自己愛性人格障害の人が必ずとる奇妙な行動

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人が

必ず取る奇妙な行動について

お話ししたいと思います。

 

以前からお話ししている事ですが、

自己愛性人格障害の人は

自分の方が立場が強い、

と感じているときは

嬉嬉として

目立つ行動を取り続けます。

 

周りを威嚇するように

とても低い声で

あなたを嗜める事を

永遠言い続けたり

周りが聞いている事前提で

あなたに親切にしたり、

自分の有能さを

アピールしたりしています。

 

特にターゲットの前では

ターゲットの欠点を

周りの人が聞いている前提で

自分がそれで

どんなに迷惑をかけられているかを

訴えたり、

ターゲットが何かいうたびに

否定をしてくるような事をすると思います。

初めのうちは、周りの人も

それをあなたの方が悪いから

怒られてる、

と思ってしまう人もいるでしょうし

特定の人ばかりを

ののしる自己愛性人格障害の人を

あまりよく思わない人も

いると思います。

 

ところがあまりにも長い期間

そういった事を続けていると

だんだんと周りにも

自己愛性人格障害の人を疑いだす人が

多くなってきて

自己愛性人格障害の人がやっていることが

周りの人にもバレてきます。

 

周りの人がおかしいと感じ始めると

それを即座に感じ取り

瞬時におとなしくなり、

存在していることすら分からなくなり、

本当に姿をくらます

自己愛性人格障害の人もいます。

 

そうなると

今まであんなにも目立っていたのに

いても、どこにいるかわからないほど

存在感がなくなってしまうし、

声も小さくなり、

話していても何を話しているのか、

近くで聞いていても分からないほど

聞こえなくなります。

 

 

ほとんどの自己愛性人格障害の人が

出来る事だと思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

その極端に臆病な性格から

本当に心を許す

近くにいるターゲットだけにしか

聞こえない声で

ターゲットを脅すことができるのです。

 

本当は自分が

どんなにひどいことをしているか

心のどこかで自覚しているのですが

それがバレない様に必死になります。

 

 

それがその

聞こえない声での説教や

嫌がらせになります。

 

自己愛性人格障害の被害者や

その周りの人たちは

自己愛性人格障害の人が

ターゲットの事を

嫌いだと思いがちですが

本当はそんなことはありません。

 

むしろ自分がひどい事をしても

許してくれたり

水に流してくれたり、

もしくはそんなひどい事をしても

嫌われるわけがないと

たかをくくっているのです。

 

優しくしたり、

相手の気持ちを

組んであげる事で攻撃されているとしたら

もうあなたは

優しい人間ではいられないのかと

思ってしまいますよね?

 

まず、あなたが優しさを出していい人間と

いけない人間の区別がついていません。

 

世の中の

誰にでも優しい人がいいという常識が

被害者をどんどん

苦しめてしまいます。

あなたの思いやりや共感力は

普通の人に出すと

あなたがいい人間関係を作る

手助けになるのですが、

自己愛性人格障害の人は

あなたがいい人間だと思われる事を

許しません。

 

あなたが

周りに人から大切に扱われることに

恐怖を感じているのです。

 

だからまず

あなたがしなければならないことは

自己愛性人格障害の人の前では

あなたの優しさも弱さも

出してはいけません。

 

自己愛性人格障害の人の前で

優しさを出してしまうと

あなたが周りに人にすかれることに

恐怖を感じてしまいます。

 

なぜなら、

自己愛性人格障害の人は

極端に自尊心がないので

もしあなたが

周りの人間から好かれてしまうと

自分が価値のない人間のように思えてしまい

苦しいのです。

 

だからあなたが

周りの人に良く思われることを

邪魔してくるのです。

 

逆に自己愛性人格障害の人に

あなたが弱さを見せてしまうと

あなたは

攻撃してもいい相手とされてしまい、

あなたを悪者にして堂々と罵ったり

あなたが周りの人からも

怒られても仕方の無い人間だと思わせて

堂々と正義の鉄剣を喰らわせて

あなたを退治しようとしてくるのです。

 

まず、あなたが攻撃されないために

あなたがしなければいけないことは

以下の2つになります。

 

普段は意識していないことだと

思うのですが、

今日からこれを実践してみてください。

 

1.普段の反応をすべて薄くする。

楽しいことがあっても、

いかにも嬉そうな表情や

笑い声を出さないことです。

 

ただ、あなたが

楽しそうにしていただけでも

自己愛性人格障害の人は

自分の存在価値に

恐怖を感じます。

 

無表情になれというわけではなく

少し微笑む感じで口角を

少しだけあげて喜びを表現します。

 

普段はそこまで自分の表情に

意識をしていないと思うのですが、

あなたの周りに

自己愛性人格障害の人がいるときは

これを意識してやってみてください。

 

2.あなたが悲しい時も

極端に悲しい顔はしないでください。

 

特に自己愛性人格障害の人に

嫌がらせをされた時などは

なんとも思っていないような表情をして

ただ黙って少し顔を後ろに

引いてください。

 

「え?」という感じです。

そんなことするの?

みたいに。。

 

そして、そのあとは

何事もなかったかのように

次の行動に淡々と移って

そんなことはなかったかのように切り替えて

思い出しもしないでください。

 

そうすると、自己愛性人格障害の人は

あなたにした自分の攻撃が

効いているか効いていないか

分からなくなります。

 

自己愛性人格障害の人は

極端に共感力がないため

あなたが表情に出さなければ

あなたがそれをどれほど嫌か

分からなくなります。

 

あなたが嫌だと思わないことを

やり続けても意味がないので

自己愛性人格障害の人は

だんだんとそれをやらなくなります。

 

だから、むしろ、

あなたがされて嫌なことほど

堪えていない、という表情をした方が

あなたにとって得となります。

 

ただ、本当に酷いことをしていた場合は

あなたが堪えるわけではないのですが

そんなことをする自己愛性人格障害の人が

軽蔑された、と思わせることで

自分が恥をかきます。

 

少し後ろに引いて、

「え?」という表情をするのは

そのためです。

 

自己愛性人格障害の人が

自分がしたことで損をする、

と感じるように持っていけば

段々とあなたには攻撃を

仕掛けにくくなるでしょう。

 

続けていれば

あなたは

どんどん攻撃されにくくなってきますので

長期戦だと思って

ゆっくりと時間をかけて

やるつもりでこの2つを

今日から心がけていってください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください