自己愛性人格障害のひとの話していることは中身が重要なのではなく、自分がどういう人物に見えるのかが重要

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

話し方について

お話ししたいと思います。

 

最近Tiaraの職場の

女性の人格障害について

書くことが多いのですが、

はっきり言ってこの女性だけでなく

気づくとなんか怪しい人はたくさんいます。

 

威嚇?のような表情をして

Tiaraを見てきたり、

Tiaraも何もしていないので(どうした?)と

不思議そうな顔をして

後ろを振り向いてみます。

 

Tiaraにそんな目を向けるほど

この男性と交流もしていませんから

そんな目で見られるのは

おかしいなと思います。

 

だから本当に

(後ろに誰かいるの?)と

思ってしまったのですが。

 

モラハラされていて

常に何かで怒られている若い子が

最近夢遊病のような表情に

なってきているのも気になっていますし、

(周りの人はただ

この子がぼーっとした子だと

思っているようですが。)

誰かが病気で休むと

「お前、つぶした?」と

笑いながら隣の男性に

聞いている人もいます。

 

隣の男性は静かに

ううん、と首を振っていますが

Tiaraはこの二人も

ちょっと怪しいなと思っています。

 


冗談にも取れますが

もしかしたら

本当に聞かれたほうが

モラハラをしている可能性もありますし、

反笑いで「お前がやったの?」

と聞いたほうが

聞かれた男性に対して

ディスりをしている可能性もあります。

 

面白おかしくディスっているときは

そこに悪意があるかないかを

Tiaraは見ます。

 

本当の冗談に聞こえないときは

Tiaraは自己愛性人格障害を疑います。

 

ただ、Tiaraの周りには良い人ばかりで

本当に信頼できる方もみえますので

幸いTiaraは今チームを組んで

プロジェクトを進めているメンバーは

みんな本当に仲が良いので

このメンバーだけで仲良くしています。

 

Tiaraの周りの席の人も

この女性以外は

とても普通の方ばかりなので

最近は彼女のほうが

自ら孤立しているように見えます。

 

1人でガン無視しているので

Tiaraもしゃべれませんが

Tiaraはほかの人たちとは普通に話すので

彼女はTiaraがみんなと話しているときは

絶対に会話に入ってきません。

 

ものすごい仏頂面で

黙々と仕事をしているだけです。

基本Tiaraも黙々と仕事をしていますが

聞くことが多いので

いろんな人に聞いて自然に

コミニュケーションがとれています。

 

Tiaraは自己愛性人格障害のひとのように

コミニュケーション上手ではありませんが

普通に聞くことを聞いて

教えてもらってはお礼を言い、

普通に何か聞かれたらTiaraも普通に答えるので

意味もなくガン無視も、

自己愛性人格障害のひとに

気を使うこともありませんので

全然自然に過ごせていられるので

本当に楽なのです。

 

そして楽な分仕事に集中できますので

初めてのこととはいえ

やるたびに頭にどんどん入ってきます。

 

今まで自己愛性人格障害のひとに潰されて

やりにくかったのが嘘のようです。

もう1人

気になっている男性がいるのですが

その女性と一緒に仕事をしている若い男性も

とてもやさし気な雰囲気の方なのですが、

一線引いているというか

自己愛性人格障害の女性とは

とても仲良くするのですが、

その話ぶりが、

普通ではありません。

 

まだ20代前半と若いのですが、

その女性に説明する話し方が

とても丁寧で穏やかで紳士的です。

 

女性のほうは

最近Tiaraに嫌がらせをしだしたので

自己愛性人格障害だと気付いたのですが

相変わらず、この男性と話すときだけは

「えっと。。。ここのところなんですけどぉ~。

よ~く見たら(お!こんなことが書いてあるぞ!

そうか、そうか。そういうことなのかぁ、

と思ったら

違っていてぇ~

う~んとぉ、う~んとぉ。どうしよう?

あは?」と超スローなテンポで

のんび~りゆったり、

イメージで言うとドラえもんのような?

 

文章なので伝わりにくいかと思うのですが、

つまり

Tiaraをガン無視して威嚇しておきながら

とてものんびりさんで

アクのないような

天然な素朴な女の子を演じています。

もちろんこの若い男性は

Tiaraに

この女性がしていることは

知らないだろうし、

もしかしたら

「Tiaraに無視されていて怖い」

くらいのことを聞いているかもしれないので

分からないのは当然だと思うのですが、

それにしても彼の話し方も余分な説明が多く

親切で丁寧とも取れるのですが

とにかく不自然なのです。

 

つまり二人とも

本当に二人で仕事の話をしているだけに聞こえず

周りが聞いていることを

充分に意識した話し方で

むしろ仕事のことを本当に聞きたいわけではなく

彼女の印象が

いじめなどしないような

のんびりしたおっとりした女の子に見えるのを

大前提で意識しているように取れますし、

彼も優しく知的で

感じのいい先輩を演じているように

見えます。

 

そのあと、「できた!」とか

さっきは分からなかったけど

よくわかりました、的な雰囲気が

後からまるで見えないのです。

 

 

つまり二人とも周りから

どう見えているかが大事で

話の中身は後付けのような感じに

見えるのです。

 

 

しかも、

Tiaraやほかのメンバーたちは

仕事で分からないことを

聞くときもありますが、

明確に分らないことがあり

それを聞きたくて聞いているだけですし

会話の内容もそれだけです。

 

教えるほうも

「それはここを

こうしてこうしてこうすると

できるよ。」

とその質問の中身が分かるように

説明するだけで

「んっと~えっと~」とか

「そう思ってはみたものの、

そうではなくて

こちらにこうなっていたので

分からなくなってしまったんです。

あは?」とか。

 

イメージだけで話している、

と言ってもよいでしょうか?

つまり話の中身ではなく

概要がどんな話し方をするのか

どんな性格の子なのか=のんびりさん

みたいな話し方なのです。

 

「仕事」という材料を使って

自分のイメージをつけることが

メインなのです。

 

そしてそれだけなら

本当にのんびりした

そういった余計なことまで

話してしまうような天然さんであれば

何もおかしくないかもしれないのですが

彼女は

Tiaraに強烈に近づいてきて

分からないような低くて太い声で

そんなに怒るような内容でないことで

Tiaraを徹底的にガン無視して

異様にピリピリとした雰囲気を

醸し出しています。

 

とても天然で余分なことまで話してしまうような

おっとりさんではないですよね?

 

だから不自然すぎて

その不自然なくらいスローで静かな声で

また「なんだなんだ」と

緊張が走っている人もいます。

 

Tiaraたちは近くにいるから

そういった細かい雰囲気まで伝わるのです。

 

話し声は聞こえないほど小さな声なので

少し離れている人には分からないと思います。

 

tiaraは

自己愛性人格障害を知っているので

(なんだ、またやっているのか)

としか思いませんが

普段はしゃべらないのに

急にこの若い男性がそばに来ると

甘えたような声で

ねっとり話し始めるので

最近入ったばかりの若い男の子は

びくっとしています。

 

きっと彼女がどんな人だか

全く分からないから怖いのでしょう。

 

彼女の隣の優しい男性は

とても気になるようで

その男性と彼女がそんな感じで話していると

気合を入れて面白おかしく

話を盛ろうと必死です。

 

今日、おもわずTiaraは

その男性の2人の間に入り

仲間に入れてもらおうと必死な話し方に

「そんなに頑張って話さなくてもいいよ~。

そんなに頑張って話してたら疲れちゃうよ?」

と普通にのんびりと注意をしました。

 

もちろん彼女たちにも聞こえていたと思いますが

知らん顔をして会話を続けています。

 

Tiaraが声をかけた男性は

黙って落ち着いて

席に座りました。

 

Tiaraくらい何をされても全く堪えないよ、

という自信のある人はこれくらいやると

被害者の助け舟になるのですが

中途半端に怖がっていて

頑張っていったようだと

今後はあなたがやられる羽目に

なってしまいますから

そういったことは

やらないほうがいいかもしれません。

 

 

ですがTiaraは

自己愛性人格障害の特徴を

とてもよくわかっていますし、

ガン無視している以上、

Tiaraも少しも後戻りできないので

これくらいしても

これ以上元に戻れません。

 

つまりモラハラ対策を

1歩前へ進めてしまったのです。

 

もちろん彼女たちにも

優しい男性にも聞こえていたと思いますので

こういった彼女たちの脅しの話し方に

(表面上は脅して知るように見えませんが。

むしろ穏やかに

仕事の会話をしているように

見えるかもしれません。)

この男性はこの二人の魅せつけ行為に

気に入られようと必死にならなくてもいい、

と分かったと思いますし、

自分が必死になっていることも

自覚したと思います。

 

そしてこの二人は威嚇の話し方をしても

誰もご機嫌取りに入らないと分かってしまい、

こじつけでイラついたりして

脅したりすることが通用しない

と理解したと思います。

 

 

もし理解していないとしたら

自己愛性人格障害としては

かなりレベルの低い人たちだと思います。

 

ただ、その女性とこういったことがあったから

この若い男性が惹きつけの

話し方をしていることにも気づきましたし、

この男性もこの女性と同じなので

もう一切話はしないほうがいいです。

 

もともと

部署が違うので

話す必要もありませんが

以前Tiaraがこの女性と仲良くしていた時は

この男性の穏やかな心地よい話し方に

感じのいい人だな、と思っていましたが

おかげで警戒することができます。

 

Tiaraの元彼もこのタイプで

穏やかにやたら長い話をして

知的な所や親切なところを見せていたので

とても気づきやすかったです。

 
]

ましてやTiaraと

仲が悪くなったことに気づいているか

もしくはこの女性が伝えていると

思うのですが

あの落ち着きぶりは異常なのです。

 

この男性がもしふつうのひとなら

Tiaraと彼女の様子がおかしいことに気づき

動揺したり

気を使ったりします。

 

 

それどころかむしろ不自然なくらいに

彼女の席に来て

よく聞くと中身のない仕事の話を聞きながら

「うんうん。」と深くうなづき

的確なアドバイスをしているように

 

みえるので、彼もまたTiaraに

彼女に変なことをするなよ。

と脅しているか

彼女を心配して

わざわざきているように見えます。

 

普通のひとと反応が違うのです。

 

彼女とTiaraの仲を心配しているのは

彼女の隣の優しい男性も同じですし、

でも反応が全く違うのです。

 

そして彼自身の話し方が

意味もなく

尊大で知的な

自分の雰囲気を魅せることに

シフトしているのです。

 

ちょっとおかしいな、と感じる人がいたら

話し方やその内容について

考えてみると

もしかしたらおかしなところが

出てくるかもしれません。

 

 

よく周りを見てから

自分を出すか出さないか

決めてくださいね。


自己愛性人格障害のひとの嫌がらせは自分が悪く見えないようにする

こんにちは♡

今日は

自己愛性人格障害の彼と付き合っていると

イベントやデートの約束が

急になくなる、ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の元彼と別れて

2年半ほど経ちますが、

もうほとんど彼への気持ちは

忘れてきています。

 

 

毎日ブログを書くことによって

自分の中の

気持ちを整理しているのと同時に

彼と全く連絡を取ることが

できなくなったことから

時間がたつと本当にほんわり

楽しかった出来事を思い出すくらいで

好きだったり苦しかったりといった

気持ちの面での思いは

なくなってきました。

 

 

ですが、彼からまだ

もしかしたら連絡があるかもしれない、

と思えるような状況の場合は

期待をしてしまっているので

驚くほど何年たっても

忘れられない、という人もいるのですが

そういう人は

彼から何らかのアプローチをされているので

それが自己愛性人格障害の特徴だと

覚えておいてくださいね。

 

早いものでもう年末ですが、

楽しいイベントも多いと思います。


こんな時こそ

自己愛性人格障害のひとは

あなたを裏切る行為に出る可能性が

高くなりますので

心の準備をしておいてくださいね。

 

Tiaraは付き合いだしてから

最初のころは

彼の誕生日を毎年

友達として祝うという形に

されていました。

毎年彼の誕生日よりも先に来る

Tiaraの誕生日に

とても愛情のこもったプレゼントをされるので

子供たちもそれを見ていますし、

彼にお返しをしよう、

という気持ちに3人でなり

まだ小学生や中学生だった子供たちも

Tiaraと一緒に少ないお小遣いの中から

おしゃれでセンスのいい彼に

喜んでもらうためにそれなりに

高価なものを選びます。

 

もちろん選んでいるときは

本当に彼に

日頃の感謝の気持ちを込めて

選んでいるので

無理やりではないし、

値段ではありませんが、

それでもセンスのいい彼に

それなりのものを送ろうとすると

やはり少し金額もはったりします。

 

 

もちろんその時は

彼の誕生日プレゼントを考えたりするのは

本当に楽しかったですし、

嫌な気持ちなんてなく

好きな人のプレゼントを選ぶのは

それなりに幸せでした。

 

彼の誕生日プレゼントをずいぶん前から

一生懸命考え

彼が何をプレゼントしたら

喜んでくれるのか

彼の喜ぶところを

想像しながらやっと選んで

もう渡すのを楽しみにしているころを

見計らって

彼の元カノからの連絡があったり

元カノの様子を友達から聞いた、

などの話が入ります。

 

彼が動揺し、元カノを傷つけて

Tiaraと付き合ってしまったから

やっぱりTiaraとは付き合えない、とか

今は少し動揺しているので

時間を置きたい、という理由から

「俺の誕生日なんて祝わなくていいから。。」

という謙虚な理由から

彼の誕生日パーティの約束を

キャンセルされます。

あくまでもTiaraを傷つけるやり方ではなく

彼が悩んでいて

その気持ちを分かってあげて

そっとしておいてあげる、

という形をとるので

モラハラだとはまさか思わず

彼を責めることもできず、

Tiaraが「分かった。」

という形をとります。

 

もちろんTiaraが彼女のいる彼を

選んで奪ったわけでもありませんし、

彼のほうから熱れるに告白され

「Tiaraのことを好きになったから

彼女を傷つけることになる。

 

だからこうなった以上

もう彼女とはやっていけない。

 

彼女と決着をつけて

必ずTiaraのところに来るから待ってて。」

 

こういわれれば信じたくなってしまうし、

Tiaraもバツイチですから

遊ばれるのは嫌です。

 

そもそも

バツイチだからさみしいだろう、

と思われることは多く、

簡単にTiaraがついてくるだろう、

と考えている人も

離婚してから結構いました。

 

正直女はそんなに単純ではありません。

 

そういうさみしいからと

すぐについていく女の人もいるとは思いますが、

バツイチだから慎重になる人もいますし、

もう男なんていらない、と

男の人を全く信じていない

バツイチの人もいますし、

そもそも男のひとから

自由になりたかったバツイチの人もいます。

 

男の人のほうより

全然バリバリに稼ぐ人もいますし、

とてもしっかりしている人も

大勢いるのです。

 

今時、結婚がすべてだと

考えていない人もいますし、

1つのイメージで片付けないで

ほしいです。

 

ですが、彼のやり方は

本当に愛情がこもっているように見えましたし、

彼の言っていることはきれいごとではなく

ほんとうのことのように

思えたんです。

ここまでしてくれる人なら

信じられる、

そう思って彼についていく決心をしたのです。

 

元カノが忘れられなくて

電話がかかってくる、

という気持ちも理解できましたし、

ほんとうなら彼女のほうも

もう彼と別れる、と決心をしたのなら

何度も何度も連絡してきてはいけない、

という人もいましたが、

いったんは別れる決意はしたものの

かの序の本意ではなかったろうし、

彼が動揺するのも仕方ない、

と思っていました。

 

ですが、誕生日の2,3日前になると

また彼から連絡が入り

「俺の誕生日のことだけど。

俺は別にお祝いしてもらわなくても

いいんだけど、

子供たちもプレセント

用意しちゃってるんだよね?

 

俺たちは大人だから我慢できるけど

せっかく子供たちが

プレゼント用意してくれてるんだし、

子供たちがかわいそうだから

友達としてお祝いしてくれるのなら

俺のちょうどその日は特に何もないから

誕生日会だけ

やってくれてもいいよ?」

と連絡が入るのです。

 

もちろん、彼の誕生日の予定が

キャンセルになったことは

Tiaraも子供たちもとても

残念に思っていましたし、

Tiaraも彼のことが大好きなので

そんな連絡が入ったら

うれしくて仕方ありませんでした。

 

子供たちに彼からこういう

連絡が入ったことを告げると

「俺たちもせっかく用意したし、

別に友達としてでも

誕生日会は楽しいしいいよ。」

となりますよね。

 

今考えると

とてもひどいです。

人の気持ちをもてあそんでいる

非道な行為だと思いますが

彼がひどい人に見えないところが

ものすごく手が込んでいて

実に素晴らしく自分だけ悪者にならずに

人を傷つけることができます。

 

結局そのあと

彼も楽しかったから

やっぱり戻ろう、と彼から連絡が入り

元さやに戻るのですが。。。

 

 

彼の誕生日だけの嫌がらせです。

 

Tiaraの誕生日ではない、

というところもポイントで

Tiaraの誕生日の嫌がらせだったら

Tiaraも子供たちもすぐに怒ると思いますし、

これは同じ自己愛性人格障害でも

やり方が違いますし、

被害者のタイプによっても

自分の誕生日にドタキャンされても

我慢してしまうくらいの被害者だったら

それくらいのこともします。

 

ですが、これを何年もやってしまうとさすがに毎年毎年

おかしいと気付きますし、

初めの2,3年で誕生日がキャンセルになる、

というやり方はしなくなっていきました。

 

これでTiaraは少しづつ成長していっている、

思えたのですが、

どんどん嫌がらせのやり方がなくなっていって

行き詰まったときに不自然な嫌がらせになり

Tiaraが気づいたのです。

 

付き合いだして5年目のことでした。

 

だから4,5年は続くと思いますし、

人によっては10年続く人もいます。

クリスマスのドタキャンを

される方も大勢見えますし、

年末年始の旅行の約束が

キャンセルになる、という方も増えますので

年末年始は

特に気を付けてくださいね。

 

もしこういったことがあったら

彼は自己愛性人格障害だと

思ってまず間違いないと思います。

 

 

数年後には必ず破綻してしまうか、

あなたがそれでも彼と別れたくない、

と言っている場合は

嫌がらせありきの

彼との生活になりますので

あなたが辛い思いをします。

 

Tiaraは子供たちがいたおかげで

ひどいやり方はされなくても済んだのかもしれませんが、

子供たちまでも同時に傷つけられたことは確かです。

 

人の子供によくやるなという感じですし、

そんな彼を大好きだと思っていた

Tiaraたちの気持ちも

踏みにじられています。

 

しかも、Tiaraから

彼に無理やり近づいていったわけでもなく

彼のほうから突然現れて

幸せとどん底の両方を味わわせて

自分すらここにいられなくなってしまったのです。

 

彼は今、何を思っているのか

分かりませんが

Tiara以外にも

彼においていかれた女の人は

たくさんいるでしょう。

 

そしてTiaraや彼女たちの気持ちを

潰して

彼自身も幸せにはなっていないのです。

 

今、自己愛性人格障害のひとのことが

分かるようになり

Tiaraはそれが

彼と過ごした日々から得たもので

彼は少しでも穏やかに

暮らせるといいと思います。

 

そしてひどいことをされたにも関わらず

彼といた日々は

彼を愛した日々は

幸せに満ち足りたものだったのです。

 

自己愛性人格障害のひとって

本当に不思議です。


自分が被害者なのか加害者なのか分からなくなってしまった人が考えるポイント3つ

こんばんは♡

今日はまず、

自己愛性人格障害のひとの

被害に遭う人の魅力について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの

被害に遭う人は

本当に魅力のない人でしょうか?

 

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人の特徴として

ボーダーや共依存など

自分に自信のない人やモテない人

または貧乏な人が遭いやすい

という記事を目にすることがあるのですが

Tiaraがお会いした被害者の方で

魅力のない方は1人もいません。

 

みなさん、きれいだったり

かわいらしかったり

才能があったり

頭が良かったりします。

 

 

とても自己愛性人格障害のひとの

被害に遭った人

とは考えにくいような

魅力的な方ばかりです。

 

そんな魅力ある方たちが

自己愛性人格障害の彼の魅力に魅せられ

彼を信頼して

とことん尽くして

ついていってしまうのですが、

やはりお話を聞いてみますと

幼少期の母親から受けたゆがんだ愛情のため

自信がなかったり、

両親の不和を見続けていた人、

幼少期のまわりの環境などから

自分に自信がなくなり

自分が尽くすことにより

相手に認めてもらおうと

必死で努力をしているようです。

 

ですが、

実は、本当に魅力がないわけではなく

魅力がない、と周りの人から

思い込まされているように感じます。

 

 

それってどこか

自己愛性人格障害のにおいがしますが、

そうでなくても人間って

嫉妬深い人も多いので

魅力的な人ほどつぶされていることも

あるんじゃないかって

ある程度いろいろな経験をしてから

思うようになりました。

 

子供のころにいじめられていた人って

ほんとうにひどい子もいるのかもしれませんが

もしかしたら噂を立てた人のほうが

怖いのかもしれないと思います。

 

普通の人は人を苦しめるようなこと

しませんよね。

 

嫌だったら避けるだけだと思います。

 

普通に過ごしていたら

改めて考えることのなかったことを

いろいろ深く考えるようになって

見えてきたものがあります。

 

だからもし今、

あなたが自己愛性人格障害のひとから

ひどい仕打ちを受けていたとしても

それはあなたのせいではなく

相手の心の闇をあなたにすり替えることで

逃げようとしているだけですので

あなたが負う責任ではありません。

 

よく考えてみたら

あなたには素晴らしい才能があることも

本当は分かっていますよね。

 

それをつぶす人がもしいたら

その人に分かってもらおうとしても

無理なのです。

 

その人がもし

自己愛性人格障害だったとしたら

その人はあなたの魅力が分からないから

悪く思っているのではなく

本当はあなたの魅力が分かっているからこそ

あなたに輝いてもらうと困るのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても堂々としていて

自信があるように見えますが

本当に自信があったら

人のことを否定することはないはずなのです。

 

本当に

自分に自信を持っている人は

人が輝いていても気になりません。

 

自分が輝くことで精いっぱいですし

自分と一緒に輝こうとしている人のことを

悪く取ったりしません。

 

 

人のことを認められない人は

人に輝いてもらうと

自分が輝けないと思い込んでいるから

あなたの邪魔をするのです。

 

本当に輝いて自信のある人は

人が輝いていることを認められるのです。


彼の言動をよく聞いて

他人を否定ばかりしていると感じたら

それは人が輝くことを恐れているからで

そういった人のそばにいたら

あなたはつぶされてしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭う人は

とてもやさしい人が多いので

もし、自己愛性人格障害のひとの

苦しみを感じ取ってしまうと

何とかしてあげたくなります。

 

自己愛性人格障害のひとと一緒にいると

トラブルばかりになると思いますので

ヒステリックになっている被害者の人も多くいますが、

彼が自己愛性人格障害なのか

自分が自己愛性人格障害なのか

分からなくなってしまった人は

この相手が苦しんでいるときに

何とかしてあげたくなるという

胸の苦しみを感じるかどうか

よく考えてみてください。

 

この相手の苦しみを感じて

自分が何とかしてあげたくなるほど

胸が苦しくなることを

共感力と呼びます。

 

自己愛性人格障害の人は

この共感力というものがありませんので

この胸の苦しみを感じる人は

自己愛性人格障害ではありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

自責の念がありませんから

よくあなたと彼の関係性が悪化したことは

あなたに責任があるような言い方をよくします。

 

ですが、よく考えてみると

分かるはずなのです。

 

相手に自分が

どんなに思っているか分かってもらいたいから

必死になって

それを無視されているから

ヒステリックになっている人は

自己愛性人格障害ではなく被害者です。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の罪をよく相手のせいにしますから

よくわからなくなってしまい、

自分が悪いと思ってしまう人が多いようですが、

自分が何に対してイライラしているか

考えてみると

自分が被害者なのか加害者なのか

分かると思います。

 


自己愛性人格障害のひとは感情を入れない仕事との相性は案外いい

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

魅力について

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる人の

お話を聞いていますと

みなさん被害に遭われた後も

自己愛性人格障害の彼が

本当は一番いいと思っていることに

気づきます。

 

彼の様子がおかしいことに気づき

自己愛性人格障害だということが

分かったので

彼といると

どうしても辛い思いをしてしまうので

その思いのあまりの辛さに

耐えられなくなって

逃げ出してしまうのです。

 

ですが、

本当は彼が普通のひとだったら

乗り越えていきたかった、

と思っている人がほとんどです。

 

それは、彼女たちの話し方や

様子を見ていると

とてもよくわかります。

 

Tiaraも同じ経験をしているので

とてもよくわかりますが

普通の人が聞けば

そんなに嫌なことをされているのに

なぜそんなに好きなのか

不思議だと思います。

 

そう思ってみると

自己愛性人格障害の人たちは

本当に愛されていたんだな

ということがとてもよくわかるので

本当にもったいないことをしているな、

と思います。

 

 

Tiaraの彼もとても素敵な人でしたが

もしかしたら

そのあまりの自尊心の低さから

尊大な自分を常に演じていなければならず

とても辛かったのかもしれません。

 

もしかしたら

本当の彼よりも

かなり魅力的な人物を演じることに必死で

それを続けること自体

彼にとっては不可能な話で

とても辛かったのだと思います。

 

自己愛性人格障害のひとが

逃げ出してしまう理由の1つに

尊大な自分を演じすぎてしまって

無理をしすぎた結果

かなり大きな話に

なってしまったこともあり

長時間それを続けていくことは

不可能なのかもしれません。

 

もうすぐクリスマスが来ますが

Tiaraは今でもクリスマスの雰囲気が

とても好きです。

 

今年は彼がいなくなって

3度目のクリスマスですが

あまりさみしくはありません。

 

それまでは

結婚していたこともありますし、

結婚する前も

離婚した後も

ほとんど彼のいないクリスマスは

過ごしたことがなかったので

昔のTiaraだったら

クリスマスに1人だなんて

さみしくて仕方がなかったかもしれません。

 

ですが、

今は、まったくさみしくありません。

 

慣れてしまったというよりは

自己愛性人格障害のことを知ってから

彼と別れたので

そういうこともあるのか、と

妙に冷めてしまい

夢見がちなことは

いっさいなくなってしまいました。


よくも悪くもめちゃめちゃ世の中や

人のことが冷静に判断できます。

 

 

なので年齢もありますが、

以前よりも恋に落ちる確率は

格段に落ちたと思います。

 

その分、本当にいい人でないと

簡単にお付き合いをしたりしないので

危険はないと思いますが、

いつ、そんな人と出会えるのか

まったくわかりません。

ですが、もしできなくても

自分のことを大切にできようになったので

力を入れることなく

常に自然体で楽にいられます。

1人ならそれもいいと

思えるようになりました。

 

 

昨日、会社の忘年会があったのですが

とても楽しいひと時を

過ごすことができました。

 

うちの会社にも

数人の自己愛性人格障害の方が

お見えになりますが、

自分から必死でお酌をしに

行ったりすることなく

Tiaraの周りに集まってくれた人たちと

肩肘をはることなく

思ったことを話したり聞いたりしました。

 

途中、何度か自己愛性人格障害の人たちが

Tiaraの席を回ってきたりしましたが

その時だけ話すだけで

後は本当に心を許している人たちとの話に

そんなにも長くはいられなかったのか

みんないつの間にか

別のテーブルに移動していっていて

最後に残ったのは、

まったく気をはらなくてもすむ

メンバーばかりでした。

 

 

以前のTiaraだったら、

みんなのところを回らなくちゃ、

と必死にビールを持って動き回っていて

上司や自己愛性人格障害の人たちにも

気にいられなくちゃと無理をして

お話を合わせていたと思います。

 

今はどうせ派遣ですし、

そんな所で気張らなくても

本当に仕事で必要だと思われたときには

必ず社員なり直接雇用になるなりしますから

無理に変なところで

余分に頑張ったりはしなくなりました。

 

そんなことをしても

契約切れになるときはなるのです。


それに自己愛性人格障害のひとでも

仕事で本当に頼りになると思ったら

自分に都合がいいので

会社に残そうと考えます。

 

自己愛性人格障害のひとと

仕事との関係は

感情さえ入れなければ

意外といいと思います。

 

だったら

心とか人格とか

変なところで必死に努力して

努力が報われず

悔しい思いをするよりは

業務で必要とされる人になるよう

自分のスキルとして頑張りたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

人を認めることはないのです。

 

どんなに素敵でも

それは自己愛性人格障害のひとが

自分を認めてもらいたいために

していることで

あなたのことが好きだということでは

ないのです。

 

たとえ

あなたのことが好きだと

いったのだとしても

そう見えたとしても

それは本当の意味であなたが好きなんだ、

という意味ではなく

あなたに自分を

好きになってもらいたいのみの

気持ちなのです。

 

自己愛性人格障害のひと本人も

そこまで気づいているかどうかは分かりません。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとの

恋は

あなたを好きになったから

あなたと一緒にずっといたい、

ということではなく

あなたを強烈に引寄せ

彼に強烈に引寄せられたあなたを

無残にも叩きのめすために

恋人になるという恋愛の仕方なのです。


自己愛性人格障害のひとから嫌がらせをされ続け、会社を辞めようと考えているあなたへ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

会社で嫌がらせをされ続けて

会社を辞めようとしている人に

お話ししようと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットのされやすいタイプと

いうのがあります。

 

それは、誰かに好かれていないと

不安でたまらない、という人が

第一位です。

 

次に

会社でいい人だと思われていたい人、

というのも

よくターゲットにされます。

 

逆に周りからどう思われていても

どうでもいい人、というのは

自己愛性人格障害の被害に

遭いにくいのです。

 

そういった人は

自己愛性人格障害のひとは

狙うことを我慢するわけではなく

狙おうともしないのです。

 

だってその人に嫌がらせをし続けていても

相手は全く堪えないかもしれません。

 

周りの人からどう思われても気にしない人、

というのは、

自己愛性人格障害のひとに

嫌がらせをしたら

周りの人に「あの人なに?」

と堂々と言うかもしれません。

 

 

その人自身が

その周りの人と仲良くしていたい、

と思っていなければ

いつでもどこでも

自己愛性人格障害のひとの矛盾を

つけるのです。

 

ただし、これを自己愛性人格障害のひとに

直接言ってはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分を守ることに全力を注いでいるので

いくらでもあなたが悪い話をでっちあげます。

 

しかも自己愛性人格障害のひとは

弁が立つので

本当のことを使って

どれだけでもあなたが悪く思われるように

言うことが上手なのです。

 

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がおかしいことをしていることを

もしかしたら周りの人にばらすような人に

嫌がらせをすることはできません。

 

そのことによって

自己愛性人格障害のひとが

おかしなことをしていることが

ばれてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当は臆病なことを隠してるだけですので

そんな人には

始めから嫌がらせをしようと

思いもしないのです。

自己愛性人格障害のひとから

狙われやすい人というのは

矛盾を突くことによって

嫌なことを言うことができず、

嫌がらせを受けていても

我慢してしまう可能性があります。

 

そういった我慢してしまうような

お人よしの人ほど

自己愛性人格障害のひとから

狙われる傾向にあるのです。

 

会社でモラハラに遭うような人は

自己愛性人格障害のひとから

何か言われても

水に流して忘れることによって

自己愛性人格障害のひとと

仲良くしようという傾向にあります。

 

自己愛性人格障害のひととは

仲良くすればするほど

あなたはやってもいないようなミスで

会社を追いやられることに

なってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたがまじめにしていても

あなたがおとなしくしていても

必ずあなたを悪者にして

あなたを笑いものにしたり

あなたに説教をしたりして

周りの人が

あなたから引いていくように

仕向けています。

 

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもそうなってしまうのです。

 

そうやって勝つことによって

あなたを潰しておかないと

自分がつぶされてしまうという

極端な恐怖心を持っている、というのが

自己愛性人格障害という病気の症状です。

 

あなたが自己愛性人格障害のひとを

つぶしたい、と思っていなくても

勝手にそう思い込んで

その恐怖から自分を守るために

全力であなたを潰します。

 

自己愛性人格障害のひとは必死なのです。

 

ですがあなたは何もしていないので

全力で嫌がらせをしてくることに

ものすごく恐怖を感じます。

 

自己愛性人格障害のひとには

話をしても

通じないので話し合いをせず、

相手に気付かれないように

あなたが何もしていないこと、

相手がつぶしにかかっていることを

できるだけ早く信頼のおける人に話しておき

味方を作っておくことが先決なのです。

 

そしてできれば

席替えや部署替えなどしてもらい

自己愛性人格障害のひとから

物理的に離れることが

一番楽になれる方法でしょう。

自己愛性人格障害のひとから自分を守る

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

自分を守る

ということについて

お話ししたいと思います。

 

あなたのパートナーが

自己愛性人格障害だと知ったら

あなたはまずどうしますか?

 

 

あなたの素敵なパートナーが

自己愛性人格障害だった場合

全力で逃げる事になりますが

あなたが自己愛性人格障害のひとを

好きだった場合、

それはなかなか

難しいことになります。

 

現に彼が怖くて

Tiaraの相談室を訪れても

「やはり彼のことがここまでわかるのは

私しかいないので

自己愛性人格障害の彼を

コントロールして

嫌がらせができないように持っていき

彼をこのまま見守りたい」

と彼と離れていく決心をするどころか

自己愛性人格障害のことが分かったからこそ

私しか彼のそばにいられる人はいない、

と使命感に燃えている人も

1人や2人ではありません。

 

ですが、あなたの気持ちや

立場を考えてみますと

彼と一緒にいることが

破滅へと向かうことは

なんとなく想像がつくでしょう。

自己愛性人格障害のひとは

あなたのそこをついています。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

極端に優しい人を好みますが、

そういった人は

ある程度彼のことを理解しても

なかなか彼を見捨てることができない事を

知っているからなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

相手の優しさや頭の良さ、

容姿等すべてのものに

極端に強い嫉妬をします。

 

そしてあなたのそんな魅力が

世間の人に認められることが

どうしても許せないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自覚がないまま

どうしてもあなたの魅力に嫉妬するので

どうしても相手をつぶしてしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとにとって

他人の魅力ほど怖いものはありません。

 

 

誰でも、

できれば人に好かれたいと思うのですが

自己愛性人格障害のひとは

極端に人から嫌われることや

自分が見てもらえないことを恐れています。

 

だからあなたの魅力は

あなたにはそんな気がないのだとしても

彼が世間から注目を浴びることを

邪魔する道具になってしまうのです。

何もしていないつもりでも、

自己愛性人格障害の人の

嫉妬の気持ちに触れると

全力で攻撃され

なにがなんだかわからなくなります。

 

あなたが彼に寄り添っていたり

彼のことが好きで何とか彼とやっていこうと

思っていれば思っているほど

ショックは大きいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心が強すぎるために

相手のみじめな姿を求めます。

 

Tiaraは今、そのことが理解できていますので

目立てば、ある程度は

自己愛性人格障害の人に

悪く言われることが分かっています。

 

職場など長くいたい場所にいるときは

できるだけ目立たないように

静かに気配を消すことを心がけています。

 

自己愛性人格障害のひとが

いないところでは素の自分を

出したりすることも

ありますが、

自己愛性人格障害のひとがいるところでは

できるだけ目立ちたくありません。

 

ちやほやしてもらわなくてもいいですし、

もはやちやほやされたり

人から興味を持たれることに

むしろ恐怖心さえわきます。

 

でも、目立たないでいると

攻撃もされることもなく

静かに自分が過ごしたいように

過ごしていても

あまり注目を浴びることがないので

楽なのです。

 

この安定した気持ちは

自己愛性人格障害を知ったから

初めて感じることができました。

 

以前は挨拶をしても

返してくれないことに

傷ついたり、

誰かが機嫌が悪いところを見かけると

Tiaraじゃないよな?

と自分の行動を

見返してしまっていました。

 

 

でも、今は、そういった人は

Tiaraの動きとは関係なく

自分の中にもともと怒りを持って

生活しているのだということが分かったので

無意味に落ち込んだり悩んだりすることが

ありません。

 

 

その代わり、自分が本当に

相手を怒らせてしまったときは

しっかりと自分でも意識して

謝るなり、今後そういった言動は

取らないように

気を付けることができます。

 

 

自己愛性人格障害のひとに

狙われやすい人は

普段からモラハラ対策を

心がけて生きてみると

ものすごく気持ちが

穏やかになっていくのです。

自己愛性人格障害の人からモラハラしたい、と思われなくなるためには??

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

モラハラをしたい、

と思われない人になるための

お話をしたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

間違っても話し合いを

してはいけません。

 

そして、自己愛性人格障害のひとから

分かってもらおうとしてもいけません。

 

なぜなら辛くなるだけだからです。

 

 

自己愛性人格障害のひととの話し合いは

まったくあなたの意思が通じないどころか

あなたの意思と

反対のことをしようとします。

 

いつもTiaraがいっているように

自己愛性人格障害のひとは

すべてが普通の人と逆です。

 

なぜなら自己愛性人格障害のひとは

極端に自尊心が低いため

どうしても人の上に立とうとしたり

勝とうとします。

 

負けるということは

自分が価値のない人間のような気がして

極端に怖がります。

 

だから、自己愛性人格障害のひとと

一生懸命話し合いをしようとすることは

向こうからしたら

あなたを追い詰めるチャンスを

いっぱい知ることができます。

あなたがこんなことはしてほしくない、

といえば、

どんどん勢いを増して

あなたのしてほしくないことを

していきます。

 

むしろ、あなたが彼に

希望を伝えたことを

責められてしまいます。

 

直接言われる場合もありますが

周りの人に言われて

そのために自分が

迷惑をしているように

いうのがうまいので

周りの人はみんな

自己愛性人格障害のひとの味方をします。

 

単純に自己愛性人格障害のひとを信じて

あなたを責める場合もありますが、

なんとなくおかしいと感じていても

言えずに

結局自己愛性人格障害のひとの

味方をしてしまうこともあるのです。

 

 

あなたは共感力が高く

人から愛されたいと願うと同時に

同じように彼から愛されたい、

と思っていませんか?

 

自己愛性人格障害の被害に遭っても

共感力のない人は

それほど傷つかないのです。

 

あなたは共感力が強いので

あなたが相手を思うように

相手も自分のことを同じように

思ってくれることを

望みます。

 

自己愛性人格障害のひとは

それを知っているから

あなたを愛することを

突然やめてしまったり

愛してくれているのかいないのか

分からないようにします。

 

 

あなたを愛することを

突然やめるということは

あなたが傷つくからするのです。

 

そしてあなたを

愛しているかいないか

分からないようにするのは

あなたが彼から離れていかないように

キープしながら

あなたを傷つけ続けることが

できるからです。

自己愛性人格障害のひとが

あなたを離さないのはこのためです。

 

ですが、もしも

あなたを傷つけることができなかったら

どうなるでしょう?

 

自己愛性人格障害のひとは

自分で自分を認めることができず

苦しんでいるので

あなたが自分を求めることを

見なければ気が済みませんし、

そのあなたが

幸せなところも見たくありません。

 

 

自己愛性人格障害とは

そういうものです。

 

あなたが彼を必死で求め

そして同時に

潰されていくところを見ることで

彼の自尊心は瞬間的に

満足するのです。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとの心の闇は

それでなくなるわけではなく

すぐに次のターゲットが必要になります。

 

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットにならないためには

自己愛性人格障害のひとの

自尊心を満足させることをしないことです。

 

あなたがつぶされるところも

見せてはいけませんし、

傷つくところも見せてはいけません。

 

もちろんあなたが傷つくヒントを

自己愛性人格障害のひとに

与えてもいけませんし、

自己愛性人格障害のひとに

あなたを扱いやすい

と思われてもいけないのです。

自己愛性人格障害のひとから見て

あなたは難しく

強いのか弱いのか

分からなくして

自己愛性人格障害のひとの

攻撃も効かず、

どうやって攻撃すれば

あなたが傷つくのか分からなければ

自己愛性人格障害のひとが

一生懸命、

一人でやっていることに

なってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

そんなことをしていることが

あほらしくなり

あなたを攻撃しても

満足できるか分からないため

あなたを攻撃しなくなるのです。

 

 

あなたを攻撃するくらいなら

もっと傷つく人や

潰されて苦しむ人を

ターゲットにしたほうが

確実に自尊心は満たされていきます。

 

そうすると自己愛性人格障害のひとは

あなたを攻撃することが

あほらしくなるのです。

 

あなたのその強い共感力を隠し、

あなたが無表情で

傷ついているのかいないのか

分からないと

自己愛性人格障害のひとは

攻撃したいとも思わなくなり

平和な人間関係を築くことができるのです。

自己愛性人格障害のひとはあなたの言葉や表情を見なければ、あなたが何を考えているのか分からない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたのしぐさや表情を見なければ

あなたが何を考えているか

分からない、ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害のひとは

表面上は総は見えないのですが、

その自尊心の低さから共感力が

育たなくなってしまった病気です。

 

そのため、人の気持ちを

想像することができません。

 

共感力とは、

人の気持ちを自分のことのように

考えられるものですが、

自己愛性人格障害のひとは

他人がひどい目に遭っていても

かわいそうだなと思うことがありません。

 

その人が悲しんでいるとかは

なんとなく想像できるのですが、

それが自分と同じように

苦しんだり悩んだりするということが

分かりません。

 

分からない、というよりも

人のことはどうでもいいのです。

 

人間誰でも、あまり自分に関係のない人には

たとえひどい目に遭っていたとしても

そうなんだ、と思うだけで

その人の気持ちに入れ込んだりすることが

あまりありません。

 

たとえば、ニュースなどで

交通事故や火事のニュースを見たりしても

かわいそうだなと思うことはあっても

その被害者に入れ込んだり

感情移入して泣く、ということは

ほとんどないと思います。

 

普通のひとでも自分に

あまり関係のない人には同情したりせず、

ただ単にそういう事件があったんだな、

と思うだけです。

ですが普通の人は、

自分の恋人や家族、

友達などがそんな目に遭うと

被害に遭ったその人と

同じような気持ちになり

辛くなったり悲しくなったりすると

思います。

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

たとえ自分の身うちであっても

そのような気持ちになることは

全くありません。

 

 

悲しかったり辛かったりするのは

自分だけなのです。

 

これが、自己愛性人格障害のひとの

共感力のなさでこのことが

とても怖いのです。

 

同情するどころか、

自己愛性人格障害のひとの心の中には

ひとよりも価値がないことにひどく怯えていて

自分のやったで満足することができず、

人が自分より

落ちぶれていくところを見ることでしか

自尊心を保つことができません。

 

ですので、

積極的に他人の心をつぶし、

存在を無価値にしたがり

そしてその人がその人らしくいられないように

圧力をかけて威嚇していきます。

 

自己愛性人格障害のひとが

いったんターゲットだとみなした人には

徹底的に成功することを邪魔して

不幸になるように落とし入れていくのです。

 

 

それでやっとほっとできるので

人をつぶすことをやめようとしません。

いったんターゲットになってしまうと

本当に怖いと思いますが、

自己愛性人格障害のひとは共感力がないため

相手の本当の気持ちを想像することができず、

人の言葉や表情を見なければ

あなたの心情を予測することができないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

その共感力のなさから

その人を読み取ることができないので

自己愛性人格障害のひとが

ターゲットに選ぶ相手は分かりやすいタイプです。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとに

心を引っ張られやすい人なら

コントロールしやすいのです。

 

ですので分かりやすい人は

ターゲットになりやすく

それを避けるためには

自己愛性人格障害のひとに

あなたが何に苦しんで

何を怖がるのか知られないほうが

いいのです。

 

あなたが何を嫌がるのかが分からないと

自己愛性人格障害のひとは

あなたを攻撃する事ができないのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

あなたが強いのか弱いのか

分からないようにして

あなたを攻撃していいのか

判断させないことです。

 

 

あなたが、

自己愛性人格障害のひとの前で

どんな反応をするのか分からなければ、

自己愛性人格障害のひとは

どうしていいのか分からないのです。

 

 

あなたに優しくすればいいのか、

あなたを攻撃していいのか

まったくわからなければ

彼はどうしたらいいのか分からないのです。

 

 

分からないうちは

あなたに好かれようと

あなたに親切にしてきますので

自己愛性人格障害のひととの関係は

良好です。

 

もちろんだからと言って

あなたが

自己愛性人格障害のひとを

攻撃するわけがないので

あなたのほうが

彼が攻撃できないように

コントロールするためには

彼にあなたの弱みを見せないことが

大切なのです。

自己愛性人格障害のひとの演技性について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひと

演技性について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

とても素敵な人が多いと思います。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

とても素敵な人でしたが、

自己愛性人格障害について

分かるようになってからも

いろいろなタイプの

自己愛性人格障害のひとを見てきていますが、

みなさんそれぞれに、何か

素晴らしい魅力を持っているようです。

 

地位の高い仕事についている方も

おみえになりますし、

芸術的な才能を持っている方や

仕事のできる方、知識の高い方や、

母性本能をくすぐるタイプもいるようですし、

女性の気持ちを

とても理解しているように見える

自己愛性人格障害の方もお見えになります。

 

 

人を惹きつけることに

常に全力を注いでいるのです。

理由は2つあって

自己愛性人格障害のひとの心理として

自尊心のあまりの低さから

人に認めてもらえないことに

極端な恐怖を感じていて

それを隠すために必死です。

 

常に尊大な自分を魅せつけることに必死なので

人から見て

自分がどれだけ素敵に見えるかを

必死で考えながら行動していますので

ちょっとしたしぐさや雰囲気など

無意識に演技してしまっています。

 

ですが、常に演技をしているので

演技をしている、

という感覚を持っておらず、

自分はそれで普通だと思っています。

 

 

もう1つは

負けず嫌いで

どうしても人の上に立たねばならず

必死で人の上に立つための

努力をしていますので

その時に自分がしていることを

必死で努力します。

 

だからそのうちに本当に

その道のスペシャリストに

なってしまうケースも

多いのです。

 

中には魅力がない、とか中身がない、

と言われる自己愛性人格障害のひとも

いますが、

そういったかたは

そんなに努力をしなくても

人を引き付ける魅力を

もともと持っており

たいした努力もせず

自分の思い通りになっている

自己愛性人格障害のひとは

特別な能力を持っていないかもしれません。

自己愛性人格障害と並んで

演技性人格障害というものがありますが、

特に違いはなく、

精神科医の名前の付け方が

いろいろあるだけだと

Tiaraは考えています。

 

問題は、どのような病名が付くかではなく、

こういった人がどういった症状で

どのように付き合っていけばいいか

という点です。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

嘘をよくつく、と言われていますが、

本人の中には

嘘をついている意識は

あまりなく、

常日頃から、人から良く思われることに

全力を注いでいますので

尊大にふるまったり、人懐っこくしたり

華やかにふるまうことに

慣れていますので

もともとが本当の自分、

というものが分からないのです。

 

その場その場で常に人から

良く思われるために動いていますので

都合が悪くなると

いうことが180度変わる、

ということもよくあります。

 

 

被害者はそうとうなショックを受けますが、

自己愛性人格障害のひとも

自分が良く思われるために

自分が悪く思われないために必死なので

人のことを考えている余裕がないのです。

 

見た目には尊大にふるまっているので

大変分かりにくいですが、

本当は、人から無価値だと言われることに

極端に怯えているのは

自己愛性人格障害のひとのほうなのです。

自己愛性人格障害のひとは行動は普通の人と同じに見えても感情の出所が違う

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

行動は

普通の人と同じに見えても

感情の出所が違う

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

普通の人の感覚から見ると

何もおかしくありません。

 

被害に遭わなければ、その人が

自己愛性人格障害だと

気付かない場合も多いでしょう。

 

普通のひとでもすべての人が

いつでも優しく、

ひどいことをしない、

というわけではなく、

ひどいことをするときも

浮気をするときも

意味もなく無視をするということも

あると思います。

 

ですが、普通の人は

自分が

そんな態度をとってしまったことを

ちゃんと自分で分かったうえで

しているのです。

 

たとえば、感情的になってしまったり

外で嫌なことがあったときに

期限の悪さを外では出さずに

彼女に八つ当たりすることも

あるでしょう。

 

被害者になった人も

そういった普通の人と

同じような感情で

自己愛性人格障害のひとを

見ているので

たとえば会った瞬間から

あなたが何もしていなくても

彼の機嫌が悪かったり

無視をしていたりしても

きっと会社で嫌なことでも

あったんだろう、と思い、

見逃してしまうはずです。

 

 

ですが、普通の人は

本当に彼女に腹を立てたり

彼女を悲しませたり

したいわけではなく

本当に会社であった嫌なことを

忘れることができず、

彼女に嫌な態度を

出してしまったことを

分かっているのです。

その時は機嫌が悪いので

普通の態度をとれなかったとしても

後から気分が落ち着いてきて

冷静になってくると

ああ、悪いことしたな、と

反省したりするでしょう。

 

後からあなたに

「この前はごめんね。」と

謝ってくることもあれば

謝ってこないこともあります。

 

ですが、きちんと自分の中では

あなたに悪いことをしたな、

とわかっているのです。

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

自分が機嫌が悪くなるような

出来事があったとしたなら

早くあなたに会って

あなたに嫌がらせをすることで

少しすっきりしたりします。

 

あなたの悲しそうな顔を見ると

自分のほうが上だと

ほっとするのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとも

「この前はごめんね。」

ということもあるのですが、

それは、あなたに悪いことをしたな、

と思う反省の気持ちから

言っているわけではなく

とりあえず謝っておけば

あなたが許してくれるだろうと思って

謝っているのです。

 

彼が謝ったということは

あなたが許すことが前提で

どんなに悪いことをしたとしても

あなたは許さなければ

ならないのです。

 

あれ?

こないだ謝ったからもういいでしょ?

という感じです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

自分の本当の気持ちを話すわけがなく

心の中で思っているだけなので

分かるわけがないのです。

 

でも、反省していたり

あなたのことを思っていたら

こんなことをするわけがない、

と思うようなことを繰り返すので

被害者には

彼が本当の気持ちが

分かってくると思います。

 

それはそのうちに

確信に変わりますので

自己愛性人格障害のひとと

しばらくいたら

時間に個人差はかなりありますが、

必ず彼がおかしいと

気付くときが来るのです。