彼が自己愛性人格障害ではないか、と疑ったときに見分けるための彼の行動とは?

こんばんは♡

今日は、彼が自己愛性人格障害ではないか

と疑ったときの見分けるための目安になる彼の行動について

お話しします。

あなたはあなたの彼が、

自己愛性人格障害ではないかと疑っているので

Tiaraのサイトにたどり着いたのだと思いますが、

彼が自己愛性人格障害ではないかと確かめるある特徴的な

行動があります。

それは、彼が常に人に説教を繰り返していないか?

ということです。

彼を見ていると、

あなたはもちろん、ほかの人にもちょこちょこ

説教をしていませんか?

この時、特に言い方が厳しい必要はないんです。

優しく

「ダメだよ。こんなことしてちゃ。」とか

「あなたが分かってないから、俺が教えてあげる。」などの優しいアドバイスなども

一種の説教なのです。

要するに、

あなたがダメで、俺が正しい道を知っているんだから

あなたのためを思っていってるんだ、なども

自己愛性人格障害の自己顕示欲の一つです。

Tiaraはよく彼に

「あなたのことを想っているから言っているんだ。」と

よく身に覚えのないことや、苦手なことで長時間説教をされた後に

言われていました。

でも、その一言で、

その前にどんなにののしられていても

愛を感じてしまうんです。

Tiaraの元カレは、穏やかで

いつも紳士的な話し方をする人でした。

時に、ちょっと厳しめの怖い顔をすることもありますが、

そんなときも紳士的な態度は一切崩しませんでした。

だから気づかないのです。

まさか、そんな人が病気だとは、思ってもいませんでした。

だけど、よく考えてみると理不尽なことでよく

「Tiaraはなんでそんなに子供なの?」と言われていました。

例えば、気持ちを分かってほしい時に

彼に

訴えるなどしたときも、そうでした。

こんなだからだんだんと彼に

自分の希望は言えなくなっていってしまったんです。

自分が悪いのかなあ、とか

彼が大人だからわがまま言うTiaraが子供なのかなあ、とか

思っていました。(実際の年齢は彼のほうが5歳ほど年下でした。)

彼は大人だから言うことを聞かなきゃ、

そんな気持ちになっていったんです。

全部Tiaraのことを思って言ってくれていると思っていたんです。

でも、ここまで言われるなんて(欠点や苦手なことなど)

嫌いな人にもなかなか言わないくらい

全否定でダメ出しです。

電話なら夜の10時くらいから朝まで、

ラインならどこまでスクロールすればいいのか分からないくらいずっとです。

あなたはこんなところがダメだ、

こんなことができない、

俺より勝るところ、どこかある?。。。

とても好きな人に、アドバイスしているとは思えないほどの

否定の仕方。。

たぶん人生でここまで言われたのは彼が初めてだと思います。

普通の人は、自分が言いすぎてしまった、と思ったり、

機嫌が悪い時にあたってしまったりした後に

罪悪感から、少し悪びれた態度をとります。

下を向いたり、おびえたような顔になったり、

しまった、というような表情をしたり、こちらに話しかけづらくなってしまったり。。。

それは、悪いことをしてしまったと後悔とそしてなにより

心があるからです。

心がある人とない人の違い。。

心があるから辛いのです。

自己愛性人格障害が分かるようになると、

彼らから反省の色とかがないのが見て取れます。

自分が言いすぎてしまったり、

人に当たったりしてしまった後でも

全く悪びれるそぶりがありません。

常に堂々としています。

そこで彼らが間違っていないから、堂々としているのだ、と

間違ってとってしまいがちですが、

よく考えてほしいのです。

本当に彼は言いすぎたりしていないのか?

そこまで言うほどのことが、そこにあっただろうか?

恨んでも仕方ないんです。

彼らも、どうして自分がそんなことをしているか分からないのです。

その代わり、彼も辛いのではないか?と思う

必要はありません。

なぜならすぐにそんなことがあったことは忘れてしまうからです。

後から考えて自責の念に駆られることもありません。

ただ、あなたは、

どんなに好きでも自己愛性人格障害だと気付いたら迷わず彼のそばから

逃げないといけません。

そのまま一緒にいたら

あなたが危ないです。

あなたが辛いのは、

あなたには、ちゃんとした心があるからなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara さーや より:

    tiaraさん
    わたしは自己愛だと思われる彼に二週間前に振られました。
    ずっと言いたいことも言わせてもらえなくて、気を使ってばかりの一年半でした。
    このブログに出会い、納得するようなことばかりですみからすみまで読みました。
    さいわい暴言を吐かれて一方的にメールで振られたので、それにすら返信できずにおり、繋がりは絶てそうですが、まだ洗脳がとけません。
    このブログにはとてもとても助けられています。ちょっとだけ前向きに生きていこうって思えるようになりました。感謝の気持ちでいっぱいです。
    まだまだつらくて苦しい時期ですが、更新たのしみにしてます。

    • Tiara Tiara より:

      さーや様

      コメントありがとうございます。
      彼のことが好きだったから上手くやっていこうとして、我慢していたんですよね。
      それなのに一方的に暴言を吐かれて別れたのは、本当に辛いと思います。
      今まで起こったことのない出来事で、納得できないですよね。。。

      それでも、向こうから暴言を吐かれたことに返信ができない状態というのは、不幸中のラッキーだと思ってください。
      もし、言い訳できたら、また戻ってしまってこの彼と一緒にいることになるのですから。

      もし彼から「ごめんよ。」などと連絡が来ても戻らないでくださいね。

      あなたにとってはこれでよかったと思います。
      また一緒にいたらもっと辛い思いをするだけだと思います。

      あなたのその優しさが分かる人を選んでくださいね。
      あなたの気持ちを考えてくれないような人は、いくら魅力的でも人間的にダメだと思って
      人を見る目を養ってくださいね。

      とはいえ、自己愛性人格障害は、心の病気なので、本人も好きでなったのではありません。
      だから彼も被害者だと言えるのですが、彼には分からなく、本当にあなたがダメだと最終的には今よりもっと思われてしまいます。
      それなら今のうちに別れて、彼の中にあなたを少しでも残したほうが嬉しくないですか?
      これ以上一緒にいるとさーやさんがいくら尽くしても、どんどん悪く思われるようになっていってしまいます。
      それを違うよ!といっても彼にはそれを理解する力がありません。
      残念ですが、彼は幼いころの育ち方で自己愛性人格障害になってしまったのです。

      さーやさんは、これから彼のことを忘れていけば素敵な人に巡り合う可能性を秘めています。

      当分は彼のことが忘れられなくてダメかもしれませんが、人の記憶というものは
      必ず風化されます。

      もし次に健常者の人と付き合ってさーやさんの気持ちが相手に通じたとき、
      さーやさんは、自己愛性人格障害の人の影響で、
      辛い思いをしてきましたので、その分、普通の相手と心と心が通じ合ったときに
      素晴らしい感情に恵まれるでしょう。

      傷ついていない人よりも、絶大な愛を経験するのです。

      その時のためにも、
      あなたに巡り合う人の気持ちの分かる素晴らしい人と巡り会うためにも
      自己愛性人格障害の彼のことは忘れることが先決です。

      どうかさーやさんの心を分かってくれようとする、その人に会うその日のために、
      今は彼と別れた時間を乗り越えましょうね。
      Tiaraもできるだけご協力しますね。

      • Tiara さーや より:

        Tiaraさん
        返信ありがとうございます。こんなに親身になっていただいて、読んでて泣けてきちゃいました…。すっきり忘れて次に進めるようがんばります!これからもブログ更新本当に楽しみにしてますね。