正しさや正統性、華やかさや良心は自己愛性人格障害のひとの嫉妬の対象となる

こんにちは♡

今日は、正しさや正統性、

華やかさや良心は

自己愛性人格障害のひとの嫉妬の

対象となる、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとからの

被害のご相談を受けていますと

訳のわからない出来事に

遭遇することがよくあります。

そもそもなにも悪いことをしていないのに

なぜ攻撃に遭ってしまうのでしょう?

未だにこれは普通のひとに話しても

まず理解されにくいことだと

思うのですが、

「なにもしていないのにひどいことを

されるの。」と話してしまったら

あなた自身が

自分のミスを認められない傲慢な人、

ととらえられてしまう危険が

ありますので

他人に相談するには注意が必要です。

このことと、自己愛性人格障害のひとの

あなたの小さなミス(誰にでもあるようなこと)

を繰り返し訴えられたり、

大袈裟に広められてしまうことと

重なってしまい、

世間から、あなたが「変な人」と

とらえられてしまうことが

よくあります。

だから、あなたがその場に

居づらくなってしまうのです。

でも、あなたからしたら

理不尽極まりないので

悲しみは

いっそう深くなってしまうでしょう。

自己愛性人格障害のひとというのは

自尊心が非常に低すぎて

それが恐怖を感じるほど

極端なコンプレックスと

なってしますので、

尊敬されるような人物に対して

異常な嫉妬心をあらわにします。

あなたの正しさや正統性、

華やかさや良心、

笑顔や楽しそうな雰囲気までもが

嫉妬の対象となってしまうのです。

よく、ネットにのっている

自己愛性人格障害の

書き込みなどを見ていますと

「攻撃をされている方も

ACや共依存、アスペやボーダー」

などと書かれていることが多いですが、

もともとは普通の人でも

自己愛性人格障害の攻撃を

受けるうちに

だんだんとそうなってしまった人や

まったくそうではなく

本当に優しい人や正義感の強い人も

攻撃を受ける対象となって

しまうのです。

自己愛性人格障害の特徴を知らないと

今まであなたが信じてきた世界が

ものすごい攻撃に遭って

潰されていくことも

よくある話なのです。

自己愛性人格障害の人の前では

できるだけ、

堂々と正統性を主張したり、

楽しそうな表情を見せたり、

人気者であるところを

見せないように気を付けていないと

いつ、嫉妬の対象となり

攻撃されることになるのか、

分からないのです。

自己愛性人格障害のひとの表情を

よく見ていますと、

自分が目立ったり、尊敬されたり

人気者になるのはいいのですが、

他人が目立ったり、尊敬されたり

人気者になっているところを見ると

恐ろしいほど冷酷な表情をしたり

憎しみの目をしたり、

イライラしたりしているところを

よく見かけます。

「危ない!」とtiaraは

思うのですが、

その当人は自己愛性人格障害のひとに

そんな目で見られていることには

まったく気づいておらず、

忠告したとしても

「でも、悪いことをしている訳じゃ

ないから」と言われてしまう可能性が

ありますので、

なかなか伝えることが難しいのです。

自己愛性人格障害のひとは

思わぬところに嫉妬をしますので

普段の行動には

充分な注意が必要になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする