大切な自己愛性人格障害の彼にできるだけ穏やかに過ごしてもらうために

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

できるだけ穏やかに

過ごしてもらうことについて

お話ししたいと思います。

 

 

最近Tiaraの恋愛相談室のほうが

大変混みあっていて

コメント欄からのご質問の方には

なかなかお返事ができなくなっております。

 

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 

Tiara恋愛相談室の方を優先的に

対応させていただいておりますので

今しばらくお待ちください。

 

自己愛性人格障害のひとは

1年前のデータでは

日本人の約10%の人がいると

言われていましたが

それどころではないような気がします。

 

連日数々の自己愛性人格障害の被害の

ご相談をお聞きしていますので

かなりの数がいるように思います。

 

彼が自己愛性人格障害だと気付いて

辛い思いを何度もされていたとしても

あなたは彼が普通のひとだと思って

恋に落ちているので

どんなに辛くても

離れるのはショックだと思います。

 

ですが、彼と別れることを躊躇していると

本当に心臓が止まるほどの

ショックなことを言われたりされたりするので

できるだけ早く離れることを

お勧めしています。

 

彼のことが好きなら好きなだけ

彼からの攻撃はショックが大きいと思います。

 

 

住んでいるところを

追いやられるほどの嫌がらせをされていても

被害者の人は

彼を好きな思いの大きい人が

ほとんどなのです。

 

Tiaraも同じ思いをしていますので

とてもよくわかります。

 

ですが、みなさん自己愛性人格障害の彼と

別れたことを後悔していませんし、

また離れた後もなお

彼のことを心配している人がほとんどです。

彼と一緒にいることは

自己愛性人格障害の彼を安心させてしまい

彼が、安心して

虐待行為をエスカレートさせていく

手助けをしてしまっていることに

なってしまっているので

彼のどんどん症状はひどくなっていきます。

 

そして一緒にいて彼の症状が

ひどくなってしまうということは

あなたに向ける攻撃は

ますますひどくなっていくということになり

あなたが耐えられるのは

時間の問題です。

 

そしてひどい場合、

あなたのほうが精神を崩壊してしまうか

うつ病になってしまったり

ひどい場合は自殺をしてしまうケースも

多く見られます。

 

自己愛性人格障害のひとに

マインドコントロールされ

自尊心を失っていくので

自分には生きている価値がないと

被害者のほうも

思うようになってしまうからです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方にも

自己愛性人格障害のひとの特徴をお話しして

彼に言われていることは

彼が自分の自尊心を保つために

あなたを見下してさげすむことで

自分のほうが上だとみなして

安心する行為なので

あなたに責任はありません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

言葉巧みに

あなたの悪いところを指摘するのが

うまいですし、

あなたも責任感の強さから

自分のほうが悪いと思いだしてしまうので

彼の言っていることが成立してしまうのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

こじつけからいくらでもあなたを

悪く言うことができるので

あなたは言われっぱなしになっていきますし、

彼に逆らうことができなくなってきて

やがては逆らおうとすらしなくなり

どんどん病んでいってしまいます。

 

自己愛性人格障害という病気の人が

自分のことを相手に擦り付けようとするので

彼があなたに言っていることはすべて

自分のことなのです。

 

そして、入れ替わっていくわけでは

ないのですが

自己愛性人格障害のひとの責任を

どんどん自分のせいだと思いだし、

でも頭のどこかでおかしいと思いながら

どんどん洗脳されていくと

あなたのほうが悪いと思いだしてしまって

あなたはやってもいないことで

罪悪感を感じながら落ちていきます。

 

だからできるだけ

自分のせいでないことに気付き

できるだけ早く彼から離れることが

マインドコントロールされて

自分のことが分からなくなる前に

抜け出さなくてはいけないのです。

 

あなたが普通のひとだと思っていた彼は

自己愛性人格障害という病気で

あなたが悪くないということを

話し合おうとしても

理解することができません。

 

彼と別れることは辛いと思いますが

自己愛性人格障害の彼の洗脳で

あなたは自分を失ってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとと被害者は

一緒にいることによって

お互いの症状を強めてしまいますので

離れたほうがあなたもだんだんと

冷静になれ自分を少しづつ取り戻してきます。

 

そして自己愛性人格障害の彼も

近くにターゲットがいなければ

虐待をしたいとも思わないのです。

 

人と人は寄り添えばいいという考え方は

Tiaraの中からはなくなりました。

 

寄り添ったほうが

より分かり合える関係もあれば

人によって

離れていたほうが

穏やかな関係を築ける人というのも

いるのです。

 

人はみな同じではありません。

 

一緒にいることが苦しければ

その人とは一緒にはいられないのです。

 

彼のことが大切だと思うならば

彼のためにも離れたほうが

お互いに穏やかに

過ごしていけるのかもしれません。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください