自己愛性人格障害のひとは被害者を孤立させる目的

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

被害者を孤立させて

みじめな気持ちにさせることが狙い、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さに耐えられないので

何とか自分がよく接する人の中に

自分が優位に立てる人物を

作りたがります。

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さを

恥ずかしいと思っているので

普段は完ぺきに隠すために

尊大な自分を演じています。

 

だからとてもそんな風には

見えないのですが

本当は普通のひとよりも

臆病なのです。

この話を普通の人にすると

「そうなの?とてもそんな風に見えない。」

と、言われますが、

本当に自己愛性人格障害の被害に

遭ったことのある人に

「自己愛性人格障害のひとは

とても臆病ですが

臆病に見えるときがありますか?」

と聞くと、たいていの人が

「そうです。」と答えます。

 

普通の人から見たほうが

自己愛性人格障害のひとは

臆病に見えないのかもしれないです。

 

そして、普通の人も被害者も

同じように認める自己愛性人格障害の特徴は

「どうしてあんなにも、

他人のことを見下すんだろう?」

と言います。

 

周りすべての人から見て

自己愛性人格障害のひとは

周りの人のことを見下すようです。

 

自己愛性人格障害の特徴として

いったん周りの人たちに

自分の自己愛的な行動が

ばれてしまうと、

あの時はたまたま、

できの悪い奴がいて

迷惑していたから

俺もあんな態度に出ちゃったんだ、

とばかりに

被害者のことをさも非があるような言い方をして

被害者の悪い評判を広めます。

 

それは、別に被害者のことが嫌いだから

悪い評判を流す、というよりは

臆病だから自分が悪く思われないように

防御線をはっておくつもりで

必死に被害者を悪者にします。

 

だから被害者は

何にもしていないのに

自分の知らない間にものすごく評判を落とされて

その場所で生きていけないくらいに

されていますので

ショックのあまり心臓が張り裂けそうになります。

 

そのほどひどいことをする意味は

被害者が誰かに助けを求めて

それが救われてしまうと

自己愛性人格障害のひとから

容易に逃げていってしまいますし、

自己愛性い人格障害のひとではない人で満足してしまうので

自己愛性人格障害のひとにすがらせることもできませんし、

辛い思いをさせることも難しくなります。

 

 

だから誰も被害者の話を聞かないように

しておかないと不安で仕方ないのです。

 

だから

そこまでひどいことをされている被害者は

世間の人に、ものすごく悪者にされ、

自己愛性人格障害のひとは

そこまでひどいことをしているのに

そうは見えず、同情されたり

受け入れられたりしています。

 

 

これを知ると被害者は

とても理不尽な思いをします。

 

 

あなたが彼に同情心を抱いて

彼のために傷ついていることもされていることも

何もかも言わないでいるのに

自己愛性人格障害のひとは

共感力が全くありませんので

あなたのことをかわいそうだとも

自分が悪いとも思わず、周りから

同情をされて受け入れられています。

 

ですが、ターゲットであるあなたが

いなくなると

平和な世界が待っているわけでもなく

自己愛性人格障害のひとは

そのおなかの中の怒りを誰かにぶつけていないと

気がおさまらないほどの極端な

怒りや自分の価値のなさに苦しんでしまうので

また別の、今、彼のそばにいるターゲットにされても

文句も言えなさそうな気の弱い人や

優しい人や後輩、

気の大きい人や隠してくれそうな恋人のような

安心できる存在を潰して

少しだけ満足をして、

同じようなことを続けながら

生きていくしかできないのです。

 

逃げないあなたはその場所で

生きていけないほどの

類を見ないほど変わった、生きる価値のない

ごみのような存在だと言われ、

本当にその世界では生きていけなくなるのです。

 

もしあなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いた場合は

まず心を離し、物理的にも距離をとったり

会う回数も時間も減らしていきます。

 

そして彼がいなくても

楽しい思いができるほど

あなたの新しいで世界を

作っていってください。

自己愛性人格障害の人との恋は初めが一番ピークの状態から始まり始まる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人との恋は

初めが一番ピークの状態から始まる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

その症状の為、

自分のことを認めてくれる人を

強く求めるので

恋に落ちることはよくあることです。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

付き合いだす前や

付き合いだしたばかりのころは

本当にまめに連絡をくれたり、

毎日のように会いに来てくれたり、

とても素敵なプレゼントを

いただいたりしたと思います。

愛情表現もとても強く

彼からの深い愛に

あなたもどんどん

彼の魅力に惹かれていったと

思います。

 

あなたの周りの人からも

本当にうらやましがられるほど

仲が良く

あなたの信用もどんどん高まっていき

急速に仲は深まっていったでしょう。

 

自己愛性人格障害の人との恋愛は

出会ったばかりのころが

一番ピークに盛り上がっています。

 

あなたが

彼のことを完全に信用して

彼ほど信じられる人はいないと

思いだすころ、

自己愛性人格障害の人は

急に手のひらを返したように

冷たくなったり、

突き放すようなことをしたり、

あなたとはやっていけないと

別れを考えるようになります。

 

 

あなたのほうでは

もう彼とうまくやっていく覚悟が

出来てきたのに

突然の彼の話は

とても納得のいくものではないと

思います。

 

二人の仲は完ぺきで

これ以上ないほどの

幸せな未来が見えかけていたので

どうして彼がそんなことを言い出すのか、

分かりません。

 

それくらい温和で穏やかな

二人なのです。

ですが、

あなたとやっていけなくなったと

言い出す彼に

不安になり、

あなたの思い描いていた未来は

崩れかかるので

あなたはこの幸せをどうやって

彼にわかってもらおうかと

必死になると思います。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あなたが彼のことを本当に信頼し、

彼とやっていく自信が出来たと

みなしたから

あなたを拒否し始めたのです。

 

 

自己愛性人格障害の人は

あなたがまだ

彼を信用していないうちは

あなたに優しくしたり、

尊大な自分を見せたり、

得意なことを見せたりして

あなたの気持ちを

充分に惹きよせます。

 

自己愛性人格障害の人は

初めのころが

ピークに魅力的なのです。

 

そこから、確実にあなたに

少しづつ嫌がらせをしますが、

突然ころっと変わることは

ありません。

 

たとえば、

あなたが一生懸命作ってくれた料理を

「体調が悪いから食べたくない」

と言ったり

今まであなたに深い愛情をかけていてくれたのに突然、

「どうでもいい。」

といったり

びっくりするようなことがあります。

 

あなたのビックリしたかおを見て

「冗談だよ。」という彼に

ほっと胸をなでおろしたことでしょう。

 

ですがこれは、

自己愛性人格障害の人の試し行為で

嫌なことをした時に

あなたがどれくらい許してくれるか

様子を見ているのです。

 

そして、あなたが許してくれたことに

ほっとして

優しい子だからもっとひどいことをしても

大丈夫、とあなたのことをますます

離さなくなるのです。

 

そして少しづつ

あなたに無視をしたり

仲間同士で遊びに行くときに

あなただけを誘わなかったりします。

 

少し気分は悪くなりますが、

怒るほどのことでもないし、

たまたまかもしれません。

 

それくらいのことを

繰り返し行いながら

ものすごく優しくしたり

結婚の約束をしたり、

あなたを世界一大事にする、

と言ったりするので

ついつい許してしまいがちですが

彼は確実に

あなたの心を傷つけていくのです。

 

それでも本当に愛情をかけた眼差しを

あなたに向けてくるので

あなたは彼を信頼し、

彼に対する愛情は覚めることが

ありません。

 

ですが、それを何度も繰り返されると

あなたは苦しくなってきて

あなたを傷つける彼に

不安になり、分かってもらおうと

好きになってもらおうと

愛情をかけてもらおうと

するのです。

 

そのうちに

あなたの心は

大きな傷をつけられるよりも

かなりのダメージを負い、

苦しくなっていくのです。

 

辛くなって彼に言っても

友達に相談しても

自己愛性人格障害の嫌がらせが

無視、とか置いていく、とかの

細かいことの繰り返しなので

「たまたまじゃない?」とか

「機嫌の悪い日もあるよ。」とか

「そんな細かいこと、

いちいち気にしてたら

相手が疲れちゃうよ?」と

言われて終わりです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分のほうが確実に上にいくために

そして周りのひとから

「あいつはひどいやつだ!」と

言われないように

慎重に、そして確実に

あなたの心を壊していくのです。

 

周りのひとにも分からないやりかたをしているので

あなたにできることはただひとつ、

逃げることです。

 

逃げないと、

永遠に嫌がらせを続けていくので

少しづつ胸がしんどくなって

捨てられることが怖くなり

どんどん相手に

すり寄っていってしまうのです。

自己愛性人格障害の被害に遭った人は、周りの人に認められることを求める

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭った人は

周りの意見に惑わされてはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人は

周りの意見に自分を合わせやすい傾向に

あります。

 

自分の意見に自信が持てないので

周りの人になんでも聞かないと

自分で判断できないという特徴を持ちます。

 

Tiaraは母親に

あまり、可愛がられたという記憶は

ありません。

 

父親からは

可愛がられて育てられているのですが

母親は、Tiaraが幼いころから

Tiaraを否定していつもヒステリックに

怒っていた記憶があります。

 

今でも母親とは

仲が悪いわけではなく、

たまに会うのですが

自己愛性人格障害の存在に気づいてから

極力会う回数を減らしてもらっています。

 

 

初めは怒っていた両親でしたが

最近はなんとなく

自己愛性人格障害というものが分かってきていて

Tiaraが狙われやすい性格に育ってしまったことを

母親のせいだとなんとなくわかっているのか

こちらから声をかけないと

めったに来ることはありません。

 

 

本当は母親はさみしがり屋で

ほっておけばうちに住み着きそうな勢いで

来ていました。

 

ですが、だんだん遠慮するようになり

距離を保つことにより

まあまあいい関係を保っています。

 

母親は自己愛性人格障害ではありませんが、

Tiaraは母親に否定され続け

幼いころから中学校くらいまでは

みじめな思いをして過ごしてきました。

 

中学くらいになると

少し親から離れて

友達との時間のほうが長くなるので

母親の束縛と否定からは少し

逃れるようになり

のびのびと学校生活を送っていました。

 

友達とは普通に過ごしたのですが、

友達のお母さんと比べると

いつもTiaraのお母さんはTiaraを否定していて

頭のいい弟と比べられることも

男の子である弟が母親に可愛がられて

Tiaraとは明らかに差をつけて育てていることに

大変みじめな思いをしていました。

 

そのおかげで自分に自信がないのです。

これはいつも自覚しているわけではなく

Tiaraはもっと

自分に自信のあるほうだと思っていました。

 

口にはしませんが、心の奥底では

母親に否定されていたことに

とても辛い思いをしていたと思います。

 

精一杯努力しても

いつも見下されるのですが、

途中からそんな母親が

特に有能ではないことに気付き始めました。

 

父親のほうがはるかに有能です。

 

おそらく母親はTiaraにだけは勝てるので

Tiaraをつぶして満足する、というよりは

Tiaraをののしることによって

ストレスを発散させていたのだと思います。

 

いじめられていたわけではないのですが

冗談まがいに幼稚園くらいから

ののしられていたことは

立派な虐待なのでは?と

最近思うようになりました。

 

特に悪いことをした覚えはないのですが

いつも「この子は、この子は」と

うっとうしそうに

言われていた記憶しかありません。

 

いつも悔しい思いをして

自分の部屋で泣いていました。

 

 

その代わりかわいそうだといって

父親には相当可愛がられていたのですが

そのことにも母親はTiaraにすごくやきもちを妬いて

何か理由をつけては些細なことで

ののしり、

あまり外に出してもらえませんでした。

 

Tiaraの被害者っぽい性格は

この母親から作られた気がします。

 

母親から否定されて育っているので

必死に努力をして

誰かに認めてほしいのです。

 

クラスでもわりと目立っていて

人気もあったTiaraも

本当は自信がなく、人から好かれると

たとえそれが女の子でもうれしくて

相手に尽くしていたと思います。

 

それがなめられる原因になっていたとは

知りもしないで

Tiaraのことを好きだと言ってくれる人には

男の子でも女の子でもうれしくて

やりすぎるくらい尽くしていたと思います。

 

 

その自信のなさから

自己愛性人格障害の彼から

異常なほどの愛を向けられたときは

本当に幸せを感じてしまい、

バツイチだったこともあり

この人についていこうと思ったと、思います。

 

このように虐待をされたというほどでもなく

ネグレクトというわけでもありませんが

幼いころに

自分を無条件で愛してくれる親というものは

その子にとって

その一生を左右するものにもなります。

 

この前そんな話を母親にしたとき

「でも、大人になったら

もう自分で直してもらわないと

いまさらそんなこと言われても。」

と言っていました。

 

ですが、

子供のころについた自信のなさというものは

なかなか大人になって

意識して治るものではありません。

 

自己愛性人格障害と被害者は

原因は同じとされていますが、

その育つ過程に、

親の束縛から逃れ、自分を高めてく努力をして

自信をつけ、人をののしることによって

自分のほうが上に立とうとすると

自己愛性人格障害になると思います。

 

そして

その自信のなさから

自分を愛してくれる人に

うれしくなって

必死に尽くしていくようになると

被害者っぽい性質になると

Tiaraは思っています。

 

そして原因が同じため

両者はなんとなく分かり合って

惹かれあっていくのですが、

 

愛されて、うれしくなって

相手に寄り添いすぎてしまう

被害者と

相手がどんどん自分の都合のいいように動く姿を見て

ますます自分の思い通りにしたくなり、

どんどんその相手をつぶして自分のほうが上だと

考える自己愛性人格障害は

お互いの希望があってしまって

一緒にいるうちに

どんどんひどくなってしまうのです。

 

あなたはそんなに自信の持てないような

人ではありません。

 

 

その感情は親や身近にいる人に

植え付けられたものです。

 

人はだれしも他人とは違い、

個性を持っているので

1人1人が価値を持って生まれている個性なのです。

 

無意識に

自分の自信のなさを親から

植え付けらてしまっていますので

それは親の自信のなさをごまかすための

言い訳だということを理解しましょう。

 

そしてあなたが

自分を自分自身で認められるようになった時

自分にひどいことをする人間には

寄り付かなくなるのではないでしょうか?

自己愛性人格障害の被害に何度も遭う人へ考え方を変えることの勧め

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害に

何度も何度も遭う人へ

考え方を変えることへの勧めについて

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と別れても

またしばらくたって

ようやく新しい幸せをつかみかけているとき

また、新しい彼の不思議な行動から

何かおかしいと気づき、

やがてまた同じような被害に巻き込まれる方が

たまにお見えになります。

 

 

これは、まだ、

自己愛的な人に魅力を感じていて

まだ、自己愛性人格障害と

普通の人の見わけがついていないと

思われます。

 

 

特にまだ自己愛性人格障害の彼と

別れたばかりのあなたは

素敵すぎる彼と

似たような雰囲気に

惹かれているのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人は

共感力を感じる能力がありませんが

それを使わない場面においては

魅力的なことも多いですし、

それ以外は全く普通なのです。

 

 

ですが、その共感力がないために

どれだけひどいことをしても

相手の気持ちに寄り添うことがないので

自分の都合でどれだけでも

ひどいことをしてきて勢いを弱めることがない、

ということがものすごく恐ろしいのです。

 

 

それさえなければ、むしろ

普通の人よりも魅力的なことは

多いので

自己愛性人格障害の人と付き合うことは

あなたにとって

とても素晴らしい経験をすることでしょう。

 

ですが、その共感力があるかどうか

人の気持ちを気遣うことがあるか

どうかということが

非常に重要で

それがあるかないかを見逃してはいけないのです。

 

共感力があるかどうか

自己愛性人格障害か普通のひとかを見分ける

ポイントになります。

 

彼があなたを

本当に思いやることが出来るかを

よく見て

共感力がなかったり、

あなたが傷つくようなことを

立て続けにおこなったり、

意味もなく人を見下しているところがあったり

人の上げ足ばかりをとっているようなところがあれば、

今後あなたが彼と、付き合うことが

あなたにとって

有益なものになるかを考えなくてはなりません。

彼の共感力に疑問を持った場合は、

彼に弱みを見せることをやめ、

直ちに少しづつ、

心の距離を置くようにしていってください。

 

何度も同じように傷つけられて

同じことを繰り返しているようなら

いい加減、それに気がついて

そこから出る必要があるのです。

 

普通なら

そんなひどいことはできないだろう、

というのは

自己愛性人格障害のひとには

当てはまりません。

 

ましてや、自己愛性人格障害のひとは

自分がしていることが

普通の人からはするわけがないだろう、

と思われている行為のため

ばれにくいことを知っているのです。

 

常識ではとてもできないようなことをするため

被害者が疑問を持った時に

「そんなことするわけないよ。」

といえば

あっさりと信じられてしまうでしょう。

 

彼がそんなことはするわけがない、

と思うほうが自然なのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そんな世間の人々の常識の裏をかいているので

もし、被害者が気づいたとしても

被害者が信じてもらえないほうが

自然流れになるので

被害者は嫌な思いをしても

周りに信じてもらえないので

うったえることができず、

たとえ勇気をふりしぼっていったとしても

被害者のほうが異常に見えてしまうのです。

 

 

やられているのに信じてもらえないという

非常にみじめな状態になりますので

自分のことを信じてくれない人に訴えれば

うったえるほど

信じてもらえない状態となりますので

黙っていたほうがましな状態に

なってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとは

普通のひとよりももっと遠くから

自分のいる世界を見ていて

自分のいるポジションが人と比べて

上になるには

自分がどの位置にいればいいかを

把握している感じです。

 

自分の立場が上になればいいので

その都合によって

彼の言うことはころころ変わります。

 

一貫性はなくてもよいのです。

 

そんなことよりも

その場でいかに自分が立派に見え

正しく見えるかに

こだわっているだけなので

嘘だろうが、話が変わろうが

まったく気にしません。

 

それが、周りの人に

ばれなければいいのです。

 

そのために全力で自分の都合のいいように

周りの状況を調節します。

 

そして彼が正しく見えるように

情報を操作してしまうのです。

 

もしあなたが自己愛性人格障害の

被害に遭ったことがあるのなら

あなたの見るところは

相手が素敵な人かどうかではありません。

 

あなたは自分のことを大切に扱って

傷つけないようにしてくれる人のみを

あなたのそばに置くようにしてください。

 

あなたが人を見るときは

あなたがこれ以上傷つかないために

あなたへの思いやりが

本当にある人間だけを選ぶようにしてください。

自己愛性人格障害のひとから攻撃をできるだけさせないための接し方

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

攻撃をできるだけさせないための

接し方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害とは

その極端に低い自尊心に

苦しんでいるので、

なんとかそこから逃れようと

常に必死です。

 

自己愛性人格障害の被害に遭い、

とても苦しい思いをしているひとも

多くいますが、

自己愛性人格障害のひとは

あなたを嫌っているわけでも

攻撃したいわけでもありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当に残酷なことをしますが

それは自分のおなかのなかに

元々ある極端な怒りと不安から

逃れるためにしていることなのです。

 

 

あなたのことを、

攻撃したいわけではなく

自分の苦しみから逃れるために

必死でやっていることなのです。

相談者の中には

自己愛性人格障害のひとを

憎んだり、

仕返しをしたいと言う人がいますが、

そういう気持ちをもっているうちは

自己愛性人格障害のひとのことを

病気だということが、まだ分かっていません。

 

もちろん、

本当に残酷なことをするので

住む場所を奪われたり

学校や会社をやめなければ

いけないような状況になることも

ありますし、

中には精神が壊れてしまい、

長い間、

病院に通われる方もみえるので

いくら病気だとはいえ、

許されることではないと

思っています。

 

ですが、自己愛性人格障害は病気であり、

そうなってしまったからには

本人にもそれを

止めることはできません。

 

自己愛性人格障害のひとも

また人を傷つけるのではないかと

内心ビクビクしているのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自覚ができない病気だと言われていますが、

本当は、なんとなく、

自分がひどいことをしていると、

うっすら気づいています。

 

そして、

自分がひどいことをしていることに

気づくことも

恐ろしいほど辛く耐えられないので、

無意識に

自覚をしないように

自分で自分のしていることに

蓋をしているのです。

 

こういった状況のなか、

自己愛性人格障害のひとは

ギリギリ自分を保って

なんとか生きています。

 

それが分かると

あなたも自分を責めないですみ、

自己愛性人格障害のひとも

病気でしてしまったことなのだと

思うことにより

少しは救われるのです。

 

自己愛性人格障害のひとのことを

恨まないということは

あなたの精神状態を保つためにも

とても大切なことなのです。

自己愛性人格障害のひとにとっての幸せ

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人にとっての

幸せとは何なのかについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の

ターゲットにならない限り、

自己愛性人格障害のひとのことを

いい人だと思っているひとは

たくさんいると思います。

 

そもそも自己愛性人格障害とは

極度に臆病なのですが、

普段はそうはみえません。

 

そもそもあまりにも

自分に自信がないために

それが世間のひとに知られることを

極端に恐れています。

 

それはふだんはそうは見えませんが

自分には生きる価値がないと

思っていて

それが世間のひとに知れると

バッシングを受けると

思い込んでいるので

周りのひとは

そんな風に思っていなくても

勝手に威嚇して

自分が攻撃されないように

必死なのです。

 

そして、自分が価値のない人間だと

ばれないように

尊大な自分を演じ続けて

周りのひとに、尊敬の眼差しで

眺められると、

気分が高揚して満足します。

 

ですが、心の奥底では

病的なほどに、自尊心が低いので

その気持ちも長くは続きません。

 

そして、次の瞬間にはまたすぐに

自分は尊敬される人物だと

確認しないと耐えられないのですが、

自分では自分の価値が

分からないため、

他人の目を鏡のように写し出して

自分の価値を確かめます。

 

それが、尊大で立派な行為を

演じ続けて、その

自分に対する周りの眼差しが、

尊敬して崇められているのか、

もしくは

周りのひとの惨めな状態を確認して、

自分の方が上だと確認するのかは、

そのときの状況によって変わります。

 

とにかく周りのひとの自分に対する

目線を気にし続けているのです。

 

自己愛性人格障害とは

急になるものではないので、

幼い頃からずっと

同じ事をしています。

だから、その生き方が

癖のようになっていて

常に尊大で立派な人を演じ続けながら

だれか、特定な人物を罵り、

あいつはダメだと言うことを

やめられないのです。

 

自己愛性人格障害の人のことが

恐い人や、

彼に罵られたくない人が

ご機嫌をとったり、

彼側について

取り巻きになるひともいます。

 

尊大な彼に魅力を感じる人や

憧れるひともいて、

自己愛性人格障害のひとは

どんどん上に上がっていくのです。

 

そうなると、

自己愛性人格障害のひとは

ただでさえ、自責の念が持てず

自覚することができないのですが、

ますます自分が正しいと思い込み、

症状はどんどんひどくなります。

 

ひどくなると、

本人が苦しむというよりは

周りの人が痛め付けられる

頻度も強さも増していくので、

自己愛性人格障害の被害者の方が

どんどん病んでいってしまいます。

 

被害者の方がとても

苦しい思いをするのです。

 

 

被害者がひどい思いをすればするほど

自己愛性人格障害のひとは

高揚していきますので、

攻撃がどんどん強くなっていきます。

 

他人を潰して苦しむ姿を見ることと、

尊大な自分をまわりのひとが

あごがれのまなざしで見ることが

自己愛性人格障害のひとの

幸せであり、

そしてどんどん症状はひどくなり

自分も

心が破壊されていくのです。

 

自己愛性人格障害の被害者は

あなたが気づいた時点で

彼から離れなければなりません。

 

もしかしたら、

それはあなたにとって

とても辛いものになるかも

しれませんが、

自己愛性人格障害という病気を

本当に理解したときに

あなたは離れてよかったと

むねをなでおろすことが

できるでしょう。

 

自己愛性人格障害の彼と別れた後、どうしても納得できないあなたに

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と別れた後に

どうしても納得できないあなたに

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れた人の中に

自己愛性人格障害の彼と

別れてもどうしても納得できない人が

大勢います。

 

あなたの彼が自己愛性人格障害だったと

分かっても、

どうしてももしかしたら違うかもしれない、

という気持ちはぬぐえなかったり

自分が悪かったのではないかと

後悔すると思います。

 

 

ですが、お話を聞いていて

どう考えても普通のひととは違うのに

自分さえ彼の気持ちを分かってあげられたら

彼を怒らせることはなかったのではないかと

思うかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたと別れた後もなお、

ほかのひととはうまくやっていたり

人気者だったりするので

あなただけに対して彼の冷たい態度に

自分がそれほど嫌な人間なのかと

思ってしまうかもしれませんが

違います。

 

そもそもそういうことのできる

自己愛性人格障害という病気の人がいた、

というだけのことなんです。

 

スピリチュアルなことにつなげようとすることが

流行っていますので

そういう人を引き寄せてしまうのも

自分の行いが悪いから引寄せてしまう、

と思ってしまう人もいますがそうではありません。

 

Tiaraもスピリチュアルなことは好きですが

あなたの環境に

自己愛性人格障害のひとがいたということは

あなたのせいでも何でもなく

ただの偶然です。

 

ただ

自己愛性人格障害のひとを

惹きつけてしまいやすい人

というのは確かに存在しますので

あなたと関係が深くなってしまったのかも

しれませんが

あなたがいなくなれば

またほかの人と同じことをするのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

誰かをつぶしてその上に立っていないと

自分の価値が認められず

気が狂うほどの苦しみの中にいるのです。

 

あなたが落ち込んでも仕方がありません。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとが

いたというだけの話です。

そういう病気を知らなかったから

自分を責めてしまっていただけなんです。

 

Tiaraも

そんな病気があることを知らなかったので

自己愛性人格障害の元彼だけでなく

そういう人たちのために何年悩んできたか

分かりません。

 

まさか、何にもしていないのに無視をする、

何にもしていないのに悪口を言う、

何にもしていないのにおとしめる、

そうやって、他人をつぶしておとしめていないと

自分に満足しきれない、そんな人たちがいるなんて

常識では考えられなかったのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その症状により

他人をおとしめてつぶれた人たちを見て

自分のほうが上だと安心して

平常心を保ちます。

 

あなたは、まさかそんな人たちがいるとは

思っていないので、

あなたを潰してできた彼の余裕が

まさか自分がつぶされてできている余裕とは

思わずに、

こんなみじめな思いをしているのは

自分に問題があるからではないのかと悩みます。

 

 

あなたがみじめな思いをしているその原因となる彼に

自分の悪いところがどこなのか

教えてもらって直さなければ

分には幸せが訪れないと悩みます。

 

でも、だからこそ

そんなみじめなあなたを見て

ちょっと余裕を持った態度でいられるのです。

 

あなたは

ばか正直に自責の念に駆られて

苦しみながら何もしていない自分の中に

何とか悪いところをがないかと

探して、治そうと必死になって

無意味な時間を費やすのです。

 

 

あんなにも堂々として

自分に自信があるように見えるのは

常に他人をつぶして自分のほうが上だと

満足しているからです。

 

 

そんな人がいるとは

夢にも思わないですよね?

 

 

だから分からないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

潰すことができなかったときや

被害者に気づかれて逃げられてしまったとき、

自分の攻撃が通用しなかったときは

自己愛性人格障害のひとは不安になり

極度に落ち込みます。

 

 

ですが、あなたがそれに気づかずに

ずっと自分を責め続けて

自己愛性人格障害のひとに寄り添って

反省し続けていると

自己愛性人格障害のひとは

どんどんひどくなるのです。

 

 

彼のためにもあなたのためにも

できるだけ早く気づくことですl。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

自分の攻撃がうまくいっているうちは

気づくことがないので

あなたが先に気づくべきなのです。

自己愛性人格障害の被害者は自分がされていることに気が付かない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

彼から自分が攻撃されていることに

まったく気づかない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

あなたに対して

少しづつ継続的に嫌がらせをしていますが

あなたは全く嫌がっていません。

 

気づかないのです。

 

気づいたときには

とても苦しい状態になっています。

 

嫌なことをされたりあなたを否定されたり

ないがしろにされているのに

どうして気づかないのでしょう?

 

不思議ですよね。

自分がされていることなのに。。。

 

 

まず原因の一つとして

自己愛性人格障害のひとのやり方が

とても分かりにくいことがあります。

 

冗談っぽく、本気でとらえてしまうと

こちらがバカみたいな内容だったり

嫌がらせをした後、

しばらくはとても親切にしてくれたり

愛情をかけてくれるので

たまたまかな?と思ってしまったり、

気のせいかな?と思ってしまったり。

そしてもう1つは

あなたの性質上の問題もあります。

 

世間一般では

いいことだと思われていることなので

なかなかそれが原因だとは

気づきにくいかもしれませんが、

優しくて自分のことよりも

相手のことを考えてしまったり、

ちょっとしたことならこだわらずに

水に流してあげることができることなどです。

 

そういったあなたの性質により

自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせや意味のない無視などは

会社で嫌なことでもあったのかな?とか

私のことが好きだから

やきもちを妬いて

怒ってしまっただけなのかな?と

あなたが彼のことを

分かってあげようとします。

 

相手が普通のひとなら

それがいいほうに進むのですが

相手が自己愛性人格障害だった場合

どんどんあなたは

軽く見られていく存在

となってしまいます。

 

そしてあなたの様子を見ながら

少しづつ気づかれないように

攻撃を強めたり、

あなたが気づきそうになると

あなたを喜ばせるために

プレゼントやサプライズなどをしてくれるので

彼のこと悪く取ってしまったあなたは

自分を責めてしまい

彼のしていることに全く気づきません。

 

 

あなたは自分の責任を問うことは

十分すぎるほどできている人なのです。

 

それよりも相手の非を見ることに

全く気がいっていません。

 

常に自分が何とかすれば

何とかできる、

とまじめに考えすぎているのです。

 

 

普通の人でもそんな気はなくとも

あなたにイライラをぶつけてしまったり

無意識にあなたが嫌がることを

してしまうこともあるでしょう。

 

なので、

なかなか違いに気づくことは

難しいと思いますが、

自己愛性人格障害のひとは

何度も同じことをしてしまったり、

全く反省の意思が見えなかったりするので

だんだんに気づいてくると思います。

 

反省の意思というのも

時には、涙を流したり

反省したような顔をして

「傷つけてごめん。。。」

と神妙な顔をしたりすることもあるので

初めのうちは

本当に分からないかもしれませんが、

そのうちに明らかにおかしい、と気づくくらい

露骨になってくるので

分かると思います。

 

露骨になってきたときは

あなたが完全に彼に頼り切っていたり

あなたが完全に彼との将来を決めた後

かもしれませんが

あなたが気づくほどひどくなっていた場合、

坂を転げるようにひどくなる一方ですから

もうその彼とは離れる決心をしたほうが

いいと思います。

 

 

あなたが確実に気づいてから離れたとしても

自己愛性人格障害の後遺症は長く響きますので

できるだけ早めに離れることをお勧めします。

 

彼から心の距離を少しづつ離していき

それと同時に少しづつ、現実に会うタイミングや

時間にも距離を置くことを

お勧めします。

 

 

初めのうちは辛いかもしれませんが

離れたほうが少しづつ心も

楽になっていきますので

離れたほうがいいと

あなたも頭と心で

納得できるようになっていくでしょう。

 

彼と一緒にいた時間を無駄にするのは

悲しいことですが、

あなたのこれからの時間まで無駄にしないよう

できるだけ早く決心してください。

自己愛性人格障害の人の能力が高い理由は臆病だから?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

能力について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害とは

とても恐ろしいですが、

その脳の構造はとても不思議で

あんなにも尊大な自分を演じているのは

極端に憶病なことの裏返しです。

 

普段は、とても臆病には見えませんが、

被害者に自分がしていることがばれることを

心のどこかで恐れているのです。

 

そしてばれたくないがために

必死で脅して、自分のことを恐れさせて

周りの人に知られないように

身動きをとれなくしているのです。

 

なんだかすべて反対のことに

見えてしまいますよね。

 

ですから自己愛性人格障害の特徴をよく知ると

怖いというよりも

病気の症状からの怯えや自信のなさや不安から

あのような尊大で恐ろしいイメージに見えています。

 

このことに気づくと

今まであなたがなぜか怖いと思っていた

自己愛性人格障害の人が

それほど怖くなく思えてきませんか?

 

 

自己愛性人格障害の人は

直接何かするわけではありません。

 

あなたを脅して自信を無くさせ、

自己愛性人格障害の人に

攻撃できなくしているのです。

あなたが何もしなくても

自己愛性人格障害の人は

その共感力のなさに

相手の感情がどんな風に動くのか

分からないことに恐怖を感じて

その前につぶして

前もって防御線を張っているのです。

 

あなたがどんな動きをしてくるのか

分からず勝手に極端な恐怖心をいだいています。

 

 

その原因は自尊心がほとんどないため

価値のない自分がつぶされることが怖いのです。

 

だから尊大な自分を必死でふるまい、

価値のある存在に見せかけていないと

その恐怖心は収まりません。

 

そして機会あるごとに

周りの人をつぶし、つぶしながら自分を上げて

いつの間にか本当に才能が開花していたり

地位の高い人物になっていたりします。

 

 

その極端な恐怖心のおかげで

本当に立派な人物に見えるようになっているのです。

 

 

ですがその姿はすべて外堀だけで作られているので

深く突っ込まれると困ります。

 

責任が取れないしとれる自信もないのです。

 

だからあなたにそれがばれそうになると

ごまかして行方をくらましたり

連絡が取れなくなります。

 

あなたも自尊心が低いので

それは自分のせいだと思っているかもしれませんが

それはあなたのせいではなく

自己愛性人格障害の人の

心の中の問題なのです。

 

自己愛性人格障害の被害者にあいやすい人は生きていくための自分の魅力について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

被害にあいやすい人は

生きていくために自分の武器を持つことの大切さ

についてお話ししたいと思います。

 

自分の武器の一番の強さは

他人に認められなくても

自分が一番自信を持っていることを

作ることです。

 

初めから得意なことがある人はいいのですが

人に合わせがちな被害者にとって

自分の魅力を磨いたり

自分の趣味を持ったり自分を高めていくことを

持っている人は意外に少ないのかもしれません。

 

 

いつも自分の身と心を削って

誰かに尽くしていますので

どんどんあなたの魅力が

なくなっていってしまいます。

 

いざというときに

自分が生きていくための武器を持っていると

誰かに否定されても

もう少し落ち着いていられると思います。

 

ない人はこれからでも

いつでも作り出すことが出来ますので

あなたが何をしたいか、

あなたに何ができるか、

あなたがどんなことに向いているか

考えてみてください。

 

 

Tiaraはもうすぐ今の職場を卒業して

次の場所に移りますが、

以前は派遣というお仕事に

不満を持っていました。

 

 

どんなにお仕事に慣れても

どんなにみんなと仲良くしてても

決まった契約期間が過ぎれば、別れていき

初めのうちは交流していても

やがて自然に連絡を取らなくなります。

 

 

どこかで正社員になれたらと

どこに行っても頑張っていましたが、

派遣から社員にしてもらえる会社は

なかなかないそうです。

 

 

自己愛性人格障害の彼との職場で

直接雇用になれたので

お給料もボーナスも正社員と変わりなく

終身雇用で働けるよ、と本社から言われたときは

本当にうれしかったです。

 

ですが彼とのことで契約を打ち切られて

結局辞めることになってしまいました。

 

そしてまた派遣会社に戻ってきたのですが、

理由は違えど、必ず離れていくことになる、

と知ったとき、最初はとても悲しかったですが

それくらいのほうが気持ちが楽なことに

気づきました。

それまでの職場では

周りのみなさんが仕事が続けられるように

上と掛け合ってくださったり、

Tiaraのほうから直接雇用の希望を出したり

辞めたくない、と言って泣いたり

いろいろバタバタしていましたが、

結局会社のルールに従い、大手などは特に

なかなか直接雇用にはしないようです。

 

ただ会社によってはわからないし、

今の職場は産休の方の代わりなので

戻ってくると終了ですが、

次のところでは

できるだ長く働いてほしいといわれています。

 

法律もどんどん変わってきていますので

数年後にはまた変わるかもしれません。

 

自己愛性人格障害の被害にあった時も

ほとんどの方が、会社から、もしくは自分から

辞めることになっている人がほとんどです。

 

中には辞めていない方もみえますが、

自己愛性人格障害の方と

お付き合いをした方は特に

ほとんどの方がお辞めになっています。

 

職を失い、生活の心配もしなくてはならず

彼からのしがみつきや被害者のこだわり、

そして後遺症から働けなくなってしまった人も

大勢います。

 

どんなにモラハラ対策をして居心地がよくなっても

逆に被害がひどくなりやめることになっても

将来的なことはみなさん不安だと思います。

 

 

でも、そもそもが被害者になりやすい人は

普通の人よりも

生活も不安定になりやすいので

自分で生きていける武器を何か

身に着けておいた方がいいと思います。

 

そして職場だけではなく、

離婚された方も大勢いますし、

どちらにしても再出発を

どこかでしなくてはならないのです。

 

逆にこう考えてみたらいかがでしょうか?

 

人生はどこからでも

再スタートできます。

 

それは今、正社員で働いている方でも

5年後のことは

どうなっているかわかりませんし、

今、自己愛性人格障害の被害にあっていない人でさえ

転勤などでいつ自己愛性人格障害の人に会うか

分かりません。

 

いつ何が起きてもいいように

常に新しい未来を

考えておいた方がいいと思います。

 

あなたさえ動けば

人生がストップすることはないのです。

 

自己愛性人格障害の被害にあった人は

長い間、

後遺症に悩まれている方も

大勢みえますが、なかなか進めないことは

大きく人生を無駄にしています。

 

理不尽な思いをされて

どうしてあなたが

こんな目に合わなければならなかったのかと

考えても

理由などないのです。

 

あなたに問題があるわけではなく

自己愛性人格障害の人の心の中に

問題があるのですから。。

 

そんな自己愛性人格障害の被害にあったとしても

あなたが新しく生きる道があれば、

悲しくてもまた新たな道が開けるのです。

 

趣味でもいいし、

仕事に使えるスキルなどもあるでしょう。

 

また新しい職場での出会いもあるかもしれませんし、

習い事で新たな出会いがあるかもしれません。

 

とにかくあなたの世界を広げる何かを見つけて

それをどんどん広げていってみてください。