別れてからの後遺症が辛い時、どうしたらいいの?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れてからの後遺症がひどい時、

どうしたらいいかについて

お話ししたいと思います。

彼が、自己愛性人格障害だったとはいえ、

すてきな思い出が忘れられなくて

本当に彼が自己愛性人格障害なのか?

もしかしたら治るんじゃないのか?ということを

考えてしまいますよね?

あと、どうしてあなたが彼にそんな風に

扱われなければならなかったのか、

納得できない人もいると思います。

自己愛性人格障害の人が、

自覚なく、

あなたが自分をみじめに感じるように

仕向けているからです。

そうすること全力を注いでいるので

彼を信じたいあなたからすると

納得いかないでしょう。

こたえは、

認めてしまえばいいのです。

自己愛性人格障害とは、

そういう病気なんだと。。

これには今までのような

普通の世の中だと考えていると

なかなか理解するのが

難しいと思います。

自分が人よりも上に立つことで

精一杯で、

人のことを考えているほど

余裕のない自己愛性人格障害という

病気があるのです。

そして彼自身、

そのことに気づいていないので

話になりません。

そういう病気なのです。

どうしてわかってくれないの?と思っても

どうしても分からないのです。

だから、そこが病気なのです。

自己愛性人格障害のことを

見るからにおかしい人のこと、

だと思う人は

大勢います。

そうではないのです。

むしろ、紳士的で仕事もできて

頭もいい、

人とのコミュニケーション能力に長けた

そういう人に多いのです。

自己愛性人格障害とは

学生時代が全盛期だという人も

いますが、

周りの人から、いい人だと思われていたり、

人気者だという人も多いでしょう。

だから分からないのです。

人間は分からないことが一番怖いです。

だから惹かれてしまうのです。

人を引き付ける魅力のない人に

人の心をコントロールする能力なんてありません。

自己愛性人格障害とは

魅力的な人が多いのです。

だからあまりに理不尽で訳が

分からない人が

多いと思いますから、

納得できないのです。

彼は、人の心が分からない病気で、

話も通じません。

そして、人を精神的に追い込んでしまいますが、

本人にはその気がありません。

そういう病気なのです。

と初めに聞いてから、

自己愛性人格障害の人と

付き合う人はいないでしょう。

はじめは、

彼のことを普通の人だと思ったから

魅力的な彼に惹かれて

お付き合いを始めたのでしょう。

でも、次々に起こる彼の

理解できない言動に

自分が悪いのではないかと

普通の人よりも考えすぎるところがあるあなたが、思ってしまいますと、

どんどん抜けられなくなって

しまいます。

あなたは、自分が努力すれば

必ず相手を変えられる、ということはないのです。

話の通じない人たちがいるのです。

変わらない病気なのです。

だから彼を恨んでも仕方ありません。

彼は、自己愛性人格障害という

病気なのです。

そういう病気があることを

理解すれば、

あなたは彼と付き合いをしたいとは

思わなくなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする