自己愛性人格障害の、別れているときのあなたの呼び戻し方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人がする

別れたときのあなたの呼び戻し方について

お話ししたいと思います。

彼と別れたとき、

今考えたらおかしいことが山ほどあります。

まず、自己愛性人格障害の人のやり方として、

別れては戻るという代表的なものがあります。]

彼から訳も分からず、

「あなたとはもうやっていけないよ。別れる。」

と言い切られ、どんなにすがり付いても聞き入れてはもらえません。

彼からは連絡がなくなり、

無視される日々が続きます。

数日たっても彼から何の連絡もない場合、

あなたの中で、彼とは別れたんだ、と自分に言い聞かせる

自分を納得させて心の整理を何とかつけようとしていることでしょう。

そして自分を納得させてようやく

彼とは別れたんだ、と別れを受け入れ始めた頃、

しばらくして、彼から、突然

ラインに連絡が入ります。

「どうしてるの?」

「今、何してるの?」

「一人になって過ごしていたら、どうしてもあなたのことが気になるんだ!」

などなど。。。

彼のことばかり考えていたあなたは

やっぱり彼も私のことばかり気になっていたんだ!と

うれしくなるでしょう。

二人は再び会う約束を取り付け、

お互いに気持ちを納得させていたけど、

お互いに別れることができなかったんだ!と思い

うれしさでいっぱいになります。

そしてしばらくしてうれしくて

戻ると、しばらくは二人の幸せな日々が続きます。

彼は素敵で頭がよく、ついていっても

充分安心していられるほど魅力的です。

しばらくは幸せをかみしめることでしょう。

だけど、戻ってからしばらくすると

また理不尽なことで、別れ話をされたり

怒鳴られたり、お説教をされるのではありませんか?

せっかくよりを戻して

今度こそ幸せになる、と思っていた矢先の出来事なため、

あなたのショックは大きいはずです。

心臓が張り裂けそうな思いをすることでしょう。

それを2,3か月おきに交互に繰り返されます。

人によって期間はいろいろあるとは思いますが。

そしてそれはだんだんと感覚の短いものになっていくことでしょう。

戻ったときは、彼の愛情を疑う余地はみじんもありません。

素晴らしくラブラブな毎日を送っていることと思います。

しかし、それを何度となく繰り返すのです。

あなたの心臓は、寿命を縮めていきますが、

これを何度となく繰り返されます。

Tiaraはそれは2年ほどしてから明確に気づいたのです。

彼はおなじ事を何度でもすると。。

ここから対処が始まるのですが、彼は何度となく同じことをするので

彼の行動を不審に感じていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする