き出すのを

感じ取ることができるでしょう。