自己愛性人格障害の人の八つ当たりのやり方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が、

自己愛憤怒を起こして、八つ当たりをしているのに

なぜ、周りの人がそう思わないのか、という

疑問にお答えしていきたいと思います。

まず、自己愛性人格障害の人は、

自分の中の爆発しそうなほどにパンパンにふくらんだ怒りを

周りの一番安心できるターゲットにぶつけるということを

お話ししました。

八つ当たりのような行為なのに

なぜ、周りにいる人が気づかないのでしょうか?

自己愛性人格障害の人は、

自分の周りにいる人が幸せそうにしているだけでも、

なぜ、お前が俺よりも幸せなんだ!と震えるほどの怒りを

覚えます。

でも、その場でその怒りの感情を出してしまったら、

(あいつ八つ当たりじゃない?)とばれてしまうので

その場ではいったんその感情を自分の中に押し込めてしまいます。

そしてさっきまで笑っていたり幸せそうにしていた人が

失敗をするとか、指摘できるタイミングを待ちます。

それはそんなに大それた失敗じゃなくてもいいんです。

自己愛性人格障害の人がこじつけれるくらいの

誰にでもあるようなちょっとした失敗でもいいんです。

都合のいいタイミングで

指摘し、自分が正当なことを言っているかのように

相手を責めたてます。

そうやって自分の中の怒りを相手にぶつけることによって

自己愛性人格障害の人はいったんすっきりします。

Tiaraは元カレと別れてから、自己愛性人格障害の人を

見かけると、わかってしまうんですが、周りの人は全く分かっていません。

そして八つ当たりをされた人はただ、悶々として

嫌な気分を味わっています。

分かりにくいと思うので、1つ例を出します。

会社でもよくこういった風景を目にするのですが、

Tiaraの会社に自己愛性人格障害っぽい人がいます。

その人はいつも仕事に厳しくたいていきちんと仕事をしていて

たまに誰かが失敗をすると、大きな声でたしなめています。

今日もある人が、請求書を取引先の人に締め切りまでに出してほしいと

頼んであったのですが、取引会社が請求書を出すのが遅く

締め切りに間に合わなかったんです。

すると

A「だからあれほど期限に間に合うように先方に言ってくださいよって

言ってたじゃないですか?!」

B「いやだから、ちゃんと言ってありましたよ。再三言ってたんですが、

向こう出してくるのが遅かったんです!」

A「言い訳ばかりしてないで、Bさんも素直に謝ったらいいじゃないですか!

いい加減自分の仕事に責任持ってくださいよ!

謝ってください!」

B「謝る?なんで?

僕はちゃんと何回も言ったのに向こうが出してこなかったんだから仕方ないじゃないですか。なんで僕が謝るんですか?」

そのあとは、Aさんは謝ってください、の連発で一歩もひきません。

社内は緊迫した空気が流れ、みんなシーンとしてその2人のやり取りを

聞いていました。

どちらかというとAさんはちょっと気難しそうな人で

いつもみんながAさんに気を使っています。

Bさんはどちらかというと柔らかい雰囲気で少しおとなしそうな感じの人です。

でも意外とBさんも言い返しているなと思いました。

元カレもよく会社でこのようなやり取りをしていたので

よく似ているなと思ってみていました。

結局最後にはふに落ちていない様子ながらもBさんがAさんに

謝ってその場は解決しました。

Tiaraは一見Aさんが正論を言っているように見えますが

実は八つ当たりでBさんに嫌がらせをしているんだなと思いました。

その少し前にBさんは女性社員の方ととても楽しそうに

お話をされていたんです。

Tiaraもその様子は微笑ましいなと思いながら見ていましたが、

後から、しまった、自己愛性人格障害の人の前で

楽しそうにしてはいけなかったんだ、と思いました。

Bさん本人にそうアドバイスしても、その2つの出来事がつながっているとは

Bさん本人も思わないでしょうからTiaraが何を言っているか分からないと思いますので

何も言わずにいましたけど、

自己愛性人格障害の人の心理はそうなんです。

以前ならTiaraもその様子を見て

(あ~あ、Bさん、先方にもっときちんと話をしておけばよかったのに。。。)

と思って自己愛性人格障害の人の言うことが正しいと思っていたでしょう。

現に上司もその様子を見ていて

「Bも自分の間違いを認めんとこがあるからああなるだろ?

Aもうるさいけど、ああいう場合はBが一言謝っておけばいいんだ。」と

言っていました。

あなたはどう思いましたか?

Tiaraは確かにBさんがAさんに謝るのはおかしいなと思いました。

だって、確かにAさんに「先方にきちんといつまでに請求書出して下さいと

言っておいたほうがいいですよ」と言われたとしても、

Bさんはそれを何度も先方に言っておいたみたいなんです。

それで請求書を出してこなかったのは

先方のミスです。

でも請求書が遅れたことの処理も責任も

AさんがとるわけでもAさんがBさんの上司でも何でもありません。

Aさんは「謝ってください!」と声を荒げていっているので怖いし

みんながAさんに気を使っていますが、AさんにBさんが謝る必要はないでしょう。

さらにその前に女性社員とBさんが楽しそうに話していた。

Tiaraも自己愛性人格障害の人の心理について

ここまで詳しく調べていなければ気づかなかったでしょう。

上司も味方をしているわけではないけれど、

なんとなくBさんが悪者っぽくなっています。

自己愛性人格障害のやり方です。

しかもTiaraのように元カレや自分の大事な人が自己愛性人格障害だった、

とかではないと、めんどくさくて

ここまで調べていないでしょう。

そういうことを繰り返しながら、

自己愛性人格障害の人は、

周りをどんどん味方につけていきます。

要するに時間差があるから分からないのです。

相当Aさんの行動に注意してみていて、

いつもこのタイミングでこういったことで怒るな、という

統計を取ればわかるかもしれません。

でも、だれもAさんの行動について

そこまでは見てはいないでしょう。

今後もBさんがターゲットになるかどうかはわかりませんが、

やはり自己愛性人格障害の人の前では

楽しそうに振舞うのも

やめておいたほうがいいでしょう。

自己愛性人格障害の人は、

自分の怒りをため込んで、一番やりやすい人が現れるまで

その感情をため込んでおくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする