自己愛性人格障害の人の魅力はあなたを壊して自分の自尊心をあげるためにつくられる

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人の魅力について

お話ししていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

その個性はそれぞれ違うのですが

魅力的に映ることがよくあります。

 

品がよく

ユーモアに長けていて

人を魅了するような面白い話をしたり、

遠巻きに見ても才能があり

そばにいる人たちがうっとりするような

作品を作り上げる方もおみえになります。

 

そして、

何よりもあなたを大切にしてくれて

どこか寂しげな表情があり、

なんとなく気になってしまうような

自然に心を惹かれてしまうような

魅力的な異性もいることでしょう。

 

あなたが心惹かれるのは

才能だったり、能力だったり、

あなたへの愛情だったり、

あなたが無意識に

そばにいたら幸せになれる、

と思わずにはいられないから

つい惹かれてしまうのだと思います。

 

ですが、そんな魅力的な人の中にも

自己愛性人格障害は存在するのです。

 

自己愛性人格障害のイメージというと

よく知らない人は

意地悪で、会社でパワハラをするような

いかにも嫌なやつだと考える人は多いのですが、

自己愛性人格障害の人の中には

そんな人ばかりではありません。

 

自己愛性人格障害とは

年齢と共にひどくなる傾向がありますし、

そばに被害者がいてくれて

自分の自尊心をあげてくれるような

ダメな存在や

自己愛性人格障害の人に

魅了されているような人が

大勢いるところでは

どんどんひどくなっていってしまいますので

自己愛性人格障害の人が

力を持ってしまった場合には

目に見えてパワハラをするような人も

いるでしょう。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

普通の人よりも

嫌われることに

異常な恐怖心を抱いていますので

とてもうまくやる人が多いので

被害者以外は気づかない、

なんてこともよくある話です。

 

自己愛性人格障害の人の

コントロールにより

被害者の方が

悪く思われてしまっている場合は

正義というなのもとに

堂々として被害者を

攻撃することもよくある話です。

 

そして、一番怖いのは

一般の何も知らない人たちが

自己愛性人格障害の人に

魅了されて信じてしまい、

一緒になって被害者を叩くことにあります。

 

 

世間のいじめというものは

こういったことが原因になっていることが

多く

自己愛性人格障害の人を

信じてしまった普通の人の方が

怖いこともよくあります。

 

なぜなら自己愛性人格障害の人は

嫌われること、自分が悪者になることに

ひどく怯えていますので

自分が悪者になりそうになると

さっと身を引くからです。

 

そうすると

自己愛性人格障害の人は

自分は関係ないような顔をして離れていて

自己愛性人格障害の人を

信じてしまった普通の人が

執拗に被害者を責めて

被害者が信じてもらえなくなり

孤立する、ということがよくあります。

 

普通の人の方が本当に

被害者が悪いと思ってしまっているので

なかなかやめないのです。

 

すると、自己愛性人格障害の人は

自分は安全なところに身を置いて

そばで普通の人と

被害者が揉めているところを

傍観しながら

自分は関係ないから、という顔をしながら

自尊心をあげて満足するのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

もめ事になるタネをわざと巻いて

ターゲットが責められる状況を

わざと作り出します。

 

周りの人はそれに気付かず

自己愛性人格障害の人は

揉め事を起こさない、

と思っている人も大勢いるのですが

本当はわざと揉め事を起こさせて

被害者を悪者になるところを

眺めているのがすきなのです。

 

だから自己愛性人格障害の人の

魅力を信じてはいけません。

 

確かに本当に

有能な自己愛性人格障害の人も

大勢いますし、

本当に魅力的な場合もよくあります。

 

でもそれは

異常なまでに自分をよく見せていないと

気が済まないので

嘘もよくあるのですが

普通の人は

自己愛性人格障害の人に

良いイメージを持ってしまっている場合が

ありますので

なかなか気づきません。

 

自己愛性人格障害の人の

才能とウソが重なって

実力以上の人間に見えてしまっていることも

よくある事なのです。

 

Tiaraは見ていてすぐに気付くので

それほど魅力を感じませんが、

信じてしまっている人が

崇拝しているところをよく見かけます。

 

崇拝している人は

自己愛性人格障害の人に他人を潰して

それを眺めていなければ気が済まない、

などという特徴を

持っていることを知らないので

自己愛性人格障害の人の嘘に

気づきにくくなっているのです。

 

そしてそうやって

自己愛性人格障害の人を信じてしまった人を

順番にターゲットにして

気付かない人や魅了されてしまった人を

無視したり、価値のない人間だと思うことで

ターゲットに

さらにショックを与えていくのです。

 

自己愛性人格障害の人の嘘に

騙されてはいけません。

 

自分でわざわざ自分の魅力を

いって聞かせる人は

注意した方がいいでしょう。

 

他人を見下しながら

常に自分の魅力を見せつけてくる人の中には

自己愛性人格障害の人が隠れているのです。

 

あなたが心を壊される前にできるだけ早く

距離を取ることを強くお勧めします。

自己愛性人格障害の人からターゲットにされないためにあなたが日々しなければならないこと

こんにちは

Tiaraは今日からお盆休みに入りました。

彼氏もいないので存分に

ブログを更新して行きたいと思いますので

どうぞよろしくお願いします♡

 

さて、世間ではコロナが流行っていて

自粛ムードなので

お出かけもしにくく、こんな時こそ

モラハラし放題なのですが、

それに向けて、あなたが被害を

だんだん受けなくなるよう

あなたの行動と言動を

変えていく必要があります。

 

前回のブログでもお話ししたように

モラハラ対策には段階があるのです。

 

モラハラの被害者になったことのある人は

誰しも思うと思うのですが、

出来るだけ被害を受けたくはありません。

 

ですが、既にあなたが

ターゲットとして

相手から見られてしまっている場合、

すぐに被害者から脱退することは

非常に難しいです。

 

ですが、できるだけ

時間をかけて何度も失敗しながら

それでも続けていく方が、

被害を受けなくなる体質に

変わっていくことができます。

 

一度失敗してしまったからと言って

諦めたりせず

じゃあ次はどうしていこうかと

相手の様子を見て見ながら

あなた自身で調節していくことが

肝心なのです。

 

 

モラハラと言っても

その自己愛性人格障害の人のタイプによって

いろいろなやり方があります。

 

Tiaraは元彼が自己愛性人格障害でしたので

彼のようなタイプは

匂いですぐにわかるのですが

違ったタイプには

何度も失敗して来ています。

 

今の職場には1年近くいて

自己愛性人格障害の人がとても多い

場所なのですが

周りの人から誤解されたこともありますし、

Tiaraの方が悪く思われたこともありますが

普通の人にはわからないのは

当然の事ですし、

分かって貰えなかった人には

もう2度と言わないようにしながらも

1人2人と自己愛性人格障害の人は

順番に消えていき

今でもよく関わる人の中に

自己愛性人格障害の人はいますが

徐々に自分を出しても

大丈夫なほどになってきました。

 

以前に比べて今の職場の環境は

ずいぶんよくなったと

みんなが感じていると思います。

 

現在Tiaraのそばにいるその人は

女性なのですが、

気を抜くとすぐに

支配してこようとしてきますが

そのたびに対処をするので

今では彼女の方が

Tiaraを怒らせないようにひっそりと

息を潜めていることの方が多いです。

 

だいぶモラハラ対処としては

成功している方なのですが、

今後も気を配っていないとすぐに

人を支配しようと手懐けたり

人の失敗を大袈裟に迷惑そうに上司に訴えて

この被害者体質の上司に関しては完全に

彼女の支配下に置いているように

見受けられます。

 

この上司にも

何度も忠告はしてきているのですが、

彼女は頭がよく仕事でも頼りになるので

どうしてもTiaraより

彼女につきがちな上司なので

Tiaraの方が損をしているようにも

見えるのですが、

最終的にはこの上司の方が

心を病むと思います。

 

この自己愛性人格障害の人は

Tiaraを

自分の支配下におけないことは

学んできているので

ただTiaraに

嫌われないようにすることに必死で

Tiaraには攻撃を

仕掛けて来なくなりました。

 

彼女の場合は

自分の有能さを見せつけるやり方をしていて

それと同時に

上の位(立場や役職)の人が

たまに見せつける優しさを

スパイスに使いながら

周りの人を惹きつけるやり方をしています。

 

実際に位(立場や役職)が高いかは

関係ないのです。

 

ただ、自己愛性人格障害の人が

「私の方が位(立場)が高い、

私の人が仕事ができる!」と

振る舞っているだけで

実際にはTiaraと変わりません。

 

働いている期間も

Tiaraと1ヶ月も変わらないし、

派遣社員という立場なのですが,

なぜか

上司のような話し方をして

常に自分の方が上、と言うポーズを

取り続けます。

 

腰の低い話し方をする人も大勢いるので

そんな時は本当に彼女の方が上司で

他の人の方が「お願いします。」と

仕事をして頼んでいるように見えるのです。

 

『分かったわ」と落ち着いた声で

上から話すことで

彼女の存在は有能に見えます。

 

でも、この人たちは頭もよく

実際には

彼女よりも会社には長くいるのですが

(中にはその部署で一番トップ

という場合もあります)

腰が低いという特徴があります。

 

この場合、周りの人が彼女の雰囲気を見て

さぞ仕事ができるんだろうな、

とおもうと思うのですが、

ただ、そのように

振舞っているだけなのです。

 

周りの人は特に

自分の仕事が忙しい時には

そんなに細かく見ていないことが

多いのですが

それを利用して

自分が有能だと思わせることに

簡単に成功しています。

 

いまは次のターゲット候補を

物色中なのですが

その度にそれを

Tiaraが打ち破っていくのです。

 

打ち破っていく、といっても

具体的にはなにもしていません。

 

自己愛性人格障害の人は

息を吸うように嘘をつく、

という特徴を持つのですが、

そのことに周りの人は気付いていません。

 

と言うより

人のことなんてどうでもいいのです。

 

特に

他部署だと人の仕事はよく分からないし、

分かるとすればその雰囲気だけです。

 

自己愛性人格障害の人の

雰囲気だけを見て

毎日見ているうちに

だんだんと

自己愛性人格障害の人を無意識のうちに

有能だと思うようになっているのです。

 

ただ、周りの人が全て

騙されてしまったり、

人のことを疑わない

素直な性格の人がいた場合、

そして後、

優しくて,相手の言うことを

聞き流してくれるような人も含めて

何も考えずに

その人を有能だと思うようになるのですが

それと同時に同じ方法で

他の人を無能だと見せかけていきます。

 

本当に小さなことでも目くじらを立てて

「あの子がミスをしたせいで

周りに迷惑がかかっている」

という雰囲気を出したり、

または時には直接口にしてみたり、

周りに聞こえるように

他の人と話をしてみたりと

見せかける事を異常に続けることで

周りを自分が見せかけたいように

コントロールしていくのです。

 

それに対する、反応としては

特になにも言わず、

驚いたような顔をしたり

(あんなこと言ってる。。。)というような

雰囲気をTiaraが出したりすると

確かに変だな、と

気づく人がでてくるのです。

 

全員ではないにしろ、

この雰囲気を出していくことが

ポイントになります。

 

だんだんと彼女の言うことを

そのまま信用する人が少なくなってきて

今では彼女を持ち上げる声も

ほとんど聞かなくなりました。

 

以前はすごかったのです。

 

「いやあすごいなあ。」

「あなたほど仕事ができる人は

見たことがない!」

「さすが有能ですね!」など。。

 

騙されているなあと

感心していました。

さすが自己愛性人格障害の人は

周りの人を巻き込むパワーがすごいです。

 

ですがこのままでは

もちろんTiaraがターゲットになることも

ごめんですが

彼女が激化していくことも怖かったので

抑え込むことを念頭に

ずっとここ1年行動をしてきました。

(以前はもっと多くの

自己愛がいましたが。。)

 

自己愛性人格障害の人が

信じてもらえないような態度をとるのは

Tiaraがこの人が完全に

自己愛性人格障害だとわかるので

できることなのですが、

そうでなければ

失礼に当たるかもしれません。

 

それに自己愛性人格障害の人は

それを絶対にしないひとに

常にやり続けることで

自分を有能に見せかけているのです。

 

だからTiaraは

この人が「自分のほうが有能なのよ!」

と発言するたびに

ぎょっとした態度をとるのですが

人がどう思うかは勝手なので

Tiaraがこの

自己愛性人格障害の女性のことを

おかしいと思っていることについて

誰も非難はできないのです。

 

これが口にだして知ってしまうと、

そんなことないのに、いい人なのに、、

と思う人が出てきてしまうので

よほどの事が無い限り、

口に出して直接いうのはお勧めしません。

 

あくまでも自己愛性人格障害の人が

自分を実力異常に大きく見せている時か

または他の人を

ディスって蹴落としている時なのに

その都度、(あんなこと言ってる。。)

という雰囲気を出すのです。

 

自己愛性人格障害の人

本人に注意をしてしまうことは

敵対心を見せてしまうことになるので

絶対に言ってはいけません。

 

敵対心を見せてしまうと

その時以外のタイミングで

その人が悪く思われるような

雰囲気を醸し出したり、

又は失敗したことを

大袈裟に言いふらされたりして

あなたの立場が悪くなります。

 

なので自己愛性人格障害の人が

周りをコントロールしているような時に

何度も、その都度、

言っていることがおかしい、

ということ雰囲気を醸し出すのです。

 

もしそんな表情をしてしまった時に

相手に気付かれて

攻撃されてしまったような時は

対抗すると絶対に勝てないので

とぼけてください。

 

口に出してはいないので

攻撃されることはないとは思いますが

もし万が一、あなたが

完全にターゲットとして

見なされてしまっている時は

あるかもしれないので

そんな時は

自己愛性人格障害の人に気づかれないように

周りの人だけに分かるように

自己愛性人格障害の人の

言っていることはおかしい、

という表情をして見てください。

 

これを繰り返す事により、

自己愛性人格障害の人だけに

一方的に良い環境が作られることを

避けるのです。

 

自己愛性人格障害の人の

都合のいいいような環境に

育ってしまった場所は

彼女のいうことしか

通じない世界になります。

 

そうなるとますます

モラハラがやりやすくなり、

その環境下では自己愛性人格障害の

被害者ばかりが攻められることに

なってしまいますので

日々、気をつけながらお過ごしください。

 

もう既に

あなたが

ターゲットになってしまっている場合も

ゆっくりと

それを続けることによって

初めはあなたの方が

悪く思われてしまったとしても

徐々に分かってきますので

決して諦めないで

自己愛性人格障害の人が

周りの人を

コントロールすることを

させないようにしていくと

あなただけが

自分の思い通りにいかない、と

あなたをコントロールしようと

あなただけに

優しくしてくるかもしれません。。。

 

 

時間を欠けてゆっくりとやることが

コツになります。

 

自己愛性人格障害の被害者は進化しなければならない

こんにちは

久しぶりの投稿となります。

半年間お休みさせていただく予定だったのですが、

今の仕事が思ったよりも忙しく、

ブログを書くことがなかなかできなくなってしまっていましたが、

恋愛相談室の方には

今も多くの方からの相談があり、

そしてtiara自身も対策を怠ることのない日々を過ごしていますので

早くあなたにこの話を届けたくてうずうずしていました。

 

仕事はかなり安定していて、生活に困ることはないのですが、

職場の自己愛性人格障害の割合は、過去最多なので

心の安定と収入を天秤にかけ、

今は自己愛性人格障害の対策のスキルアップと収入を

同時に得られる機会だと今の環境に留まる方が得だと思っているので

納得していることができます。

 

ただ、あなたもそうですが、もし、

メリットよりもデメリットの方が多いと感じた時は

躊躇なくその環境を離れた方が遥かに特なので

どうしても辛いと感じる方は、

できるだけその環境を抜け出すことを

お勧めします。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方で

特に自己愛性人格障害の旦那様を持つ方が

恋人よりもなお、離れにくい方が多いのですが、

もし、子供がいて自分に収入がなく、旦那様のそばにいないと

生きていけないと感じるあなたは

完全に旦那様に対しての無関心力を身につけなければ逆に

自分で生きていく力をなくしてしまいます。

 

自己愛性人格障害の人は常にひとの上に立っていないと

生きていけないので

常にそばにいる人を

こき下ろしてだめな存在にし、

尊大な自分を見せ付けていないと

生きていけないので

常にその人にいかに価値がないかを

被害者本人にも周りの人にも

常に見せつけてきます。

 

初めのうちは相手が

自己愛性人格障害だとわかっていても

辛いことの方が普通なので

少しづつ自分を強くして

自己愛性人格障害の対処を

スキルアップしていかなくては

なりません。

 

直ぐにはできないと思いますが、

やっているうちに本当に少しづつ

あなたの力を上げていくことが

できますので

繰り返し、実行していく事が

肝心です。

 

まず旦那様に言われたことや、

されたことで

どうしても初めは

堪えてしまうと思うのですが、

後からでもいいので

あの人は

自己愛性人格障害なんだから

しょうがない、

どうしてもやってしまうんだなと

あなたの心の中で

納得してみてください。

 

あなたが悪いわけではないのです。

 

自己愛性人格障害の人は、

その自尊心の低さから

どうしてもあなたの

欠点になるような所を

意地でも見つけて

(だれにでもあるようなこと)

それを責め立てることで

自分の方が奥様よりもマシだと

自分の方が奥様よりも上だと、

意識して認識することによってしか

生きていかれないので

どうしてもしてしまうのです。

 

もちろん本人にも

自分がそんな事をしているという

意識はなく

本当に奥様が悪いと思いこみます。

 

自分がそんなひどい事をしていると認識してしまうことも

とても耐えられないので

自分は人格者で、

それでもこんなにも

腹を立ててしまうほど

奥様が悪いので

仕方なく正義感から

どうしても腹を立ててしまうのだ、

という形で怒りをぶちまけるのが

定番なので

罪悪感は全くありません。

 

そのせいで自責の念がつよい奥様は

悪くなくてもどうしても

自分に責任がある、

というかたちをとるのが好みなので

どうしてもしてしまうのです。

 

もしかしたらあなたは

自分はそんなことをしていない、

と思ってしまっているかも

しれません。

 

でも、それだからこそ、

自己愛性人格障害の人が正しい、と

旦那様にも思い込ませるお手伝いを

してしまっているので

あなたの協力のもとで

旦那様は自分が正しい、

という形をとることに

成功してしまっているので

さらにあなたが悪いと

本気で思い込んでしまうのです。

 

こうやってあなたは悪くないのに

責められる、という形をとり続け、

あなたはだんだん辛くなり、

また旦那様は

家のなかで暴君のようになって

だんだん坂を転げるように

状況は悪くなってしまうのです。

 

その環境の中にもし、

お子様がいるとしたら、

共感力の高い子供なら

お母さんを守ろうと

恐ろしい暴君に反撥して、

弱い子供は返り討ちを受けるか、

自分も暴君の側に回った方が

特だと考える事で楽になり、

旦那様の後継の

自己愛性人格障害の人が

育ってしまうかの

どちらかになってしまうのです。

 

それでも、

自己愛性人格障害の旦那様と

暮らしていくことでしか

生きていけないと感じてしまい、

第2第3の

自己愛性人格障害の子供が

育ってしまうのです。

 

今の世の中、どちらかというと

共働きの家庭の方が多く、

奥様が働いていない家庭の方が

珍しいくらいです。

 

自分でお金を稼ぐ方法を知らないと

どんなモラハラ環境でも

そこを出ることが出来ず、

そしてその子供たちは

家の中でモラハラの現場を

常に見ることになり

自己愛性人格障害の人数は

どうしても

増えてしまうのです。

 

あなたも自分でお金をかせぐ力を

身につけませんか?

 

Tiaraは

結婚とは、誰にも頼ることなく、

お互いに自立した精神状態を

持ったもの同士でしないと

成立しないものだと思っています。

 

別に、どちらかが働いて

どちらかが家のことをやっても

いいのですが、

それはお互いに

〔相手も自立している〕と

お互いの存在を認めていれば

それでいいのです。

 

ですが、どちらか一方が

俺が養っているんだから

お前は俺の言うことをきけ!

と思っている環境なら

それはお互いに自立している、と

認めていることには

ならないのです。

 

認めていない人と結婚をしていても

あなたは見下されていて、

そんな出来の悪い奴は

怒られても当たり前だ!と

堂々とモラハラをされる事になり

あなたは助けを求めても

同情もしてもらえないことにも

なり兼ねません。

 

自己愛性人格障害の相談で、

旦那様は外で働くことを

許してくれない、

という方もお見えになりますが、

それはあなたを

自分の支配下におくために

言っているだけかもしれません。

 

どうしても

自分でお金を生み出すことの

できない存在は弱いです。

 

子供も働くことはできないので、

子どもと同じく

無力なのです。

 

とにかく緊急事態に備え

逃げられる状況を確保するために

お金を生み出せる力を

養っておくのは大切なことでが

Tiaraも外にでているので

思うことは

自己愛性人格障害は

どこにでもいます。

 

自己愛性人格障害の被害から

逃げるためにはまず、

自己愛性人格障害の人の心理を

学び、理解する事です。

 

理解する、と言っても

相手のためにするのではなく

あなたが納得するために

理解するのです。

 

そして理解すれば防げるのか

というとそうでもなく

自己愛性人格障害の人の心理を

理解した上で

対策をしても

自己愛性人格障害の人の行動を

止めることはできないので、

自己愛性人格障害の人とは

ある一定の距離を置くことが

大事です。

 

距離の置き方は、

その自己愛性人格障害の人との

関係によって変わってきますので

相手のキレるタイミングと

どの程度キレるかによって

距離をどれくらいとったらいいのか、

どうしてもコミニュケーションを

とらなければならないときは

どれくらいの時間、

どれくらいのペースで

話したらいいのか

様子をみながら

自分で設定できる力を

鍛えていきましょう。

 

鍛え方やその人が

どれくらいのモラハラをするかは

初めから予測しながら

動いていくことを

お勧めします。

 

そのやり方については

また次回のブログで

詳しくお話ししていきます。

自己愛性人格障害の人は尊大な自分を見せつける事をやめられない

こんにちは

久しぶりにブログを更新します。

お元気でしたか?

もうTiaraがブログを更新する事をやめてしまったと思われた方が

多いと思いますが、そんなことはありません。

 

ただ、少し訳があってブログを更新する事をやめていましたが、

今後も書けるときは更新していきたいと思いますし、

恋愛相談室には現在も数多くの相談がお申し込みされています。

 

今もなお、増え続ける自己愛性人格障害の人たちと共に

生活をしながら感じた事を書き続けていきたいと思いますので

またいつでもこのサイトを訪れてくださることを

お待ち致しております。

 

また、近いうちにしばらくお休みしていた交流会も

開催していきますので、来られる方はいつでもTiaraに

会いにきてくださいね。

 

Tiaraがお休みしている間に Tiaraのサイトを離れることができた方は

おめでとうございます。

 

また、今でもTiaraのブログを読み続けていてくださる方々には

Tiaraの知る自己愛性人格障害の情報をお届けして参りますので、

あなたの力になれるよう深い内容でお届けしていきたいと思います。

 

さて今日のテーマ、自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せつける事をやめることは出来ない、

ということについてお話ししていきたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は今でもなお、

まだTiaraの周りに数多くいますが、

自己愛性人格障害という病気のことを知ってから

自己愛性人格障害の人をみていますと

意識していなくとも、いえ、

意識になるべく入れないように最大限の努力を必死にしていたとしても

どうしてもTiaraの意識に深く入ってきてしまうほど

自己愛性人格障害のひとの話し方は強烈です。

 

どんなにあらがおうと思っても視界にどうしても入ってきますし、

自分がいかに素晴らしいか、語る事をやめませんので

どうしても自己愛性人格障害の人には意識がいってしまいます。

 

全ての集中力が持っていかれてしまい、

抗おうとすると、こころが強烈に疲ます。

 

自己愛性人格障害の人は、

ほんとうにあなたの人生を無駄にします。

 

あなたよりも

自己愛性人格障害の人に魅了されて信じてしまう人が

大勢います。

 

どうしても自分が素敵な存在だとアピールすることをやめることができず

しかも、それが自然にできてしまう(やってしまう)ので

それを見て素敵だと思ってしまう人がいることのほうが自然です。

 

どうしても聞きたくなくても、

あなたの耳に自己愛性人格障害にひとの声が聞こえてくるように

尊大な自分を見せつけずにはいられないのです。

 

Tiaraも

特に魅力的な男性には気を付けていますが、

女性の自己愛性人格障害であっても

どんどんtiaraに近づいて仲良くなり、

Tiaraがどんなにその人を拒否しても

尊大な自分を聞こえるようにアピールすることを

やめられないのがわかります。

 

自己愛性人格障害を知らない純粋で人を信じやすい人が、

普通に信じてしまうことが容易にわかります。

 

ただ、現在tiaraがいるところには

自己愛性人格障害の人が大勢いて、昔から

力を奮っているために潰される人が多いため、

自己愛性人格障害の人を警戒している人も大勢います。

 

大勢の人が、

tiaraのように自己愛性人格障害という病名までは知らないにしても

そのようなことがあることは知っている人が多く、

自然に自己愛対策をしている人を多く見かけます。

 

今、世界的にコロナが大流行していて、

マスクをすることが常識になりつつありますが、

コロナがはやる前からマスクをして表情を隠し、

本当の自分を隠して何を考えているのか分からないようにしている人を

多く見かけます。

 

それは女性に限らず、男性も、普段は明るい人も

仕事中はほとんど無表情で声を発しないひとの方が大部分です。

 

知っているのか知らずにしているのかは分かりませんが、

自然に自己愛対策をしているのです。

 

天然で何も考えていない人は

早くにやめていく羽目になる様です。

 

その人自身に過大なストレスがかかり

みんなの前で怒って辞めていった人がいる、とか

鬱状態になり、自然に涙が出てくる、

と言っていた女の人の話も聞いていますが、

おそらく自己愛性人格障害の人に

何らかの圧力をかけられていたと思います。

 

理由は分かっていない人も多く

辞めていった人が悪いと思っている人もいますし、

仕事ができなくてやめていったと思われている人もいるようですが

おそらくそんな人は1人もいないでしょう。

 

大人である以上、

普通に今まで別の場所でも仕事をしてきた経験のある人なら

初めは分からなくても

だんだんとできるようになるものだと思っていますし、

ほとんどの方が、生活もあるので

入ってきていきなり自分からトラブルを起こす人のほうが

まれだと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分は何もしていないように見えて

周りの人をおかしく見せることを

やめることができないので

どうしてもそんな不思議なことが起こり続けているのでしょう。

 

こういった環境の場合は

本当のことを読み取る力のある人がいないと

どんどん人が辞めていき

求人をし続けなければならないので

企業にとっては大ダメージを受けるのです。

 

それなのに

自己愛性人格障害を見破ることができず、

自己愛性人格障害の人が長く会社にい続け

役職を手にしていることも多くあります。

 

下の人間が続かず、

いつも何らかのトラブルで

引継ぎができず、仕事がガタガタになっている企業は

一度、自己愛性人格障害の存在を疑ってみる必要があるでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の人の子供の引寄せ方

こんばんは♡

久しぶりにブログを更新します。

今日は、自己愛性人格障害の旦那様に

子供を引き寄せられたときの対処法について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害とは

自分の魅力を常に周囲に病的に魅せつけていないと

極端な恐怖心を持つ特徴を持ちます。

 

そのため、常に魅力的にふるまったり

親切にしたり、

自分の得意なことをして感謝されることを

極端にやめられないでいます。


“自己愛性人格障害の人の子供の引寄せ方” の続きを読む

自己愛性人格障害の人の見分け方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

一見するといい人が多い、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

一口に自己愛性人格障害と言っても

普通の人と同じで

いろいろな性格があります。

 

 

初めからガンガン

パワハラや威嚇行為をして

なんとなく近づきがたい、

という雰囲気を持っている場合は

驚くほど少ないです。

 

むしろ普通の人よりも

印象のいい人や親切な人、

人を惹きこむ魅力のある人に

自己愛性人格障害の人は多くいます。

 

見分ける初めの第一歩となるのは

会話のふしぶしに誰かを褒める話や

誰かが活躍している話をしてみて

その反応をよく見てみましょう。

 

そんな時、

どうしても自分のほうが上だと言わなければ

気がおさまらないタイプの人は

活躍している誰かの

業績を認めない発言をしてみたり

そんなことよりも

自分のほうが優れているよ、

という話を常にしてきます。

 

 

Tiaraの知る自己愛性人格障害の人で

症状がひどければひどいほど

いちいち、1つ1つ、

話の中のストーリーよりも

話しの中の人物よりも

自分のほうが優れている、

という話をします。

 

たとえば、都心だと家賃が高いからさ、

という話をしているときに

自分がいかにいいところに住んできたか

そんなところよりも

こっちのほうが家賃が高い、

など

話しをしている人が

特に自慢をするつもりで

話しているわけではなくても

それに上乗せするような話を

常にしてきます。

 

症状がひどくなればなるほど

この傾向が強く

しばらくして

なんかおかしいな、と

自己愛を疑いだす頃には

気付けば常に自分のほうが上!

という話をしていたな、

ということに気づくことができます。

 

だから何を話しているときでも

どうしても毎回、自分のほうが上だ、

という話を持ってくる人がいたら

もしからしたらこの人自己愛性人格障害かも

と疑って様子を見るようにしています。

 

自己愛性人格障害の人は

どんなに感じよく振舞っていても

いちいち人のことを

気にかけてきてくれていても

話しをすると

他人のことを認められない、

という特徴がどうしても出てしまうのです。

 

 

ただ、自己愛性人格障害の人は

毎日勉強を重ねていますので

そのことで大失敗して人間関係を

崩してしまった経験のある

自己愛性人格障害の人は

次からは気をつけて

自分よりも

他人を認めている

ふりをしていることがあるので

用心が必要です。

 

ですが、自己愛性性人格障害の人の話を

よく聞いたり

認めてあげたり、

どうしても称賛してしまうような

素直な人の場合は

喜んで自分の尊大な部分を魅せてきます。

 

もし、あなたが自己愛性人格障害の人の

被害に遭いやすいタイプだった場合、

この可能性は非常に高くなりますので

仲良くなりたい一心で彼を称賛したり

認めてあげたり、

よく聞いてあげたりすると

あなたに対して安心感をいだきますので

あなたの話に出てくる人を

認めない可能性が確実に上がります。

 

まだ関係性が深くなっておらず

この人はどんな人なんだろう?

とまだ分からない状態のときは

できるだけ会話の中で

相手が話を認めてくれているか

良く観察してみるといいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

他人を絶対に認められない、

という特徴を持っていますので

会話に注意して

どんなに冗談ぽく話そうが

明るく言おうが

あなたの話を

認めていない発言ばかりが出てくる人は

少し注意をしてみると良いでしょう。

 

もしからしたら

その人は

自己愛性人格障害かもしれませんよ?

自己愛性人格障害の人は真正であればあるほど嫌な感じは何一つしない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

心情について

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraは被害者のみなさんが

自分がしていないことの

自責の念を感じさせられて

してもいないことの罪を

背負わされることから

救うために被害者の方が気づきやすいように

記事を書いているのですが

自己愛性人格障害の人が

嫌いなわけではありません。

 

たまに勘違いをされる方が見えて

被害者の人を救うために話したことを

自己愛性人格障害の人を

「嫌な人」ととらえる方が

みえるのですが

実際は、自己愛性人格障害の人というのは

嫌な人、ということではありません。

 

特に真正の自己愛になればなるほど

いい人だと思われる傾向が強く

人から嫌われることへの極端な恐怖心から

とてもいい人だと

周囲に思われていることが

とても多いです。

 

 

Tiaraも今でも

自己愛性人格障害の人に巡り合うことが

よくあるのですが

不思議と(この理由は

もうわかっているのですが)

一緒にいて不快に思う人は

ほとんどいません。

 

むしろ自己愛性人格障害っぽい人で

真正の自己愛ではなく、

不完全な自己愛であればあるほど

不快に思う人は多いです。

 

真正になればなるほど

怖いことになるのですが

真正の自己愛性人格障害になればなるほど

印象はとても柔らかく一緒にいて心地いい

とさえ思います。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を魅せつけていないと

気が済まないので

こだわりが強いように見えますが、

本当はこだわりはまったくないのです。

だからそれが分かった今

真正に近い自己愛になればなるほど

一緒にいて心地よい感じしかしないのです。

 

嫌な感じのする人、というのは

自己愛性人格障害でも

真正ではなく、不完全であればあるほど

嫌な人である可能性は非常に高いのです。

 

いわば自己愛性人格障害でも

不完全であればあるほど

怖くなく、嫌な感じしかしないので

こちらが分かっていて対処をすれば

真正の自己愛よりも

簡単にその攻撃性を

押さえることができます。

 

 

そして、嫌な人であればあるほど

分かりやすいので

初期の段階で気づくことが多く

早めに対処すれば

そんなに大した被害を受けずに済みます。

 

ですが、真正の自己愛に近づけば近づくほど

魅力的なことが多く

分かりにくく

しかも惹き込まれることが多いです。

 

Tiaraは今、

自己愛性人格障害の人には

できるだけ近づかないようにしていますし

もし、そばにいて

関わらなければならない人物で

あればあるほど

心に入れない傾向にあり

攻撃を受けても

まったく心から離すようにしているので

その人が1人でしていることになり

その人がTiaraを攻撃すればするほど

その人の自己愛性が

周りの人にも分かるようになり

周りがその自己愛性人格障害の人から

離れていきます。

自己愛性人格障害の人は

とても臆病なので

周りの反応が変わったことに気づきやすく

瞬時になかったことにしようとしてきます。

 

Tiaraのご機嫌を取り、

その発言が初めからなかったように

ふるまっていきますが

他の人は騙せても

Tiaraは

そんな自己愛性人格障害の人の行動に

騙されたりはしません。

 

今になってようやく

自分を取り戻した感じもあり

前に進むことにしか興味がないので

ただ足を引っ張るだけの

自己愛性人格障害の人の

変わりように騙されたりはしません。

 

ですが、Tiaraの大好きな

自己愛性人格障害の元彼のことを

嫌いになったり

軽蔑することはなく

今でも仕方のなかったことだと思っていて

恨みはまったくありません。

 

 

だから分かったような顔をして

自己愛性人格障害の人を

馬鹿にするような人がいると

やはり腹が立ちますし、

分かっていないから仕方がない、

とは思いますが

かといって

自己愛性人格障害の人が

自分の自尊心を保つために

被害者を潰すことが

許されることだとは思いませんし

被害者は守らなければならない存在だと

思っています。

 

そばにいて

あまりにも優しくて自然な感じですっと

Tiaraのすぐそばに入りこんでくる人には

どんなに魅力的に感じても

用心するようにしています。

 

なんとなく彼と同じ香りのする男性には

気をつけるようにしています。

 

どんなに穏やかで

どんなにTiaraのために

動いてくれたとしても

もしかしたらこの人も?という疑念は

常にいだくようにしています。

 

自己愛性人格障害の人は

真正であればあるほど

人の心にすっと自然な形で

入り込んでくるのがうまいので

そういった人は

まず自己愛性人格障害でないか

確信を得るまでは

信じすぎないようにしています。

 

もしその人が

自己愛性人格障害ではなく

本当に素直にそういう人であれば

それはあなたにとって

最高の幸せになる

可能性を秘めているのです。

自己愛性人格障害の被害を受けにくい人の特徴

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害を

受けにくい人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

 

毎日、いろいろな

自己愛性人格障害の被害についての

相談を聞いていますと

自己愛性人格障害の被害に遭っている人は

たいていの場合

自己愛性人格障害の人について

何かおかしい、と思いつつも

それでもそんな人いるはずがない、

という思いの間に

挟まれているような気がします。

 

自分の不快な気持ちを信じ切れない

と言いますと分かりますでしょうか?

 

自己愛性人格障害の

被害に遭っている人というのは

そもそもそんな風に嫌な思いをする

自分のほうがおかしいのでは?

と思ってしまっていて

自分よりも相手のほうが正しいのでは?

と考えてしまう

自分に自信の持てない人が多いんですね。

 

 

自分でも相手がおかしいと思っているからこそ

Tiaraの恋愛相談室を訪れていると思うのですが

お相手の方の特徴を聞いて

Tiaraが

「分かりやすい自己愛性人格障害ですね。」

というと

「え?そうなんですか?」

という反応を示す方が

おみえになります。

                                

明らかに何もしていない被害者が

理不尽に傷つけられているにも関わらず

でも、何か事情があるのでは?

と相手のことを第一に考えてしまっていて

自分がとても理不尽な思いをしているのに

自分のほうがおかしい、と思ってしまいます。

 

そして周りの方のお話を聞いてみても

被害者のほうがおかしい、と

自己愛性人格障害の人の話を

うのみにしてしまっている人がいるので

自己愛性人格障害の人の話を

信じてしまっているうちに

自分でもその話が

本当だと思い込むようになってしまっています。

 

こうして自己愛性人格障害の人の話が

被害者本人にも

周りの人にも埋め込まれていって

マインドコントロールにかかり

被害者のほうが悪いと

世間に信じ込まれるように

なってしまっています。

 

それでTiaraが

被害者の方が悪くないとか

きちんと人の話を聞いて対応する人だよ、

と伝えると

「え?そうなんですか?」と

自分では知らなかった被害者の人の

正当性に気づくところを見るシーンにも

多く遭遇します。

 

なぜ、悪者の気持ちを分かってあげようという

風習が身についてしまっていて

被害者のほうが加害者の気持ちを

分かってあげることが

美徳とされる世の中に

なってしまったのでしょう?

 

 

そのために世の中は

非常に自己愛性人格障害の人の

都合のいいように

できてしまっています。

 

ただ、その場で

きちんと判断する能力を持っている人がいると

Tiaraの言っていることと

同じことを感じ取ってくれるため

自己愛性人格障害の人の話がおかしい、

ということに周りの人たちも

気づき始めます。

 

ただ、自己愛性人格障害に気付けば気づくほど

自己愛性人格障害の人は

自分が隠している悪いことが

ばれてしまったことに気づき

普通の人よりも人から嫌われることに

極端に臆病な自己愛性人格障害の人は

どんどん親切に優しくなっていきます。

 

そうなることで自己愛性人格障害の人の被害は

一時的になくなりますが

そんな自己愛性人格障害の人の行動を見て

また周りの人が

自己愛性人格障害の人を信じだすと

その中で本当に人を疑うことを知らない

心の優しい、本当にいい人が

また徐々に自己愛性人格障害の人から攻撃を受けて

だんだん自尊心を無くしていき

苦しくなって

存在がなくなっていってしまいます。

                                   

このようなことを繰り返し

自己愛性人格障害の人はその時々に対応して

なかなか気づくことが

できなくなるんですよね。。

 

だから、本当のことを見抜く目が大事になります。

 

これが相手に極端な思いやりを持つ優しい人ほど

本当のことが見えなくなっていて

優しさから相手をかばい

自分の方に原因があると

思い込んでしまうんですね。

 

そうでなくても

自己愛性人格障害の人が

何か事情があって

イライラしているんだろう、とわかってあげたりする

思いやりの気持ちが極端に大きい人ほど

被害に遭っていることが分かります。

 

 

 

優しい、優しくない、

思いやりがある、ないにかかわらず

真実をきちんと見る目がある人は

自己愛性人格障害の被害に遭いにくいだけでなく

きちんと真実を見分ける目を持っているのです。

 

こういった事例をいくつも見ているうちに

自己愛性人格障害の被害に

遭いにくい人、というのは

真実をきちんと見分ける目と

どんなに相手に事情があろうとも

正しい判断ができる人だと

いうことが分かってきました。

 

 

そして、気づいてしまったのです。

 

被害者は被害に遭っているだけで

本当はとても優しい人だということに。

極端なほど善人だということに。

 

そして、自己愛性人格障害の人に。

 

そして自己愛性人格障害の人が怖くて

自分は被害に遭いたくなく

無意識に、

強いと思われる人の方に

傾いてしまっている人たちがいることに。

 

そして、そんな人たちに

本当はしてもいないようなことで

悪く思われてしまっている人たちがいることに。

 

「あの子、嫌われているよね。」

と噂している人たちが

世の中の本質を見ようともせず

自分の身を守るために

良く調べもしずに

自分が悪く思われないほうに

付こうとしている人たちがいることに。

 

物事の本質が分かってくると

すべてが見えるようになってきます。

 

本当にいい人。

 

ほんとうはいい人に見えるけど

誰かを悪者にしている人。

 

極端に人気者で羨ましいほど

周りの人たちに囲まれている人たちが

本当にいい人なのか

本当は人を見下すことばかりを考えて

自分のために周りをコントロールし

本当はとてもひどい人たちがいることに。

 

悪く見ていて

周りに誰もいないひとの中に

本当は何もしていなくて

ただ、自己愛性人格障害の人たちから

見え方をコントロールされている人たちがいることに。

 

うつ病になってしまった人、

おかしく思われている人たちが

本当は被害者だったのかもしれない、ということに。

 

取り巻きがたくさんいて

魅力的で極端な人気者が

本当はいい人だと限らないことに。

 

気づいたら何も怖くなくなりました。

 

ただ、自己愛性人格障害の人から逃げろ、

と言っているのは

怖いからではありません。

 

理不尽なことで

本当は悪いことをしている

自己愛性人格障害の人たちから

悪く思われて

自尊心を失う必要がないから、

自己愛性人格障害の人は

変わることがないから

そのそばにいて

何もしていないのに

悪者にされる必要がないから。

 

そして自己愛性人格障害の人は

分かってもらおうとして

話し合ったところで

話しが通じないことが変わることがないので

いずれ何もしていないのに

極悪人のように思われ

居場所がなくなってしまう必要がないので

人の罪は背負わないようにすることで

罪悪感を持つ必要がないことに

気づいてしまったのです。

 

真実を知ってしまうと

人から悪く思われることが

必ずしも自分が悪いということではないこと

そんな人に分かってもらおうとする必要がないこと

自分のことを本当に分かってくれているわけではない人と

コミニュケーションを突必要がないことに気づくと

人からどう思われるかなんて

どうでもいいことだと気付くことができるのです。

 

そして世の中に

これだけの数の被害者がいる、

ということはその中に

本当に自分のことを分かってくれる

友達候補や旦那さん候補がいることに気づくと

今までと違った

本当に自分に合う人を

見つけられることができるのです。、

 

それはいずれ

自分から人との関係を壊してしまう

自己愛性人格障害の人よりも

被害者のほうが希望が持てることに

気づくと怖いものは何もなくなるのです。

 

い麻、最悪だと思っているあなたが

幸せになる日は

そんなに遠い日ではないでしょう。

                                       

自己愛性人格障害の被害者にならないためにぶれないメンタルを作る方法

こんばんは♡

久しぶりにブログを更新します。

 

 

以前のようにブログを毎日更新しておりませんが、

Tiaraのサイトにはたくさんの相談者様からの

お申し込みが殺到しております。

 

Tiaraは今自己愛性人格障害の人から

徹底的に逃げておりますので

自己愛性人格障害の方のことで

悩むということはありません。

 

そこで、自己愛性人格障害から

精神的に離れたら

また、元のような生活に戻れるのかと

実験をしている、

ということを以前のブログでお話ししたのですが

結果、自己愛性人格障害の人がいなくなる、

ということはありませんでした。

 

やはり気づくと

どこにでも自己愛性人格障害の人はいます。

 

Tiaraほど明確に自己愛性人格障害について

知っている人はいないのですが

そういう面倒くさい人がいる、

ということには気づいている人も結構いて

Tiaraのように自己愛性人格障害の人と

お付き合いをした、とまではいかなくても

以前の職場で

そのような経験をして

初めてそういうことがあると知った、

という人は結構います。

 

「それは病名で言うとなんていうの?」

なんて聞いてくる人もいます。

 

やはり被害には遭いたくないようで

教えたわけでもないのに

その人なりの自己愛対策のようなものをしている人も

目につきます。

 

ですが、自己愛性人格障害の

被害に遭いたくないからと

自分の気配を消して、

自分を殺して

おとなしくしているようなのですが、

自己愛性人格障害について

よくわかるようになると

そこまでしなくてもいい方法があるよ、

と教えたくなります。

 

Tiaraは、今まで元旦那さんや

(元旦那さんは自己愛ではありませんが)

自己愛性人格障害の元彼に尽くすことで

あまり自分のことに目を向けてきておらず

現在は、今までできなかった

すべてのことをしてやろうと

自分がしたいこと全部に挑戦しています。

                                   

おそらく人のために尽くすことで

自分に価値を生み出そうと

特に意識をせずにしていたと思うのですが

自分には何の結果も出せず、

やりたいこともすべて

我慢してきていました。

 

ですが気づくと、この年になって

自分でこれだけは成し遂げてきた、

と自信を持って言えるものが

何もなかったのです。

 

ただ、尽くすことで、

子供たちには優しさというものを

無意識に教えることができたので

子供たちは本当にいい子に育っています。

 

Tiaraにとってそれだけが

自信を持って言えることなのですが、

人生も半分以上のところに差し掛かってきて

何もない、というのは

あまりにもさみしいことです。

 

それで、昔、得意だったことや

自分がやりたいと思っても

しばらくやめていたことや

したくてもできなかった事に

挑戦しているのですが

現在、Tiaraの周りには

今まで出会ったことのないような

びっくりするほど素晴らしく

仕事のできる、

これだけは誰にも負けない、という

素晴らしいものを持った人たちに

囲まれています。

 

この人たちの中では

Tiaraが一番、

1つでも自信を持ってできる!、

と言えるものがないのですが、

まんべんなくほどほどに

すべてのことに経験がある、

という立場にいます。

 

これをすべてスキルアップすれば

自分に自信を持つことができる、

と思って頑張っていますし、

今はそんな自分の時間があります。

 

周りの人たちは年齢はそれぞれ違いますが

みなさんびっくりするような

経験を持っていますので

とてもいい刺激になります。

 

まだまだ追いつくことはできませんが

必ずしも追いつけない、

とは思っていないので

素晴らしい仲間に囲まれながら

アドバイスをもらいながら、

それでもTiaraのほうが

人の心情には詳しいので

それをお礼として教えながら

とても刺激的な毎日を送っています。

 

ただ、自己愛性人格障害の人は

必ずいますので

初めは気づかなくても

知り合って1か月くらいたつと

あれ?と違和感を持つような人に

出会うことがあります。

 

今は、周りの人たちに教えながら、

自分の自己愛対策をしていますので

実践で見せている状態ですが

年齢を重ねてしまった人ほど、

今まではそんな人に出会ったことがない、

と思って驚いて

怖がって逃げようとします。

 

ですが、逃げなくても

隠れながら生きる、という方法を使って

自分の魅力や才能を磨くことは

できるのです。

 

現在、Tiaraは

自己愛性人格障害の人をくらましながら

自分のしたいことに挑戦する、

ということに集中しています。

                                         

自己愛性人格障害の人も

試し行為をしながら

ターゲットになる人を探していますから

Tiaraがターゲットになりにくいと悟ると

次のターゲットを探します。

 

いろいろな人に嫌がらせ行為をしながら

ビビったり怖がったり従ったりする人を

探しているのです。

 

だからTiaraがいつも皆さんに

お伝えしていることは

必ず

「絶対にビビっちゃだめだよ。」

と言っています。

 

中にはびっくりするくらい強い人もいて

自己愛性人格障害の人の行動に気づくと

「聞いてもいないのに

人のせいにされても困るわ!

私の責任じゃないから!」と

はっきり言う人もいます。

 

こういう人はターゲットには

なりにくいと思うのですが

これには本当にぶれない強さが必要です。

 

 

おそらくこの子は大丈夫ですが

本当は心の中でビビったり、

怖いと思っているのに

態度だけビビっていない態度をとると

無理をしていることがばれた瞬間に

ターゲットになることもあります。

 

ただ、あまりにもその人が

勝ち目のないほどの経験を持っていたり

才能を持っていると

自己愛性人格障害の人も

なかなか攻撃しにくい

というところがあるのですが、

そういう人にも次々に忘れたころに

フッと攻撃を仕掛けているところを

見かけます。

 

ここでビビると

本当は才能があるにもかかわらず

他のことで迷惑をかけている、と言われたり

性格的に問題がある、と言われたりするので

よほどきっぱり言わないと

そういう強い人でも

ターゲットにされることがあります。

 

才能のある人たちは

自己愛性人格障害の人の

嫉妬心に火をつけてしまい

ターゲットになることがあるので

才能は

自己愛性人格障害の人以外の人の前でだけ

出す必要があります。

 

自己愛性人格障害の人の前では、欠点も

羨ましがられるようなことも

出してはいけないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の自尊心を保つために

人が輝けないようにすることに必死です。

 

今は、Tiaraの周りは

才能にあふれた人に囲まれていますので

Tiaraが一番ターゲットになる可能性が

高いのですが、

Tiaraも全くできないわけではなく

すべてのことにおいて

普通の人よりも分かるレベルには

いるのですが

その姿を見せていません。

 

要は(できないのでは?)

と思われている範囲なんです。

 

ですが、まったくできないわけではなく

今関わっているすべてのことに

少しづつ知識を持っています。

 

今、Tiaraの周りにいる人たちは

その中で1つ、

ダントツでずば抜けた才能を

持っているのですが

すべてのことに理解があるわけではなく

他のことはまったく専門外なのです。

 

この専門家の人たちは

専門以外のことを言われると

叩かれる可能性があるのですが

そこでビビってしまうと一気に

「使えない」、と言われてしまいます。

 

ただ、

今、そばにいる自己愛性人格障害の方は

そんな特別な才能のある方ではないので

対処すればいくらでも勝つ方法はあります。

 

 

先輩なので仕事は一通りできますが

そんなに長いわけでもないようで

それを聞いたら

一気に先輩感が薄れました。

 

ただ、自己愛独特の

尊大な自分を魅せつける、という行為を

していたにすぎないのです。

 

女性なのでしなやかで優雅な話し方をし、

男性の中では「優しい」というイメージを

持っている方もおられるようですが、

話し方が重要ではないのです。

 

顔もきつめで化粧も濃く、

印象も強く、

年齢もある程度、高齢の方なので

何十年とやっていたように見えますし、

周りを仕切っているように見えます。

 

ですがよく見てみると

教えてもいないことで失敗したように怒ったり、

迷惑をかけられている、

と周りの人に言っているだけで

彼女に関わった人間が立て続けに

1か月から3か月未満で辞めているので

よく考えればおかしいということに

容易に気づきます。

 

それにターゲット候補は

あちこちにいるようで

男性でも女性でも

彼女のことを怖がっている人は

水面下でたくさんいると見受けられます。

 

ただ、スキルアップをするには

日本ではなかなかないほどの

大変恵まれた環境にいるので

みなさん辞めたくないようですし、

今、Tiaraの周りのいる人たちは

とても平和です。

 

個性的な人が多いので

確かに目立つ存在ですが、

みなさん才能に満ち溢れているのです。

 

自己愛性人格障害の人に潰されないためには

ずば抜けた才能とぶれない自信が必要です。

 

自己愛性人格障害の人に攻撃をされても

絶対にぶれない自分を持っていると

自己愛性人格障害の人は

攻撃しても効果がないことを悟り

そして自分の攻撃が効かないことにも

大変極端に傷つくので

そういった人にはだんだんと

攻撃をしてこなくなります。

 

自己愛性人格障害の人から逃れても

必ずどこかに1人はいるので

あなただけの才能を磨くことと

ぶれない自信をつけることが

自己愛対策にとって

最も重要なことなのです。

                                         

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人の空気を読むことのうまさ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の

空気を読むことのうまさについて

お話ししたいと思います。

 

 

最近では

もうあまり言われないのかもしれませんが

ちょっと前まで

空気を読むとかKYと言って

空気を読めない人はダメ、みたいな風潮が

世の中的にありましたよね。

 

 

あれって

空気を読んで

相手の感情を先読みして

周りの人が嫌な思いをしないように

気をまわせるひとが

素晴らしいみたいに

言われていたと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは

まさにこの、空気を読むことが

とてもうまいです。

 

相手が嫌な思いをしないように

先回りして

相手のことを肯定してあげたり

相手の気持ちに寄り添って

自分の気持ちは後回しにしてしまう

とてもいい人が多いです。

 

そして、被害者になりやすいタイプの人は

相手に嫌な思いをさせることが怖い

という気持ちも持っています。

 

そして、自分は

いい人だと思われたい

という気持ちと同時に

自分の気持ちを優先してしまって

相手から嫌われることが怖いために

どうしても相手に合わせてしまうのです。

 

被害者のそんな特徴も

自己愛性人格障害のひとは

とてもよく分かっていて

それでいて

ターゲットのせいにして

わがままを言います。

 

自己愛性人格障害の人も

人から嫌われることを極端に恐れていると

以前にもお話ししたことが

あると思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

それと同時に人を蹴落として

自分を持ち上げる、

ということも同時にします。

 

つまり、自己愛性人格障害の人と

被害者になりやすい人というのは

同じ気持ちを持っていながらも

まったく正反対のやり方をするのです。

 

本当は自己愛性人格障害の人が

被害者に対して

ものすごく失礼なことをしているのですが

これを冗談のように見せかけて

笑いに変えたりしてごまかしているので

そこで怒ると怒ったほうが

空気が読めない人のように

なってしまいます。

 

 

被害者の方も

本当は傷ついているはずなのに

自分の気持ちにふたをして

本当は自分が傷ついているはずの

自己愛性人格障害の

彼からの言葉を

被害者本人が

肯定して寄り添って

合わせたりしまいます。

 

時には、

自分がみじめな思いをしているはずなのに

自分が被害を受けている

自己愛性人格障害の人に対して

被害者自らが、みんなの前で

かばってしまうシーンも見られます。

 

Tiaraだけが

はたからみて分かっているのですが

それを話しても、

周りの人にも、被害者本人にも

分かってもらえないことが多いです。

 

ですが、世間でいう常識的な考えを

持っていればいるほど

被害に遭いやすくなります。

 

普通の人からは

空気を読むひとのほうが好かれるはずなのに

あなたが

空気を読んで我慢をすればするほど

自己愛性人格障害の人にかかれば

あなたがどんどん悪者になっていくのです。

 

 

被害者は

本当は自分が傷ついているはずなのに

自分でも「そんなことない」、

と強がりながら

自己愛性人格障害の人の

被害者に向けてのひどい言葉を

被害者自らも

自己愛性人格障害の人をかばったりして

彼を周りの人に分かってもらおうと

したりしてしまいます。

 

ですからはたから見た人も

あなたは平気なのだと思い込んでしまい

自己愛性人格障害の人も

そんなにひどいことをしていないように

見えてしまいます。

 

自己愛性人格障害に気づいてみて

感情を戻して、物事を冷静に見てみると

明らかに

自己愛性人格障害の人が

ひどいことを言ったり

いわゆるディスりのようなことをしているのに

それをジョークだと感じてしまい

深く受け止めないようにして

みんなで無意識のうちに

自己愛性人格障害の人に協力して

自己愛性人格障害の人が悪くないように

見ていることに気づきます。

 

だから、自己愛性人格障害の人が

少々ひどいことを言っても

許されてしまうし

被害者になりやすい人は

何もしてなくても

だんだん味方がいなくなるように

自己愛性人格障害の人が仕向けることも

成功してしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害に

まったく気づいていなかったころは

Tiaraも本当に分かりませんでした。

 

だから世間の人が気づかないことにも

深く納得できます。

 

ですが、これをされ続けた被害者は

どうなってしまうのでしょう?

 

自己愛性人格障害の人のターゲット1人に

立て続けに常にやられることで

被害者本人も周りの人も

本当に被害者自身が

悪いと思い込んでしまったり

被害者が

自己愛性人格障害の人に迷惑をかけている、

と本当に思うようになってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

空気を読んで

相手の立場に立って考えられる人が多く

そんなことはおかしい!と

自分の身を守れるような人は

ターゲットにはなりにくいのです。

 

 

自己愛性人格障害の人を

止めることはできませんし

自己愛性人格障害の人も

自分でも自分がそんなことをしているとは

気づいていません。

 

厳密にいえば

本当は気づいているのですが

自分がそんなひどいことをしていると

認めることも怖いので

自分でもそんなことはしていない、

と全力で思い込もうとしてしまいます。

 

今は、そばで見ていると

本当に分かりやすいほど

自己愛性人格障害の人の心情が

とても良く分かります。

 

 

ですから、できれば

自己愛性人格障害の人には

わらないほうがいいのですが

自己愛性人格障害の人は

ちょこちょこ惹きつけ行為を行うので

被害者になりやすい人は

その彼を信じてしまいます。

 

Tiaraはもう

自己愛性人格障害の人の

存在に気付いているので

自己愛性人格障害の人が

人から好かれるように

愛想を振りまいたり

惹きつけ行為をしていることにも

気づくのですが

自己愛性人格障害を知らない人たちは

そんなことにも気づかず

本当はいい人なのかなと

思い込んでしまっていることにも

気づきます。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分が嫌がらせ行為をしていることを

なんとなく分かっていて

自分がターゲットに対して

ひどいことをしたときに限って

よけいに被害者やその周りの人に対して

親切にしたり、

話しかけて笑わせるようにしながら

自分が嫌がらせ行為をしていることが

ばれないように

周りの人や時には被害者にも

必死でいい人だと思われるように行動して

回っているのです。

 

それを見て

周りの人は

自己愛性人格障害の人を

いい人だと思ってしまいます。

 

それは、あなたがとても空気を読み

周りの人のことを考え

自分の気持ちを

我慢してしまうからなのです。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

そんな特徴を持っているのです。