別れた後、彼に会いたい気持ちをどうやって押さえたらいいの?


こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の彼と

やっとの思いで別れたあなたに、

どうやって

彼に会いたい気持ちを

押さえたらいいかについて

お話ししたいと思います。

 

彼が自己愛性人格障害だと分かって

ショックですよね。

 

辛いと思います。

 

Tiaraも、元カレが

自己愛性人格障害だと分かったとき、

本当にショックでした。

 

違う病気だったらいいのにと

何度もいろいろ調べましたが、

Tiaraの彼は、

真正の自己愛性人格障害だと

確信しました。

 

そのあと怖すぎて

全力で別れることになったのですが、

やはり彼を好きな気持ちは

簡単にはなくなりませんでした。

 

長かったですし、

もうすっかりTiaraの家族に溶け込んでいて

もう彼のいない生活は

考えられないほど、根付いていました。

 

もう、結婚目前だと思って

安心してきていたころです。

 

調べれば調べるほど、

彼は自己愛性人格障害の性格と

驚くほど一致していて

違うところが何もありませんでした。

 

Tiaraも全力で別れたのですが、

社内恋愛でしたので

別れた後も、

彼は視界に入るスペースにいます。

 

穏やかで、とても素敵に見えます。

 

それでも、違うんだって、

それはなんだか本当に不思議な光景でした。

 

業務以外のことで

ほとんど話さなくなり、

それでも書類を渡すだけ、

とかの関わりはあったのです。

 

もちろん彼が席にいないときを狙って、

机の上に置くようにしていましたが、

電話の取次ぎなど、

声をかけるシーンもほんの数回、ありました。

 

なるべく業務のことだけを

事務的に淡々と行うようにしていました。

 

心の中で(彼は自己愛性人格障害なんだ)

と自分に言い聞かせて

戻ったら恐ろしいことになる

(当時、心臓が止まるほど恐ろしい思いを

何度か経験していたので

常に心臓と頭がしびれたようになっていました)と、

業務だけ、業務だけ、

と常に心で思いながら

すべての行動をしていました。

 

会社にいると

やっぱり姿は見ても怖いのですが、

家に帰ると彼の姿が見えなくなり、

ほっとしていましたが、

同時に怖い気持ちもなくなるので、

彼との幸せだった思い出が

家中のあちこちにあるのを見て切なくなります。

 

今にも彼が微笑んで

すぐそこに座っているような気持になったこともあり、

泣いてしまったことも何度もありました。

 

(そんな時は気が済むまで、

思いっきり泣いたらいいと思います。)

 

それでも、いくら好きでも、

あんなにひどいことをしておいて

会社につくと穏やかに同僚と話をしながら

淡々と仕事をしている彼が

異様に見えて怖いくらいでした。

 

好きな気持ちと怖い気持ちが同時にあり

常に脳と心臓がしびれたような

感じがしていました。

 

でも、動揺は彼を喜ばせてしまい、

またTiaraに彼が近づくことにも

なってしまいますので、

ひたすら何とも思っていない態度を

取り続けました。

(敵対心は一切見せていません。)

 

こっちが本当に

何とも感じていない態度をとると

不思議と自己愛性人格障害の人は、

近づけません。

 

本来の臆病な彼が、出てきます。

 

支配できないものに対しては、

何もできないのです。

 

それを半年ほど繰り返し、

引っ越して転職もしました。

 

彼も今は

どこで何をしているか分かりません。

 

とにかく別れた後は、

本当にしばらく彼のことを

思いだして仕方がないと思います。

 

本当は、彼とはまったく正反対のタイプの

明るい人とお付き合いをするのが

一番いいとは思うのですが、

あなたが彼を忘れていないうちは、

ほかの人と付き合うことも無理だと思います。

 

Tiaraは習い事をしたり、

デートをしたり

(付き合うことは無理でしたが)

女同士で買い物に出かけたり、

飲みに行ったりしていました。

 

できるだけ予定を

たくさん入れたのです。

 

その予定をしているときは、

それなりに楽しかったです。

 

でも彼のことは全く考えないようになる、

というところにいくまでは

時間はかかると思ってください。

 

でもそれなりに自分で

意識をしてできるだけあたらしいことを

どんどん重ねていけば

そこからは、

彼のいないあなたの新しい世界が

動き始めるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください