想像を絶するモラハラの被害

こんにちは♡

今日は、想像を絶するモラハラの被害について

お話ししたいと思います。

もともとTiaraは元彼が自己愛性人格障害だと気付いた後

彼への気持ちを持て余していて、

そして

自分が苦しんで得た知識を

現在自己愛性人格障害の被害で

苦しんでいるあなたへ

お伝えしようとしてこのサイトを立ち上げました。

彼のことを今までにないくらい

とても好きでしたし

自己愛性人格障害の作る物語に

すてきな思いもさせていただきました。

でも、自己愛人格障害の人との恋愛は

普通の人との恋愛が終わるのとは

まったく違う地獄のような結末が

待っていることもあります。

自己愛性人格障害にも程度がありますので

すべての方がそうなるわけではありませんが、

真正の自己愛性人格障害の場合、

あなたの性格が寄り添えば寄り添うほど

悲惨な最後になります。

そしてそれでも彼は病気で

悪気があるわけではなく

どうしてもそうなってしまう

脳の構造をしているのです。

だから恨むことはできませんが

恨んでしまう人の気持ちも分かりますし、

むしろ恨むほうが被害者にとっては

楽かもしれません。

でも、恨めなくて

彼を忘れられなくて苦しんでいる人も

また残酷な日々が待っています。

実際、心がつぶれて

自殺してしまった人も

います。

多額の借金を抱えた方も大勢見えますし、

職場をやめた人は半数以上にも

のぼります。

年齢により

その先の再就職が困難になり

生活に苦しんでいる人も大勢います。

職場を変わるたびに自己愛性人格障害の人に

狙われて、本人が悪いわけでもないのに

何度も仕事をやめている人も

大勢います。

そして自己愛性人格障害の人は

その時も結構いいポジションについていることも

多々あります。

そして大半の人が

被害者が何もしていないことに

気づいていません。

この事実を知ったとき

何とかして自己愛性人格障害の人を

治したいとも思いましたし、

被害者の人も助けたいと思いました。

でも、自己愛性人格障害の人を

治すのは、Tiaraには難しかったんです。

だったらせめて

できるだけ一番ましな状態の時に

彼が自己愛性人格障害だと気付き

人に頼ることなく

自分で彼を自己愛性人格障害か

判断して離れること、

それが一番の幸せになれる方法だと

思いました。

自分の愛する人が

自己愛性人格障害だなんて気づいたら

ほとんどの被害者がものすごいショックを受けています。

できれば治してふたりでやっていきたい人が

ほとんどです。

でも、彼を治して二人で愛し合って

未来を作っていくには

あまりにも難しすぎるのです。

自己愛性人格障害の人、本人がそれに気づき

愛情をかけてもらい

もう一度赤ちゃんからやり直して

学習ではなく

同じように共感してもらい、

うれしい時は一緒に喜んでもらい、

悲しい時は一緒に泣いて悲しんでもらう。

そしてそれを自己愛性人格障害の人が

自分でも感じるようになるまで

愛情を感じる経験を重ねることが

必要です。

だから絶対的な愛情が

自己愛性人格障害の人には

必要なんです。

でも、自己愛性人格障害の人に

愛情をかけて思いを寄せると

自己愛性人格障害の人は

その人を自分の怒りの矛先にしてしまったり

称賛してくれて自尊心をあげる

道具にしてしまうだけです。

その人が

モラハラの対象になってしまうでしょう。

だからどう考えても矛盾があるのです。

今後の未来を考えなければいけないことは

自己愛性人格障害を作ってしまわないこと。

ただ最近では

自己愛性人格障害を治す施設がありますので

そちらで大人数制で

もしかしら有効な治療法が

何かあるのかもしれません。

Tiaraが思う一番の方法は

本人がそういった人に迷惑をかけていることを

自覚し、本人が自分の意思で

他人の感情と自分の感情を

学習して、できるだけ危害を与えないように

心がけることしかないのかなと思います。

そして自己愛性人格障害の人に言いたいことは

あなたは自分で考えているほど

価値のない人間なんかではなく

ほかの人にはない素晴らしい才能があること、

そしてそれはほかの人にはできないほどの

今までに続けてきた努力の末にあるんだということを

分かってほしいです。

そして自己愛性人格障害ではない

ほかの人にも

才能ではなくても

愛情やほかの人を癒す力や

素晴らしいところがたくさんあるので

自己愛性人格障害の人に

それを潰していい権利なんてないんです。

自分が傷つくように

同じように被害者の人たちも

傷つくのだということを

分かってもらいたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする