どうしても自己愛性人格障害の彼と別れたくないひとへ

こんにちは♡

今日は、どうしても

自己愛性人格障害の彼と

別れたくないひとへ、

これからどうしたらいいかについて

お話ししたいと思います。

Tiaraの恋愛相談室を

訪れるひとのなかには

彼に冷たい態度をとられていて

何度も傷ついていても

どうしても彼と別れたくない、

とおっしゃるかたが

おみえになります。

自己愛性人格障害の彼と

今後も一緒にやっていくということは

あまりおすすめできませんが

どうしても

納得できないという

気持ちがあるのは、

当然だと思いますので

あなたが彼と別れたくない、

と思っているうちは

離れられないと思います。

離れたい、と思っている人も

なかなか別れられない、という場合も

ありますので、

彼と一緒にいるうちは

自己愛性人格障害の彼から

攻撃されないようにすることが

必要となります。

まず、彼は

なにかきっかけがあれば

いつでもあなたを

攻撃してくる可能性がある、

ということは

いつも心得ておいてください。

そのつもりで一緒にいないと

そのたびに辛い思いをしたり

なにがいけないのかと

考え込んでしまう原因となり、

あなたが勝手に落ち込んでいく

システムになっています。

だから、少しでも心得ておくと

それだけでも違うと思いますので

自己愛性人格障害のひとは

あなたのすることに関係なく

お腹の中の怒りを

どこかにぶつけなければ

気がおさまらないときがある、

と覚えておいてください。

そのうえで

あなたの発言は、

どんなに小さなことでも

彼の怒りに火をつける材料と

なり得ますので

自分から分かってもらおうと

いろいろなことを話すことは

避けてください。

そして、

彼の機嫌のいいときは

普通に話しても

大丈夫だと思うのですが、

できるだけ

彼の話を聞く側の立場にたち、

自分の意見は

あまり言わないようにしましょう。

そして、もし

彼の機嫌が少しでも悪そうだなと

感じたときは

速やかにできるだけさりげない形で

その場から立ち去ってください。

自己愛性人格障害とは

怒りをぶつけようとしたその瞬間に

人がいなければおさまることが

多いです。

だから、しばらくしてから

戻っても、そのときには

落ち着いている可能性もあります。

だから、もし、

彼の機嫌が悪いと感じたときには

時間をおけば、たいていの場合、

大丈夫だと思います。

ここで、もし、

しばらくたってからもまだ

彼の機嫌が悪いと思ったときには

もう彼に近づかないほうが

いいとおもいます。

もし、これがなかなか収まらなくなってきているのでしたら

症状がひどくなっている証拠ですので

そのときはもう

あまり長いこと彼とは

一緒にいられない、

と心得ておいたほうが

いいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする