自己愛性人格障害のひとから見て分かりやすい人たち

こんばんは♡

今日はTiaraコミュニティの

交流会の開催日でした。

 

今回も話しが大いに盛り上がり

不可解な自己愛性人格障害の

出来事について

疑問をお持ちになられた方のお話を

いろいろお聞きしていました。

 

ほかの方も同じような経験をしていることで

自己愛性人格障害について

納得しておられましたので

大変良かったと思います。

 

少しでも納得することができれば

自分の感覚を信じることが

できるようになりますので

安心して前に進むことが

できるようになります。

彼へのこだわりが

なくなることで楽になれればと思います。

 

みなさまの明るい未来を

お祈りいたします。

今日は、人に好かれていないと

不安になる人たちについて

お話ししたいと思います。

 

最近Tiaraの周りの人を見ていますと

感じることは

人に好かれていないと

不安になる人の存在に気づきます。

 

これは、普通の人の中にも

多くみられることなのですが、

たとえば会話が盛り上がっているときに

自分に会話がふられないことに

不安を感じたり、

何とか自分も会話の中に入ろうと

様子をうかがっている人にも気づきます。

 

これは、自己愛性人格障害ではなく

周りに溶け込んでいないと

不安を抱えてるようなのですが

Tiaraは自己愛性人格障害の問題を知ってから

会話に入れなくてもいい、

と思えるようになりました。

 

これはコミニュケーション能力が

高いわけではないのですが

常に人と

平和な人間関係を築きたい人の中にも

おみえになります。

 

こういう人は、

自己愛性人格障害のひとから見たら

非常にやりやすいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとが

優しく声をかければ

すぐになついてくると思いますし、

突き放したり冷たくすれば

すぐに不安になることが

もうすでに見えますので

とても危険です。

 

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットになりやすいのではないかと

思います。

かといってこの人が共依存というほど

共感力が強いわけでもなく

ただ周りの人と仲良くやりたいだけなのですが

この気持ちがばれてしまっていることが

非常に危険なのです。

 

めちゃくちゃ顔に出やすくて

分かりやすいのです。

 

どちらかというと

いい人の部類です。

 

以前のTiaraでしたらこういう人に

好意しか持たなかったのですが、

今は

それだと危ないよ、と感じてしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

本当によく見ています。

 

会話には入れるときは入ればいいし

入れないときは別に無理に入ろうとしなくても

いいのです。

 

もし入れないとしても

それは仕方のないことで

すべての人がすべての会話に

入れるわけではないのです。

 

 

こんな当たり前のことですが

人と常にうまくやっていきたい人というのは

一生懸命入ろうとしてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

人が望むことは無意識のうちに

潰してしまう特徴を持ちますし、

人が嫌がることは徹底的に

やろうとする特徴を持ちます。

 

やめてと言ってもやめられるわけがなく

自己愛性人格障害のひとにも

自分の行動を止めることができないので

自己愛性人格障害のひとには

やめてほしいことも望むことも

知られてはいけないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに

やめてほしい出来事があれば

それを自己愛性人格障害のひとに

知られなければすむことです。

 

自己愛性人格障害のひとは

共感力がありませんので

あなたの表情を見たり

あなたが口で言わなければ

あなたが何を嫌がり何を望むのか

分かりません。

 

 

だから自己愛性人格障害のひとに

やめてほしいことも望むことも

知られなければいいのです。

 

たったこれだけのことを

心がけることで

自己愛性人格障害の被害を

未然に防ぐことができます。

 

自己愛性人格障害のひとが

一番やりやすい人は

分かりやすい人なのです。

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自分を安っぽく扱ってはいけない

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

自分を安っぽく扱ってはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人の特徴に

とてもやさしすぎる、

というものがあります。

 

これは、本人も周りの人も

気づかないことが多いのですが

優しすぎるがために

相手に気を使っていることを

分からせないようにして

自分を捨ててまでも

相手を気持ちよくさせようと

しすぎています。

 

 

それってTiaraは

とても素晴らしいことで

素敵なことだと思うのですが、

残念ながら、

周りの人に気を使っていることすら

分からないように気を使っているため

周りの人から気づいてもらえません。

 

そして、

そんなあなたが気を使いすぎているほど

相手のことを思いやっているのに

その周りの人から

ぞんざいに扱われる、ということが

起きやすいです。

 

これは、相手が普通のひとでも

そうだと思うのですが、

相手がもし、

自己愛性人格障害のひとだったとしたら

大変なことになります。

 

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたの優しすぎるほど

優しいところが

とても大好きです。

 

だってとても都合よく使えるし

自分にとって絶対に信頼できる相手だし

いらなくなったら

簡単に悪者にすることができて

しかもそれでも何も言わない

と踏んでいるからです。

 

そして、もし少しでも

自分の読みと違うところが

あなたにあったとしても

とてもコントロールしやすいです。

 

自己愛性人格障害のひとの

素晴らしいところを見せれば

あなたは簡単に彼を信用しますし

喜んでなつき、

彼に寄り添おうとします。

 

そんな女の子がモテる、と

書いてある記事をとてもよく見かけます。

たしかに優しくて従順な女の子を

好きな男の人は多いと思います。

 

ですが、あなたばかりが寄り添っていて

彼があなたに寄り添っていないことに

気づいていますか?

 

 

あなたには他人を思いやる力はあっても

自分を思いやる力がありません。

 

自分を大切にしていないと

後から

大変なことになるのです。

 

もう少し、自分の気持ちに

耳を傾けてみてください。

 

あなたにも魅力はあるはずです。

 

そこに気づいて自信を持っていますか?

 

あなたの大切なものを否定するような人と

ずっと一緒にいてはいけません。

 

あなたの大切なものを否定するような人は

あなたのことを

切にしていません。

 

あなたとの約束を

大事にしてくれていますか?

 

あなたの気持ちを

大事にしてくれていますか?

 

あなたをあなたの友達や家族を

大切にしてくれていますか?

 

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はとてもやさしい言葉をくれます。

 

ですが、それに現実が

ともなっているでしょうか?

 

自己愛性人格障害のひとの特徴に

初めはとても素晴らしい経験をくれますが

だんだんとそれが

いつの間にかなくなっていく

という特徴を持ちます。

 

そしてそれは年単位という

膨大に長い時間をかけて

行われます。

 

たしかに普通のひとでも

初めのころはいろいろなところに

連れて行ってくれたり

美味しいものを食べに

連れて行ってくれたりするでしょう。

でもそれが付き合い共に

だんだんとめんどくさくなり

プレゼントの質が落ちていったり

お出かけする回数が減ったり

することも大いにあると思います。

 

ですが、あなたに何かあったりすれば

飛んできたり

あなたに対する愛情は

変わらずある、と感じる出来事があるはずです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

何かが違うのです。

 

それは、人に話しても

分かってもらいにくいことでも

あなたなら分かると思います。

 

 

何かがおかしい、と。。。

 

Tiaraには年頃の息子が二人いましたが

彼らのことを考えるよりも

自己愛性人格障害の彼に振り回されていて

彼のことで悩む時間がとても多かったです。

 

自己愛性人格障害の彼は

2人の息子ととても仲良くしてくれましたが、

彼らのいないところで

彼らのことをバカにすることもありましたが

Tiaraがそれを許しませんでした。

 

Tiaraのために一緒に家を出てきてくれて

Tiaraを支えてくれてた息子のことを

冗談でもバカにすることは

Tiaraには我慢できなかったのです。

 

彼はそのことにすぐに気が付いて

彼らのことをバカにすることは

2,3回でなくなりました。

 

ですが、Tiaraのことで困っている

ということを

息子たちに言っていたことが

あったようです。

 

息子たちもTiaraに対する愛情が

大きいと思いますので

Tiaraをバカにするようなことは許しませんが、

Tiaraとうまくやっていきたいのに

Tiaraの考え方などで困っている

といえば

Tiaraと彼に

うまくやっていってほしい子供たちとしては

真剣に彼の話を聞いていたことでしょう。

これ以上彼といたら

いずれは

子供たちのTiaraへの信用は

なくなっていたのかもしれません。

 

Tiaraのためを思っている人が

子供たちとの仲を壊すようなことをするはずが

ありません。

 

 

それでもTiaraは彼を信用していましたので

彼のことを子供たちに悪く言う事は

ありませんでした。

 

もちろんTiaraも彼と子供たちに

仲良くなってほしいから

していたことです。

 

ですが、このことで余計に

原因がTiaraのほうにある、

と子供たちに誤解されていたことも

あったと思われます。

 

ただ、いくら口がうまくても

ずっと一緒にいたTiaraの愛情が

彼の言葉でごまかされることは

ないので、

彼にはそこまではできなかったのでしょう。

 

あなたの相手への思いやりが強すぎると

あなたをかばっていない彼の言葉が

信用されてしまうことは

多々あります。

 

きちんと真実を見て

自分を守ることをしなくてはいけません。

 

 

あなたの愛情は

まず自分に向けてください。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分への思いやりが足りません。

 

普通の人にこんなことを言ったら

あなたは自分のことしか考えていない人間に

見えると思いますが、

Tiaraは、あなたが自分のことを差し置いて

周りの人のことを考える人だと

知っていますので

あなたに自分を一番に

大切にしてもらいたいのです。

 

 

自分を大切にしない人は

周りからの信用を失います。

 

 

まずは、あなたが

あなたを信じてあげることが

大切なのです。

自己愛性人格障害の被害者は周りの目に惑わされてはいけない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

周りの目に惑わされてはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼は

怖い人だと思われていることが

多いのですが、

決して怖い人ではありません。

 

一緒にいるときは

普通のひとよりもとても穏やかで

男らしいところもありますが、

むしろ女子力の高い

細かい気配りのできる、繊細で

中性的な男性でした。

 

ですが、

Tiaraが付き合った男の人の中では

ダントツで頭がよく

頼りがいがあります。

 

彼についていけば大丈夫、

という絶対的な安心感がありました。

 

自己愛性人格障害だと

分かるまでは。。。

 

彼がいるだけで、

一緒にいないときまでも

彼に思われていることで

Tiaraは大丈夫、と思える

絶対的な安心感がありました。

 

今まで付き合っていた

自己愛性人格障害ではない、

普通の彼とは

ここまでの安心感はありませんでしたが

自己愛性人格障害の彼は

とても強く、

なんでもこなす頭のキレと

判断力を持っていましたので

彼といることで

Tiaraの中に自信のようなものが

あふれていました。

 

今のTiaraに自信があるのも

結局は人の人生を乱して

職場も無くし、

すべてを壊してしまう

自己愛性人格障害の彼のおかげでした。

 

彼はTiaraを何度も捨てようとして

傷つけましたが、

結局のところ

Tiaraに残ったものは

1人でいられる自信でした。

 

 

周りの人たちの批評や判断が

まやかしのものだったと

気付かされる出来事でもありました。

そして、彼さえいれば

大丈夫と

彼に対する絶対的自信を信じて

Tiaraの心が安定していたのは事実です。

 

ですが、その彼が

実は幻で

いつかはTiaraから離れてしまう存在で

そこには何もなかったかのようにされてしまう、

もしくはののしられ、

罪をすべてTiaraに擦り付けられて

Tiaraから大切なものすべてを奪われると知ったら

怖くて彼と一緒にいることは

できなくなったのです。

 

 

自己愛性人格障害とは

どうしてもそばにいる人を

徹底的につぶしても

つぶしきっても限度の分からない病気で

彼の心は安定しません。

 

彼自身もどれだけ人をつぶし続けても

自分に自信が持てない

見せかけだけで作られた心のない

人間だったのです。

 

ですが、その恐怖から

努力を惜しまない自己愛性人格障害の人は

実力をどんどんつけていっている場合も

多くあります。

 

ですが、それでも自分に自信の持てない

自尊心の恐ろしくない

その恐怖と常に戦っている病気なのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

本当に辛く苦しいことは

よくわかりました。

 

ですが、だからと言って

人をつぶして傷つけて

いいわけがないのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

潰されたターゲットたちは

本当にみじめな存在になります。

 

その原因が

自己愛性人格障害のひとに寄り添ったり

思いやったり、愛していたり

従順だったり素直だったりすることから

来るのです。

 

こんなにひどい話はありません。

 

それにその話を

周りの人に分かってもらおうとすれば

被害者のほうが変にみられることは

いろいろな人と話してみて

確信しています。

 

 

だから助けを求めることも

できないのです。

 

Tiaraはこの事実を被害者の人にだけ

広めて分かってもらい

自分に自信をつけて

周りの人間に惑わされないで

生きてほしいのです。

 

そして、難しいかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとを

恨むことなく、同情することもなく

未練を持つこともなく

そっと離れてほしいのです。

 

それには、自己愛性人格障害特徴をよく知って

その病気ではない人を誤解しないように

事実だけを見る目を養ってほしいのです。

 

 

これだけ増えた自己愛性人格障害ですが

それでもまだ

普通の人のほうが数は多いはずです。

 

 

普通のひととの関係を築くにも

難しいことはいっぱいあると思います。

 

 

ですが、理不尽な被害を受け続けて

その場にいられなくなるような

すべてを失うような

みじめな生き方だけはしないでほしいのです。

自己愛性人格障害の見分け方

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

どんな行動にも

自己愛性人格障害の特徴が出る、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の特徴について

知ってくると

少しその人と付き合っているだけで

すぐに自己愛性人格障害だと

分かるようになるのですが

どれだけ隠しても

その行動すべてに

普通のひととは違う要素が含まれています。

 

 

自己愛性人格障害のひとでも

その程度は人それぞれで

本当に強くその特徴が出てしまっている人と

まだそんなにも出ていない人が

いますし、

人それぞれ個性や性格も違います。

 

 

なので、

自己愛性人格障害のひとが

二人いた場合、

Tiaraにはその二人に共通する要素が

見えるのですが

普通のひとからは

「あの二人が同じには見えない。」

と言われたことがあります。

 

もちろん、

年齢や見た目も性格も違うので

全然違う人には間違いがないのですが

自己愛性人格障害の特徴だけが

2人ともぴったりと

当てはまっています。

 

性格が強めで言葉もきつい

自己愛性人格障害の人もいますし

穏やかで柔らかく

でも人を傷つけるところだけは

きっちり攻撃してくるタイプの人も

みえます。

性格がきつくて言葉が強いほうが

自己愛性人格障害でなくても

拒否反応を起こす人もいるので

近づいてくる人も

少ないのですが、

その分、用心して普段は

なるべく出さないように気を付けていたり

逆に声をかけるときは

優しくいい人に見えるように

細心の注意を払っていることもあり

仕事などで有能なところを見せつけ

ある程度の地位についていたりはします。

 

一方、

穏やかで柔らかく見えるタイプの

自己愛性人格障害のひとは

強く特徴が出ている人よりは

分かりにくいのですが

恋愛など、女性を口説く話術に長けていて

その人が心を許し始めた頃から

少しづつ離れられないように

調教していき、結婚すると

豹変するタイプの人もいます。

 

結婚するまでいっさい

自己愛性人格障害の特徴を

出さないタイプの人もお見えになりますから

注意が必要です。

 

 

あなたに

きつい言葉をかけてこないにしても

他人に対して異常に厳しかったり

部下を怒鳴り散らしたり、

ネチネチと長い説教を続け

なかなか離してくれないタイプの人は

まず、自己愛性人格障害とみて

間違いないでしょう。

 

後、本当に数は少ないと思いますが、

過去に何度も失敗をしてきているので

関係性が壊れることを恐れて

恋人や奥様には怒りを一切出さないために

ため込んで外の部下や後輩などに

ぶつけていて家庭では

一切出さないようにしているタイプの人も

みえるようですが

これでは外での人間関係を

壊してしまう可能性があります。

 

それにこういったタイプのひとでも

外でぶつける人が全員逃げた場合、

結局は残った

自分から離れていかない人物である

奥様や恋人に最終的に出してしまう

自己愛性人格障害のひともいるようです。

 

後まれに

女性の自己愛性人格障害のひとで

好き放題していても

旦那様が何も言えない状態に

されていってしまい、

旦那様の稼いできたお金を

自由に使い放題使っている方は

旦那様が利用価値があるので

離婚しないで一緒にいるケースもありますが、

旦那様のほうは

確実に神経をすり減らしてくでしょう。

 

男性の場合はまず無理だと思います。

 

そして奥様が専業主婦だったりして

旦那様から離れることができず

言うなりになっている場合は

別れずにずっと一緒にいる場合がありますが

奥様の精神状態は

確実にひどくなっていくでしょう。

自己愛性人格障害のひとは自分のしたことを人のせいにしてとことん逃げる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分のしたことを被害者のせいにして

最後までとことん逃げる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

自己愛性人格障害とは

自分には価値がないと

心の底では思っていて

あまりの自尊心のなさから

極端に不安になり

どうしても自分の周りに悪者を作ってしまい

それよりはましだと

常にしている病気なので

それを信じてしまった周りの人からは

じこあいせいじんかくしょうがいのひとが

作った悪者にされた人のほうに

注目が集まっているので

自己愛性人格障害のひとがしている

細かい細工には

なかなか気づくことができません。

 

 

この悪者にされてしまう人が

いわゆるターゲットと

呼ばれる人たちなのですが、

自己愛性人格障害のひとの周りに

本当に周りから

もともと嫌われている人がいる場合や、

本当にひどい人がいる場合はいいのですが、

(普通のひとから見ればいい訳はないのですが)

もし悪者になる人がいなければ

わざわざ作り出します。

 

誰かが悪者になれば

それは嘘でもこじつけでも

どうでもいいことで

その人がどうなろうと

自己愛性人格障害のひとには

本当に関係がない、と思い込みます。

 

普通のひとはそんなひどいことは

到底できないのですが、

自己愛性人格障害のひとは

共感力が全くないので

お構いなしなのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分がそんなことをしていると

ばれることに怯えていますので

なんでも自分のせいだと思い込みやすい人や

優しい人、気の弱い人をターゲットにします。

そのほうが自己愛性人格障害のひとに

怒ってくることがないと

無意識のうちに安心してそういう人を

狙ってしまいます。

 

そしてそういった被害者が

世の中には

本当にたくさんいて

そういう人たちは自分が知らないうちに

嫌われていたり、

誤解されていたり、

会社やコミュニティにいられなくなってしまい、

いつも居場所を追いやられているのです。

 

仕事を転々とする人の中に

こういった被害者がいても

おかしくはありません。

 

そしてこの被害者になるような人たちは

自己愛性人格障害に人の部下だったり

後輩だったり、友達や恋人、

奥さんであったりすることも多いのです。

 

つまり自己愛性人格障害のひとは

自分に最も近い人物や

自分のことを愛してくれる人や

信頼してくれる人も

平気でターゲットにします。

 

むしろそういった人のほうが

自己愛性人格障害のひとの事を

裏切ることが

非常に少ないからなのです。

 

これは、はた目にはほとんど分かりませんが

残忍極まりないです。

 

 

でも、自己愛性人格障害のひとは

その事実を知ると

自分がひどいことをしていると

認めなければならないので

そんなことはしていないと思い込みます。

そうすることで、自分がしたことの

罪から逃れようようとしているのです。

 

だから自己愛性い人格障害のひとは

とても印象が柔らかく

あまりにも理不尽な思いを

たくさんしている被害者のほうが

攻撃的なっていることも

よくあることですが、

Tiaraには本当は

どっちがひどいことをしているのか

とてもよくわかります。

 

今でもTiaraの周りに

自己愛性人格障害のひとはいっぱいいますが

その人が誰かを

しつこくくどくど怒っているときも

その怒り方と言っている内容から

本当にその人が悪くて怒られているのか

自己愛性人格障害のひとが

自分の感情をぶつけるために怒っているのか

とてもよくわかります。

 

 

Tiaraは彼のしていることや

言っていることがおかしいと感じ始めたとき

素直に彼に自分の気持ちを

打ち明けたことがあります。

 

何もしていないのに

突然無視をしたような形になったり

急に無口になったり機

嫌が悪くなったりして

怖いと感じることがあると。。

 

 

一緒に帰ろうと言っていたのに

突然先に帰ってしまって

心臓が止まりそうになることがあり

「あれ?怒ってるのかな?」

とか「何かしたのかな?」と思ってしまうことがあると。

 

 

すると彼はこういいました。

 

「俺も同じことを

Tiaraに感じたことがあるよ。

Tiaraはそんなつもりもないと

分かるから何も言わなかったけどね。。。」

 

そうなんだ。Tiaraも

誤解されるような行動を

とっちゃってたんだね。。

と思っていました。

 

 

そして彼だけが

そう見えるんじゃない、

Tiaraだってそう見えることがあるんだ、と

彼だけが特別じゃなく

誰にでもあることなんだ。。

 

と思っていたのですが

今、考えたら

Tiaraはかなりわかりやすいほうですし

どちらかというと

なんでも口にするので

そんな風に誤解を受けることも

今まで1度もありません。

 

これは、彼が

自分はおかしくないんだよ、

俺だってそんなつもりもないのに

Tiaraから見ると無視してるように

見えちゃうこともあるんだ、

というまやかしでした。

 

 

そしてほかにも

自己愛性人格障害のひとに限って

長時間の説教をした後に

ほかのひとにはむしろ柔らかすぎるほど

柔らかくいい人で接しているので

被害者の人が悪く見えてしまったり

自己愛性人格障害のひとは

怒っていたけど、あれはあの子が悪くて

仕方がないから

(もしくは、よっぽどのことがあったから)

怒ったんだ、ととらえられることが

多いのです。

 

分かんない人は

本当に信じちゃうと思います。

 

そうやって人のせいにして

自分は悪くない、

と相手に思われるような状況を

作り出して人のせいにして

ごまかしているのです。

 

ですが、Tiaraはそれもおかしい、

と見抜くことができるので

自己愛性人格障害のひとがとても

おかしく見えます。

 

世間の人は騙されやすく

自己愛性人格障害のひとが正しい、

と思っている人も

限りなく多いのです。

 

本当のことを見抜けなければ

本当に危険ですし、

いつの間にか

ターゲットになってしまうことも多いです。

 

どうか

自己愛性人格障害の病気の症状の

知識をつけて

自己愛性人格障害のひととは

ある程度距離を保って付き合うことが

あなたがターゲットにならない

唯一の方法なのです。

 

そして、あなたのプライベートな情報は

一切与えないように

気を付けてください。

自己愛性人格障害のひとは時々自分のしていることを自覚することがある

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分でも自覚するときがある、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がひどいことをしていることを

自覚できない病気、

と言われていますが、

時々、自分が自己愛性人格障害だと

自覚している人から

メッセージをもらうことがあります。

 

やはり、過去に

自分が起こしてしまった事件から

どうしてこんな風になるのかと

疑問をいだき、調べたことから、

被害者が自己愛性人格障害に気づいた時と

同じように

自分がしてきたことが

自己愛性人格障害のひとの行動だと

自覚し、そしてそんな自分に

不安をいだいていると言います。

 

過去に彼女を

とても傷つけてしまったことがあり

もう戻りたくても戻れない、

という話を聞くこともありますし、

今後、

自分が人を傷つけてしまうことがあると

怖いと将来に対して

不安をいだいている自己愛性人格障害のひとも

お見えになります。

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

別れてから一度だけ

Tiaraの前に姿を現したことがあり

Tiaraも懐かしい愛しい彼に

思わず近づいてしまいそうになりましたが

自己愛性人格障害のひとは

自分が生きていけないくらいに

追いやられてしまう

怖い病気なんだと思いだし、

すぐに彼に背中を向けて

歩き出しました。

 

しばらく行ってから

振り向いたらもういなかったのですが

間違いなくあれは彼でした。

 

彼も、Tiaraが彼を

じっと見つめてしまったことからひどく動揺し

今まで見たことがないほど

小さくびくついておどおどして

Tiaraに近づけない彼がいました。

彼自身もどうなるか分からないまま

来たのだと思います。

 

Tiaraの態度次第では

彼は話せたかもしれませんが、

Tiaraが彼を

受け付けない雰囲気が出ていたので

近づけなかったんだと思います。

 

自分の本当の気持ちを言いたかったのか、

それとも脅せるならすべてTiaraのせいにして

叩きのめすつもりで来たのか

それとも謝りたくて来たのか

まったくわかりません。

 

 

彼もおそらく自分でもどうしていいか

分からなかったのだと思います。

 

5年間も家族も交えて

深い付き合いをしてきたとは

とても思えないほど

急激に彼が変化し、

またそのあと恐ろしいほどの

しがみつき行為の後

2度とTiaraには近づけない状態になり

お互いに連絡を取ってはいけない状態のまま

別れることになってしまったので

怖い思いもそんなにせずに

離れることができたのと同時に

いっさい口も利くことも

できなくなってしまいました。

 

 

彼が何を思い、今どうしているのかは

まったくわかりませんが、

おそらく1人でいると思われます。

彼もかなり自分の状態には

気づいていたので

「こんなんだったら1人のほうが

ずっとましだよ!」

と言っていたように

本当に1人でいるのではないかと思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

惹きつけ行為と尊大なふるまいを

どうしてもしてしまうので

そういった行動をしているうちに

恋愛関係に発展することも

大いに考えられますのでひょっとしたら

誰か恋人がいるのかもしれません。

 

 

Tiaraも別れて2年たったので

ようやく恋人がほしいなと

最近やっと思えるようになってきたなと

自分でも気づいているので

ひょっとしたら彼も

そんな風に思い始めているのかもしれません。

 

ですが、Tiaraは

彼の存在が強烈すぎたので

なかなかほかの人のことを好きになれるか、

までは分かりません。

 

Tiaraとのことは

かなりの事件になっていますので

彼も嫌でも考えたと思いますし、

Tiaraも

自己愛性人格障害に気づくことができましたし、

自分が今まで信じてきた世界が

絶対ではないことも知りましたし、

誰にでも同じように自分をみせることが

いかに危険か

ということもとてもよくわかりました。

 

今まで長い間生きてきて

Tiaraがこんなにも変わったのは初めてです。

 

今までも

いろいろな事件を乗り越えてきていますが

Tiaraの見てきた愛が幻だったことは

なににも代えがたいショックです。

 

自分の愛する彼が、

自分を一番に大事にしてくれていると感じていた彼が

Tiaraの立場をどん底までおとしめるようなことをしていた

と知ったことは、大変なショックです。

 

ですから、良くも悪くも

自分をあまり出さなくなりました。

 

誤解をされることも増えたと思いますが、

攻撃もされにくいと思います。

 

むかしのTiaraのほうが

周りのだれからも好かれたかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとに狙われて

生きていけないほどおとしめられることを

何度も何度も経験していた、

と思うことは相当なショックです。

 

でも、そのおかげでとても慎重になりましたし、

何より自己愛性人格障害のひとに

攻撃されたとしても

Tiaraが悪いわけではなく、

自己愛性人格障害のひとの心理がそうなっているのだと

理解することによって

ショックが少ないですし、

自分のためにいろいろなことをすることに

全力を注げるようになりました。

 

 

こじつけの嫌がらせに

傷つくこともなくなりましたし、

周りの人に惑わされず、

いつも自分を持って堂々としていられます。

 

自己愛性人格障害のひとに

魅せられて夢中になり

第二の幸せを見つけることができたと

見せかけだけの幸せにいつも

心を落ち着けていられたのも

自己愛性人格障害の彼と出会ったからです。

 

 

もう2度と会いたくはありませんが、

彼からもらった贈り物は

結局は生きていく知恵だったのです。

 

彼は一生懸命Tiaraを

みじめな存在にするために

惹きつけて夢中にさせ

TiaraとTiaraの子供たちを

幸せな気持ちにさせ、

彼に依存するようになってから

Tiaraが悪いからと何もないところに煙を立て

責め立てて、捨てることで

彼の自尊心を保とうとしたのかも

しれませんが

結局はそれは

することはできませんでした。

 

なぜこんなことをするんだろうと

強烈に興味をひかれたことから

いろいろな原因が分かるようになり

結局はTiaraの生きていく知恵になったのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

歳と共に

どんどんひどくなっていくと言われていますが、

被害者のほうは

自己愛性人格障害を知ることで

自分を成長させることができますし、

自分を思いだすことができ成長できます。

 

いつまでも悲しんでばかりいないで

自分を成長させる糧にしてください。

 

被害者には進化が見られますが、

自己愛性人格障害のひとは

進化をすることはなく、

いつまでも手の中の情報に

踊らされているだけなのです。

 

周りと自分の関係をよく見て

成長することが

自己愛性人格障害の被害に遭われた方が

 

楽になるヒントは

自己愛性人格障害の彼との生活の中に

いっぱい詰まっているのです。

自己愛性人格障害の彼は愛する人を徹底的に置いていくことに必死である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

愛する人を置いていくことに必死である

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

あなたがもし

あなたの彼が

自己愛性人格障害かもしれないと

うたがっているとしたら

あなたは幾度も

彼からおいていかれるということを

されていると思います。

 

たとえば、突然の別れ話だったり、

約束を破られる、ということも

ドタキャンも日常茶飯事でしょう。

 

 

細かいことを言うのなら

たとえば一緒にショッピングをしているときでも

突然彼がいなくなったり

前々から楽しみにしていた

約束していたはずのデートに

あなた以外の用事で

彼がすっ飛んでいってしまう、

といったこともあるかもしれません。

 

あなたは幾度となく理不尽な思いをしたり

みじめな気持ちになったりしたことでしょう。

 

それでもそれを彼に問いただすことができる人

というのは

自己愛性人格障害の被害者の中では

非常に少ないかもしれません。

知らない間に

あなたは彼に自分の気持ちや

わがままを言えなくなっているのかも

しれません。

 

ですから

自己愛性人格障害のひとと

付き合っている人の中には

彼を本気で怒らせるほどのわがままな人や

自分の意見をはっきり言える人は

少ないかもしれません。

 

 

そしてそんなあなたを

彼は無意識のうちに選び

そしてまたさらに

あなたが好き放題自由に生きられないように

少しづつ躾けられていくのです。

 

そしてそのことに

あなたも彼も気づいているわけではなく

すべては自己愛性人格障害のひとの

無意識のうちに行われていきます。

 

特に恋愛関係では

女の子は彼に服従することで

彼も満足しますし

彼女も彼に尽くしていると思い込んで

彼に依存してしまう人がいがちです。

 

逆の場合は男のひとでも

そうなってしまう人もいるのですが

この関係が

自己愛性人格障害の被害を大きくし

また気づきにくいのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

依存してしまうことは

大変危険なのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころに

ありのままの自分を

受け入れてもらえなかったので

自尊心が非常に低いです

 

そのため、

自分に価値がないと思うことが

尋常でないくらいに辛いので

無意識にそばにいる人を

必ずつぶしていっています。

 

そうしないと不安で不安で

たまらないからなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のそばにいる人が

みじめな思いや理不尽な思い、

とんでもなくいたたまれないほど

ひどい目に遭っているところを

自分の目で見ることでほっとします。

 

 

心の中では

そんなことはしていないと

思い込んでいますが

自己愛性人格障害のひとも

自分では覚えていないくらい昔に

とてもみじめな思いをしているので

無意識にそのことから逃げないと

とんでもなく辛いのです。

ですが、自分の周りに

みじめな思いや辛い思いをしている人を

見ることで

(やった、俺のほうがましだった)

と感じていたり、

ほっとしたり、そのみじめな人よりも

優位に立てたと思っていないと

自分の無価値感で

恐ろしいほど

自信がなくなってしまうのです。

 

そしてそれをやりやすい

彼女や奥様を徹底的に

おいていくことをすることで

周りの人からは

ひどいことをしていると分かりにくい形で

嫌がらせをしています。

 

怒鳴ったり手を出したりする人も

中にはいるようですが

自己愛性人格障害のひとは

自分のことを守ることに必死なので

そういった人は少なく、

できれば自分が悪く見えない形をとって

あなたを精神的に痛めつけるには

フるとか、無視をする、とか

あなたが悪いことにして責め立てる、

などという方法をとりたがるのです。

 

 

それでも

自己愛性人格障害の彼のそばにいて

彼に金銭的や精神的に依存している場合は

彼の言うことを聞こうとしてしまったり

彼と平和な関係を築きたいが

ためにいろんなことを我慢します。

 

だから自己愛性人格障害のひとは

彼女や奥様には

自分のイライラや不満を

ぶつけやすいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の精神状態を保つために

自分のそばに

被害者が必ずいてくれないと

困ります。

 

だからどうしても無意識に

世間から分かりにくい方法をとって

人をつぶしてしまうのです。

 

だからあなたをとことん傷つけるために

何度も何度も小さな置いてきぼりを

徹底的にしまくるのです。

 

 

普通の人と付き合っていても

彼から傷つけられることは

あると思います。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分の精神状態を保つために

あなたを傷つけることを

徹底的にしまくるので

傷つくことも何度も何度も

徹底的にされるということは

あなたの精神状態に

かなりのダメージを与えることができます。

 

ですから自己愛性人格障害のひとと

結婚をして、

離婚などしてはいけない、

どんなに嫌なことがあっても

2人で乗り越えなければならないと

まじめに旦那様からの

ひどいことに耐え続けた奥様は

将来的に体や精神を壊す恐れがあります。

 

 

どんなに小さなことでも

徹底的に繰り返しされるということは

相当なダメージを

食らうことになるのです。

 

あなたの心臓が止まってしまう前に

できるだけ早くこのことに気づいて

少しづつ離れていく

心の準備をしていってください。。

自己愛性人格障害の彼は究極の愛と裏切りを同時に見せる

今日は、自己愛性人格障害の彼は

究極の愛と裏切りを同時に見せる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたを愛していなかったわけでは

ありません。

 

厳密にいうと

それは本物の愛ではないのですが

その時は、

彼自身も

本気であなたを愛している、

と思い込んでいます。

 

それが普通の人の愛と

どこか違うということも知らずに

自分の愛を信じていますが、

それは、本当にあなたを

愛しているということではなく

彼自身が愛されることに必死なのです。

 

そしてあなたからの愛を

必死でほしがる自分の心を

愛だと思い込んでいるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

幼いころから同じことを

繰り返していますので

だんだんと自分が人との関係を

壊してしまうことには

どこかのタイミングで

うっすらと気づいてきます。

 

ですが、物心ついたときから

ほとんど共感力を使わずに

生きてきているはずですので

もともと普通の人が

どんな感覚を持っているのか

基準が分からず、

自分の何が人と違うのか

分からないのです。

 

普通のひとなら

相手の感情を

自分の感情と同じように

感じ取ることができますので

相手が嫌な気持ちになったら

それをずっと続けることはできないですし、

相手がどんなことを嫌がり

相手が喜ぶとどんな感情を持つのか

ある程度は予測することができます。

普通のカップルも

どちらかが、あるいは二人ともが

自己愛性人格障害のカップルと同じように

けんかをしますが、

普通のカップルはトラブルがあるたびに

少しづつ

相手の感情に寄り添うようになり

心が近くなっていったり

理解しあっていったりするのですが、

相手が自己愛性人格障害だった場合、

それが分かりません。

 

なので、関係性は

どんどん良くなるということが起こらず、

一緒にいる時間が長くなれば長くなるほど

ひどくなるのが普通です。

 

あなたが彼に寄り添えば寄り添うほど

彼はあなたを虐待してもいい人物、

ととらえるようになってしまうのです。

 

ようは彼から見て

あなたが安心できる存在に

なりつつあるのですが

それは、同時に

あなたにとっては地獄を見ることになります。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌われることを大変恐れていますので

何をしても許してくれる

優しいあなたになら

ひどいことをしても平気だと

安心できるのです。

 

そしてあなたは

この世で一番大好きな彼から

普通のひとでは

とてもできないほどのひどいことを

自分の彼からされることに

なってしまうのです。

 

しかも、あなたは同時に

自己愛性人格障害のひとから

悪い評判を立てられるようになりますので

あなたが何を話しても

信じてもらえないようになってしまうか、

分かっていても助けるのが怖い、

と思われてしまうような状態に

おちいってしまうのです。

 

そしてその時に

あなたは信頼も実績も

仕事もお金も

友達ももしかしたら肉親も

すべて失ってしまうことになってしまうのです。

 

それでも、

自己愛性人格障害の彼を忘れられない人は

大勢います。

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せつけていなれば

恐怖を感じてしまうほどの不安に

さいなまれていますので

どうしてもあなたに優しくしたり

夢を見させるようなことを言ったり

一生懸命あなたのために

何かしてくれたりするのです。

 

その様子はとてもあなたのことを

嫌いには見えず、

そして、あなたのために

いろいろなことをしてくれるからです。

 

あなたを幸せにすることと

あなたをどん底まで突き落とすことを

同時に、もしくは交互に行いますので

分かりずらく、そして分かったときには

ものすごくショックが大きいからです。

 

まさに天国と地獄を同時に魅せられて

あなたの頭は初めのうちは

とても混乱するでしょう。

 

 

ですが、

あなたの心が危ないことは

前回のことで分かると思います。

 

自己愛性人格障害のひとを

なかなか忘れることができない人が多いのは

このためなのです。

 

でも、そばにいたら危険だということは

よくわかったと思います。

 

彼のことを信じていれば信じているほど

裏切られたときのショックはとても大きいのです。

 

自分の心を守ってどんな彼が良く見えても

辛くても

これ以上あなたが傷つくことになると

あなたの心が壊れてしまうと感じたときは

一緒にいてはいけないことを

理解してください。

意識するだけで自己愛性人格障害の被害を受けない方法

こんばんは♡

Tiaraコミュニティの交流会が

来週まで迫っていますので

駆け込みでお申し込みされる方は

できるだけ早くお申し込みください。

 

定員となった時点で

締め切りますので

よろしくお願いします。

 

さて今日は、

自己愛性人格障害のひとからの

攻撃に遭いやすい人は

普段から意識するだけで

格段に

目を付けられにくくなる方法について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすいひとは

一歩さがって、

自分を環境ごと見てみると

あなたがどんな立場にいるか

わかりやすくなると思います。

 

たとえば、大きな声で笑いながら話す

グループがいたとします。

 

すると、周りの人の様子を見ていると

ほほえましいと感じて

にこやかに見ているひともいれば、

うるさいと感じて

迷惑そうな顔をしている人もいると思います。

 

そしてもっとよく見ていると

楽しそうな雰囲気に

強いイライラを隠すように

押し殺している人もいれば

自分だけ取り残さたような

不安そうな顔をして

何とか仲間に入ろうと

様子をうかがっている人もいます。

こうやって客観的に

少し遠い場所から全体を見てみると

とても面白いです。

 

そしてその時にイライラした感情を

押し殺している人たちの中に

何人かの自己愛性人格障害のひとが

いると思われます。

 

 

人の死淡そうな顔や楽しそうな態度に

自分のほうがみじめな存在だと

極端菜恐怖を感じ

勝手に怒りがこみあげてくるのです。

 

こういった感情に気づくと

怖くて周りの目を気にせずに

大声で笑ったり

騒いだりがやりにくくなります。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

この感覚が鈍い人がとても多いです。

 

気づいた時には

自己愛性人格障害のひとの

恐ろしいほどの嫉妬心の的になっていて

なぜかわからないけど

とことん嫌がらせをされるように

なってしまっていて

自分では何が何だか分からないので

自己愛性人格障害のひとからの攻撃に

恐怖を感じるようになっていくのです。

 

一歩引いたところから

周りの様子と

そこに溶け込む自分たちの様子が

とてもよくわかり

自己愛性人格障害のひとの

神経を逆なでしないように

先回りして行動することが

できるようになります。

 

そして自己愛性人格障害のひとの

目につきにくくなり

ターゲットに入らないのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭わないようになるためには

あなたの気持ちよりもまず

周りとの調和とその人たちの感情を

見逃さないようにしてください。

 

これだけで

自己愛性人格障害のひとの

被害に遭う可能性が

格段に低くなっていくのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

上手く付き合うためには

仲良くなりすぎず、

敵対心も持たず持たれない

少し顔見知り程度の人が

一番穏やかな関係を

築くことができるでしょう。

 

あなたが盛り上がりたいときには

自己愛性人格障害のひとが

周りにいない状態のときのみ

思いっきりはしゃいでくださいね。

 

自己愛性人格障害のひとの

いないところでは

あなたが素のままに

自分を表現していても

なにも、もめ事など起きないのです。

自己愛性人格障害の被害者はもっと周りから見た自分を客観視するとよい

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

被害に遭うような人は

もっと周りから見たときの自分を

意識してみると良い

ということについて

お話ししたいと思います。

 

会社や学校などで

理不尽な目に遭ったとき

とても驚くと思うのですが、

あなたが信じている世界だけが

あるわけではありません。

 

あなたは何もしていないと思うのですが、

自己愛性人格障害の被害に遭うようなひとは

自分の存在を

もっと周りから見て

どのポジションにいるかを意識してみると

冷静になれるし、あなたの気持ちも落ち着き

冷静に対処できると思います。

 

あなたも自己愛性人格障害のひとと

同じで

周りの人から見られたときに

どう思われるかを極端に

気にしていると思います。

 

人間は誰にでも好かれる、ということは

不可能に近く

そんなことは誰でもありえません。

 

必ずあなたも

誰かからは好かれていて

誰かからは嫌われていて

それ以外のひとからは

何とも思われていません。

 

それが普通なのです。

 

もしあなたが、

だれからも好かれるいい子を目指してしまうと

どんなに理不尽な目に遭ってもいいよと

言っているような状態に

おちいってしまうかもしれません。

 

Tiaraは自分自身もそうですが

そんな人を何人も見てきているのです。

 

 

もし、どうしてもそれを望み、

居心地のいい環境に身を置きたいのなら

周りから見た自分を

客観視できるといいのです。

Tiaraの会社にも

数人の自己愛性人格障害のひとが

数名見えますが、

いつも周りの様子を

さりげなく観察しています。

 

あなたの行動が彼の気に触ったり

あなたが彼が羨ましいと

思うものを持っていた場合、

あなたは自己愛性人格障害のひとから

その場にいられないほど

潰されてしまう可能性が

出てきてしまいます。

 

いい子であることも

自己愛性人格障害のひとからすると

攻撃の的となってしまうのです。

 

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

自尊心が恐ろしいほど傷つけられているので

ほかの人が別のひとと仲良くしているだけで

炎のような嫉妬心が燃え上がり

その人をコテンパンに

潰したくなってしまうのです。

 

あなたからしてみれば

何もしていないので

とても驚くと思うのですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が考えられないくらいの出来事で

感情をむき出しにしてしまうほど

怒り狂ってしまうことがあるのです。

 

自己愛性人格障害のひとから見たら

人が笑っている所を見ただけで

強烈にひがみをあらわに

してしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとの前では

ヘタに敵対心をもってもらいたくないので

穏やかに静かにしていることを

心がけています。

 

周りから見た

全体像から浮かないようにすることが

自己愛性人格障害のひとからの

怒りを受けないことにも

つながっているのです。

大きな目で周りから見たときに

あなたの行動が

浮かないようにふるまっていると

自己愛性人格障害のひとは

あなたがどんな人物か分からないので

あなたに攻撃をすることが

できないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても頭がよく、優秀な人物が多いですが、

共感力がないため

感覚的なものは分からなくなっています。

だから目で見て分かりやすいものしか

分からないのです。

 

 

あなたがケタケタ笑っていれば

嬉しそうにしていることは分かり、

自己愛性人格障害のひとは

そこにも怒りの感情を

持ってしまうことがあります。

 

 

でも、あなたの感情が

薄ければ薄いほど

自己愛性人格障害の人には

あなたがどんな感情を

持っているか分からないのです。

 

ただ、あなたもそんな

感情の薄い人間には

なりたくないかもしれませんが、

自己愛性人格障害は病気なので、

本当に注意が必要です。

 

あなたも自己愛性人格障害の被害に

自分が遭いやすいタイプだと

知っているとすれば

やはり注意をするに越したことはありません。

 

 

そして、

自己愛性人格障害のひとのいないところで

本当の自分を出せばいいことなのです。

 

 

普通のひとには

あなたのありのままの姿を見せても

大丈夫ですし、

むしろそのほうが友達もできやすいですし

周りの人のコミュケーションも

取りやすくなります。

 

Tiaraも自己愛対策のし過ぎで

暗い人だと思われてしまったことが

あります。

 

 

全然話してくれない、

と言われていたことが分かり

今ではその人とは普通に話すようになり

すっかりコミニュケーションも

元に戻りました。

 

自己愛対策は、

自己愛性人格障害のひとにだけ

すればいいのですが

いつもやっていると

暗い人だと思われてしまうこともあるので

そこのところはあなたのほうで調節していただき

普通のひととは普通にありのままのあなたで

コミュニケーションをとるようにしてください。