別れ話をされたら冷静に考えてみてください。

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が、

別れようといってきたときの対処法について

お話しします。

彼に別れようといわれて

不安になり何とか彼に嫌われないように何とかしようと

悩んでいませんか?

彼は、あなたに非があると認めさせて

あなたのほうから謝ってきて服従してくることを望んでいます。

戻ればしばらくは平和な日が続いても

またしばらくすると同じことを繰り返されます。

しかも繰り返すうちにだんだんひどくなりますので

もうすでに何度も別れを繰り返している場合はできるだけ

早く気づいたほうがいいでしょう。

だから彼と別れているときが冷静に考えるチャンスなのです。

不安になる気持ちもわかりますが、

彼が自己愛性人格障害だった場合、

時期を見て

必ず戻ってきます。

自己愛性人格障害は、

別れを告げてあなたを十分に不安にさせたのち

あなたが精神的に追い込まれてつぶれる直前の

絶妙なタイミングで戻ってくるという特徴を持ちます。

だからその間に冷静に判断する絶好のチャンスなのです。

もし自己愛性人格障害でなければ

彼は本当に真剣に別れを考えています。

だから彼からひょいっと都合よく戻ってくる、なんてことは

むしろしないかもしれません。

別れを何度も繰り返す、ということが

自己愛性人格障害の基本的な特徴になりますので

それも、彼を自己愛性人格障害か判断する目安になります。

その時に考えるポイントは

あなたが彼を怒らせるほどのことをしたか

冷静に考えてみてください。

あなたが、彼が怒るほどのひどいことをし、

仕方がないなと思えるほどの出来事があったなら

その人は自己愛性人格障害ではありません。

自己愛性人格障害は

本当にあなたがひどいことをするような人物なら、

付き合ってもいません。

あなたがむしろ

自分が悪くなくても彼に許しをこい、

あなた自身がめったなことで怒らないひとだからこそ

あなたを恋人(または奥さん)として選んでいます。

自己愛性人格障害なら

自分に絶対服従するような完ぺきに自分に従うような人しか恋人にしません

もし、違っても、そのように洗脳できそうな人を

無意識のうちに選んでいます。

だからあなたが自分で冷静に考えてみて

そこまで怒るほどのことをしていないのなら

よく彼のことを見てみてください。

彼はあなたのことを大切にしていますか?

自己愛性人格障害なら必ず戻ってきますが、

その時は戻らないほうがいいでしょう。

でも、あなたが戻らないと言ったときは

驚くほどの執着を見せますので、

しがみつき、嫌がらせ、何でもします

そのような行動が見られたときはできるだけ早く逃げましょう。

たまに、そんな彼を救えるのは

私しかいない、と考えてしまって

彼と一緒にいることを選ぶ人がいますが、

そういう人は彼を救うどころか

彼の感情のサンドバックとして扱われてしまうので

絶対にやめたほうがいいでしょう。

自己愛性人格障害の人というのは

そうは見えませんが、とても臆病で

外では決して、本当の自分を見せず、尊大に紳士的に振舞います。

ひどいことをしても彼から離れていかないような

都合のいい相手がいると

外で起きた嫌な出来事を、その場は笑顔で乗り切り

家に持ち帰って必ず、自分の奥さんや恋人にぶつけるので

あなたが心身共にボロボロになります。

あなたが彼を救い、そして救ってくれるのはあなただけだ、

ありがとうなどど自己愛性人格障害から

感謝されるようなことはありませんので、

絶対にやめましょう。

そういう人こそ危ないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする