Tiara 年末年始ご挨拶

こんにちは♡

残すところ今年もあと数時間となりました。

今年もみなさんにブログを読んでいただき

ありがとうございます。

 

朝から、たくさんのみなさまから

本年度のお礼の言葉と

コメントをいただいており

ありがとうございます。

 

あまりの数なので

1人1人返信することが難しいため

こちらで年末の挨拶を

させていただきたいと思います。

 

今年も数々のご相談をお申込みいただき

ありがとうございました。

 

来年度もTiaraのブログを読んでいただき

少しでもみなさまが

自己愛性人格障害の被害から脱退、

予防ができることを目標に

やっていきたいと思いますので

よろしくお願いします。

 

おそらくこちらのサイトに

たどり着いていただいた方には

少しでも解決に向かっていると思われますので

どうかご自分を責めたりすることのないよう

きちんと現実を判断していって

もらいたいと思います。

 

 

そのためにも一番重要なことは

自己愛性人格障害の特徴を知っていただき

相手がきちんと

本当のことを言っているかどうかを

見極めることと

あなた自身が悪いわけではないことを

きちんと判断していけるよう

勉強していって下さい。


また、自己愛性人格障害でない人のことを

誤って判断して

本当は乗り越えるべき未来があるときに

間違って判断して

あなたの大切な人を失わないよう

あなたの大切な人を

見誤らないように

慎重に見ていってくださいね。

 

Tiaraは本来、乗り越えるべき

二人の試練を乗り越えて

本当に分かり合える関係になることを

理想としていますし、

世の中の大半のひとは

普通の人のほうが多いと思います。

 

今年もTiaraは新しい彼がいるわけでもなく

年末の予定もありませんので

またブログを更新したいと思っています。

 

年始は身内で集まるので

少しブログの更新が遅れるかもしれませんが

空き時間には年末年始にも

どんどんブログを更新していきたいと

思いますので

よろしくお願いします。

 

相談も時間帯によっては

受けることができるかもしれませんので

連絡してくださっても結構ですよ?

 

年末年始に

自己愛性人格障害のひとの機嫌が

悪くなることも

例年の例として分かっております。

 

そういったみなさんがお祭りモードになると

機嫌が悪くなるということもあらかじめ

心の準備をしておくと

あまり驚かなくて済むかもしれません。

 

もし、何もなく穏やかに

年末年始を過ごせた場合は

そのあとで嫌がらせが

始まるかもしれませんので

自己愛性人格障害の彼をお持ちの方は

少し心の準備をしておいてくださいね。

 


 

別れた彼と何度も会わなければならないときの付き合い方は?

こんにちは♡

今日は、別れた彼と

何度も会わなければならないときの

付き合い方について

お話ししたいと思います。

 

 

恋人と別れてから普通は何度も元彼と会うということは

普通はあまりないことなのですが、

相手が自己愛性人格障害だった場合

とてもよくあることになります。

 

 

 

自己愛性人格障害の相談をうかがっていますと

ほとんどの場合、

彼から何気なく連絡が来たり、

またはあなたのほうが

どうしても彼を忘れられなくて

連絡を取ってしまった場合、

別れているにも関わらず

普通に連絡が来るように

なってしまうことが

本当によくあります。

 

大好きだった彼と

なぜか納得できない理由で

別れることになってしまった場合、

彼とまた会いたくなってしまいますよね?

 

 

ですが、これがとても危険な行為で

いったん別れたにも関わらず

あなたが会ってくれるようになったということは

自己愛性人格障害彼にしたら

あなたにもっと強く嫌がらせをしても

あなたは耐えられるという判断をしてしまいます。

 

 

普通のひとなら

また会ってくれるようになったということで

別れを後悔し、

もう二度と同じことはしない!

となり、二度目は以前よりも
うまくいくようになるのが普通なのですが

自己愛性人格障害だった場合は

以前よりもあなたへの惹きつけ行為と嫌がらせが

同時に強くなります。

 

 

あなたが共依存症だった場合や

恋愛依存症だった場合、

以前よりも心が強く惹きつけられるようになってしまい

とても胸が苦しくなります。

 

この状況をつつけていると

確実にあなたは心臓を悪くしたり

精神を病んだりして

とても危険な状態になるのです。

 

 

それも自己愛性人格障害のひとは

それにあなたを少しづつ慣らしていきますから

あなたは自分でも気づかないうちに

彼からどんなにひどいことをされても

離れられないようになっていきます。


 

恋をする胸の苦しみは

結構好きでしたが

この苦しみが異常に強くなっていきますので

Tiaraはこれ以上苦しくなるのは耐えられない、と思い、

彼から必死で心を離しました。

 

それでよかったのです。

 

もし、あのまま彼と一緒にいたら

心臓は止まっていたと思います。

 

素敵な恋の苦しみの中

惹きつけ行為と突き放し行為を

交互に繰り返すことに気づいた場合は

できるだけ早く自己愛性人格障害かどうかを判断し

心を離すようにして下さい。

 

大好きな彼から心を離すには

物質的に距離をとることが一番になります。

 

 

彼はあなたに忘れられないために

別れてからも

頻繁に顔を出したり連絡をくれたり

存在が分かるようにしてきたりするでしょう。

 

ですが、それに騙されて

喜んで会いに行ってしまうと

あなたを傷つけるようなことを必ずします。

 

そんな時は彼には心がないと思い、

この恋愛感情自体

自己愛性人格障害のひとが

自分の怒りをぶつけるために作る

架空の夢物語だったと

辛いとは思いますが受け止めることも

自分を守るためには

とても大切なことなのです。

 

 

あなたはあなたの心を大切にしてくれる人と

連来関係をむすぶ必要があるのです。


 

 

 

 

自己愛性人格障害のひとと今後も付き合っていかなければならない人へ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

今後も付き合っていかなければならない人が

どうしたらいいいのかということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは相手が

自己愛性人格障害だと気付いたときは

できるだけ早く離れたほうがいいと

お勧めしているのですが、

たとえば相手が会社の上司だったり

ご主人だったりといった場合で

付き合いたくないけど

そんなに簡単に離れることができない場合は

どうしたらいいのでしょうか?

という質問をたまに受けることがあります。

 

そういう人も大勢いるでしょうし

相手が彼だった場合は

被害者のほうも別れたくない

という感情を持っている場合もありますが

もしあなたは本当は離れたいんだけど、

会社をやめることができない、とか

離婚をしても生活していく自信がない

といった場合は嫌でも

しばらく付き合っていかなければ

いけないと思います。

 

ではそんなときはどうしたらよいのか

説明をします。

 

どうしてもなかなか環境的に

自己愛性人格障害のひとと

離れることができない人は

しばらく自己愛性人格障害のひとと

付き合っていかなければいけないと

思います。

 

その場合は一緒にいる感に

自己愛性人格障害のひとが

あなたに攻撃をしたいと

思わないようにしてほしいですよね?

 

まずいつもお話ししているように

相手に敵対心を向けては

絶対にいけません。

 

自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

非常に自尊心が低いことから

きている病気です。

 

そのため、人から嫌われることを

極端に恐れているのですが

同時に

誰にもつぶされたくないと

思っています。


あなたにそんな気がないとしても

勝手につぶされると思って

警戒していますので

あなたがちょっとでも敵対心を見せれば

あなたに潰されると勝手に思い込んで

全力であなたを潰しにかかります。

 

自己愛性人格障害のひとに

正論でいけないことはいけない、

と言っても

あなたから否定されたと思い込み

あなたを潰しておかなければ

自分がやられると

勝手に思い込んで

全力でつぶしてきますので

自己愛性人格障害のひとに

敵対心をみせることは

非常に危険です。

 

だからどんなに理不尽なことをされても

それをきちんと把握したうえで

平和的な顔をしていなくてはいけません。

 

次に自己愛性人格障害のひとが怖いからと

自己愛性人格障害のひとに気を使ったり、

ご機嫌を取ったりする人がいますが

これもやってはいけないことの1つです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自尊心が低いことが

周りの人にばれることを

極端に恐れます。

 

もし、自分に価値がないということが

周りの人にばれてしまうと

周りの人からつぶされてしまうと

勝手に思い込んでいるのです。

 

本当はそんなことをするわけがないですし、

自己愛性人格障害のひとのことを

価値がないなんて思っている人は

誰もいないのですが

幼いころに自尊心が満足するように

自然な愛情を向けられて

育っていませんので

どうしてもそう感じてしまうのです。

 

 

その反動で

極端に自分に自信があるような

ふるまいをします。

 

本当に自分に自信がある人は

人にたたかれようと

自分を信じていますので

人にどう思われようとびくともしません。


ですが、自己愛性人格障害のひとは

その自信が本当はないので

逆にそれを隠すために

自信があるようにふるまいますし、

かなり勉強をして努力もします。

 

それでも自尊心が満たされないのです。

 

幼いころにその病気に気づいて

治療を受ければ

まだ学習という形で

人にはこんなことをしてはいけない、だとか

自分には価値がないわけではない

と学びますので

症状はかなり良くなるようです。

 

ですが、自分のその状態が

病気だと気付かず

ある程度の大人になってしまった場合は

治ることはほとんどないと言われています。

 

だから自己愛性人格障害のひとに

分かってもらおうとしたり

ご機嫌をとることは逆効果なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

周りの人に認めてもらうことで

その自尊心を保とうとしますので

あなたがご機嫌を取ればご機嫌を取るほど

あなたが

自己愛性人格障害のひとの

ご機嫌を取らなければならないほどに

嫌がらせをしてきます。

 

だってあなたは

自己愛性人格障害のひとが怖いから

ご機嫌を治してもらおうとして

気を使うわけですよね?

 

そうすると自己愛性人格障害のひとは

満足して、

またあなたにご機嫌を

取らせようとするのです。

 

だから嫌がらせはどんどん強くなります。

 

だから自己愛性人格障害のひとの

ご機嫌を取ってはいけないのです。

 

そして何よりも

あなたがしなければいけないことは

自己愛性人格障害のひとに

話が通じないということを

理解しなければ

あなたがどんなに気を使っても

自己愛性人格障害のひとの

負担にならないようにしても

自己愛性人格障害のひとの

気持ちを分かってあげようとしても

自己愛性人格障害のひとは

あなたの気持ちを

いっさい理解できません。

 

そしてあなたを潰すことも

あなたが辛い思いをすることも何ともないのです。

 

何ともないどころか

あなたがつぶされたり

あなたが悲しんだり

あなたが辛い思いをしていたりすれば

自己愛性人格障害のひとはその姿を見て

高揚します。

 

そしてそんなあなたの状態を

見たくなるのです。

 

そんなあなたの状態を見て

自分のほうがましだと

ほっと胸をなでおろして

少しの間だけ心の安定があるのです。

 

ですが、

それは持続することがないので

常にあなたのそんな状態を見ようと

無意識に行動していますので

あなたは

自己愛性人格障害のひとのそばにいると

生きにくくなるのです。

 

ですから、自己愛性人格障害のひとが

あなたにはそんなことをしても

大丈夫だと

思われないことが大切になります。

 

自己愛性人格障害のひとと一番いい関係は

自己愛性人格障害のひとから

よくも悪くも

興味を持たれないことです。

 

あなたを自分のそばに置きたいと

自己愛性人格障害のひとから

思われてしまったら

自己愛性人格障害のひとは

他人が

自分よりも低い立場だということを

見ることによって

自尊心を保とうとしますから

被害者を

自分のそばに置く傾向があるのです。

 

自己愛性人格障害のひとの

そばにいながら

ターゲットにされない方法は

嫌われたり好かれたり

しないことです。

 

分かりやすい言い方をすれば

いてもいなくてもどうでもいい、と

自己愛性人格障害のひとに思われることが

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされないコツなのです。


自己愛性人格障害のひとは絶対に勝てないと思う人には決して何もしてくることがない

こんばんは♡

今年も大変たくさんの方々に

Tiaraのブログを読んでいただき

ありがとうございました。

 

世間的にも

自己愛性人格障害という病気があることが

ある程度しれてきていると思いますので

これからも

1人でも多くの被害者の方が

自己愛性人格障害の被害に気づき

自分に責任がなかったことに

気づいていただいて楽になり、

自己愛性人格障害のひとを刺激することなく

離れることができたらいいなと思います。

 

 

残すところもう4日となりましたが

Tiaraの知っている知識を

余すことなくお届けいたしますので

よろしくお願いします。

 

さて、今日は、自己愛性人格障害のひとは

完全にかなわないと思うひとには

一切何もできない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害という病気を

知ったうえで

世間を見てみますと

今まで知らなかった常識に

気づくことがあります。

 

Tiaraの会社にも

自己愛性人格障害と思われる女性がいますが、

Tiaraにこじつけの怒りをぶつけてきたときに

すぐに気づきましたので

彼女が怒っているかのように

ガン無視を続ける理由も

しゃべらなくても分かっていますので

Tiaraも心を離し、

彼女を全く気にしないようにしています。

 

幸い、業務も関わることなく

席は、Tiaraの斜め前ですが

大きなパソコンのディスプレイで

のぞきこまないと全く顔が見えないので

無視をされていても

まったく堪えません。

 

それどころか

心も全く話していますので

彼女に気に入られたいと思う気持ちは

いっさいないので

まったく何も感じず、

ほかの人たちと穏やかに

和気あいあいと

仕事をしてします。

 

自己愛性人格障害のひとは

勝ち負けしかないので

Tiaraから気を使ってきたり

謝ってきたり、気にすることを

望んでいますが

まったく気になりません。

 

 

むしろ早めに分かったことで

彼女とのかかわりを

完全にシャットアウトできるので

良かったのかなと思っています。

 

 

彼女の隣に(Tiaraの前)に

とてもやさしい男の人がいるのですが

はじめ、Tiaraを無視しだした頃は

この男性にべたべたと楽しそうに

お話をしていました。

 

たまにTiaraにしか分からない嫌味を

言うこともありますが

そもそも自己愛性人格障害なので

どうしてもTiaraをつぶしたいので

仕方ありません。


彼女の行動を止めることはできないのですが

Tiaraが一切気にしてしないので

別の方たちと和気あいあいと

団結して仕事をしていますので

彼女は1人で無視していることになります。

 

Tiaraはまったく気にしていないので

彼女が無視をしているなら

Tiaraから見たら

彼女の存在感は全くありません。

 

たまにパシッパシッと

強めにパソコンをたたいて威嚇をしたり

机の引き出しをぴしゃりとやるのですが

Tiaraからしたら

自己愛性人格障害だという証拠が

集まってくるだけなので

「やっぱり」と確信に変わっていくだけで

確信に変われば変わるほど

ますますTiaraは彼女の存在が

まったく無になっていきます。

 

そんな中、

ふと隣の男性とも

話していないことに気づきました。

 

男性も何も言わないのですが

顔を見ていると

険しい顔をしているので

彼女の無視が

自分に向いていると思っているのか、

本当に彼女が彼を無視しているのか

分かりませんが、

Tiaraの座っている机の島の

誰とも彼女は話さなくなっていました。

 

初めのほうは

彼女のほうが拒否をしていたので

周りにいる方が

彼女に気を使い、

「おはようございます!」と言っても

「お疲れさまでした!」と言っても

彼女は冷たい表情をして無視をしていました。

 

おそらくそんな彼女に気を使っていたり

また前のように

和やかな雰囲気で話せるように

戻そうとしていたりしていたと思うのですが

そんなことをしたからと言って

彼女の機嫌が直ることはありませんし、

たとえ一時的に優しくなったとしても

みんなが安心して前のように接することで

彼女の横柄な態度はますますひどくなることを

みんなは知らなくてもTiaraは知っています。


 

何より、

初めはTiaraが直接彼女に文句を言われて

それからガン無視をされていますので

ここでTiaraが堪えれば

彼女はますますひどくなります。

 

それに自己愛性人格障害のひとから

無視をされることは

結果的にラッキーなのです。

 

こちらも公認で話さなくてもよくなり

彼女との関係をたつことができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の攻撃が効かない人には

攻撃していてもむなしくなるだけですので

そのうちに攻撃をすることをやめてしまいます。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

それだけでは収まらず

その後も自分のイライラをぶつける人物が

必要になりますので

彼女のご機嫌を取ろうとした人や

彼女の話を聞いて和ませてあげようと考える

優しい人や、彼女の近くから離れられない人にも

攻撃をしやすいです。

 

 

Tiaraはおそらく

Tiaraが彼女を相手にしていないと

彼女の隣の男性が

被害に遭うだろうと踏んでいました。

 

ですが、彼女に無視をされても

男性の前にはTiaraがいますし、

男性の反対隣にも男性が二人座っています。

 

おそらくTiaraの見る限りでは

この男性はとても親切で仕事も詳しく

困った人を見るとどうしても

助けたくなる性分のようで

誰1人彼のことを嫌いな人はいません。

 

彼の顔を見ていれば

きつい状況は分かりますので

そんなとき、Tiaraが仕事のことで

質問をしたりすると

彼女以外の人たちも

「どれどれ?」とみんなやってきて

いろんなアドバイスが飛び交います。

 

初めのうち気にしていた男性も

やがて彼女以外の人たちと

話すことが楽しくなってきたようで

だんだんと表情が明るくなってきました。

 

Tiaraの島に

自己愛的な人物は誰もおらず、

みんな普通のひとです。

 

初めは彼女が話さなくなったり

急に冷たくなったことを

気にしていたみんなも

やがて彼女がいなくてもいいや、

という雰囲気にだんだんと

自然になってきてしまったのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分以外の人が楽しんでいることを

受け入れることができませんし、

自分からガン無視していたので

今更後には引けません。

 

あるとき、怒りに耐えられなくなったのか

午後から誰にも何も言わず

帰ってしまったことがあり、

翌日は週末でしたが休みました。。

 

 

Tiaraは内心もう出てこないのでは?

と少し心配したのですが

翌週の月曜日には出てきて

今までガン無視していたのに

小声で聞こえるか聞こえないか

分からないほど小さな声で

「おはようございます。」と言うように

なっていました。

まあこのままこの島の

誰ともしゃべらなくても

彼女はCADオペレーターですので

仕事はすることができます。

 

 

ですが、自己愛性人格障害なので

自分以外の人が楽しむことに耐えられません。

 

なのでこの状況に耐えられるのかどうか、

正直疑問です。

 

おそらく彼女のほうから

普通に話しかけてこれば

みんな普通に話したと思います。

 

ですが、あまりにも長い間(3週間以上)

ガン無視をし続けてしまったので

もう彼女には話さなくてもいいや、

という空気ができてしまっています。

 

ですがTiaraたちが黙っていたからと言って

彼女から話しかけてくることはありません。

 

なのでこちらから話しかけるには

かなり勇気がいりますし、

彼女はおそらくこちらから話しかけても

「いまさらなに?」と冷たく言われそうで

怖くて話しかけられないのです。

 

相変わらず、機嫌の悪そうな雰囲気だけは

毎日出しています。

 

朝、来た時に小声で

「おはようございます。」という声も

日に日に小さくなっていきましたので

ほとんど聞こえず、

彼女がおはようございます、と言っても

誰も返事を返さなくなりました。

 

今日も明日の年末の話で

みんなで盛り上がっていました。

 

Tiaraが入ったばかりなので

「年末は会社で何かするんですか?」

と尋ねたことにより

「あのね、11時くらいからみんな掃除をしだすよ?」

とか「明日はほとんど仕事はしないよ」

などと教えてくれる人に

TiaraだけでなくTiaraが入ってからあと二人

新人が入ったのですが、

みんなが教えてくれる年末年始の話に

Tiaraたち3人は

興味深々で聞いていました。

 

まあ、朝礼後の

ちょっとしたコミュニケーションですよね?

 

そのあと仕事もあるので

10分くらい話した後誰からともなく

仕事に取り掛かり

しばらくみんなパソコンを

パチパチしていました。

 

 

すると11時くらいだったでしょうか?

 

彼女の隣の男性が突然、

「○○さん(自己愛性人格障害と思われる彼女)が

突然帰りました~。」

と言い出しました。

 

 

「ええ?」とTiaraが言うと、

「はい。9時半くらいだったでしょうか?

何も言わずに、まあ、体調不良だとは思うのですが

しれっと帰っていきましたよ?」

と言いました。

&nbs;

そういえば彼女の席から

怒ったような感じで

机の上の書類を少し乱暴に

片づけている音がするなあ?

と思っていたのですが、

彼女のことにはTiaraはとっくに無関心ですので

また何か嫌がらせしてるんだろう、

くらいにしか考えていませんでした。

 

40代の男性が

「ちょっと声をかけて

大丈夫?とか言ってやればよかったのに。」

と彼女の隣の男性にいいました。

 

 

すると、彼女の隣の優しい男性は

少し怒ったような顔をして

「向こうがあんな態度するのに

あれだけの態度取られれば

何も言わなくてもいいでしょう。

 

どうしてこちらから声をかけなければ

いけないんですか?

そうなると僕も結構ドライなほ

うなので。」と言いました。

 

すると40代の男性が

「無理にドライになる必要はねえよ。」

と言いました。

 

男性は

「彼女があれだけの態度をとるので

こちらも何も言わなかっただけです。

僕は何か間違っていますか?」と

険しい顔をするので

Tiaraは

「仕方ないと思います。間違ってないと思いますよ。」

と言いました。

 

周りの若い男性や新人の女の子は

黙っていました。

 

彼女のほうから無視をしていることは

みんな気づいていることです。

 

それなのに

40代の男性は少しきれいごとを

言っているなと思いました。

 

おそらく一番きつかったのは、

隣の席の男性だったと思います。

 

この男性は共感力がとても強く親切な方なので

始めTiaraと口を利かなくなった後も

彼女を一生懸命気持ちよくさせようと

頑張っていました。

 

そんなに頑張らないほうがいいよ、

とTiraは思っていたのですが。

 

会社は明日で仕事納めですが

彼女はおそらく来ないと思います。

 

明日の大掃除の時に

みんなが和気あいあいとやることに

耐えられないと思います。

 

ですが、みんなに悪気のある人は

1人もいません。

事情を全く知らない新人の2人は

もしかしたら40代の男性のことを

優しい人だと思い、

彼女の隣の男性は優しいけど

女のひとにも怒る人、と

取られてしまったかもしれません。

 

そして彼女はいじめられた被害者なのかも

と考えているかもしれないですが

それは全く違います。

 

自己愛性人格障害のひとは

相手の罪悪感を使って

悪者にするのがとてもうまいのです。

 

 

ですが、隣の男性が加害者に

見えるようなことは

Tiaraが絶対にさせません。

 

それに普段、彼がとてもやさしいことは

みんなも知っていると思います。

 

その話の後

しばらくみんな黙々と仕事をしていましたが

仕事が大量にあり分からないことが

たくさんあったので

Tiaraがみんなに質問をすると

みんなであーでもないこーでもないと

話し合い、盛り上がり

仕事も忙しかったのですぐに

彼女のことは流れたと思います。

 

自己愛性人格障害という病気を知っている

Tiaraが1人いたことと

Tiara以外のひとにも

すぐに嫌がらせを始める彼女の行動で

みんな彼女に気を使っても

彼女の機嫌が悪くなるので

内心はみんなうんざりしていたんだと

思います。

 

それと、彼女がTiaraを無視し始めても

みんながTiaraを無視しなかったことが

結果をいいほうに招いたんだと思います。

 

周りの人が

自己愛性人格障害のひとの味方をしてしまった

場合には

ターゲットだけでなく、

そのほかの人も順番に

被害に巻き込まれていくということを

覚えておいてください。

 

そして社内や学校などの雰囲気が

だんだんに悪くなっていくのです。

 

彼女がまた年明け、

出勤するようなことがあっても

Tiaraの態度は変わらないと思います。

 

彼女に敵対心を向けることもなく

でも話をすることもありませんし、

彼女が誰と仲良くしてても

まったく気になりません。

 

自己愛性人格障害のひとは

1人ではいられないので

必ず誰かにくっついていくものです。

 

そしてその関係が決して

うまくいかないことも知っています。

 

そしてTiaraは彼女の関係のないところで

どんどん交流を深めていき

楽しく仕事をしているだけです。

 

Tiaraの今の会社には

ほかにも自己愛性人格障害のひとが数人いますが

いっさい興味を向けないことで

自己愛性人格障害のひとのほうから

尊大な自分を魅せつけてきたり

コミニュケーション能力の高いところを

見せつけてきますので

その時だけ適当に笑って楽しみ、

後は無関心で興味を持ちません。

 

Tiaraが興味を持つのは

本当に優しい人や可愛い人、だけです。

 

その人たちと楽しく本当に心から

仲良くしていると

自己愛性人格障害のひとも

Tiaraたちには寄りにくくなり

本当に近づいてくることはないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

どこかで自分が

本当の関係を築けないことに気づいており、

臆病なので本当に仲の良い人たちのグループへは

入ってくることも威嚇してくることもないのです。


自己愛性人格障害のひとは他人が幸せそうなところを見ることが我慢できない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

周りに幸せそうな人たちがいると

おなかの中が怒りでいっぱいになる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

普通の人は

人が楽しそうに笑っていたり

幸せそうにしているところを見ると

気持ちがほっこりすると思います。

 

優しい気持ちになったり

幸せそうな気持ちになったりすると

思います。

 

 

ところが、

自己愛性人格障害のひとは

自分のそばにいる人たちが

楽しそうに笑っていたり

仲良く話しているところを見ると

怒りがこみあげてきて

我慢することができません。

 

おなかの中が

爆発しそうなくらい

怒りでいっぱいになるのです。


Tiaraはよく自己愛性人格障害のひとを

見つける瞬間があるのですが

それはよく表情に現れています。

 

人が幸せそうに笑っているところや

仲良さそうにしているところを見ると

幸せな気持ちになるのですが

その時にその様子を見て

表情がこわばったり

恐ろしく冷たい表情をしていたり

怒りをこらえているような

恐ろしい表情になっていたりします。

 

 

そんな時Tiaraは

その人に対して

少し警戒心をいだきます。

 

おそらく

人が幸せそうにしているところを見ると

怒りがこみあげてきて

それが世間にばれないように

我慢しているのだと思います。

 

こういう人を見かけると

無防備に喜んでしまったり

楽しそうにしているところを

見られてしまうと

次の日から

徹底的に敵扱いされてしまうことがあるので

あまり楽しそうにしないように心がけています。

 

もともとTiaraは天然だと言われることが多く

無防備に

自分の感情を

顔に出してしまいやすかったりするのですが

これが自己愛性人格障害のひとから見ると

徹底的につぶしたくなってしまうようです。

 

以前はそんなことは知らなかったので

なぜ敵対心を持たれるのか分からず

怖くてたまりませんでした。

 

ですが今は

自己愛性人格障害の人は

自尊心があまりにも低いので

悪気がなくても幸せそうにしているだけで

敵対心を持たれてしまうことが分かったので

こういう人の前ではあまり

はしゃがないようにしています。

 

人間関係で

トラブルが起きにくい人は

目立たず当り障りなく

必要なことだけを

話す人だということも分かったので

会社や公的な場所では

いつも規律を守り

びくびくすることなく

堂々として必要なことだけを

きちんとした印象で話すようにしています。

 

これだけで自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされる確率は

格段に下がります。

 

ですが、ふと気を抜くと

たまに楽しく盛り上がってしまうことも

あるのですが

そんなときは気づいた瞬間から

ニュートラルな態度に

素早く戻ります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから

他人が自分よりも目立ってしまうことに

尋常でないほどの嫉妬心を燃やします。


そして

自分よりも好かれそうな人物や

目立ちそうな人物を

時間をかけて分からないように

自己愛性人格障害のひとが悪く見られないように

工夫をしながら

確実につぶしていきます。

 

もしターゲットにされてしまったら

逃げるのが一番早いのですが

職場や夫婦関係など

そんな簡単に

逃げられない関係の場合も多くあります。

 

そんなときは自分の態度を

ニュートラルな状況にもどしておくと

とても過ごしやすくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

病気なので自分で止めることができず

あなたが悔しくて

敵対心を見せてしまうと

臆病な自己愛性人格障害のひとは

先に徹底的にあなたを潰しておいて

自分の環境を守ろうとしているのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとのためでなく

あなた本人のためにも

敵対心は見せることをせず

やってもらったことにはお礼を言い

深く付き合わないことが大切なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

常に自分がつぶされることに怯えていますから

勝手にあなたが自分よりも強くならないように

調節するか

先に潰されてしまうかもしれないのです。

 

あなたがもし

自己愛性人格障害のひとを見つけたら

あまり親密に付き合うことなく

礼儀を守って薄く浅く関われば

自己愛性人格障害のひとと

必要以上に仲良くすることもなく

上手にお付き合いができるかもしれません。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だった場合は

敵対心を見せず、

当り障りなく感情を入れずに付き合うことが

関係性をながくつづけるコツなのかもしれません。


自己愛性人格障害の被害に遭わないためにすることはたった1つ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

あなた自身を守る覚悟が

あなたにあるかというお話を

したいと思います。

 

 

Tiaraは今、

自分のことをとても大切に思っています。

 

以前は、自分のことよりも

相手のことを思うほうが

美学だと思っていました。

 

いまのTiaraには恋人はいなくて

でも子供たちがいます。

 

ですが、2人とも

いつもTiaraのそばにいるわけではなく

上の子は結婚して家庭を持っていますし、

下の子も年頃なので

よく友達と出かけたりして

あまり家にはいないときもあります。

 

ですが、たまにうちに遊びに来たり

たまに家族がそろうことがあると

本当に愛情あふれた家庭だと思っています。

 

本当に大切なものだと思っているので

いつも一緒にいるわけではなくても

とても幸せです。

 

これはTiaraが作ってきた家族で

逆にTiaraが子供の立場の

Tiaraの両親との関係ですが

一緒に住んでいるわけではないので

たまに短時間一緒にいるときは普通にいられますが

あまり長時間いると

いいことがありません。

 

特に何か特別な

事件が起きるわけではないのですが、

悪気なくディスられたり

本当に変なことで怒られたりすることがあるので

そうなった瞬間に

気分が悪くなる前に帰ってもらっています。


 

両親も

Tiaraと仲が悪くなりたくないのか

少し経つと

ここ数年は自分たちのほうから

帰るようになりました。

 

1時間ほどしか一緒にいないと思います。

 

ですが、

おかげでいい関係を保っている

という感じです。

 

 

ここにTiaraの子供たちがいると

両親との雰囲気も

かなり関係性が柔和され

両親もTiaraよりも

Tiaraの子供たちのことは

本当にかわいいようです。

 

それかTiaraの子供は

たまたま二人とも男の子なので

何かあったときのために

頼りにしているのかもしれません。

 

Tiaraは幼いころからの

この親との関係が嫌だったので

Tiaraの子供には

Tiaraが嫌だったことは

一切していないし、

Tiaraはずっと働いているのですが、

家に帰ってきたら

できるだけ専業主婦のお母さんが

してあげるくらいのことはしてきたつもりですし

できるだけ常に

愛情は伝えるようにしてきました。

 

そして子供たちの話をよく聞いて

無意識のうちにではありますが、

アドバイスをしたり、

素直な感想を子供たちに

伝えたりしてきました。

 

子供たちもTiaraに

同じように接してくれます。

 

仕事から帰ってきてからは

子供たちにさみしい思いは

させていないと思います。

 

 

だからTiaraの子供たちのメンタルは

Tiaraに愛されてきた自信があるからこそ

安定していると思います。

 

Tiaraがこうなってしまったのも

Tiaraがあまり母に

可愛がられていなかったからだと思っていたので

Tiaraのように自信のない子には

育ってほしくなかったのです。

 

相手が機嫌が悪くなると

自分のせいだと思って

悩んだり、

理不尽なことをされても怒ったりせず、

どうして自分がこんな目に遭うのか

と悲しんできたのは

すべてがTiaraのせいだからだよ、と

親に刷り込まれてきたせいだからだと

思うのです。

 

そして辛い思いをたくさんしてきたからこそ

今、自己愛性人格障害の存在が

とてもよく理解できるようになりましたので

わけもなく理不尽な扱いをされることに

相手が病気だととてもよくわかり

自己愛性人格障害のひとから

身を守ることに必死です。

 

ですが、必死だと言っても

モラハラ対策ばかりして

ほかのことに気が回らないほど

疲れているわけでもありませんし、

対策をすることによって

被害を受けることがないので

心がとても安定しているので

余分なことに気を取られることがなく

本当に楽しく毎日を過ごしています。

 

自分がひどいことをしていないことは

相手からどう思われようと

自分がよくわかっていることですし、

相手の不自然な感情の流れにも

いち早く気づけるようになりました。

そしてTiaraに危害を加えるような人は

何とも迷わず避けることが

できるようになったからです。

 

Tiaraのやさしさが使われている

と感じたときは

その人とと敵対心を持つことなく

距離を置くことができるようになりました。

 

自分を大切にできていないから

ひどいことをされても

平気な顔をして笑っていて

どんどん辛い状況に

追い込まれていくことに気づいたからこそ

自分を守ることの大切さに

気付いたからなのです。

 

ひどいことをされても

平気な顔をして笑っているのは

自分にひどいことをする人のためでした。

 

そんなこと気にしていないよと

相手に罪悪感を持たせたら

かわいそうだと思って

相手のことを思いやって

そんな顔をしていたのです。

 

ですが、相手は自己愛性人格障害で

許してくれるんだね、

とうれしくなって

さらにひどいことをしてきます。

 

どれだけ恐ろしいことをしていたのか

気づかされました。

 

自分にひどいことをする人のことを守り

自分は守っていなかったのです。

 

そりゃあ、ひどいことになっていくのは

当たり前ですよね?

 

相手のことばかり思って

自分を全然大切にしていなかったのです。

 

自分が自分を大切にしていないのだから

そりゃ、

相手から大事にしなくてもいい人、

ととられるのは当たり前ですよね。

 

今のTiaraは、自己愛性人格障害のひとは

すぐに見分けることができますし、

もしできなかったとしても

気づいてからすぐに距離を置くことをすると

相手はTiaraが自分の身を守っていると

無意識に分かります。

 

そして攻撃をしにくくなるのです。

 

あなたが自己愛性人格障害のひとに

攻撃されるのは

あなたが自分自身を大切にしてしないからです。

 

あなたが自分を守ろうとすれば

自己愛性人格障害のひとは

あなたに攻撃をすることができなくなります。

 

あなたがあなたを守ることは

あなたが周りの人から

いい人だと思われることよりも

大切なことなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の自尊心の低さから

そんな自分に自信が持てないために

周りにいる人を自分よりも落とすことで

かろうじて自分を保っています。

 

そんな人に

自分をそのままさらけ出したり

あなたのほうが相手のことを思い

自分を犠牲にしてはいけないのです。

 

あなたが傷つき続けると

自己愛性人格障害のひとは

うれしくなって逃げないあなたに

どんどん攻撃を強めてきます。

 

ずっと攻撃をされ続けていたら

あなたは愛を持つことで

自己愛性人格障害のひとから

心をつぶされてしまい、

本当に疲れ切ってしまうと

あなたはもう周りの人を

気遣うことができないくらい

余裕がなくなってしまうのです。

 

あなたの愛はあなた自身のために使ってください

 

 

そして自分を癒し、あなたが幸せになったからと言って

あなたは人をつぶしたりすることはないので

あなたの周りの人を傷つけることなく

幸せになれるのです。

 

そして好きなように生きて

あなたがイキイキしてくると

今度はあなたは

周りの人に愛を与えることが

できるようになるでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が楽になるために人をつぶしますが

あなたは自分が楽になると

周りに愛情を与えることができるのです。

 

あなたは、周りの人に愛情を与えるようになるために

まず自分を守らなければいけません。

 

そしてあなたの愛を大切に扱える人だけが

あなたと幸せになる資格があるのです。

 

あなたに辛い思いをさせるような人は

あなたの愛を向けるべきではありません。

 

あなたはそんな犠牲になるために

今まで心や共感力を

はぐくんできたわけではないのです。

 

あなたの愛情は

大切な人に

向けることができるように

あなたはあなた自身を

決して理不尽に傷つける人から

自分を守らなければいけないのです。

 

あなたが今すぐにすることは

自分を守ることで

あなたを理不尽に傷つける人と

関わってはいけないのです。

 

復讐することもしてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとは病気なのです。

 

あなたは自己愛性人格障害のひとから

身を守るために

自己愛性人格障害のひとに無関心になり

とことん自分が幸せになる方法について

よく考えてください。

 

そしてどんどん行動して

余裕が生まれたとき

あなたは周りの人に

愛情を向けることもできますし、

あなた自身を守ると固く誓うことで

徹底的に自己愛性人格障害のひとから

身を守ることができるのです。

 

今まで人のために生きていたあなたは

その分余裕が出てくると

今まで無意味につぶされていて

発揮できなかった能力を

使うことができるようになり

あなたの世界が広がります。

 

そして

あなたと一緒に過ごす時間を

幸せなものでできる誰かが

現れるのです。

 

 

その時にあなたの大きな愛は

あなたを幸せにしてくれる人にだけ

注いていってくださいね。


思い出の中の彼は今も優しい笑顔のまま

こんばんは♡

今日はクリスマスですね。

 

今日は、あなたの愛は

誰にでも向けられるものではない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

今日は、

今はもう伝えることのできない

自己愛性人格障害の元彼へ

メッセージを送りたいと思います。

 

もしかしたら今、

辛い思いをしている人も

いるかもしれません。

 

 

自己愛性人格障害のひとは、

あなたの期待を裏切ることが大好きなので

イベントごとの時は

Tiaraの恋愛相談室も混みがちになります。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合、

あなたの愛は利用できるときだけされるので

後にむなしさが残るだけかもしれません。

 

ですが、

あなたは彼を真剣に愛して

彼に気持ちにできるだけ寄り添うように

自分のことを犠牲にしてさえも

愛をささげていたことを

Tiaraは知っています。

 

彼は自己愛性人格障害という病気で

善悪の区別もついていませんが

あなたの愛はまぎれもなく本物なのです。

 

あなたのその愛情を

いつか分かってくれる人が

現れたときのために

あなたの心はそのままの温かさを

大事にしていてください。

 

そのためにもあなたは

あなた自身の心を守らなければいけないので

理不尽なことに真剣に悩んで

辛い思いをする時間を

できるだけ少なくするようにしてください。

 

 

そうでないとあなたの心は疲れてしまい、

もうほかの人に愛を向けることが

できなくなってしまう恐れがあるので

あなたの心を大事に守るようにしてください。

 

あなたのことを傷つける人は

あなたのことを思ってくれていません。

 

そんな人のためにどうか

あなたのきれいな心をつぶすことのないよう

守れるのはあなただけなのです。

 

 

そのうえであなたの愛を

ささげる価値がある人が現れたときにだけ

その人のために

あなたの愛を注ぐようにしてくださいね。

 

聖なる夜は

きれいな心を持つ人のために

あるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころに

その環境から育つ家庭で

共感力が育たなくなってしまった病気だと

言われています。


おそらく、自己愛性人格障害になる前に

その人と深くかかわる人から

本当の愛情を向けられていなかったので

共感力を使うと

非常に辛すぎて生きていけなかったので

無意識のうちに共感力にふたをして

なるべく相手のことを

思わないようにしていったため

普通は育っていく共感力や愛というものが

正常に育たなかったんだと思います。

 

あなたも今、

自己愛性人格障害の彼がいても

彼に愛情を注いでも

何かがおかしいので

共感力を使うととても辛いと思います。

 

ましてや普通のひとよりも共感力の強すぎる

共依存の方も多くみえますので

どうしてもそばにいる人に共感してしまい、

それなのにあいてからひどい仕打ちを受けているので

あまりにも辛すぎると思います。

 

だからあなたが楽になるために

自己愛性人格障害のひとと

遠ざけたほうがいいのですが

どうしても離れられない場合は

共感力を使わないほうが

ずいぶん楽になると思います。

 

すると自己愛性人格障害のひとと

同じことをしているように思う人がいますが

そうではありません。

 

あなたは育つ過程で共感力が普通のひとよりも

強すぎるくらい強いので

ひどいことをする人にまで

すり寄っていってしまって

被害に遭っていることすら

気づいていない場合もあります。

 

ですので

自己愛性人格障害のひとが

あなたのそばにいた場合、

共感力をその場だけで

努力して使わないようにしないと

どうしても相手の気持ちを考えてしまいがちになり

自分がひどいことをされていても

我慢してしまう癖がついているのです。

 

だからあなたが共感力を

使わないようにすると言っても

自己愛性人格障害のようにはなりません。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分でも気づかないうちに

共感力が育っていないので

相手に共感するという感覚そのものを

経験したことがないのです。

 

だから無意識に

自分を守るために相手に無関心になり

相手にひどいことをして

自尊心を上げていなければ辛すぎます。

 

ですが、あなたは逆で

調節して共感力を使わないように

努力していなければ

ついうっかり相手のことを思い

共感してしまい

酷いことができないのです。

 

そのため辛い思いをしても

何とか自己愛性人格障害のひとに

分かってもらおうとして訴えかけているので

それを防ぐために無関心になるのです。

 

 

そしてだからと言って

急にあなたが人にひどいことをして

自分のほうが上だと思いたいとは

思わないと思います。

 

自分で考えてみたら分かりませんか?

 

わざわざうまくいっている関係のひとを

潰して自分のほうが上だと確認したからと言って

あなたがそれをわざわざやりたいとは

思わないでしょう。

 

だってあなたは本当なら

上手くいっている関係を崩したくはないし

本当にお互いのことが

思いあえるようになりたいと

思っていますよね?

それをわざわざ自分のほうが

上になりたいとも思わないし

相手をつぶすことによって

相手が辛そうな顔をしていたら

どうしてもあなたも辛くなって

共感してしまうでしょう?

 

それに二人の関係を崩したいとも思わないし

崩してまでも

相手を傷つけて自分のほうが上だなんて

思いたくありませんよね?

 

自己愛性人格障害のひとでないと

わざわざ自分のほうが上に立ちたいとか

勝ちたいなんて思わないのです。

 

競技や試験、

オーディションや賞など

勝ちたいと思う場面は

誰にでもあると思うのですが

人を虐待して辛い思いをさせて高揚する、

なんていう感覚は自己愛性人格障害でなければ

感じないのです。

 

 

Tiaraが

自己愛性人格障害の人に

無関心になりなさいというのは

あなたが傷つかないためです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

必死で傷つけようとすることを

やめようとはしないので

あなたのほうで傷つかないように

自分でするのです。

 

そのためにあなたは

自己愛性人格障害のひとにだけ

共感力を使わないようにするのです。

 

普通のひとには

あなたはあなたのままで

充分に好かれるはずですよ。

 

普通のひとにはあなたは

本当に魅力的に映るはずです。

 

ですが、それを自己愛性人格障害のひとにも

愛を向けてしまうと

自己愛性人格障害のひとは

あなたをターゲットにしてしまうのです。

 

だからそうならないためにも

自己愛性人格障害のひとにだけは

無関心になって

いっさい気にしないように

意識的にしてください。

 

そのうち慣れてくると

本当に気にならないようになります。

 

自己愛性人格障害の人は

自分に愛を向けてくれた人にだけ

ひどいことをして

自分のことを

思ってくれているか分からない人には

とても親切にするのです。

 

あなたが彼のことを好きならなおさら

大好きな彼とひどいことにならないためにも

自己愛性人格障害のひとには

無関心になる必要があるのです。

 

Tiaraも

自己愛性人格障害のひとは

まともに話が通じないので話をしませんが

本当は

大好きだった彼とは

分かり合って生きていきたかったのです。

 

今もできることなら

自己愛性人格障害の元彼と

話しがしてみたいです。

 

でもそんなのは無理なんですけどね。

 

話したらTiaraが

とんでもないことになるのは

目に見えているからです。

 

彼がひどいことをするところも

見たくありません。

 

Tiaraの彼は

Tiaraが思っていた彼のまま

思い出の中で優しい笑顔を

しているのです。


 

自己愛性人格障害の彼から初めはあんなに素敵な愛をもらったのになぜこうなったのか?

こんにちは♡

もうすぐクリスマスですよね?

明日は仕事なのでTiaraは今日少し、

早いクリスマス会をやろうと思っています。

 

彼がいたクリスマスはとてもロマンチックで

自分を愛してくれている彼がいると思うと

とても幸せな気持ちになりますが、

いなくても子供たちや友達と

また違うクリスマスを楽しめばいいと思います。

 

 

彼はとても素敵な人でしたが

自己愛性人格障害のひとは

自分の思いだけで生きていて

人をつぶして自分をのし上げるために

必死なのです。

 

そしてそんなことをしても

何もならないことに気付けずに

ずっと人をつぶし続けていくのです。

 

 

Tiaraは今は

話しの通じない人がいる、

ということが分かったので

話しの通じない人とは

関係を深めていく気はありません。

 

だって

無理やり必死で分かってもらおうと思って

話しても共感力が全くないので

人のことを考えることは

無理なのです。

 

どんなに素敵に見えても

自己愛性人格障害のひとは

本人の意思でなくそう

育ってきてしまっているので

人のことを考える余裕がありません。

 

もちろん大好きな彼なら

助けてあげたかったですが、

助けるどころか

あなたのことを

本当に悪いと思われてしまうので

大好きな彼からそんな風に思われるのは

嫌ですよね。

 

だから離れるしかないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

いい関係を続けるには

自己愛性人格障害のひとによくも悪くも

興味を持ってもらったら困るのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとのパワーは

強烈ですから

絶対に逃れることができません。

 

自己愛性人格障害のひとに

興味を持たれてしまうと

強烈に口説かれて

とても素敵な思いをします。


 

あなたのことを好きだからこそ

やきもちを妬いたり

頻繁に連絡を取ってきたりして

うれしい、と思うかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとは

あなたのことが好きだから

そうしているわけではなく

自分のものにしたいと思ったら

どんな手を使っても

あなたを夢中にさせるまで決して離しません。

 

そしてあなたが彼から離れられないくらい

彼に夢中になると

今度はあなたを好きなように扱いだし

それを超えると今度はあなたが

自分の意思を言うことすら

許してくれなくなり

自己愛性人格障害のひとの奴隷になります。

 

 

そして今度は奴隷になると

どれだけ嫌がらせをしてもいい存在になり

彼の心の奥にある怒りを

彼の好きな時にぶつけられるようになり

あなたはつぶされていくのです。

 

ましてやあなたには自分の意思を告げたり

あなたが希望することを彼に伝えようとすると

自己愛性人格障害の彼は

強烈にあなたを全力で

つぶしてくるのです。

 

そしてあなたが堪えているところを見て

高揚するのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が誰かの上に

立っていることを感じていないと

不安でたまらないのです。

 

 

出会ったばかりのころは

あんなに夢中にさせてくれたので

あなたは驚くと思いますが

自己愛性人格障害のひとは

本当に自分のことしか考えられず

あなたに好かれようとしていた時だけ

あなたに天国を味合わせてくれるのです。

 

そしてあなたが彼の手に入ると

あなたは彼の信頼置ける存在となり

信頼のおける存在には

何をしてもいいと思いだすのです。

 

あなたが彼に逆らうことは許されることではなく

本気でつぶされることになりますから

彼が自己愛性人格障害だと気付いた時には

彼に敵対心を見せず

上手に彼から少しづつ離れていって

あなたの身と心を守ってくださいね。

 

 

自己愛性人格障害の彼には

好きだと言っている場合では

ありません。

 


被被者目線で見た自己愛性人格障害はどうみえるのか

こんにちは♡

今日は被害者目線で

自己愛性人格障害のひとが

どうみえるかについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害という病気について

知らない頃は

自己愛性人格障害のひとが

とてもキラキラして見えました

 

女友達でも

憧れていたり、友達になりたいとか

話もおもしろくて一緒にいて

楽しいと思っていたので

会いたいなと思うことが多く

自分から「行くね!」なんて

頻繁に電話したりしていました。

 

実際に楽しかったことも多く、

いつも彼女たちと会うのを

楽しみにしていました。

 

自己愛性人格障害の彼から

初めて告白されたときも

(こんなに素敵なひとが

Tiaraのことを好き?)なんて

舞い上がってしまったんですよね。

 

彼は仕事もできて、弁もたつので

社内でもできる男として

認識されていて

そんなできる男の

クールで年下の彼が

まさか恋人になるなんて

考えたことがなかったので

逆に

まったく眼中にありませんでした。

 

そのあと、年齢を重ねてからの

離婚してからの恋とは

思えないほど素敵で

年頃の子供たちとも

友達のような関係になれるなんて

とても想像できませんでした。


そのあとも

やはりたびたび、

急に機嫌が悪くなり、

帰されたり、彼が帰ってしまうことは

ありましたが、

それもなんとなく自分の中で

Tiaraのことが好きなのに

思うようにtiaraが彼の思いを

受けとれきれていないことから

彼がすねていたり

tiaraの知らないところで

なにか深い問題をかかえているのかと

思っていたので、

あまり不思議に思うことはなく

逆に自分が彼の気持ちを

分かってあげられないものかと

Tiaraが寄り添う努力を

してしまっていました。

 

その結果、悩んだり

自己嫌悪におちいったりして

なんとか彼とやっていけないものかと

必死で考えていたりしました。

 

でもよくよく考えてみると

tiaraは翌日、息子の部活の試合で

早起きしなければならないときに

夜中まで逃してくれず

俺の気持ちを分かっていないと

責め立てられたりしていました。

 

それでも自分が悪いと思い込んでいて

彼がtiaraの状況を

全然わかってくれていないことには

気づいていませんでした。

 

そして、彼に

「ごめんね。tiaraの気持ちを

ないがしろにしてた。」とか

「tiaraのことがすきで、

自分の気持ちで

いっぱいいっぱいだった。」

と言われてしまうと、

深い愛情ゆえの苦悩だと

思い込んでいました。

 

何をされていたか

何年かたってやっと気づきます。

 

自分が彼の気持ちを

分かってあげなきゃと思うあまりに

自分が何をされているのか

気づかず、

彼の愛の言葉だけを信じて

自分だけがつくし続けて

さらにまだ自分が悪いと反省して

彼にすがり付いていることに

気づいていませんでした。

 

自己愛性人格障害の

被害者になるようなひとは

こうやって自己愛性人格障害のひとの

言葉を一方的に信じてしまい、

自分が酷いことをされていることに

きづかないのです。

 

これはもちろん、

自己愛性人格障害のひとが

悪いことをしている、だけではなく

被害者のひとも一緒になって

じぶんも

じぶんの方に彼が怒る原因がある、

とその原因を

自分でさぐってしまうのてます。

 

ひとは、

なにか起こった出来事について

相手の感情が動く、

と思っている人が多いのですが

自己愛性人格障害の場合は

すべてが他のひとと逆なのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

イライラしているとき

この人に怒りを強くぶつけよう

と決めます。

 

 

そのターゲットとなるのが

はっきりと意見を言えない人や

彼から嫌われたくない人、

そして逆に彼だけではなく

みんなにいい人だと思われていないと

不安を感じる人などは

特にやり易いと思います。

 

自己愛性人格障害のひとが

なにもないのにこじつけて

あなたが悪いことにして怒ったとしても

あなた自身が自分のせいだと

思い込みやすいため

おかしいことに

気づきにくいからです。

 

 

自己愛性人格障害のひとを

あまり責めずに反省して

謝ってきたり、

彼のご機嫌をとるような態度を

とると、

知らないうちに

本当にあなたのせいに

なってしまっているからなのです。


 

 

 

 

 

 

自己愛性人格障害の彼に対するクリスマス前の心づもりとは?

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の彼との恋は

長い長い映画を見たようなもの

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

もうすぐクリスマスですね。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の

元彼とのクリスマスは

毎年とても楽しみにしていました。

 

今まで付き合った彼も

みんなクリスマスには

素敵な思いでしかなく

今ではすべて終わった恋ですが

長い人生の中でこんなにも

素敵な経験ができたことは

Tiaraにとってよかったと思います。

 

その中でも

自己愛性人格障害の元彼は

やることが何もかも

ダイナミックで特にプレゼントは

Tiara1人だけでなく子供たちの分まで

パパでもないのに

1人1人とてもセンスのいい

素敵なものを贈ってくれたので

クリスマスのテンションは最高に上がるし

それまでの彼とのクリスマスよりも

とても楽しいクリスマスでした。

 

本当に楽しかったし、

とても素敵なクリスマスでした。


Tiara1人分のプレゼントを

用意するだけでなく

子供たちの分まで

真剣に考えてくれる彼はまさに

「本物」という感じでした。

 

もちろん遊ばれている、

なんて思ったことはありません。

 

いつもTiaraの家に来て

素敵なプレゼントを開け

Tiaraも腕によりをかけて

いつもより素敵なメニューを考えて作り

彼が来るのを毎年

とても楽しみにしていました。

 

もちろん子供たちも

同じです。

 

ですが、

彼から真剣なプロポーズをされ

子供たちにも

「お母さんを必ず幸せにするよ。」

と固く誓い

もう結婚もまじかに迫ってきている

と感じた頃から

急に彼のおかしな行動が

目にとまるようになりました。

 

明らかに

不自然すぎるTiaraへの言いがかり

こじつけ

別れ話に人格否定。。。

 

その前の素敵すぎる彼からは

想像もできないほどの冷たい表情。。

 

Tiaraは何もしていません。

 

だからおかしいのです。

 

おそらくTiaraとの4年半は

まだ惹きつけ期だったので

楽しいことのほうが

多かったのかもしれません。

 

もしかしたら

Tiaraたちとの

クリスマスの楽しい思い出は

彼がもうとっくに別れた元カノへの

モラハラ行為の材料だったのかも

しれません。

 

 

ですが、その時は

本当に素敵な思いをさせてもらいました。

 

本当に幸せだと

心から思えるような

素敵な出来事だったのです。

 

周りの人からも羨ましがられるような

愛を感じるプレゼントと演出に

誰もが

真剣なお付き合いだと思ってくれ

応援してくれていました。

 

その当時は

そんなことは思いもしないので

子供たちもTiaraも

本当に楽しみにしていました。

 

彼へのプレゼントも3人で相談して

何を上げたら喜ぶか

相談しながら1人1人

彼へのプレゼントを選んでいた期間も

とても楽しいものでした。

 

 

いつも彼の喜ぶ顔を想像しながら

彼のことだから

3人に真心のこもったプレゼントを

用意してくれているはずだからと

Tiaraたちも真剣に考えましたし

とても楽しみにしていました。

 

もし彼がモラハラが

あまり上手ではないタイプで

クリスマスに嫌がらせで

ほかのひととの約束で

Tiaraとクリスマスができないと言ったり

クリスマス前にけんかをするような人だったら

Tiaraは速攻冷めていたり

幻滅していたと思います。

 

そういうTiaraの特徴を読みながら

嫌がらせを計算していたのか

分かりませんが、

とにかくTiaraの誕生日とクリスマスには

嫌がらせをするタイプではなく

とても素敵な経験をさせてくれる人だったので

信じていたのかもしれません。

 

彼の嫌がらせは

約束がいつの間にかなくなっていることと

彼の誕生日が突然元カノからの連絡で

彼の気分が不安定になり

会えなくなる、という

やり方をしていたので

分かりづらかったのかもしれませんし、

そういう時は分かってあげようとする

Tiaraの性格を

利用して嫌がらせをすることが

できたのかもしれません。

 

しかもその理由なら

Tiaraが彼に怒ることはありません。

 

Tiaraの元彼が

自己愛性人格障害でも

クリスマスに嫌がらせをしなかったのは

Tiaraの特徴によるものかもしれません。

 

それにTiaraは1人ではなく

子供たちがいるので

クリスマスにひどいことをすれば

もしTiaraが分かってあげようとしたとしても

子供たちには分からず

怒らせてしまうかもしれません。

 

 

そういったことから

クリスマスは

毎年とても楽しいものだったのです。

 

今でもクリスマスのことを思いだすと

彼が自己愛性人格障害だったとは

思えません。

ですが、普通のひととのクリスマスでも

充分に楽しいのですが、

Tiaraは1人ではなく

子供たちがいて

その子供たちにまで

楽しい思いをさせてくれたことで

余計に彼を信頼してしまったのかも

しれませんし、

感謝もしていたのかもしれません。

 

 

ですが、クリスマスや年末年始に

嫌がらせをする自己愛性人格障害のひとは

いっぱいいるので

それはあなたが

そこをなんとなく許してしまっていたり、

クリスマスの約束が守れなくても

仕方のない理由があったり

あなたが理解してしまったりすることにより

起こすものなのです。

 

 

あなたが許す限り

自己愛性人格障害の彼は

あなたに感謝をするわけではなく

あなたに嫌がらせをして

あなたが困るところや

動揺するところを見て

楽しみます。

 

だからあなたが

クリスマスにドタキャンをされたり

約束がなかったことになっていたりしたら

彼に対して

直接怒ったりすることが

解決策ではありません。

 

あなたが彼に直接怒ると

あなたに責められたことで

傷ついたと言われたり

がっかりされたり

あなたが分かってくれないと

逆に怒られたりして

音信不通になってしまうかもしれません。

 

つまり彼に

モラハラのチャンスを

与えてしまうことになるのです。

 

 

彼にもし

クリスマスや年末年始に

約束を守らなかったり

彼との仲が急に悪くなり

口をきいてくれなくなったり無視をしたり

されとしたら直接言うのではなく

なんとなく連絡が付きにくくなったり

冷めたり、

心を離していったりしてみましょう。

 

すると

自己愛性人格障害のひとは

もしかしたらあなたが怒って

離れていってしまうことは

やらなくなるかもしれません。

 

やり方が違うのです。

 

 

彼が自己愛性人格障害だとしたら

直接対決は

絶対にやってはいけないことなのです。

 

あなたがもし彼に嫌なことをされたときは

彼から心を離していくようにすると

彼が嫌がらせをする気持ちを

これ以上ひどくさせないための

一時対処になるかもしれません。

 

ただ、あくまでもそれは一時対処で

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもだんだんと嫌がらせを

したくなっていってしまうので

最終的には

彼のことは

完全に気にならないようになることが

あなたの心の平和のために

なるのかもしれません。