自己愛性人格障害の人の不自然な親切

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

不自然な親切についてお話をしたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の特徴に

第一印象がいい、というものがあります。

 

それも、感じのいい人、という程度ではなく

少し良すぎるのです。

 

以前、

Tiaraが出会った女性の自己愛性人格障害の人は

初めて一緒に外を歩いたときに

盲目のおばあさんに手を差し伸べる、という

ことをしました。

 

そのおばあさんは

サングラスをして杖をつき、

道路にある、盲目の人用のぼつぼつとした

あの黄色いラインのところにある

突起を杖で確かめながら

歩いていました。

 

一目で盲目とわかったのですが、

自分で歩いているし、困った様子もなかったのに

突然その先輩が、声もかけずに

その人に突然手を差し伸べたのです。

 

驚いたおばあさんは「ギャー」と怒ったように叫びました。

 

その様子にも少し驚いたのですが、

Tiaraは何も声をかけずに盲目のおばあさんの手をつかんだ

先輩に驚いたのです。

だって目も見えないのに

突然手をつかまれたらそりゃ驚きますよね?

 

Tiaraに

「大丈夫かな?困ってるよね?」という先輩に

「いいんじゃないです?自分で杖もついているし。」と

Tiaraが先輩に答えると、

そのおばあさんは、

それでもまだ手を取ろうとする先輩に怒って

「結構です!自分で歩けますから!」

といったんです。

 

確かにそのおばあさんの態度にも驚きましたが

そりゃ怖いかもしれないですよ。

 

それよりもその先輩の行動が

本当におばあさんのことを気遣っているんじゃなく、

Tiaraに(なんて優しい人!)と思われるの前提で

やっているように思えたんです。

 

つまり、おばあさんのためじゃなく

どちらかというとTiaraの目を気にしているように

思えたんです。

 

 

以前のTiaraなら単純に

なんて優しい人なんだろう。

おばあさん、ちょっとおかしいんじゃないの?

と怒ったおばあさんに

疑問を持ったような気がします。

 

でも、今はすぐに

その行動を見ればその人がそれを

何を目的でやっているかが

分かるようになったんです。

 

明らかにおばあさん目線じゃない。

 

「大丈夫かな?」といったのも

おばあさんにではなく、Tiaraにでした。

 

盲目なのに声もかけずに手をつかまれたら

びっくりしますよね?

 

どうしておばあさんを気遣っているのに

おばあさんに言わず、Tiaraに言うの?

 

その女の人を自己愛性人格障害かもしれないな、と思った

最初の行動でした。

 

Tiaraは周りの目を前提に行動する人が大嫌いです。

 

すぐに分かります。

本当におばあさんのことを思っていたなら

「大丈夫ですか?お手伝いしましょうか?」と

Tiaraにはお構いなしにまず声をかけると思います。

 

それにそのおばあさんには

困った様子がありませんでした。

 

まだ、先輩のことをあまり知らないTiaraに

よく思われたいのかな?

そう思わせる出来事でした。

 

それに仕事中です。

相手先の会社へ行く途中です。

 

ん?とちょっと違和感を感じましたが、

それが2日後には当たりました。

 

ゴリゴリの自己愛性人格障害でした。

 

不自然な親切には、

すぐに違和感を感じます。

 

この人からは離れるのに大変でしたが、

どんなにおかしい態度をとってきても

無関心を保ちました。

 

その先輩のことを周りの人は

そうとう怖がっていて

そうとう饒舌で親切で仕事ができるように見えます。

でも、

人の机の中からどうでもいいものを盗んだり

(これも怖がらせるため。

Tiaraはすぐに先輩のせいだと気付きましたが)

仕事中にお菓子をぼりぼり食べたり(威嚇)

書類を整える音、意味のない舌打ち、

無視、自己愛性人格障害のやる嫌がらせをすべてやり

ヒステリックで

外部の方にはとても品が良く、

頭のいいスペシャリストな面を出します。

 

でも、1つ1つは本当に小さなことで

ほかの人に言っても「考えすぎなんじゃないの」

と言われるようなことばかり。

 

でも、その先輩の周りでは、

新人が3か月も続きません。

 

先輩は「今の子は、すぐやめるからね。」と

とても品よく言っていますが、

Tiaraは先輩が脅したと思っています。

 

でも、知らん顔をしています。

 

みんな気づいていても

彼女には誰も何も言えません。

 

怖いんです。

 

その先輩は分かりやすい方ですが、

男性の場合で恋人の場合は

被害者も気づきにくいやり方をしますので、

不自然にいいところを見せていないか、

本当にその人のことを思ってやっているか

少し注意してみていると

すぐに気づきますよ。

自己愛性人格障害の人は、思ったほど正しいことを言ってはいない。

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

言っていることが分からないことについて

お話ししようと思います。

 

結論からお話しすると、

彼は、本当に分からないことを言っているのです。

 

自分を正当化しているのは、彼のほうで、

なぜ彼が正しいことを言っているのに

理解できないかというと

正しいことを言っているわけではないからです。

 

あなたが、とても素直な性格で

彼の言うことをきちんと聞こう!と

心から思っている証です。

 

彼のほうが、自分のことが正しいと思いたくて

自己愛性人格障害の特徴である話術で

あなたよりも自分のほうが正しいことをいう、

物事を分かっている、常識的である、と

思わせるのが得意なだけです。

 

 

Tiaraも、彼の魅力に

彼はいつも正しい!とずっと思ってきたし

子供たちにも、

「少し厳しいけど、いつも彼の言うことは正しい。」

と言ってきました。

 

だからTiaraも子供たちも

彼は厳しいけど正しいことを言っているから悪くない、

とずっと思ってきました。

 

だから、会社で彼がたまに

お人好しで気のいい人のことを

バカにしたようなことを言っていても

彼の言い方は少し厳しいけど、

その人のことを思って言いにくいことも

その人のためを思って言ってくれて

正しいことを言っている、と思ってきました。

 

彼は何も間違っていないと。

 

でも、今、自己愛性人格障害の人の

言動の意味が分かった今、

自己愛性人格障害の人が声を荒げて

自分が正しく人が間違っている、と

声を大ににしていっているところを聞いていても、

ごまかしている、という風にしか見えません。

 

 

でも、周りの人は、

自己愛性人格障害の人のことを

誰よりも仕事ができる人だから

多少厳しいことを言っていても

正しいことを言っている、と話しています。

 

まるで、Tiaraが彼と付き合っていた時に

彼に持った印象と全く同じです。

 

 

信じている人には分からないのです。

 

だから今は、

自己愛性人格障害の人の言動を見ても

それが何を意味するのか

手に取るように分かるので、

Tiaraはその人のことを

本当の意味で、仕事ができる人、という風には見えません。

 

ただ、自己愛性人格障害の独特の特徴として

臆病で慎重なので、

仕事はとても丁寧でぬけが少ないです。

 

それが、自己愛性人格障害の人が

仕事ができる、と言われる理由です。

でも、明らかにミスしているときもあるので

ほかの人と何ら大差はないのです。

 

でも誰もそのことに気づいていません

 

自己愛性人格障害の人、本人も

気づかずに言っているのです。

 

不思議なもので

人のいい人というのは

悪いことがあったときは、

自分のミスだと思い責任を感じます。

 

責任感が強いのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のミスでも人のミスだと思い、

そのせいで自分が迷惑をかけられた、としか

思っていません

 

それに気づけるようになるのは、

自己愛性人格障害にしつこいほど興味を持ち

なかなか離れずに考えに考え抜いた

自己愛性人格障害の被害者だけなのかもしれません。

自己愛性人格障害の彼のことを、素敵な思い出にしましょう。

こんばんは♡

今日は、彼が自己愛性人格障害だと気付いているのに

別れても、戻りたいと思ってしまう心情について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の彼との思い出は

たくさんあると思います。

 

Tiaraにも自己愛性人格障害の元彼との

思い出はたくさんあります。

 

いつか、もう一度くらい話をして

あの時は本当はこんな気持ちだったんだよ、とか

本当は好きだったけど、あなたに分かってもらえないから

別れを言ったんだよ、とか言ってみたいなあ、

と今でも思っています。

 

でも、現実には、絶対にしません。

普通の感覚と同じではない、ということも

知っているからです。

 

彼が普通の人間だったら、とどんなに思っても

かなうはずはないからです。

 

彼は自己愛性人格障害で、

幼いころからの育ち方で、あなたを本当の意味で

愛することができません。

 

 

Tiaraもそれを知っているから

彼と話をしないのです。

 

でも、それは、頭では理解していても

心はすっきりしているわけではありません。

 

でもTiaraがすっきりしていようといまいと

自己愛性人格障害は治ることがないからです。

 

ただ単に、分からないだけなら一緒にいたかもしれません。

 

彼に本当の意味で愛されなくても、

Tiaraだけが愛しているだけでも

普通に過ごせるのでしたら一緒にいたかもしれません。

 

でも、自己愛性人格障害は、

大切なパートナーが自分を人間として価値が全くない、

とおもってしまうくらい

全力でつぶしてくるのです。

 

その恐怖は、耐えようと思っても

耐えられるレベルではありません。

 

あなたが、精神的に病んでしまうくらい、

しかも周りの人間からも悪人のように扱われて

恨まれてだれにも信用してもらえないくらいの

最悪な人間だと思われて世間や会社で生きてはいけないくらい

潰されてしまうくらい

全力でつぶしてくるくらいまでされて

しかも彼本人には、悪気は全くないのです。

それでも、

はいそうですか。

愛していますからそれでいいです、

という人は、いないと思います。

 

それでもたまに人生を最後まで

添い遂げる自己愛性人格障害の人のパートナーも

います。

 

死ぬまで、言うことを聞き続け、

世間の人にあいつはバカだバカだ、とののしられても

じっと耐えてそのまま、

夫が、自己愛性人格障害という病気なんだ、

と気づかずに添い遂げる人もいると言います。

 

それでも、あなたは

そんな結婚がしたいですか?

 

そんな人生、

せっかくこの世に生まれてきて

それでも好きだから、という理由で

自己愛性人格障害の人と一緒にいられますか?

 

きっと、一緒にいるうちに

好きだという気持ちもなくなってしまうでしょう。

 

それまでは、一緒にいたい、という人も

いるかもしれません。

 

それはそれでその人の人生です。

 

でも、Tiaraはそれが分かっていて

好きなら

いっしょにいたほうがいい、とは言えません。

 

好きならせめてまだ、きれいな思い出で終われるうちに

離れてしまったほうが

素敵な恋だったと言えるのではないでしょうか?

 

Tiaraは彼が好きだったし一緒にいたときは

すてきな思いもいっぱいできたと思います。

 

でもそれは、ひどくなる前に

別れてしまったからだと思います。

[ad#co-1]

 

元彼のことを恨むのも

嫌いになるのも嫌でした。

 

 

自分の心がつぶされてしまうのも

とても怖かったです。

 

好きなのに恐怖をかんじる、という

不思議な気持ちも体験しました。

 

でも、あれ以上怖い思いはできません。

 

心臓が止まります。

 

好きなのに心臓が止まるほどの

恐怖を感じるんです。

 

いえ、好きだからこそ

恐怖も感じるのかもしれません。

 

 

どうでもいい人なら

どう思われても何とも思いませんから。

 

どうでもいいなら

離れてしまっても何とも思いませんから。

 

それを言ったら

「試してみようか?」と言われました。

 

もしかしたら、好きじゃなくなっても

怖いのかもしれません。

とにかく、自己愛性人格障害の恐怖は

体験してみないと本当に分かりません。

 

自己愛性人格障害の被害にあった人にしか

分からない、この世のものとは思えないほどの

恐怖なのです。

 

 

あのまま、一緒にいたらどうなっていたか分かりません。

 

今は、離れて本当によかったと

思っています。

 

離れたからこそ

今でも彼を好きでいられるのでしょう。

 

でも、いつまでも

架空の存在を愛していても仕方がないです。

 

 

自分が楽しいと思う世界に

飛び出すだけのことなのかもしれません。

 

あなたには、素敵な未来が

待っているのですから。

自己愛性人格障害の彼を忘れられない気持ち

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼を忘れられない気持ち

についてお話してみようと思います。

 

自己愛性人格障害の人とは、

なぜあんなにもひどいことをするのに

今までにないくらい幸せな気持ちも

味あわせてくれるのでしょうか。

 

それは、自己愛性人格障害の人が、

自分は、人の気持ちを考えられないくせに

人から嫌われることに対して

極度の恐怖心を持っています。

 

この極端に臆病すぎる性格から

あんなにも感じがいいのです。

 

そして尊大な自分を魅せ付けて

自分を魅力的に魅せていないと

落ち着いていられないので

饒舌に話し、あなたを魅了するために

愛の言葉をこれでもかというくらい

浴びせてきます。

そばにいる人に自分のことを好きになってもらわないと

不安で仕方がないのです。

 

普通の男の人は、

女の子を意識すると思うように

話せなくなる人もいます。

 

でもしかし、それがあなたを想う気持ちが足りない、

ということにはなりません。

 

ただ、言葉に出さないと

分かってもらえないことのほうが

たくさんありますよね。

 

人は言葉で聞いたほうが分かりやすいのです。

 

そういった意味では、

自己愛性人格障害の人は

その病気ゆえに

得をしていると言えます。

 

自己愛性人格障害の人は、

本当には相手の気持ちが分かっていないので

映画やドラマから

感動するシーンを完全にコピーします。

 

そしてあなたに愛してもらうために

自分の魅力を見せ、

有能なことをアピールし、

あなたを大切にすると大げさなほど

何度も言います。

 

それが、あなたを感動させる

一因になっているのでしょう。

 

あなたが彼に夢中になるのも無理はありません。

 

 

そして、あなたは、

虐待されていることにもなんとなく気づいています。

 

あんなにもあなたを愛する彼が

あなたに辛い思いをさせる理由が分かりません。

それは、あなたは普通の感覚で

彼を見ていますが、

彼の心は、あなたが想像できる

全く別のところで動いています。

 

 

だからあなたには、

彼の心がどう動いているのか全く分かりません。

 

だから不思議だし、

不安になるのです。

 

そして彼のあなたを愛する気持ちを

疑いたくありませんよね?

 

それが、あなたが彼を理解することができない

理由なのです。

 

彼の心はあなたが想像する通りに

動いていません。

 

だから、あなたの中での常識では

彼を理解することが

全く不可能なのです。

 

だから、彼の気持ちが理解できず

あなたの信じている彼でいてほしくて

納得ができないのです。

 

自己愛性人格障害の人の

心の動きは、普通の人には

全く理解ができないのです。

 

そして、また自己愛性人格障害の人も普通の人が

どう感じているのか、

全く理解できません。

そして彼は、

自分の中の恐怖と戦うのに必死で

あなたの気持ちを考えている余裕が

全くないのです。

 

そんなことが、彼の中で起こっていることが

理解できないあなたは

彼のあなたのことを好きだという気持ちを

信じたくて、

いつまでもそこにこだわっているので

彼を忘れられないと言えるのでしょう。

 

あなたのその尊い気持ちを

手放したくないでしょうが、

早く手放したほうがあなたも楽だし、

モラハラ行為も加速しなくて済みます。

 

彼との関係はできるだけきれいなうちに

終わらせたほうが、

あなたも彼との間も

きれいな思い出にできます。

 

これ以上一緒にいたら

恐ろしいことになる、と覚えておきましょう

自己愛性人格障害のことを知っている人が増えるとモラハラはやりにくくなる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のことについて

知っている人が増えると

モラハラ行為はやりにくくなる、ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害にあったことがない人には

モラハラは大変分かりにくい、ということを

何度もお話していますが、

知らないと被害にあった人のほうが

悪く思われがちです。

 

モラハラとは

自己愛性人格障害の人が、

世間の常識を使ったやり方を使いますので

コミュニケーション能力も高いため、

たいへん分かりにくく

少しおかしいなと感じる人がいても

自分がターゲットになっていない場合、

知らん顔をしている人がほとんどです。

 

中には、自分がターゲットになりたくないがために

自ら取り巻きに加わる方も見えますが、

この取り巻きというのも

いつターゲットに変わるか分かりません。

 

Tiaraは、自己愛性人格障害のことが分かったので、

出会って少したつと、

たいてい自己愛ぽいかたはわかるようになります。

 

それで気づいたことがあるのですが、

自己愛性人格障害の人には

困っている人が大変多いのです。

 

Tiaraの様子に気づいて

同じようにまねをされる方が見え、

自己愛性人格障害の人の攻撃に反応しなくなると

その人にも威嚇やモラハラ行為をしなくなります。

 

はじめTiaraをターゲットにできるか

ちょっとした嫌がらせや叱咤をして

試してくるのですが、

Tiaraがまったく動じないため、

だんだんにやりにくくなり

ターゲット認識されません。

 

するどい方は、それに気づいて、

自己愛性人格障害と

だんだんに、心の距離をとるようになります。

 

すると、自己愛性人格障害の人も

大変用心深く、臆病なので

すぐに気づいてモラハラ行為をやめ、

それまでターゲット認識されていた人に対してまで

モラハラ行為をしなくなっていっているのです。

自己愛性人格障害の人は、

自分のしていることを他人に気づかれることも

自分で気づくこともたいへん恐れています。

 

自己愛性人格障害の人は

ふだんは堂々としていて

そうは見えませんが、たいへん臆病なのです。

 

自己愛性人格障害の人の取り巻きになっている人は

知らない間にモラハラ行為を強調させる

道具になっていて、

自己愛性人格障害の人が

モラハラ行為をしやすくなっていたのです。

 

今まで、

自己愛人格障害という症状のせいで

被害者が悪者になっている世界は

自己愛性人格障害の人の症状を

悪化させるものでした。

 

しかし、自己愛性人格障害を知る人が増えると

ばれるのを恐れて、

だんだん嫌がらせ行為を

しにくくなるのです。

 

だから、世の中に

この病気のことを知ってもらうと

自己愛性人格障害のひとの症状を

緩和させるような気がします。

 

人に話しても分かってもらいにくいこの病気ですが、

困っている人は

思ったよりも多いのではないのかと思います。

 

だから自己愛性人格障害の人に

無関心になっている人にモラハラ行為をしにくくなると

それを真似する人が自然に出てきます。

 

するとなぜか自己愛性人格障害の人が

おとなしくなるのです。

 

自己愛性人格障害とは、

非常に分かりにくい病気ですが、

分かってもらえる人が増えると、

だんだんとなくなっていくのかもしれません。

親に自尊心を潰された可能性はありませんか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の親に育てられると

その子供は、自己愛性人格障害か、

被害者にされやすい体質になるか

どちらかになる可能性が高い、

というお話をしようと思います。

 

自己愛性人格障害になる原因は

育った環境にある、と言われていますが、

父親か母親のどちらかが

自己愛性人格障害だった場合、

その子は、無償の愛を向けられることがなく、

ディスられてからかわれながら育つか、

理不尽に怒られて常に、プレッシャーの中で

努力するかのどちらかになりやすいです。

 

もしくは、父親が母親にモラハラをするところを

当たり前のように

日常的に見せられてしまうので、

それが普通だと思って育ってしまった場合、

そのままその子も、

自己愛性人格障害になってしまうでしょう。

 

自己愛性人格障害になる原因は、

甘やかされて育ったからではないか?

とたまに聞かれることもあるのですが、

Tiaraはむしろその逆のパターンのほうが

多いのではないかと

考えています。

 

理不尽に厳しく育てられ、

無償の愛を向けられずに育ち、

親に認められようと

必死に頑張っても認めてもらえない間に、

子供なので、その理不尽さに気づかず

それが普通だと思い

矛盾を感じなくなってしまいます。

 

そして、外で理不尽に扱われても

それで当たり前だと思ってしまうように

なります。

 

それが、あなたの相手が

自己愛性人格障害だったとしても

あなたが彼から離れないわけです。

 

当たり前のように育ってしまっていて

嫌なことをされていることに

気づいていないのです。

 

そして、心のどこかでは傷ついていながらも

相手に認められようと

必死になって努力を続けながら

育ててくれる親のそばにいるうちに

理不尽な扱いを受けても

必死に努力を続ける共依存症の体質が

できてしまうのです。

 

もしくは

理不尽な扱いを受けながら

こんなに苦しむのは嫌だ、と無意識に

親との関係を放棄してしまい、

自分が正しいと思い込む自己愛性人格障害の人が

出来上がってしまうのです。

そしてそんな親に

自分はそんな扱いをうける人間ではないと

自己暗示をかけながら、

周りの人たちがいかに自分よりも低い存在なのかと

思い込むことにより、

周りにいる人たちを潰してしまうのです。

 

親が正しいのか正しくないのかは、

子供には自分で判断することはできません。

 

そして、親の言うことを信じてしまい、

自分には価値がないと思い込んで

傷ついているのです。

 

だから、子供をからかうのはよくありません。

 

たとえ、冗談でも

子供は、

自分がバカにされた存在だと

思い込んでしまうようになってしまうかも

しれないのです。

 

子供なので、本当のことは分かりません。

 

笑っている場合もありますが、

本当は心の底では

悲しんでいるかもしれないのです。

 

Tiaraはよく冗談まがいに

子供をからかう親をよく見ます。

 

その人たちすべてが、

自己愛性人格障害かどうかは

分かりませんが、

あまり頻繁にやるのは

子供が将来、生きにくくなってしまうので

やめたほうがいいでしょう。

 

あと、子供のころの万能感を持ったまま

大人になった人も

自己愛性人格障害になりやすいと

言われています。

 

悪いことをしたときや、

人を傷つけたりしたときは

きちんと怒りましょう。

 

そして、普段はありのまま、

なにか、成果を上げたときだけでなく

何もなくてもあなたは大事な存在なんだと

教えてあげなければ、

子供は、自然に

自尊心を持って生きていけるということはないでしょう。

これ以上自己愛性人格障害の被害を出さないために

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は同じことを繰り返している、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

その脳の構造上、同じことを繰り返している、と言います。

 

彼の過去を知るチャンスがあれば

何気なく聞いてみるのもいいのかもしれません。

 

 

自己愛性人格障害の人も

毎回同じことになるので

あなたとの未来はないことも

知っているのかもしれません。

 

Tiaraの元彼もよく

上手くいっているときでさえ、たまに

「俺がいなくなっても」とか

「俺がいなくなったら」という言葉をよく口にしていました。

 

その時は、

いなくなることなんてないのに

変だな。。と思っていたくらいでした。

 

幸せが続かないことは知っていたような気がします。

もしかしたら、Tiaraとうまくいっているときは

Tiaraには感情を出さないようにし、

ほかのところで感情をぶちまけていたのかもしれません。

 

とにかく、その時は

まだTiaraはターゲットにはなっていなくて

だんだんに安心して

時間がたつにつれ、ターゲットになっていったのかもしれません。

 

彼自身、

何度も関係をダメにしているので

そのうちにモラ化することを知っていたのだと思います。

 

できるだけ長く一緒にいたい、とも言っていました。

 

Tiaraは怖がらせちゃいけないんだ、

とも言っていました。

 

自己愛性人格障害の人は

たまに本当のことを口走ってしまうのです。

 

後から考えたらこんなことを言っていた、と

被害にあった人から良く聞きます。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

なんとなく自分が普通の人と違うことに気が付いているのです。

 

気が付いていても

それを止めることができないのです。

 

彼の育った環境によって

自己愛性人格障害に育ってしまっていて、

自分ではどうすることもできないのです。

 

この病気のことがもっと世間に知られるようになっていって

子供を育てるときにしてはいけないこと、

愛情をもって子供を育てないといけないということを

皆さんに知ってほしいです。

 

自己愛性人格障害とは、

その人の人生も、その人を愛してしまった人の人生も

確実に壊してしまう、

恐ろしい病気です。

 

そして周りの人にも分かってもらえないまま、

被害にあった人が悪者になり、

その場所で生きていけなくなってしまうのです。

しかも、自己愛性人格障害の人に

罪悪感はありません。

 

これほど理不尽で、最悪な病気はありません。

学校や会社でのいじめなども

ほとんどがこの病気ではないかと

Tiaraは考えています。

 

それによって命を落としてしまった人も

離婚をしてしまった人も

仕事を失ってしまった人もいるでしょう。

 

そして、被害者自身が悪者にされ、

誰にも助けてもらえることなく

その存在を消していくのです。

 

自己愛性人格障害の人も

将来的には孤独になり、

1人ぼっちになってしまうでしょう。

 

自己愛性人格障害の人を育てた親も

何らかの問題があると考えられています。

 

そして今、自己愛性人格障害は

増えてきている、とも言われています。

 

自己愛性人格障害を無くす第一歩は

世間の人たちが、

この病気について知る、ということが大事だと考えています。

 

しかし、自分に関係のないことには

みんな無関心です。

 

だから、自己愛性人格障害を見つけることも

無くすことも難しいのです。

 

少しでも多くの人にこの病気について知ってもらうには、

被害にあった人の話を聞いてもらうことが

大事だと言えるでしょう。

自己愛性人格障害の人が考える恋愛について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

付き合いだして初めのころは、モラハラ行為を

絶対に見せない理由について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の特徴として

外面がよく、人付き合いが非常にうまい、

というものがあります。

 

それは、自己愛性人格障害の人の中で

本当は自尊心が非常に低く、

自分が生きている価値がないと

恐怖に感じてしまうくらい極端なものなので

それに耐えられず、そこを自分で見ないようにします。

 

そして尊大な自分を魅せつけることによって

自分自身が満足できるので

常に尊大な自分を見せつけてしまいます。

それによって外面がよく

魅力的に見えてしまうのですが、

あなたが、彼に魅せつけられて、

彼から離れられないと分かると、

安心してモラハラ行為をしてきます。

 

ということは、

彼からモラハラ行為をされないためには

彼のことを嫌いになる必要があるのですが、

自己愛性人格障害の人は、

嫌われることにも非常に敏感です。

 

自尊心が極端に低いことからの恐怖から

逃れるために嫌われることに関しても

非常に極端に反応します。

 

だから嫌われないように、

優しさや魅力を見せてくるのですが

それが通じないと分かると、

今度は嫌われる恐怖から逃れるために

全力であなたを潰しに来てあなたに勝とうとします。

 

それが、恐ろしいモラハラ行為に発展してしまい、

あなたがその場にいられなくなるくらい

周りに触れ回りますので

自己愛性人格障害の人から

決して敵だと認識をされてはいけないのです。

 

でも、それでは

どうしたらいいか分からなくなる、

という質問がありましたので

一番簡単なものが

敵対心のない話し方をしながら

感情を一切見せない、というものがあります。

[ad#co-1]

自己愛性人格障害とは、

相手の感情を

自分のことのように感じることができない

病気です。

 

だから、

相手がどう思っているのかは、

相手の表情や感情を見ないと分からないのです。

 

あなたが悲しそうな顔をすれば、

悲しいと分かりますし、

あなたが怒れば、

これは嫌なんだ、と認識できます。

 

 

普通の人は、

いちいち相手の反応を見なくても、

これをしたら相手は嫌だろうなあとか、

こうすれば相手は喜ぶだろうなあ、と

大体予測することができるのですが、

自己愛性人格障害は

相手の反応を見ないと分かりません。

 

そしてあなたの嫌がること、

あなたが不快に感じることを

あなたが許す限りしてきて、あなたに勝ち

優越感を持とうとします。

 

だからあなたが不快かどうか

分からなければ

どうしたらいいのか、分からないのです。

 

だから、あなたの感情を見せない様にすれば

彼は、だんだんあなたに

モラハラ行為がやりにくくなります。

自己愛性人格障害の人に

あなたの感情を見せてはいけないのです。

 

普通は恋愛が始まると

彼に自分のすべてを知ってほしくなるし、

彼のことを知りたくなります。

 

だから恋愛だとモラハラ行為がやりやすいのです。

 

あなたが彼に恋愛感情を持っていると

彼がやりたい放題できるようになります。

 

 

そして

あなたに好かれていることによって

優越感も持つことができますので

自己愛性人格障害の人にとって

恋愛は手放したくない、

自分にとって好都合なものなのです。

 

そこが、普通の人がもつ恋愛感情と

違うところなのです。

自己愛人格障害の彼の職場での対応について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の元彼との

職場での対応について

お話ししたいと思います。

 

 

あなたが、彼と出会った場所が、

職場、もしくは、付き合いだしてから

彼の仕事を手伝いだした、という場合、

彼から逃げられない状態が

当たり前に続くので、

彼はあなたにモラハラ行為が

非常にしやすいです。

 

 

だからモラハラとは、

職場や家庭で行われることが

多いのかもしれませんが、

仕事をやめると生活ができなくなるので

困りますよね。

 

でも、将来的には、

転職をする覚悟が必要だと思うのですが、

それまでの間、短い期間だけでも

対策法と心構えについて

考えなければなりません。

彼が何のためにそんなことをしているのか

分からないとあなたがとても辛いと思います。

 

それ自体がモラハラ行為なので

彼は、あなたの存在を無視して

あなたに堪えさせるために

別れ話をした、

と考えておいたほうがいいでしょう。

 

 

でも最悪、転職は

しなければならなくなる恐れがありますので、

前もって、準備だけはしておきましょう。

 

それに転職したほうがあなたも楽です。

 

もちろん長年勤めた場合や

会社が大手の場合は、辞めたくないでしょうが、

そこにいると延々モラハラ行為を

したりしなかったりされます。

 

まず、彼からの別れ話自体が、

あなたへの嫌がらせの可能性が

充分に高いです。

 

なので、また都合が悪くなると

よりを戻そうとしてく可能性もありますので

そう思っておいたほうがいいかもしれません。

 

職場で顔を合わせなければならないのに

彼と話ができないのは、非常に辛いですよね。

 

Tiaraの元彼は、

職場では普通に接してきて

お互い大人なんだから職場では普通にしていようよ、

と言っていましたが、それはそれで

こたえるものです。

優しい彼を見せつけられるのに

もう戻れないのでは、という期待と不安を

同時に持ち続けることになるからです。

Tiaraは、

これもモラハラ行為だと思っていますが、

完全にあきらめさせない、

もしかしたら戻れるのでは?と思う事で

完全に彼のことを嫌いには、なれないですよね?

 

ひどいところを見せつけられれば、

あなたもあんな奴ならもういい!と

きっぱり嫌いになることができるのに

それができないような

中途半端な優しさを見せてきます。

 

もしくは、よく聞くのが、

別れた女の子は、完全に無視して

周りの別の女の子とは仲良くしているところを

わざわざ見せつけてくる、というものです。

 

これもなぜ私だけ?と不安になるのですが、

こんないやらしいやり方、

普通の人はしませんから、

モラハラ行為だと考えて

彼の行動に惑わされないでください。

彼が、自己愛性人格障害の場合、

あなたが、彼のことをギリギリ嫌いにならない

手前のところで押さえておいて

彼だけが、あなたを相手にしない、という方法を

よく取ります。

 

もしくは、彼の仕事だけ手伝わせて

ミスをしたときに

(もしくはミスをするよう誘導させる、

例えば、わざと分かりにくい伝え方をする)

あなたを叱咤する、

もしくはあなたを叱咤しているところを

ほかの人に見せつける、というやり方をしてきます。

 

だから、できたら彼と関係のないところで

仕事を進められるよう工夫をするか、

そういうことをされるので仕事がやりにくいと

信頼できる上司に相談しておくと

彼と、関わらにような仕事を考えてくれるかもしれません。

 

 

でも、まだ、彼のことを好きな場合は、

なかなか言いにくいですよね?

 

でもそれが事実なら言うべきです。

 

だって彼は、あなたが仕事をやりにくいように

しているだけなんですから。

 

そこで、あなたが彼をかばっていても

彼は、あなたをかばってくれるどころか

あなたを落とし入れようとしています。

 

そこのところをよく考えてみてくださいね。

自己愛性人格障害の被害にあってしまったあなたへ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害にあってしまったあなたへ

今後の未来について

お話ししようと思います。

 

Tiaraは恋愛が大好きでした。

 

恋愛のだんだんとお互いを意識するようになって

お互いに相手のことが好きだと気付き、

だんだんにけんかを重ねながら、

お互いの気持ちを

少しづつ分かり合えるようになっていく過程が好きでした。

 

その感覚が好きだったんです。

 

でも、彼が自己愛性人格障害だった場合、

それが通じない、ということがとてもよくわかりました。

 

そして、

ほとんどの人たちが、そうなっていく過程を

自己愛性人格障害の人たちは

知らないのです。

 

 

本来、彼が自己愛性人格障害でなかったら

あなたから愛されることによって

彼は、とても幸せになれたと思います。

 

自己愛性人格障害とは、

被害にあったあなただけでなく

彼にとってもとても不幸なことなのです。

 

できれば、

自己愛性人格障害の被害にあったあなただけでなく

自己愛性人格障害の人本人のためにも

治ったほうがいいと思います。

 

でも治すには、

彼本人の自覚が何よりも大切なのです。

 

そして、それを自覚するには、

あなたのように何でも彼に合わせてしまう相手がそばにいたら

永遠に気づくことはありません。

 

自己愛性人格障害の症状は

よりひどくなってしまうのです。

 

だから、彼の幸せを少しでも願うのであれば

彼のためにも離れてあげてください。

 

あなたが一緒にいたいと思う気持ちは

お互いを不幸にしてしまうのです。

あなたには、

人の心と心が結びつく幸せを感じる能力があります。

 

だから普通の人と普通の恋愛をすれば、

その気持ちの歩み寄りを肌で感じられるようになり、

共依存症の人は

特に感じやすいので、

その気持ちの歩み寄りを実感したときに

涙が出るほどの感動を感じられるでしょう。

 

普通の人が、感じる幸せよりも

共依存の人が体験した感動は

信じられないくらい

心が震えあがるくらいの感動があるのです。

 

だから、共依存の人は、

自己愛性人格障害の人に狙われやすいという欠点はありますが、

相手が自己愛性人格障害でなければ、

普通の人よりも

幸せを感じやすいのです。

 

あなたの愛は、本物です。

Tiaraも自己愛性人格障害の彼のことが

こんなにも分かるようになったのは、

彼のことがほんとうに好きだったから彼の気持ちが分かりたくて、

本当にうざいくらい考えたので分かるようになったんだと思います。

このブログも

自己愛性人格障害の人に対する批判ではなくて

愛だと思っています。

 

そんな被害者たちの愛が分からない病気なのです。

 

だから、

自己愛性人格障害の人たちは、

レベルの低いひどい人間なのではなく、

普通の人たちよりも深い愛を持つ

素晴らしい人たちなのです。

 

周りの人たちは、

自己愛性人格障害の人も

被害にあった人も病気だと思い、

関わりたくないと

思っている人たちもいるでしょう。

 

でも本当は違うのです。

 

相手の言うことも

なんでも自分のせいだと

思いすぎてしまう責任感の強さと

相手のことを

とことん受け入れようとする

優しい気持ちの持ち主なのです。