自己愛性人格障害のひとは被害に遇いやすい人を瞬時に見抜けることができるのか?


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

被害者の存在にひとめで気づくのか?

ということについて

お話ししたいと思います。。

 

自己愛性人格障害のひとに

一度狙われると、

もう二度と被害を受けたくない、

と思うものですが、

不思議なことに被害に遇いやすい人、

というものは存在します。

 

もしあなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合、

とても彼のことが好きで寄り添ってきたのに

付き合いが深くなるにつれて

突然の無視やあなたに対しての

拒否や否定が始まるので

悲しくてしかたがなかったでしょう。

 

やっとの思いで

自己愛性人格障害という

病気に気づき、

別れた場合は、

もう二度と

自己愛性人格障害の人とは

お付き合いをしたいとは

思わないでしょう。

 

ですが、なぜか不思議なことに

何度も似たようなひとと

付き合ってしまうひと、というのは

存在します。

 

自己愛性人格障害のひとはなぜか

被害に遇っても逃げていかないひとが

本能的にわかり、

声をかけてきたり

マークをしてきたりします。

 

どうして被害に遭いやすいひとを

見抜くことが

本能的にできてしまうのでしょうか?

自己愛性人格障害の

被害に遇いやすい人と加害者は

なぜか惹かれやすいのです!

 

実は

自己愛性人格障害のひとと

被害者に遭いやすいようなひとは

似たような性質をもっているのです。

 

実はどちらも幼い頃に

両親や周囲のひとから

ありのままの自分を

認めてもらうことが

できなかったことが

原因だと言われています。

 

あなたも身に覚えがありませんか?

 

成績が極端によくないと

認めてもらえないような、

とても極端に厳しい家に育ったり、

両親が不仲で、

あまり子供に目がいかなかった場合、

子供は両親から

注目してもらいたいと思い、

必死で努力しますが、

それでも否定されたり

無視をされたりして

子供時代を過ごします。

 

自己愛性人格障害のひとは

生まれつき病気だったわけではなく

後天的にできたものだと

言われていますので

子供の頃は、

両親に仲良くしてもらいたいと

必死でかばったり、

喧嘩をやめてもらおうとしますが、

まだ幼い子供の頃は

大人に勝てるわけがありません。

 

自分が厳しく育ってしまった場合にも

両親に認めてもらいたくて

必死に勉強をしますが、

どれだけ成績が上がっても、

まだ足りないと、認めてもらえず

心が折れてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとや

被害者になりやすいひとの

両親のどちらかか、かかわり合いを

深く持った周囲のひとのだれかが

自己愛性人格障害の可能性も高く

どれだけ努力しても

認めてもらえないのです。

 

そういった場合、

だんだんと徐々に、

自分でも知らない間に

共感力を使わなくなり、

そのほうが楽だと

思えるようになります。

 

それが自己愛性人格障害に

なる原因だと言われていて、

いじめられているうちに

いじめる方に回った方が

楽だと思うように

なってしまった場合です。

 

その一方で

被害者になりやすいタイプに

育ってしまったひとも

同じような境遇で育つのですが

それでも根性を出して

必死で相手に歩みより

根性を出して共感力を

最後まで捨て去らずに

頑張りきっているひとが

被害者になりやすいのです。

 

そして、被害者になりやすいひとは

努力をすれば

必ず認めてもらえるはず‼と

今でも信じて

頑張り続けている人たちなのです。

 

つまり、必死に努力を続けて

共感力を持ち続けている方が

皮肉にも、幼い頃に

同じように辛い思いをしたひとに

やられてしまうのです。

 

本来ならば

この二人は、一番

わかり合えるはずなのに

皮肉にも

気持ちを分かってあげられる人を

自己愛性人格障害のひとたちは

潰してしまっているのです。

 

 

だから、お互いに瞬時に

お互いを探しだし、

恋愛関係になりやすいと言えます。

 

あなたがもし、

自己愛性人格障害の被害者ならば

彼の悲しみを理解してあげようと

必死になってきたと思います。

 

それでも彼は、

共感力を作る部分を

とっくに凍結させてしまって

いますので

あなたのことを平気で潰して

自分が楽になろうとするのです。

 

そうやって考えると

なんだかむなしいですよね。

 

tiaraも

自己愛性人格障害の彼のことを

分かってあげられるのは

自分だけだと思っていました。

 

tiaraがここまでしてきても

ダメだったのだから

他のひとと上手くいくわけはない、

と思っているのですが、

他の被害者のかたからも

同じようなことを聞くのです。

 

自己愛性人格障害の彼と

被害者になりやすいひとというのは

自然に惹かれあい、

くっつきやすくなるものですが、

その先は地獄です。

 

あなたもできるだけ早く

このことに気づき

自己愛性人格障害の彼から

少しづつ心を離していくように

努力していってください。

 

あなたには本来、

自己愛性人格障害の彼よりも

根性が備わっていますので、

自己愛性人格障害の彼に

潰されることがなければ

輝く人生を送ることができるのです。

 

自己愛性人格障害という

どうしても人を潰して

自尊心を保つという

不思議な病気をもっているひとが

いることに、

いち早く気づいて逃げてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください