自己愛性人格障害の人との思い出は素晴らしい

こんにちは♡

自己愛性人格障害の人との思い出は

素晴らしいということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人と将来を夢見て

お付き合いをした人も大勢いると思います。

 

中には結婚したけど、そのあと

旦那さんのモラハラ行為に気づき

離婚してしまった、という人もいるでしょう。

 

でも、普通の人と付き合っていても

失恋は辛いものです。

 

自己愛性人格障害だったと気付くほうが

もっとショックかもしれませんが、

普通の恋愛を思い出にしていくように

自己愛性人格障害の人との恋愛も

思い出にしていくことができます。

 

悔しくて仕返ししたい、なんていう人もいますが、

そういう人は、

まだ自己愛性人格障害が、

他人の心はコントロールできても、

自分の心はコントロールできない、制御不能な病気だということが

理解できていません。

 

本人もそんなこと、やる気でやっているわけではないのです。

 

Tiaraの彼も

「俺といるときは、せめていろんなものを見せてあげたいから。」

と言っていました。

なんかいつか別れるみたいな言い方だなと思って嫌でしたが

彼は長くは続かないことを知っていたのかもしれません。

 

彼との素敵な思い出は、

期間限定ではありますが、素敵な思い出に変わりはないのです。

やる気でやっていないというと

少し違いますが、要は他人を潰して自分をあげないと

生きていけないほどの恐怖心をかかえた

病気なのです。

 

だから彼を恨んでも仕方のないことなんです。

 

彼もおぎゃーと言って生まれたときは

ほかの方と同じように

純真無垢な、けがれのない

赤ちゃんでした。。。

 

 

それが周りの環境によって

そうやってしか生きていけない体質になってしまったのです。

 

自己愛性人格障害は

その特徴から、尊大な自分を魅せていかなければ

生きていけない病気でした。

 

だから付き合い始めた頃は、

他の人では味わえない、彼の素晴らしい才能を見ることができたり

あなたへの熱烈な愛の言葉で幸せな気分を

味わったと思います。

 

だから彼のことを好きになったんですよね?

 

Tiaraは今まで出会った人の中で

一番手先が器用で仕事がきれいな

彼の素晴らしい作品を色々見せていただきました。

 

 

それが、自己愛性人格障害の症状で

自分の素晴らしい才能を、魅せつけていなけばいられない

病気から来たものだったとしても

そんなものを見せてもらったことはないので

貴重な経験だったと思います。

個別相談で

ほかの被害者の方たちから聞いた話も

目の前で素晴らしいものを見せていただいたので

目がハートになっていました、というお話を

いくつも聞かされています。

 

Tiaraも子供がいますので

子供たちにも

たとえ病気から来た症状とは言え、

嘘や演技だったとしても

男とはこういうものだと、いいところも見せて

あげられたような気がします。

 

だから

長い期間彼と一緒にいた時間を

損したとは思わないでください。

 

あなた自身はちゃんと彼のことを全力で愛し、

ちゃんと恋愛をしてきたのです。

 

それは、偽りの中で生きている自己愛性人格障害の人よりも

はるかに有意義な時間だったと思います。

 

自己愛性人格障害の人との恋愛は

あなたのような、人に寄り添える人でないと無理です。

 

あなたは、一緒にいる人のことを

考えてあげられる素晴らしい人ではありませんか。

 

あなたのいいところがクローズアップされているのです。

 

それがないと自己愛性人格障害の人との恋愛はできません。

 

後はあなたのそんな優しいところを

きちんと受け止められる相手を探すだけです。

 

あせらなくてもいいんです。

 

今までできなかった自分の時間を楽しんで見てください。

 

彼とのことは

よかったことだけを思い出にして

楽しかったことだけを心に残せばいいんです。

 

自己愛性人格障害になってしまったことは

彼のせいではありません。

 

そして、あなたは魅力的な人だと証明されたようなものです。

 

ただ、自己愛性人格障害の人と一緒にいると

それを全部潰されてしまうんです。

だから離れてよかったと思ってください。

 

そして、精神的、経済的に自立してください。

 

それがないと、またおかしいと思っても

我慢してしまうことになってしまいます。

 

昔は、女の人が家に入り、男の人が外で働く、という時代でしたが

今はそういう時代ではありません。

 

せめて自分1人でも生きていける力を身につけましょう。

 

そうすれば、

理不尽な目に合っても

きっぱりと断ることができるでしょう。

必死で本気にさせておいてどん底まで突き落とすことをやめられない病気

こんにちは♡

今日は、あんなにも好きだと言ってくれたのに

軽くあしらわれるわけについて

お話ししようと思います。

 

最近相談の中で、別れた彼からの嫌がらせに苦しむ方が

いらっしゃいました。

 

出会った当初は、毎日のように思いをつづったラインに電話に

こんなにも愛されていると一気に彼に夢中になったそうですが

これも自己愛性人格障害の人に

多い症状です。

 

 

自己愛性人格障害ではない人も

女の子を口説くときは、はじめはやはり夢中になるので

毎日のように連絡があり、好きだとか会いたいとか

言われたりします。

 

長年付き合っていくと、だれでも

マンネリ化してきて多少は、出会った当初より

連絡が減ってもなんら不思議はないです。

 

一生懸命お付き合いをしていても

ダメになってしまうこともあると思いますが、

自己愛性人格障害の人は、

決定的に何かあったわけでもないのに

怒鳴り散らしたり、何でもあなたのせいにしたり

もしくはあなたに価値のないように軽くあしらったりします。

 

 

悲しいのは、あなたが本気で考えているのに

軽くあしらわれたり、あっさり捨てられたり、

あっさりほかの女の子に夢中になったり、

そしてそれをわざわざ見せることですよね。

 

それは、結論から申し上げますと

そういうことをすることによってしか

自己愛性人格障害の人は

満足できないからです。

要するに、人よりも優位に立っていないと気がすまないので

例えば、相手が自己愛性人格障害の人に

興味を持っていない人にやっても意味はないのです。

 

むしろ、自己愛性人格障害の人は

自分に興味を持ってもらえないことに

強烈に恐怖心をいだきます

 

だからそういう人には何もできないのです。

 

もし、あなたが、

彼からそういった嫌がらせを受けたくないのであれば、

自己愛性人格障害の人に

興味を持たないことです。

 

興味を持つということは

好きになることと同じくらい嫌いになることも

興味をもっている、ということになります。

 

嫌いになる必要もありません。

[ad#co-1]

彼は、自己愛性人格障害という

彼自身にも止めることができない病気なのです。

 

だから、あなたが彼に馬鹿にされるような存在なのではなく、

彼は、どうしても誰かにそういうことをしていないと

いられないほどの病気だから

嫌がらせをやめることができないのです。

 

あなたのせいではありません。

 

あなたがいなくなれば、

また違う誰かに同じことをします。

 

違う誰かがいなければ、

必死で尊大な自分を魅せつけることをやめられず

そのストレスをぶつける相手がいなくて、

怒りの感情をくすぶらせて

ますます不満が爆発的にたまっていきます

 

すると、こっそりと誰もばれないように

ストレスを発散させることができる恋人がいないので

あらゆるところで、彼の爆発が出るようになり

だんだんと周りの人が

彼がおかしいことに気づき始めます。

 

もしくは、また彼の尊大な姿に魅せられて

彼の言葉を信じ、恋人になった人がいたとしたら

またその人に同じことを繰り返すでしょう。

 

だから、だれにも知れず、

こっそり怒りを好きな時にぶつけられる人が

彼のそばにいたらいけないのです。

 

彼がおかしいと感じたら

できるだけ早く離れて、彼も周りの人が気づき始めると

周りの人を見て、人の感情を見ることしかできませんから

人が離れていけば、

自分がおかしいと自覚するきっかけになるのかもしれません

なぜ、自己愛性人格障害の人の被害者のほうが悪者になってしまうのか?

こんばんは♡

今日は、なぜか、被害者のほうが、

彼からも周りの人からも悪者になってしまうのか、

その理由について、お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は、あなたが何もしていなくても

自分の中の怒りをぶつけるために

あらゆる手を使ってあなたを悪者にします。

 

 

そんなことあなたを好きな彼がするはずが、ない、と

思っていますよね。。

 

常識で考えたら、そんなこと、

嫌いな人にでもめったにしません。

 

めったにしないことをするのだから、

はた目には、そんなことするわけないので

あなたがきっと何かをしたんだろう、

という印象を持ってしまいます。

そして、そう思ってしまうと

みんな、彼の怒りの理由を不思議に思い、

あなたの悪いところを探し出すのです。

それで、あなたの悪いところを

ちょっとでも結び付けて、あなたが彼からひどいことをされることに

納得しようとします。

 

納得できないと怖くてたまらないのです。

 

だから、彼がひどいことをしてきたときに

あなたも理由を探してはいけません。

 

それをすればするほど、

あなたの悪い理由に納得したくなり、

あなたが悪い理由を周りの人みんなも探し出すのです。

 

人間は、ひどいことをされたときに

それがひどければひどいほど、

理由を聞きたがります。

 

それは、理由もないのに

ひどいことをする人がとても怖いのです。

 

だから、あなたにちょっとでも悪いところを見つけると、

だからか、と納得してほっとしたいのです。

 

ほら、私が理解できないほど怖いことは起こっていないと。。

 

だから分かりにくいのです。

 

それで今のTiaraのように

こんなにもくどい理由をいっしょうけんめい聞くひとなんて

1人もいません。

 

その上に、自己愛性人格障害は

人に嫌われることは、恐ろしく怖いので

尊大で立派な自分を魅せつけます。

 

そこで周りの人が

彼がそんな人ではない、と判断してしまうのです。

だから、なんだかわからないけれど、

あなたが悪いほうが、みんな納得して

安心していくのです。

 

こんなに理不尽な思いをして

傷ついているのに、

まわりの人はみんな、考えるのがめんどくさいのです。

 

だから、周りの人に分かってもらおうとしても無駄です。

 

あなたがあなた自身で判断しなければならないのです。

あなたは、何もしていません。

それどころか、自分の悪いところを一生懸命探して

こじつけてでも自分が悪いと思おうとしています。

そして彼を怒らせないように

一生懸命、彼に寄り添っています。

 

誰にも言わず、そのことを自分で思いだし、

そして、自分は何もしていないことに

自信を持ってください。

 

あなた自身が自分を信じないと、

あなたはどんどん悪者にされていってしまいます。

 

周りの人にはどれだけ話しても

ほとんど分かってもらえません。

 

だからどうしても、彼の分かりにくいやり方に

ぱっと見は分からず、

あなたのほうが悪者になってしまうのです。

必死の努力により趣味を極めてしまうことについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の趣味について

お話しようと思います。

 

Tiaraもわりと多趣味なほうで

子供のころからいろいろなことをしていますが、

被害者の方から寄せられたコメントに

自己愛性人格障害の人の趣味について

書かれているものが多くあります。

 

自己愛性人格障害という症状のため

尊大な自分を見せ付けるために

必死で努力している彼らですので、

そうしているうちに

いろいろなことを極めてしまうようです。

それも自己愛性人格障害の人が

魅力的に見える理由の1つにも

なっているようです。

 

いろんなことを極めてしまう人が

全て、自己愛性人格障害ということではありません。

 

しかし、自己愛性人格障害の人は

特別な自分しか認められないので

その必死の努力により、極めてしまう人が多いようです。

 

趣味の他にも極めるまで

惜しまぬ努力をしているうちに、

医者や弁護士、学校の先生になるひともいるようで、

こういった有能な職業の方の中にも、

自己愛性人格障害の方が、多いようです。

 

普通の人よりも

異常な恐怖心により、

必死の努力をやめられない病的な状態ですが、

それくらい必死なので

能力を発揮してしまうようです。

 

自己愛性人格障害のひとのなかに

魅力的な人が多いのも納得できます。

だから病気の原因となっている価値のない自分など、

もともと存在しないのです。

 

それが幼い頃の環境により

自尊心がまったくなくなっていて

生きている価値がないと、自分で思ってしまうほどの恐怖心を

いだいてしまっているんです。

 

初めからこんなことをするのは

まったく意味のないことです。

 

それなのに、

価値のない自分だと言う思い込みによる恐怖により、

近くにいるひとを

地獄に突き落としてしまっているんです。

 

本当に恐ろしいことです。

 

そしてそれを世の中のひとは

そんなことあるはずがない、と思い込んでいる。。。

 

回りの人が自己愛性人格障害という病気の人が確実にいる、

ということを 理解し、

自己愛性人格障害の被害から、

助けてあげなければならないのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとも

わざとやっているわけではなく、

自分のその感情が正しいものだと

思い込んでしまっています。

 

教えてあげたいと思いますが、

教えても自分が間違っていると認めることも彼にとっては

究極の恐怖となりますので、

教えてあげることは、大変危険です。

 

だから教えてあげることもできずに、

ただ彼のもとから姿を消すことしか、

自己愛性人格障害のひとから身を守る方法はないのです。

共依存の人の優しすぎる性格は自己愛性人格障害の人の攻撃を強める。

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の被害を受けていなければ、

あなたはすごく穏やかに過ごせる

というお話をしようと思います。

 

自己愛性人格障害の人と付き合っていける、ということは

普通の人よりもむしろ寛大で優しい人が多いです。

 

ちょっとしたことでは

めったに怒りません。

 

 

というより、かなりめんどくさいことを言われても

気づいていない、もしくは、気づかないふり、

もしくはすぐに水に流すことができます。

 

そして前向きな性格の人が多く、

少々の困難には、一生懸命前向きに取り組みます。

 

そんな人が、自己愛性人格障害の人の

ターゲットになります。

なぜなら、普通の人は

自己愛性人格障害の人の攻撃を受けると

その人と、一緒にいたくなくなるからです。

 

嫌なことをされたらすぐ逃げます。

 

自分がディすられていることにいち早く気づいて、

自分を否定していることにも

理不尽な怒り方をしていることにも

周りの人にも当り散らしていることにも

早く気づくのです。

 

そしてそういった人を好きにならないのが普通の人の考え方です。

 

だから自己愛性人格障害の人も

こういった人には嫌がらせをすることができません。

 

あなたは、

ちょっと嫌なことをされても、

気にせず、ま、いっかと水に流すことが

普通の人よりも多いのです。

 

その回数が増えていっても、

持ち前の我慢強さと前向きな性格で

我慢してしまうのです。

 

水に流すのもうまいです。

 

だから自己愛性人格障害の人も

とてもやりやすいのです。

 

一見、良い性格のようにも思えますが、

あなたはその性格のため、

自己愛性人格障害のひとから

逃げることができないようになります。

 

気づいたときには、苦しく辛く、

そしてその場にいられないような

状況までおちいっているのです。

 

普通の人は、

そこまでなる手前で気づきます。

 

共依存の人は、

自分に対する愛情が足りないのです。

 

もっと自分を大切にしていれば、

自己愛性人格障害の人の被害にあいません。

 

あなたは何のために彼と一緒にいるのですか?

彼が素敵だとしても、頭がいいとしても

あなたに本当の愛情を向けてくれていますか?

 

あなたがもっと自分を大切にすれば

そのことにも気づくはずです。

 

あなたが我慢をすることで

何のためになりますか?

 

自己愛性人格障害の人は

必ずあなたの人生を壊します。

 

あなたの友達関係を壊し、

会社の人間関係を壊し、

あなたの家族関係を壊し、

あなたの信用を失わせます。

 

そして、あなたはその場にいられなくなり、

何もしていないのに

あなたは極悪人のように周りの人から思われ、

仕事をなくし、学校にいられなくなって

あなたの心は崩壊します。

あなたの人格を全否定され、

あなたは彼の魅力に惹かれ続けながら、

自分だけが惨めにつぶされていくでしょう。

 

 

そんな人が本当にあなたのことを

思ってくれていると思いますか?

あなたのそのさっぱりとした

小さいことにこだわらない、

すぐに水に流す性格があだになっています。

 

物事の善悪だけはきちんと

見極めるよう努力して、あなた自身の本当の幸せを

考えなければ、

あなただけでなく、あなたの周りの人も

不幸にしてしまいます。

自己愛性人格障害の人はなぜ一番大切な人を傷つけるのか?

こんにちは♡

今日は、自己愛性障害の人は

なぜ一番大切な人を傷つけるのかということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人のよくやることなのですが、

たとえば、

彼から別れると突然言われた後、

あなたがそれを承諾したとします。

 

それからまた彼から連絡が入り、

泣きつかれたり、会いたいといわれたり

何気なく普通に連絡をしてきて

また普通に接してくるので、

いつの間にか元に戻っているということがあります。

 

そしてそれを何度もされるので

あなたが混乱してしまうと思います。

 

自己愛性人格障害は、その場で一番いいことを言っていますので

すごく寛大なことを言ったり、

プロポーズをしたり、

または人格否定をしてきたりと良い時と悪いときを繰り返します。

 

普段は、本当にやさしく、幸せなので

ちょっと嫌なことをされても、何かあったのかな?と思ってしまい

つい許してしまいますよね?

 

自己愛性人格障害の人は、どうしても人より上に立たないと

自分がつぶされてしまうと極端に思い、

あなたにそんな気がなくても

自分があなたにつぶされてしまうと

恐怖に襲われてしまいますので

どうしても全力でつぶしてしまいます。

 

自尊心が極端に低いため、

常の人につぶされる前につぶしておかないと、

という恐怖と常に戦っていますので、

そのままにしておけばおくと、常に人をつぶしにかかるので

そばにいる人は、怖くなって逃げ出してしまいます。

でも、人に嫌われる、ということにも

極端に恐怖をいだいていますので

普段はそれを抑えています。

 

だから常にいらいらして非常に辛い状態なのです。

 

その中で尊大な自分を魅せつけていなくては

ならないので普段はそれがはた目にはわからなく、

むしろ魅力的に見えてしまうのです。

 

でも相手が弱くて自分に絶対に逆らってこない場合や、

彼のことが好きで離れたくないと思っている彼女になどには

安心してその怒りをぶつけることができます。

 

彼女が恐怖におののいても

「あなたが好きだから言ったんだ。」とか

「わかってほしかったんだ。」といわれてしまえば

彼に愛されたくて愛されたくて

たまらないあなたは、つい信じたくなってしまうでしょう。

 

だから、他に人には嫌われないように細心の注意を払い、

自分から絶対に離れていかない人に

すべての怒りをぶつけるのです。

 

そういう人は、自己愛性人格障害の人の

自分の中に怒りをぶつける絶好の相手となります。

 

それが、自己愛製人格障害の人の

恋人や奥様がなりやすいです。

 

それが、自己愛性人格障害の人の恋愛になり、

彼と恋人関係になった人たちが

同じ思いをしているのです。

自己愛性人格障害の優しい彼がだんだんとモラハラ化していく過程

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

モラハラ的な心の動きについて

お話したいと思います。

 

まず、普通の人は、お付き合いを始めたころは

やはり、まだお互いに自分を出し切っていなくて

少しつづ、信用が増してくるにつれて

徐々に自分を相手に見せていきます。

 

それからだんだんとお互いのことがわかるようになり

少しづつ、言いたいことが言えるようになり

お互いにけんかしたり分かりあったりを繰り返しながら、

少しづつ心の距離も縮めていきます。

 

そうしてだんだん信頼関係が増していくのです。

でも、彼が、自己愛性人格障害だった場合は、

少し普通の人と違います。

 

お互いに信頼関係がまだそんなにないうちは

とても優しく

あなたに信用してもらえるよう

最大限あなたに優しくします。

 

そしてだんだんにお互いにいいたいことを言うようになり

お互いの愛が本物だと

確信していったときには、信頼関係が

増すのですが、

自己愛性人格障害の場合、

信頼関係が増して、

あなたに何を言っても自分のことを

分かってくれようとするあなたを見て

もうあなたが離れていかない、と

安心します。

 

 

そして、安心してあなたに

少しづつ自分の中のイライラを

ぶつけるようになっていきます。

 

そのときのあなたの反応が

少し嫌な顔をして不快感を見せて

それでも彼から離れていかないと、

普通の人は、

少し八つ当たりをしてしまって

かわいそうだったなあ、と思います。

 

ところが、

自己愛性人格障害の場合は、

そうは思わないのです。

 

自分だけがあなたに怒りをぶつけて

少し、すっきりします。

そして、あなたには信頼が置けるから

何をしても大丈夫だと確信し、

だんだんにモラハラ行為を強めていきます。

 

あなたが気づきそうになると

そうじゃないよと言い聞かせたり、優しくされたりするので

あなたも気のせいだと思ってしまいますが、

自己愛性人格障害の彼は

あなたを信頼してモラハラ行為をしているのです。

 

普通の人なら自分の大切な人のことを想い、パートナーを傷つけてしまったときは、

「ごめんね。傷つけてしまって。」

となるのですが、

自己愛性人格障害のひとの場合は、

自分の信頼のおけるひと=自分の思い通りにしていいひと、

となります。

 

そこが普通の人と違うのです。

なんで?といわれても、

そこの部分が病気で、相手の気持ちが分からないのです。

 

分からないというよりもむしろ、あなたが傷つくところをみて、自分のほうが上だと安心し、どんどんあなたよりも上に立とうとして、それに逆らわない、もしくは逆らっても彼に勝つことができないあなたを見て、満足するのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとに

自分の思い通りになる、と思われることはたいへん危険なことなのです。

自己愛性人格障害はしかたのないこと

こんにちは♡

 

今日は、自己愛性人格障害とは、治らない、ということについて

あなたがどう考えるか、ということについて

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障害の人からの被害は

本当にひどいものです。

 

こんなにも理不尽につぶされたり

悪いうわさをばら撒かれたり、言い訳もできないような状態にされ

強烈なショックを受け続けます。

 

もちろんあなたは何もしていません。

 

でもそれが彼の責任でもないし、

彼にそれをやめることもできません。

それどころか、あなたが歩み寄れば

歩み寄るほど

どんどん勢いをまして完全につぶされてしまいます。

 

自己愛性人格障害は簡単に治る病気でもなく

あなたのせいでも彼のせいでもありません。

 

でもだからといって

彼は、やってはいけないことをやっているのです。

 

見た目にはわかりにくい症状のため

信じられない人が大勢いるので

彼のことを好きになってしまうのです。

 

一度、自己愛性人格障害のことがわかるようになると

もうどれだけやさしくされても

自己愛性人格障害の人と

付き合いたいとは思わなくなるでしょう。

今もTiaraのそばには

数人の自己愛性人格障害の人がいますが

どんなに優しくされても、どうしてそんなに優しくするのか

わかっているので、好きにはなりません。

でも、とても病気とは思えないほど分かりやすい話し方をします。

 

これは、今、Tiaraがこの人のターゲットになっていないからなのですが、

ターゲット以外のひとにはとても親切で紳士的です。

 

よほど自己愛性人格障害ではないひとよりも好感が持てるし

こちらの意思もすごく伝わりやすいです。

 

自己愛性人格障害のことを知らなかったら、お互い独身だし、

好きになっていたかもしれません。

 

でも、どんなに親切にしてもらっても、Tiaraは

自己愛性人格障害のひとを2度と好きにはなりません。

 

この、世間体のよさ、怒鳴っているときもたしかによく見るけれど、

こんなにもふだん印象がいいので、

ターゲットのほうが悪いと思われても不思議ではありません。

たとえ怒ったとしても、

怒ったときの言い訳も完ぺきなので

自己愛性人格障害の人が正しいと思われてしまうでしょう。

 

 

Tiaraのミスのフォローも完璧です。

味方につければ強いと感じる人が多いのではないでしょうか?

 

もしかしたら

自己愛性人格障害の人との距離は

今のTiaraの、この距離がベストかもしれないです。

 

でも、自己愛性人格障害を知らなくて

男女なら好きになるのに時間はかからないでしょう。

 

そして、この彼も、尊大な自分を見せるために必死になっていますが、

優雅で穏やかなので、とても必死な感じは見受けられません

 

このあと、この彼と関係が進展し、自分が虐待されるなどと誰が思うでしょう。

 

そして、この人もバツイチです。

 

なにも聞かされていませんが、

元奥さんとどのような感じで出会い、どのような感じで離婚することになったか、

だいたい想像がつきます。

 

 

見た目には本当に分からないので、

自己愛性人格障害のひとのことを好きになっても

仕方がないと思います。

 

でも付き合いが深くなれば、

本当に恐ろしいことが待ち受けているのです。

自己愛性人格障害の人の物事を決める基準

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の物事を決める基準について

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼から、

人格を全否定されて、ショックを受ける人が多いですが、

自己愛性人格障害の人は、

そもそも物事を決める基準が、普通の人と違います。

 

好きか嫌いか、ではなく自分がいかにすばらしい人間に見えるか

見えないかが、基準となります。

 

だから、愛がさめただとか、浮気だとか、結婚だとかの基準が、

普通の人と違います。

だからそこにやきもちを妬いても仕方のないことで、

彼は自分がいかに立派に見えているか

あなたがどれだけ虐待されても何も言わないで

つぶされてくれるか、それだけにかかっているのです。

 

ただ、そういった相手に離れていかずに

ずっと彼のことだけを尊重し続けてくれて、賞賛してもらって

自分の価値をあげてくれないと

自分では自分の価値が判断できないので、

そういった相手が逃げることを極度に怖がります。

 

それが、別れるときの

あなたへのしがみつき行為になっています。

 

あなたは、彼がまだ自分に愛情があると思ってしまうので

戻ると、どんどんつぶされていきます。

 

それをあなたは、まだ彼の愛情が自分にあると思ってしまうので、

戻ってしまいますが、戻るとどんどんつぶされていきます。

 

そして、彼に否定され続けられながら

彼のそばにい続けるという非常に辛い状態になります。

彼に、新しく興味が移った人ができれば

そのひとのところにいってしまうと、

彼とよりを戻したいとか、彼がもう一度

あなたのところに戻ってくれないかと、

苦しんでいる人がいますが、

彼があなたのところに戻ってくると

また、あなたはつぶされていき苦しくなります。

 

彼の人を選ぶ基準が、虐待できる自分を賞賛してくれる相手

ということに気づいていないのです。

 

あなたは、彼と一緒にいたいと思ってしまっていますが、

これもマインドコントロールで

彼と一緒にいても苦しむだけなのです。

 

自己愛性人格障害という病気を知らないと

彼を普通の人間だと思ってしまい、

一緒にいることで困難を乗り越えて幸せになれる、

と思ってしまっているかもしれませんが、

彼に選ばれるということは

とても危険なのです。

 

これは、本人のせいではなく、

病気のせいで、彼自身も自覚のないことなので

仕方がないのですが、

自尊心があまりにも低いために

自分よりも幸せな人が許せないのです。

 

あなたが幸せな思いをするたびに

強烈に嫉妬されてつぶされていくだけなので

むしろ幸せでいると

彼のそばにいることができず、

幸せでないほうが喜ばれます。

それでも彼自身、品がよく、

仕事ができたり、頭がよかったりするので

とても常識的な人間に見えてしまいますが、

自己愛性人格障害という

とてもおそろしい病気なのです。

 

 

あなたもつぶされたくなかったら

彼のそばを全力で離れることです。

 

彼自身、とても魅力的にあなたに自分のよさで

惹きつけ見捨てられ不安も強いので

それを深い愛情だと勘違いしてしまいがちですが、

あなたの幸せは、彼と離れたところにあるのです。

自己愛性人格障害の人は、自分がいい人に見えるよう常に必死になっている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

本当の人がらについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

その場その場での、一番都合のいい、

尊大な自分のつなぎ合わせ

ということからつじつまが合っていない、

というお話を以前したことがあると思いますが、

それでは、自己愛性人格障害の人は、

本当は素の自分とはどういう人間なのでしょうか?

 

Tiaraは実体験として

元カレと一緒にいて

時々、不思議だな、と思うことがあったのですが、

以前こんなことがありました。

 

 

それは、まだ、自己愛性人格障害という言葉を知らず、

彼が本当はどういう人間なんだろう

と、とっさに思いついて彼に

心理テストをやってもらったことがありました。

 

そうしたら

彼の本当の性格が見えるかもしれない、と思ったのです。

 

 

それはネットからひろった

簡単な心理テストだったと思うのですが、

彼と付き合って

2年ほど経っていたと思います。

 

もうだいぶ彼の性格は

分かってきていました。

 

どんな問題だったか詳しくは、

覚えていませんが、

それにこたえる彼の言葉にどれも

いまいち納得できなかったんです。

 

心理テストや占いとかって

女の子って結構好きですよね?

 

感覚として

Tiaraもほかのひととも

何度かやったことがあるのですが、

だいたい答えていくうちに

あ、ここでそう思うんだ!と新しい発見があったり、

そういう時はこっちを選ぶんだね。と普段の行動と

合致し、相手のことがより分かるようになったり、

その人がやっぱり思った通りの人だったと安心することが

ほとんどです。

 

(そしてこの感覚と言うものが

まさに自己愛性人格障害の人が

まったく分からないものです。)

 

そしてそのイメージは付き合いが深くなろうが

変わりませんでした。

 

そしてよりお互いのことが分かるようになり

心理テストで

けっこう楽しい思いしかしたことしかありません。

 

ところが、彼は違っていました。

「正直に答えてね。」とTiaraが言って

彼も慎重に答えだします。

 

でも、彼の答えはどれも納得できるものでは

なかったんです。

 

 

 

例えば、

 

普段の彼を見ていて

彼だったら絶対こういう風に答えるだろうなあ、

と思う答えとなんだか違うことを

答えるのです。

 

中には、ああ、そうだよね、と思う答えもあったのですが

ほとんどが「ん?」と思うような

答えばかりでした。

 

例えば、彼なら「する」と答える質問に

「しないね。」と答えたり、

彼なら事前に準備するだろうな、

と思う質問には、

「直感で選ぶね。」と答えたり。。

 

え?彼だったらこういう時

そんな風に言うかなあ?と疑うような答えばかりなのです。

 

少しおかしいと思いましたが、もしかしたら彼は

自分がどんなタイプか知られるのが

嫌でわざとちぐはぐな答えを

出しているのかなと思ったんです。

 

 

でも、もし、わざと分からないように

答えたとしても

そうしているのが分かるのですが、

彼の場合は、わざとそうしているようにも

見えないのです。

 

 

本当に分からないというか、

本当は、こうする!っていう

彼の明確な意思がない、というか。。。

 

ほんとうに、その答えがばらばらすぎて

彼がどんな性格なのか、結果が出ないだろうな、

と思えたので、途中でやめてしまいました。

その時、なんとなく彼が

ほっとしたように見えたんです。

 

彼自身、中身がないような気がします。

 

もしかして、あの感じの良さも、

その場その場でその人に合わせているから

感じよく思えるのかもしれません。。

 

 

普段の彼はとても物覚えが早くて

どんな人とも会話を穏やかに続けられるんです。

 

むしろTiaraのほうが分からないことや

知らないことは、会話が止まってしまいます。

 

 

ニュースの話題でも世間話でも仕事の話でも

何も知らないことはないといった感じで

「ああ、そういえば昨日のニュースでやっていましたよね。

政治家なのにあんなこと言っちゃ反感かいますよね?」

「あ、その件でしたら、僕が事前に調べておいたので

来週までに完成します。」

「うちの叔母もそーいうところありますよ。

温泉とか和みますよね~。」

でも、彼、テレビはほとんど見ないんです。

そして温泉に行きたいタイプでもないと思います。

 

いつも部屋では、彼の好きな音楽が流れていたり

テレビはほとんどつけなくて

パソコンで彼の好きな映画が流れています。

 

今時は、パソコンが普及していますので

テレビはほとんど見ず、

YOU TUBEばかり

見ているという人もいると思いますので

全然不思議なことではないのですが、

ニュースは朝も夜も見ません。

 

Tiaraもパソコンばかりなので

テレビはほとんど見ませんが、

朝、会社に行く前に目覚ましテレビくらいは

ついています。

 

あれを見るだけでも

大体のニュースは分かりますが

彼はそれすら見ないんです。

 

まあスマホでニュースなんか見ているかもしれませんが

こだわりやの彼なので

みんなと同じことはほとんどしません。

 

流行りのドラマも一切見ません。

 

まあ、テレビを見ないくらいは

不思議ではないのですが

では、どうやって

会話についていけるのかが

不思議です。

 

 

他人と話しているときは、

普通の好青年といった感じで

それなりにトレンディなドラマやスポーツなども

見ていて、みんなと話が合うように

見えます。

 

 

ドラマやスポーツなどは趣味の問題なので

見なくてもそんなにおかしいことではなく

好きにすればいいと思うのですが、

気になるのは、

ドラマでも何でも話が合わせられると

いうことです。

 

話をしている、ということよりもむしろ

相手に合わせることに集中している、

という風にも見えます。

 

もしかしたら、全く興味を持っていなくても

知っているかのように、自分も少しは

たしなんだことがあるように

話していただけかもしれません。

 

もしかしたら一番、

紳士的で大人に見えるような

答えを探していたのかもしれません。

でも、ほとんど彼と一緒にいるTiaraは

彼がそういったものに

興味を持っていないことを

知っているのです。

 

彼には、

本当の彼自身の信念というものが

ないのかもしれません。

 

自己愛性人格障害の人は、

その場その場で一番都合がいいように

話をするので、少し合わせておけば

あとは、勝手に相手の人が

喜んでぺらぺらしゃべり出していただけのこと

なのかもしれません。

 

世間話なんでしょせんそんなものです。

 

たいていの人は彼のことを感じがいい、

と思うでしょう。

Tiaraも実際にそう思っていたので。。

 

もしかしたら、人に合わせて

感じよく接することなんて

簡単なことなのかもしれません。

 

全く興味がなくても、いかにも知っているように

話していただけかもしれません。

 

 

相手が勝手に気が合うと思って

喜んで接してきていても、彼はただ

自分がいい人に見えるよう全力で、

しかもさりげなく演じていて

話の内容なんて

どうでもいいのかもしれません。

 

そういった意味では彼自身は、

全く中身のない話をしているのかもしれません。