自己愛性人格障害の人は別れても何度も戻ってくる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は別れても何度も戻ってくる、

というお話をします。

そもそも、Tiaraの元カレが、自己愛性人格障害では?と

疑い始めたのは、

別れても何度も戻ってくる、という行為に気づいたからです。

別れのきっかけも

一番最後にほんとに別れたことを除いては

すべて彼からです。

でもよく理由はわかりませんでした。

そしてTiaraが分かってくれないんだ、という理由で別れる、

と言われていました。

確かにほんとに分からないのです。

それでも戻ってくるのも彼からでしがみつきもすごいです。

自分から言っておきながら

「別れたくないんだ。」

「俺にはあなたしかいないんだ」

「会いたい。」

初めのうちは嬉しかったのですが、

何度も繰り返すうちにさすがにおかしい、

と思い始めました。

わかれの理由も好きな気持ちも

そうか、と納得できていたことが

あそこまで言っていても別れるなんてさすがにおかしいでしょ、

また、よりを戻してくるに決まっている、

そう思うようになっていったんです。

そして本当に彼からまた連絡があり

よりを戻す、ということを繰り返していったんです。

自己愛性人格障害という病気

自己愛性人格障害の人は、

ひどく人を傷つけ、

あなたが苦しんでいる姿を見て

興奮するのです。

Tiaraもそんな彼の表情を見たことがあります。

この人は病気だ。

そう思うと、今までの行動がしっくりとなじんだんです。

自己愛性人格障害は、

出会いの時からこの時が来るまでをすべて

彼が仕組んで行動しています。

彼が戻ってきたとき、

あなたは、不安の中、

分かってくれたんだ、と彼の優しい表情に

ほっとするでしょう。

でも、彼は、あなたを傷つけることによって

高揚感を得ています。

自分のために傷つき不安になっている姿を見て

そして、またあなたが彼の思い通りに

戻ってくることによって

だんだんとあなたを支配していくのです。

何度も何度もサンドバックのように

あなたを苦しめ、落し入れ、

そしてまた優しい言葉をかける、

ということを繰り返しています。

そしてあなたが苦しんでいる姿をわざわざ見に来るのです。

それは、限界を知ることなく

坂を転がるようにだんだんと強めていき

緩めることをしません。

もし戻れば、以前よりも強い力で

あなたをおとしめ

くるしめて限界を知りません。

暴力に出ることもあるみたいですが、

基本、そんなことをしなくても彼は

あなたの心臓を、言葉と表情、扱い方によって

止めることができると思います。

そしてそれは

彼にもそれを止めることができないのです。

そのうえ彼は、自分がそんなことをしているとは

思ってもいないのです。

自己愛性人格障害は、本人の病気であるようで

むしろ、本人は意気揚々として高揚感を増し、

あなたを確実に追い込んで潰していく病気なのです。

ただ、それは彼のせいではありません。

彼自身もまた犠牲者で

深く傷ついた幼少期を過ごしていく中で

そうなってしまったのです。

だから、彼を責めてはいけません。

諦めはつかない気持ちはTiaraにもわかります。

それでも、あなたはあなたを守るために

全力で彼から逃げなければいけないのです。

もし、納得できないのでしたら

彼ではなく、周りの人たちでもなく

自己愛人格障害の被害にあった人に

話を聞いてもらってください。

一般の自己愛性人格障害のことを知らない人たちには

分からないのが当たり前なのです。

分かってもらえないからと言って

傷つかなくても大丈夫です。

あなたと同じ思いをしている人は

思いのほか大勢います。

それだけ自己愛性人格障害が増えたと言えるのでしょう。

とにかく自己愛性人格障害の人を見つけたら

全力で逃げてそして2度と関わらないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする