自己愛性人格障害は治るのか?

こんばんは♡

 

自己愛性人格障害。。。

Tiaraの話を怖いことだと思って

拒否する人が多い中、

この不思議な話に興味を持つ人も

少なからずいます。

そして

大好きな世界で一番信用していた

彼が

自己愛性人格障害だった

というショックから

彼の気持ちを

彼の立場に立って

考えました。。

 

自分でいうのも何ですが

Tiaraはたぶん他人の立場に立って

物を考えるのが得意です。

 

それは、自分の好きな人限定でw

 

中学の時、好きな人がいて

その人の立場から

見える景色を研究しましたw

 

Tiaraの席からは

黒板はこうやって見えるけど

たぶん彼の席から見たら

この角度から見えるだろう。。。

 

ちょっとキモイですよねw…

 

でもそれで大体その人は

今をどう感じているか

分かるようになったのです。

 

だから、それ以来

結構

人間関係は得意なほうだと思います。

 

恋愛にもそれなりに

自信がありました。

 

それなのに彼は、

今までの自分が考えていた行動と

違う行動、言動をとる。。。

 

めちゃめちゃ興味がわきますよ。

彼はそういう意味でも

ミステリアスな存在でした。

でも彼と別れて1年。。。

たぶん彼は全くの

別人格になっているような

気がします。

 

Tiaraといるときは

自信家で

堂々としていて

知的で

裏表のない人だと思っていました。

 

厳しい言葉も

Tiaraのことを思って

言ってくれているのだろうと

思っていました。

 

Tiaraと別れたことは

少なからず

彼が変わるきっかけになったと思います。

 

離れた場所にいる彼のことを知るには

なかなか難しい立場にいると思いますが

彼の状況が全く分からないわけでは

ありません。

 

たぶん彼は前にも増して

臆病な存在になっていると思われます。

 

ただ、彼自身そのことに

気づいていないので

話してもわからないでしょう。

 

彼はTiaraに心を許していたので

あんな病的な行動に出たのでしょう。

 

心を通じ合わせる、

自己愛性人格障害の言う信頼関係とは

普通の人が考える、信頼関係とは

全く違う気がします。。

 

自己愛性人格障害の人の言う信頼関係とは

あなたにどんなにひどいことをしても

あなたが彼についてくる、

というのが、自己愛性人格障害の言う

信頼関係なのです。

 

彼は付き合いだした当初

こんなことをよく言っていました。

 

「恋人同士や夫婦って

信頼関係なんだと思うんだ。

 

性格や環境の違う二人が、

けんかしたり、

話し合いをしたりして、

だんだんと

同じようなものの考え方になってく。。。

 

そしてだんだんに

お互いが信じあえる

信頼関係が育っていくと思うんだ。」

 

Tiaraは、彼から言われる

言葉の一つ、

信頼関係について

彼から男女の信頼関係に

ついて

言われることは

Tiaraと感覚が一緒なんだと思っていました。

 

Tiaraはこの人となら

やっていける、そう思っていました。

 

でも

それは全く違うものだったのです。

 

自己愛性人格障害の人の考える

信頼関係。

それは、

あなたに、どんなにひどいことをしても

あなたが自分を信頼してついてくる、

という絶対的な支配欲なのです。

 

外面のソフトな印象からは

想像もできないほどの

支配欲なのです。

 

あなたが彼を慕い

彼に合わせれば合わせるほど

彼はあなたを陥れて

潰していきます。

 

自己愛性人格障害とは、

自分のことを慕い、

愛情をむけてくれる大切な存在を

どうしても潰してしまう悲しい病気なのです。

 

ひどい扱いを受けていることにあなたがなぜ気づかないのか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

なぜ、あなたがひどいことをされていることに

気づかないのか?を説明したいと思います。

 

あなたは、好きな人のことは

特に大目に見てしまいます。

 

あなたは好きな人のことは、

機嫌の悪い時でも、

落ち込んでいるときでも

彼を分かってあげようとします。

 

 

どんな人もいいところばかりでは

ありません。

多かれ少なかれ、

欠点は誰でも持っているでしょう。

 

あなたにもTiaraにもあります。

 

でも、自己愛性人格障害は、

相手の欠点は一切認めません。

それどころか、その欠点を使い、

あなたを、もっとどん底まで

追い詰めます。

 

なぜそんなことをするのか?

そして、そんなことするわけないでしょ?

常識でしょ?

という、

あなたの気持ちを利用するのです。

そんなことするはずのないことを

しているので、

そこの部分が普通の人と違うということになります。

 

普通の人は、

何もしていない人、

ましてや恋人や夫婦には、

わざわざ、嫌がらせを

する人がいるわけがない

と思っています。

 

だからわからないのです。

 

そしてその嫌がらせをしているとき以外は

とてもやさしくあなたに語りかけてくれます。

 

素敵な身なりで迎えに来てくれることも

多いでしょう。

だから、好きになってしまう女性も

多いのです。

[ad#co-1]

でも、あなたは目の前の彼を

本当によく見ていますか?

 

あなたと彼は

平等ですか?

あなたは、彼と一緒にいることによって

幸せになれると思ったから

彼のことを好きになったのではありませんか?

 

彼といたら不幸になる、思って

その人とお付き合いをする人はまずいないでしょう。

 

 

もう少し冷静に自分の幸せについて考えてみましょう。

あなたの人生は

彼を崇めるためにあるものでは

ないのです。

 

彼のストレスを発散させるためのものでもないのです。

 

あなたのための

一度きりの人生です。

 

あなたは

あなたのために

幸せになりましょう。

自己愛性人格障害の前では、絶対に他の人を褒めてはいけない。

こんばんは♡

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害かどうか

どこで見分けたらいいのでしょう。

 

以前、自己愛性人格障害の人が、

完ぺきな人格者を演じ切るというお話をしました。

 

その中でターゲットにされた方が、

自己愛性人格障害の人の前で

褒められたり、

良い成績をとるなど、

人前で目立ってしまったがために、

とことんまで潰される、

というお話が出てきたと思います。。

 

本当に怖いことだと思います。

もし、それがあなたの彼だったら。。。

 

今回はこのことについて

詳しく説明をしていきたいと思います。

人は、よい成績をとったり、

仕事で成功などしたときに

周りから称賛されることがあります。

 

人の成功は、見ていて気持ちがいいし、

羨望のまなざしで

憧れや、羨ましい気持ちをもつひとも

多くいますよね。

それ自体は素晴らしいことだし、

注目を浴びた人も、

気持ちのいいことだと思います。

 

しかし、自己愛性人格障害の前では

それはタブーということになります。

 

自己愛性人格障害は、                                (参考資料 :自己愛人格障害の特徴)

自尊心があまりにも低いがために

自分を恥だと思っていて、

それに耐えることができないほどの

異常な劣等感から、

人を引き下げることで

自分をかろうじて保とうとする病気です。

 

その自己愛性人格障害の人の前で

他人をほめるということは

その人が、その世界で生きていけないほどの

精神的苦痛を、自己愛性人格障害から

与えられてしまうことになるのです。

その、褒めた人ではなく、

褒められた人がターゲットになってしまうのです。

 

だから人前で、人を褒めるときにも

注意が必要です。

 

でも、人はそんなことまで

考えて話してはいないでしょう。

 

周りにすごいと思えるような人がいれば

「すごいですね~。」

なんていう人は

いっぱいいると思います。

 

それが普通です。

 

Tiaraも普通に人を褒め、

普通に人をかばってきました。

 

でも、今は、

むやみやたらに人を褒めたり

かばったりしません。

 

もし、人を褒めたり

かばったりするときは、

本人だけにこっそり伝えるか、

 

自己愛人格障害の人が

周りにいないかどうか、

確認出来て、いないときだけ

「すごいね!」と言ったり

その成功の話を聞いたりします。

 

女の子に「可愛いね。」という時も

気を付けなければいけません。

 

特に何にも細かいことを気にしない、

声の大きいおおらかな人の

「可愛いね!」が

その、言われた人を

地獄にまで落とされてしまうきっかけを

作ってしまうのです。

 

「可愛いね」といったその人は

いい人なのかもしれません。

裏表のないあっけらかんとした性格なのでしょう。

 

それが褒めた人をどん底まで突き落とす

きっかけとなってしまうのです。

人を褒めたり称賛したりするときは

周りで自己愛性人格障害の人が

聞いていないか、

注意して言うようにしてください。

 

なぜ、こんな細かいことまで

考えなければならないのでしょうか。

 

それは、

嫉妬という簡単なものではなく

もっと

究極に自尊心の低い人間の

心を虐待せざるは得ない人たちからの

攻撃から守ることになるのです。

 

人を褒めるときは

周りに自己愛性人格障害の人がいないか

確認してから

褒めるようにしてください。

尊大な人間を完ぺきに演じきる

こんばんは♡

 

自己愛性人格障害は実は臆病な人間だという

お話をしました。

 

今回は、その真逆で

自己愛性人格障害は尊大な人間を

演じる、というお話をします。

 

自己愛性人格障害の被害にあって

その存在に気づいた人は、

ほとんどが次に自己愛性人格障害に会ったら、

分かるといわれています。

 

Tiaraはその存在に気づいてから

次に女の人で自己愛性人格障害の人に

会ったことがあります。

 

2回立て続けに出会ってしまったので

勘弁してほしいと落ち込みましたが、

2回目なので

避けられるかと思って

でも、できるだけ早く

離れる準備を

していました。

 

元カレは紳士的なタイプでしたが、

この方は女性で、

少々ヒステリック気味でした。

出会って2日目くらいに

この人は自己愛性人格障害なのでは?

と思いました。

 

仕事の関係で出会ったのですが、

やはり問題の多い方で、

ほとんどの人が、彼女が嫌で

職場を3か月ほどで辞めていくので

社長も困っていると話していました。

 

見ていると、社長にでも

すごい態度をとるのです。

 

人が変わって完ぺきにいい人になるのは

外部の方が来た時で、

仕事ができて品が良く

よく気配りのできる女性を演じていました。

 

こちらは職場にいた方なので

同じ職場の人たちは

みんな彼女の特徴を知っています。

 

別の女性も彼女のことは

怖いと話していました。

 

男の人にもその特徴はたまに出ると

会社の方にお聞きしました。

男の人にも、

彼女が舐めている上司にも

その態度は出るようです。

 

彼女自身、会社にも

(うつ病)との診断書を提出していたそうです。

 

うつ病なんかではないんですけどね。

 

でもそばで見ていると

感情が不安定なのが見て取れました。

 

皆さんはただ、しゃべり方や行動が怖い、

と言っているだけでしたが、

Tiaraはなぜそうなるのか

その心情もわかっていましたので

彼女とは

はじめから少し

距離を置いて付き合っていました。

 

 

それでも、やっぱり彼のことがあった

すぐ後だったので、怖くてできるだけ早く

彼女とは仕事を離していただきました。

 

おかげで今回は、Tiaraは

ほとんど被害を受けなくて済みました。

 

 

自己愛性人格障害だといっても

性格はそれぞれにありますから

彼とは違う面もあったのですが、

やはりものの考え方は

同じでした。

でも、彼女のほうが

分かりやすく表に出ていたように思います。

 

会社と取引のある

銀行の方や会計事務所

労務士の先生の前では、

とても品が良く、

饒舌で知的な話をします。

 

そんな時はTiaraたちにも

とてもやさしい先輩の顔で

語りかけてきます。

 

皆さん特に突っ込むこともなく

彼女に合わせていましたし、

怖いので、

彼女のご機嫌を取るように話し、

彼女をたててほめちぎります。

 

そんな時の彼女は

満足げで、

「いいのよ。そんなことたいしたことじゃないの。」

と謙遜したりもして

ほんとにいい人に見えます。

 

でも、彼女よりも

違う誰かが仕事で成果を出したり

ほめられるシーンがあると、

その方をどん底に陥れるまで

しかり飛ばし、

人前で恥をかかせて

誰もその仕事で成果を出した人に

話しかけられなくなります。

 

社長は

彼女の言っていることは

厳しいけれども

本当のことを言っているように見える。

とおっしゃっていました。

 

一度でも彼女よりも

いい成績を出したりするようなことがあれば

辞めるまで

日々嫌がらせを

ネチネチと続け、本人が

辞めるというまでその攻撃をやめません

 

ところが、また外部の方が見えると

とたんに

品が良くて仕事ができて

みんなとも仲良くやってる

尊大な自分を完ぺきに

演じ切るのです。

 

逆にそこまで完ぺきに演じ切るのは

すごいなって思ってしまいました。

 

とても裏表があるようには思えません

 

本当に天然で

とても素晴らしく

知的で

常識のある人間に見えます

 

取引先の方も

彼女と話すと

とても満足そうに

「ありがとうございました。」

と言って帰っていきます。

 

彼女は両方を

見せてしまっているのです。

 

裏と表の両方を

社内の人間には

見せてしまっているのです。

 

それでも彼女は

そんなことはしているつもりはありません

 

どうしても、外部の人間には

尊大な自分を見せてしまうのです。

 

外部の方も、

先輩との話を

とても楽しそうにしていらっしゃいました。

 

外部の方には、彼女の本当の姿は、

想像もできないでしょう。

 

 

自己愛性人格障害は

自分を尊大な自分に見せかけ、

(それで満足しているわけではありません。)

そして、陰で

自分の怒りをぶつける相手を

キープしていないと生きられないのです。

自己愛性人格障害の心の奥底は臆病なんです

こんばんは♡

 

お仕事が始まって

記事を書く時間が遅くなってしまいがちですが、

元カレと付き合っていた時、

自己愛性人格障害だと分かってから

Tiaraが知ったすべてのことを

お伝えするつもりで書いていますので、

あなたがこれで、救われれば幸いです。

 

今日は、自己愛性人格障害の臆病な点について

お話していきます。

 

Tiaraは元カレとお別れをした後、

1度だけ、Tiaraの新しい職場に近くで

元カレにあったことがあります。

 

仕事で、銀行に行く用事があり、平日の昼間

繁華街で銀行に向かって歩いていたところ

ばったり元カレと会いました。

 

会えなくなって

10か月ほど経っていましたので

(しかも彼は今のTiaraの職場は知りません)

すごく驚きましたが

長年付き合っていたので、

彼だとすぐにわかりました。

自己愛性人格障害だと分かってはいましたが

思わず、彼に近寄りそうになりました。

彼の名前を呼ぼうとしていしまったのです。

(そこがTiaraのかなり弱いところです)

 

とっさに彼は焦って

上を向いたり下を向いたり、

きょろきょろと挙動不審になりました。

 

ん?と思いましたが

自分から近寄ってはいけないことを思い出し、

そして、もし彼がもう一度普通に話してしまい

今まで通りに頻繁に連絡が来るようになってしまったら

どうしようという考えが頭をよぎりました。

 

せっかく大変な思いをしてまで

元カレと離れたのに

ここで戻ってしまったら

また、同じことの繰り返しになります。

彼がキョロキョロしているのをいいことに

Tiaraも無視して銀行に向かって

歩き出しました。

そのあとは振り返ってもいないので

彼がどうしたかわかりません。

 

ただ、ついてきて声をかけられていないことは

確かです。

 

彼とはもう遠いところに住んでいますので

今までのように簡単には来られない距離です。

 

それなのにTiaraの新しい職場の近くで

ばったり会う。。。

 

そんな偶然があるのか。。。

しかもその日は二人の大切な記念日でした。

 

でもお付き合いをしていた最後のほうは、

記念日の何度も忘れられていましたので

いまさら「記念日だね。」

と言われても逆に嘘臭いだけです。

 

まあ、なのも言われませんでしたけど。

今はGPS機能で

どこにいても探せる時代です。。。

 

もう一度引っ越さなければ。。。

そんな思いも頭によぎりました。

 

スルーして

ほんとによかったと思っています。

 

ところで自己愛性人格障害の人が、

普段、あれだけ人前でも

堂々としているのに、

あの挙動不審は何だったのでしょうか?

 

答えは簡単です。

自己愛性人格障害の方はもともとが

ものすごく臆病なのです。

 

そしてTiaraに自分のしてきたことがばれています。

そして、Tiaraに嫌われている可能性もあります。

 

でも、もしかしたらまだ

自分のことを好きかもしれない。

それを確かめに来たのでしょう。

自己愛性人格障害の人は

臆病だからこそ紳士的。

人の嫌がることをやらない。

人に自分がとり乱しているところを

見せたくない。

 

だから、人前では、

あんなにも、控えめで品があるんです。

ひどい奴だなんて

日本中の人に知られたくない。

 

そんな風にふるまうんです。

だから余計に分からない。

そこがほかの人から見ると

品が良く見えてしまうんです。

 

自己愛性自己愛人格障害は、

極度に人に嫌われることを

恐れるため、

人に嫌われないように

行動していることが

品よく知的に見えてしまうのです。

 

それ勘違いして好きになってしまう人も

少なくありません。

 

だから、街中でばったり会った

挙動不審な行動の彼を

見たとき、その意味が分かりました。

 

自己愛性人格障害は

極度に人に嫌われることを恐れる

普通の人よりも

臆病な人間なのです。

自己愛性人格障害の怒りの元

こんばんは♡

 

自己愛性人格障害の彼と付き合っている間、

Tiaraは本当に楽しい時間と

本当につらい体験を繰り返して

体験していました。

 

元カレのことを憎めないのは、

この、楽しい時間があったからです。

 

勘違いも含め、自己愛性人格障害の被害者が

別れた後も何年も

元カレのことを忘れられない人が多いのは、

この楽しい体験とのギャップから

彼が病気だということが

信じられないからじゃないでしょうか?

 

また、Tiaraは病気だからこそ

彼のせいではない。

 

だから、彼がかわいそう、という

気持ちも入り混じっています。

 

でも、自己愛性人格障害の人から見ると

被害者のそこが好都合なのでしょう。

 

でも、彼が悪い、

と彼本人に言ってしまったら

彼はどうなるのでしょう。

もちろん認めずに、想像を絶する反撃に出ます。

でも、彼がその怒りをぶつける前に

そのまま被害者が逃げてしまった場合

彼はその怒りをぶつける相手がいません。

 

その場合は、

そばにいる、怒りをぶつけても

反撃できない弱い相手を選んで

その人に八つ当たり

という形で

感情をぶちまけるでしょう。

 

感情をぶちまけるといっても

大声を出したり、

怒鳴ったり怒ったりするとは限りません。

 

巧妙に相手に分からないように

相手の弱点を見つけ(だれにでもある)

相手が悪いから

俺は仕方なく怒っている、

という形をとるでしょう。

 

その時に、彼の中で

逃げてしまった被害者に対する気持ちは

どうなっているのでしょう?

 

普通なら、

感情をぶつけるために

どうやっても

被害者に連絡を取ろうとします。

 

「あなたが好きだ!」といい、

何とか取り戻し

また優しい言葉をかけ

あなたを安心させた後、

以前よりも強く

ひどいやり方であなたをおとしめるでしょう。

 

絶対に戻ってはいけません。

 

彼は言葉だけであなたの心臓を

止めるほどのことを

言い出します。

 

自己愛性人格障害は

世間ではモラハラと言われていて

手を出すことはあまりない、

と言われていますが、

まれに、被害者が誰にも

言わないような性格の場合、

出すこともあるようです。

 

とにかく、

自己愛人格性障害だと気付いた時点で、

全力で逃げましょう。

 

自己愛性人格障害の彼が

あなたを攻撃してくるのは、

あなたが自分から絶対に離れない、

と思っている間だけで

あなたが彼から離れてしまって

もう二度と戻らないと確信すると、

彼は急におとなしくなります。

自分が相手を切り捨てるのはいいのですが、

自分が相手から、切り捨てられるのが

怖いのです。

 

その恐怖から全力で追いかけてくるのです。

 

 

ものすごい執着心なのですが、

それは自分が感情をぶつけることのできる

安全な弱い相手が、

どこかに行ってしまうという

恐怖からです。

 

その人が好きでも謝りたいわけでもないのです。

 

だから全力で逃げましょう。

 

そして、あなたが全く彼のことを

見なくなったとき、

彼は急に追いかけてこなくなるのです。

 

逃げてしまうような相手には興味がないのです。

怒りもなくなってしまうでしょう。

 

そしてそこには

臆病で

すごく小さな

おとなしくなった彼の姿が残るでしょう。

 

自己愛人格障害の怖さとは

負けるという恐怖を全力で避けるために

相手を全力でつぶさないと

やられる、という

尋常ではない恐怖心からきているのです。

自己愛性人格障害も実は被害者です

こんばんは♡

いつもは、自己愛性人格障害について

あなたを守るためのお話をさせていただいていますが、

今日は、自己愛性人格障害も実は被害者である、

というお話をさせていただきます。

 

自己愛性人格障害とは、

極端に自尊心が低いため、

それを守らないと生きていけないほどの恐怖を抱えた

いわば、自分を守るために無意識のうちに

自分の一番信頼のおける人物を

痛めつけて自分をかろうじて

保っているという不思議な体質です。

 

性格が悪いわけでも、相手を叩きのめして

喜んで満足しているわけでもないのです。

 

だから彼らにとっては

生きていくのが

常に非常につらい状態です。

 

意外にに思われるかもしれませんが、

被害者であるあなたよりも、自尊心が低いのです。

 

いつも堂々として自信があるように見えるのは

それを完ぺきに隠して生きているからです。

完ぺきに隠さないと耐えられないのです。

ただ、自己愛性人格障害にも性格はあるので

人によって、あるいは性別によっても

いろいろな人がいます。

 

結婚して普通に子供がいる人もいれば

、ある程度、年齢を重ねていても

独身でいる、という人もいます。

 

でも、多くは短い恋愛や結婚を繰り返している人が

多いといわれています。

 

詳しい原因は分かっていませんが、

幼少期の育った環境が影響しているといわれています。

 

Tiaraもいろんなことを知ったうえで、

彼が自己愛人格障害だと気付いたのですが、

彼をそんな風に育てた両親を憎いと思ったことがあります。

 

でも、たいていそんな両親のどちらか一方か

あるいは父母2人ともが自己愛性人格障害の可能性が高いです。

 

だから恨んでも仕方がないと思っています。

 

一時は彼と一緒にいた、長い時間が

無駄だったと感じ、

何のために付き合っていたんだろう、

と思ったこともあります。

 

それでも、結果、

そういうタイプの人間がいて、

その被害者がいるという事実を

知れたことで

多くの被害者の方を救うことができると考えています。

 

世間では認識の薄い病気ですから、

分かってもらえないことが多いでしょう。

被害者の人は、

辛い思いをしているのに

被害者のほうが、悪く思われることも少なくありません。

 

それによってさらに深い奈落の底につき落とされるでしょう。

 

少しでも多くの人に

この病気を知ってほしいのです。

 

そして、できたら自己愛性人格障害の人も

治ってほしいと考えています。

 

Tiaraの元カレにも幸せになってほしいです。

でも、それはほぼ、無理だと考えています。

ただ、最近では自己愛性人格障害の人を治す施設も出てきているらしく

少しは望みがあるのかな?という気はしてきています。

 

でも、残念ながら、

自己愛性人格障害の性格がそもそも

自分の非を自覚できない病気なので、

治療は難しいを思われます。

なので、自己愛性人格障害の人を憎んではいけません

 

そういう人なんだ、と思い、

心で無視してください。

 

自己愛性人格障害の人も被害者だとはいえ、

他人を苦しめてもいい理由にはなりません

 

1人でも多くの被害者の方が、

自由になれるよう願っています。

 

それに、自己愛性人格障害の人にとっても、

周りの人が自分の思い通りに

いつまでも被害にあっていて

自分のそばにいてくれるのであれば、

余計に自分を尊大な人間だと思い込み

気づかないでしょう。

 

自己愛性人格障害の治療の第一歩は

自分で自覚することなのです。

 

だから、多くの被害者が自分から離れていってしまう、

と感じれば

彼も考えるきっかけになります。

彼を助けたければ、あなたが彼から離れることが、

彼にとっても治療の第一歩なのです。

出口を探す

こんにちは♡

前回、自己愛性人格障害思い出を大切にしない

というお話をしましたが、

彼のことが好きなあなたにはショックなことだったと

思います。

 

Tiaraもたくさんの思い出を

元カレと育ててきました。

子供たちとも今でも話すのですが、

「楽しかったよね。」と

言っています。

 

どんなによくても思い出を積み上げていかない

自己愛性人格障害の人ですが、

相手の気持ちをくみ取らない、ということです。

 

どういうことかというと、

自分のしたことは、ちゃんと数えているのですが、

相手のしてくれたこと、というのは

全くのスルーなのです。

 

どんなにあなたが彼のために

してあげたことがあっても

それはスルーなのです。

 

自己愛性人格障害のことをいろいろ説明すると

嫌なことがいっぱい出てきます。

そこだけ見ていると

(じゃなんでそんなに自己愛性人格障害のことが

好きなの?)と疑問も出てくるでしょう。

それは、人前で、あなたのことを

とても大切にするからです。

それは、他人から見て、

優しく語りかける、面倒を見ている、

という風にふるまいます。

 

なので、だれも彼があなたにひどいことをしている、

とは思わないでしょう。

あなたもそんな風に思いません。

 

自己愛性人格障害の人が

人前で、あなたを怒ることもあるでしょう。

でも、普段、

あなたの面倒を見ているように見えるので、

誰も彼のことをひどいとは思いません。

 

Tiaraの場合、会社が一緒でしたので

Tiaraが彼に怒られている場面を、

周りの方たちが見ているシーンも

何度もありました。

でも、「面倒を見てあげているんだな。」と

いう風にしか思っていなかったといわれました。

 

皆さんちゃんと見ているのです。

 

Tiaraが気づきだしたのは

だんだんひどくなっていったからです。

さすがに、そんなことまで言ってくるのは

おかしい。

 

あと頻度も増していきました。

無視の期間も長くなりました。

 

より意味の分からないことで怒られるようになりました。

別れる!といった後に

Tiaraがしばらく何も言わない日が続きました。

 

だんだん分かっていったのです。

意味もなくこじつけて怒っていると。

別れるということも。。

 

すると、自分から言い出したくせに

全力で戻そうとします。

 

以前は、それがうれしくて

Tiaraも戻ってしまっていました。

それでもそのころは(何か理由があるんだろうな)

と思っていたことも

だんだんに何もないことに気づきだしたのです。

 

理由もわからないまま

「ごめんなさい。」と言って許しを請っていたTiaraが

何も言わなくなった。。

 

「別れてもいいよ。」と言い出したのです。

 

すると、なにがなんでもTiaraのせいには

しにくくなってきました。

彼「あなたが分かってくれないんだ。」

Tiara「わからないならいいよ。仕方ないね。」

彼「あなたのことが好きなんだ」

Tiara「好きなら別れ話をしたのはなぜ?」

彼「気づいてほしかった。。」

Tiara「何に?」

 

彼のほうから、別れたかった理由が出てこないのです。

さすがにおかしいですよね。

 

年月が経ってくると、だんだんに分かってくるんです。

何か理由があるのかな?

そう思っていましたけど、なかったんです。

単なる嫌がらせだった。。。

 

大好きな恋人との別れ、本当に辛いですよね。

その時はあなたもごはんものどを通らないほど

だと思います。

毎日泣く人もいます。

何も手につかなくなる人だっているでしょう。

 

それを何度も何度も意味もなくやられるのです。

それは出口のない拷問です。

 

あなたが自分で出口を見つけて

逃げ出さなければ

自己愛性人格障害は

何度でもあなたを追いかけてきて

それを繰り返すのです。

あなたとの大切な思い出を大切にしていますか?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害は、思い出を大切にしない、

ということについて説明します。

 

あなたは、彼との大切な思い出がありますか?

初めてのデート、初めて見に行った映画、

初めて行った遊園地。。。

 

けんかしたとき、仲直りしたとき、

一つ一つの出来事が

大切な思い出になっていることでしょう。

 

彼は、あなたとの思い出話を

懐かしそうに大切そうに

思い出して話したりするシーンが

ありますか?

 

普通の人は、いろいろな思い出が重なり

絆が深まっていくと思うんです。

Tiaraもそう信じていました。

 

 

ところが、自己愛性人格障害は

思い出が積み重なったりしないんですね。

あなただけが、思い出が積み重なって

絆が深まっている、

と信じている。。。

 

 

彼のほうから、あの時はよかったね、という話が

出ますか?

 

あなたとの思い出に浸って

あなたに語りかけますか?

その時の彼の目は?

本当に大切そうな思いをかみしめている顔を

していますか?

 

それならその彼は自己愛性人格障害ではありません。

花火大会、クリスマスイルミネーション、

ロマンチックなセリフに彼からの愛の言葉、

そして、彼からのプロポーズ。。。

 

その直後でも一瞬にして

別れを口にすることがあります。

場合によっては、口にするだけでなく、

そのあと実行することもあります。

 

結婚していても、出ていく。または奥様を追い出す、

「もうあなたのような人とはやっていけないよ。」

「もうやっていく自信がない。」

「頼むから俺を苦しめないで」など。。。

 

彼に原因があるのではなく

あくまでも、あなたに原因があるから

別れるのだといいます。

 

その前に、永遠の愛の言葉など、

感動したり、安心したり、

彼とやっていくんだ、と決意した後だから

ショックは一層大きなものとなります。

 

場合によっては離婚の手続きをした後、

「来週出ていくから。。」というようなことを言い、

出ていかないことも。。。

 

要するにめちゃくちゃなのです。

言動、行動に対して一貫性がないのです。

そして都合が悪くなると

「そんなつもりじゃなかったんだ。。」

「あなたに気づいてほしかったんだ。」

「俺は、あなたがいないと生きていけない!」

 

 

永遠の愛を誓ったのも、別れを言い出したのも

彼です。

わけが分かりません。

 

 

自己愛性人格障害は脳は正常だといわれています。

だから、日常生活は普通の人間と同じようにできるし

仕事もきちんとできます。

何なら、普通の人よりも仕事ができる

自己愛性人格障害も多いです。

 

自己愛性人格障害は、

相手の心を傷つけても平気なのです。

相手が死んでしまっても

「あ、死んだ。。」

くらいにしか思わないでしょう

 

何が普通の人間と違うのかというと

自分以外の人間が

傷ついたらかわいそう、という感情が

あまりにも欠けているのです。

 

病気になったから、わからなくなったのではなく、

初めからない感情なのです。

 

もし、上記のような行動を

彼がとったのなら、できるだけ早く

彼から離れたほうがいいでしょう。

 

その彼は、性格が悪いのではなく

自己愛性人格障害という病気なのです。

自己愛性人格障害との接し方

こんばんは♡

 

前回、もし相手が自己愛性人格障害だった場合、

心の中で無視をするといい、というお話をしました。

 

もし、仕事などで関わる人だったり、

どうしてもお付き合いをしないわけには

いけない人だった場合は、仕事の話は普通にして

終わったら即座にひく、というのが

一番平和に付き合う方法です。

 

ただ、それもまだ、あまり関わっていないうちに

その人が、自己愛性人格障害だった場合ですよね?

 

それが、分からないと、

付き合い方を考えることすらしませんよね?

 

まず、だれがどんな人なのか、

わからないうちは、あなたがどんな人間なのか

見せすぎない、ということをお勧めします。

 

もともとTiaraは裏表がないので、

初めて会った瞬間から、だれに対しても

素の自分を見せる性格でした。

(見せるというよりは、見せてしまうといったほうが

いいかもしれません。)

 

でも、今は、

はじめのうちは、自分をあまり見せません。

それでも、もともとの性格は

変えられないので、どうしても

見えてしまうことは、多々ありますが、

なるべく気を付けています。

ただ、なにより、Tiaraの場合、

少し話をしただけで

タイプ的に、気を付けたほうがいい人、というのは

分かってしまうようになったので

たいていは、その人だけに

自分を見せないようになっていきますが。

 

Tiaraの彼とは、ちょっと違うタイプの

自己愛人格障害でも、分かるようになってしまったため、

気づいた段階で、できるだけ離れるようにします。

 

なので、あなたもある程度は見抜けるようになると

自己愛性人格障害の人にだけ、

自分を極力見せず、

できるだけ離れるようにすればいいだけ。

 

普通の人には、

あなたの性格は、むしろ好かれることのほうが多いので

そのままでいても大丈夫です。

(自己愛性人格障害の人にも、

嫌われているわけではありませんが、

むしろ危険になるのでなるべく近づかないでください)

 

ただ、自己愛性人格障害の被害にあった人は、

ほとんどの人が、次からは見抜けるようになるので

その人がそばにいるときだけ、

できるだけほかの人とも

あなたのことが分かるような話はしないでください。

 

自己愛性人格障害は、

いい話には嫉妬し、

悪い話には、敏感に反応して

その人の弱みに使うのです。

 

ですから、自己愛性人格障害の人には

いい話も悪い話もしないでください。

 

※これは余談ですが、自己愛性人格障害の人の前で

他の人をほめるのもやめてください。

その人がターゲットになります。

できればプレゼントとも受け取らないほうがいい。

Tiaraがみた、自己愛性人格障害の人は、

よくどこかに行くたびに

お土産を買ってきます。

 

会社の休憩室においてあったり、各個人の机に置いていったりします。

(普通の人もそういうことはします。

お土産を買ってくる人が、自己愛性人格障害だと

勘違いしないでください。)

 

ただ、ほんとに頻繁です。

だから余計に

(あの人は普通の人より気が利くね)となってしまいがちですが。。

 

自己愛性人格障害の人を調子に乗らせる一因になります。

お土産を買ってくる心情としては

普通の人は、(お出かけしてきたからおすそ分け、とか

日頃お世話になってるから、というのが

理由ではないでしょうか。

 

美味しそうだったから、とか

前にもらったから、というのもあるでしょう。

普通の人は単純にお土産を買ってくるのです。

 

自己愛性人格障害の人はいい人だと思われたい、

という気持ちが尋常ではないのです。

誰でもいい人だと思われたい、とは思うでしょ。

まあ、他人からどう思われようとかまわない、という人もいるでしょうが。

 

この場合、他人からどう思われてもかまわない、

と本気で思っている人は、

自己愛性人格障害ではありません。

 

自己愛性人格障害は、極度に嫌われることを恐れる、

臆病な面を隠し持っているのです。

 

しかも、それを完ぺきに隠しているのです。