自己愛性人格障害のひとの、何がおかしいのか?

おはようございます♡

彼と何がありましたか?

ここにたどり着いたのなら、

彼と些細なことで

けんかをしてそして「別れよう」と言われ、

何日もほっとかれて

しばらくするとまた彼から連絡があり、

彼の優しい声に

ほっとしているのではありませんか?

そういうことが

何度となく繰り返され、

あなたが彼に問いかけても

彼からはっきりした答えがもらえず、

でもまた彼に優しくされて

胸をなでおろしている。

そして一緒にいるときは

ほんとに幸せを感じているのでは

ありませんか?

Tiaraも

元カレと出会った頃は(今も)

ほんとに素敵な人だと思っていました。

元カレ以前の彼は、

人間味あふれた優しい人や、

男らしい責任感のある人、

同級生的な自然に

仲良くなっていってなんでも話せる

間柄になった人、

人知れず、

黙々と人の嫌がる仕事を平然とこなす

男らしい人など、

それそれ個性はありますが、

基本的にわかりやすい人が

多かったんです。

何かのきっかけで

付き合うことになり、

楽しいことも

けんかもしたうえでだんだんと親密になり、

それでも何かが起きて合わなくなり、

別れることになるのですが、

おかしい、

と思った人は1人もいません。

別れは仕方ないことだったと思います。

お互いに相手の幸せを

別れた後も望んでいることでしょう。

彼は少しタイプが

違っていたように思えます。

近未来的な

少し無機質なイメージを持った人でした。

ミステリアスというかクールというか。

でも話し出すと

落ち着いた紳士的な声ではありましたが、

すごく長い時間自分はこう思っている、

と話し、

こうじゃなきゃダメだ、

というこだわりがすごく強い人でした。

それでもその話は

納得のいくものがほとんどで、

厳しい人ではありましたが、

それを自分でも自覚していて、

でも自分も努力する、

素敵な人だったんです。

ときおり、植物や動物に

優しい表情を見せる、熱いこともいう、

そんなところも持っていてユーモアもある、

物に触れるときはほんとにやさしく触れる

(「物を大事に扱う人は女性も大事にする人なので

信じてついて行っても大丈夫な信じられる人です」

そんなコメントを

どこかで読んだことがあります。)

この人絶対に悪い人じゃない、

そう思えるとても素敵な人でした。

(自慢?ちょっと自慢も入っていますが、

当時はほんとに自慢に思っていました。

それでも、会社では

だれもが一目置く存在、弁が立つ、

一度聞いた(読んだ)ことは

忘れない、センスがいい、

ユーモアもある、優しさもある、

仕事は誰よりも早くてきれい。

子供たちにも優しくしてくれる、

いろいろ教えてくれる、心配してくれる。。。

唯一気になることは、

こだわりが強すぎること、

相手の意見を尊重しない、

人の欠点をいち早く指摘するということでした。。

(唯一じゃないですよね(´・・`))

たぶん初めのころは

Tiaraにはなかったと思います。

会社の別の人。

例えば言いやすい人

(弱い人、冗談で受け流す人、

仕事のできない人、自信のない人)

などに、ミスを指摘します。

その人が「なんで○○くんに

いわれなきゃだめなんだよ~。」

(その日までに担当の言いやすい人が

やらなきゃいけないことをやってないとき)

○○君 :「××さん(ミスを起こした人)が担当だからです!

やってなきゃいけないんです!」

(正論だと思っていました。)

言ってることは

間違っていないですよね。

だから少々きついけど、

でも言ってることは間違ってない、

彼は××さんのためを思って言ったんだ、

なんて思っていました。

でも、違ったんです。

彼は、尊大な自分を

周りに見せつけることで、

自分の自尊心を

何とか保っていたのです。

その後もずっと

日常的にそのようなことは続き、

いつも誰かが、攻撃されていました。

時には、身体的なことを

冗談交じりに言うこともありました。

ちょっときついかな?と

思うこともありましたが、

普段、すごく紳士的にふるまうため、

彼なりのブラックユーモアだと

思っていたんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする