ずっと一緒にいると初めは嫌がらせだった自己愛性人格障害のひとがだんだんあなたを本当に憎むようになる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせが、ずっと一緒にいると

本当にあなたを憎むようになる、

ということについてお話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

本当は心のどこかで

あなたに嫌がらせをしていることを

うっすらと気づいているので

それがばれることを恐れています。

自己愛性人格障害のひとは

普段はとても堂々としているため

そんな風には見えませんが、

本当はものすごく臆病なので

なにごとも意識することもなく

慎重に動きます。

ですから、あなたに対する嫌がらせ行為も

本当に大丈夫かどうか

少しづつやってみて、ばれそうになると

ごまかす、ということを繰り返しながら

ばれないように少しづつ少しづつ、

強めていきます。

そしてモラハラ行為が進んでくると

だんだんとあなたに対して

あなたが何をしても逃げていかないと

安心して信頼を寄せていくようになります。

これが普通のひとなら

この段階で絶大な信頼関係が

築けるので安心してあなたに愛情をぶつけたり

わがままを言ったりして

ケンカをしたり仲直りをしたりを繰り返しながら

本物の愛情が育っていき

二人のきずなは強固なものになっていきます。

ところが、自己愛性人格障害のひとは

共感力がありませんので

人の痛みが全く分かりません。

分からないというよりは

あなたが苦しんでいることは分かるのですが、

あなたが苦しむことによって

あなたよりも自分のほうがましだと

変な安心感を持って自尊心を持つことができ

その状態を保つために

あなたの心をどんどん傷つけてもいい、

と思ってしまいます。

そしてその思いには限界がありませんので

どれだけでもあなたを傷つけて

無価値化してほっておき

あなたのことをどんなにひどく扱っても

まったく何も気にしなくなります。

そして最後には本当にどうでもいい存在になり

捨ててしまいます。

Tiaraは元彼が自己愛性人格障害だと気付いたとき

これが一番怖かったんです。

だからまだ、彼がTiaraのことを

少しでも思ってくれているうちに

別れたほうがいい、

と思いました。

これができない人は

どんどんひどいことになっていきます。

気づいた時点で別れることが

お互いにキレイな思い出を

少しでも残すことができるのです。

ただ、前回の記事でも

お話ししたことがあるように

最後まで添い遂げられた人も

今までの相談者の中には

お見えになったことがあります。

でも、彼がおいていったすべての後処理を

彼女は大変な思いをして

解決しようとしているのです。

たぶんこの方の彼は

最後まで少しでも幸せだっと思いますが

本人には苦しみが残ったままでした。

でも、彼女が最後まで自分といてくれたことには

満足していたようです。

そのあとの彼女の苦労も知らずに。。

添い遂げるとか、彼のメンターになる、とか

彼を最後まで支えてあげたい、とおっしゃる方は

大勢みえます。

ですが、彼女たちの思いほど

彼が思っていたのかというと

最後まで自分の自尊心のなさに苦しんで

それどころではないのです。

自己愛性人格障害は

自信満々に見えて

実は、被害者の人たちよりも

低すぎる自尊心のため

自分を救うことしか考えられない

本当に悲しい病気なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする