別れた自己愛性人格障害の元彼に自分から絶対に連絡を取ってはいけない

こんばんは♡

今日は、別れた自己愛性人格障害の元彼に

自分から絶対に連絡を取ってはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れた後に

自分から電話をしてしまう人がいます。

 

例えば、彼から理不尽に

明確な理由もなく別れようと言われた場合は

納得できないので

どうしても彼と

連絡を取りたくなってしまうと思います。

 

あと、どうしても彼の声を聴きたくて

よりを戻すつもりもないのに

連絡してしまう、ということも

あると思います。

 

しかし、相手が自己愛性人格障害だった場合、

絶対にあなたのほうから

連絡を取ってはいけません。

 

なぜなら彼は

それを待っているからです。

 

あなたが彼のことを忘れられず

思わず彼に電話をしてしまう、という行為は

自己愛性人格障害にとって

大好物なのです。

 

待ってましたとばかりに

優しくしてあなたを取り戻してしまうことも

あるでしょう。

 

 

あなたにしてみれば

かれのところに戻りたいので

良かったと思うかもしれませんが

これでは、彼のモラハラ行為は

以前よりも攻撃を強めてしまいます。

 

 

完全にあなたの弱さを

彼にばらしてしまっているのです。

 

 

またあなたから連絡を取っても

また冷たくされてしまうケースもあります。

 

これは、あなたを痛めつける

絶好のチャンスを

あなたのほうから与えてしまったことになるのです。

 

だから絶対にあなたのほうから

彼に連絡を取ってはいけないのです。

 

辛くても堪えてください。

 

そこは自己愛性人格障害の彼から

自分を守らなければ

もっと苦しい思いをすると思って

彼に連絡しないでください。

 

もし、彼から連絡がきたとしても

聞いてあげる、という方式をとってください。

 

でも、できれば、

彼から連絡が来ても相手にしないのが

一番です。

 

彼はあなたがすがってくることを

待っているのです。

 

そしてあなたの苦しむ姿を見て

満足し、またさらに

あなたには攻撃をしてもいいと

無意識のうちに思い込んでしまうのです。

だから、自己愛性人格障害の彼と

別れた場合は、自分のために

もう終わりにしたほうがいいんだと

自分に納得させてください。

 

初めのうちは辛くて

なかなかできないかもしれませんが、

あなたが彼のところに戻ってしまうと

彼はあなたを虐待してもいい相手だと

認識してしまうのです。

 

あなたが自分の思い通りにならなければ

何とかして思い通りにしようと

今度はしがみつき行為を

してくるかもしれません。

 

ドラマに出てくるような

愛の言葉を何度も言われるでしょう。

 

 

初めのうちはそれがうれしくて

戻ってしまうかもしれません。

 

でも、それを何度も繰り返しているうちに

あなたも、彼が

だんだん虐待を強めて言っていることに

気づくときが来ます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分から離れられなくして

そして自分から離れられなくなった人を

どんどん追い詰めてしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害の彼と

別れたときに一番やってはいけない行為は

自分から連絡を取ることなのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください