自己愛性人格障害の人との課題の切り離し

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人が

今後、被害を受けない為には

どうしたら良いかについて

お話ししていこうと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

とても素直な人が多いとおもいます。

 

相手を疑わず、

ただ、そのままを

素直に受け取ってしまう、

自分の誠心誠意を

認めてもらおうとするばかりで

相手をしっかりと

判断していません。

 

そして共感力が高い為に

相手の気持ちになろうとしすぎてしまい、

あなたが我慢してしまっていることに

気付いていないのではないでしょうか?

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

本当に人がいい人が多いので

自分のどこが悪いのか

分からない人が多いと思います。

 

あなたのどこが悪いのか。。

 

それは相手の課題に

必要以上に共感してしまい、

その責任感の強さから

相手の為に自分を我慢させてしまい、

相手の課題を

自分の課題としてととらえてしまって

あなた自身が苦しくなってしまうのです。

自己愛性人格障害の人は

表向きはそうは見えないのですが

心に闇を抱えているので

なんでも自分のせいにしてしまう

共感力の高いあなたを見て

攻撃してもよい相手、とみなし

自分の中のイライラをぶつけることで

すっきりしているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自尊心をあげたがっているので

自分を称賛してくれる人が

とても好きなんですよね。

 

そして人がいいあなたを見て

攻撃してもいい相手だとみなし、

なんでもあなたが悪いことにして

自分のストレスを発散させています。

 

ですが、自己愛性人格障害の人のストレスは

自分でもわかっていませんが

幼い頃から蓄積されているものなので

1度くらいの解消で終わりではないのです。

 

永遠にイライラし続け

ですが、極端に臆病な為、

そのイライラを誰にでも出すわけではなく

出しても大丈夫な相手の目に前に行くまで

引っ込めておいて

受け止めてくれる人に

その全てを全力で出すのです。

 

それも自分が悪者になることには

ひどく臆病なので

その相手のせいにできるように

上手いこと理由をつけて

正々堂々と

イライラをぶつけるので

周りから見てもあなたが悪いように

交錯されます。

 

だから周りの人から見たら

あなたが悪いように見せかけることに

必死なので

何もしていないあなたが

あなたの知らないうちに悪者になり、

自己愛性人格障害の人に

怒られても仕方がないよね、

と同情さえされることなく

周りの人の信用まで失ってしまいます。

 

いくら自分のことは

どうでもいいあなたでも

そこまで思われていると

何もしていないのに

信頼されない人間に

見せかけられてしまうのは

ふに落ちないですよね。。

 

自己愛性人格障害の人のそばにいると

あなたは周りの人から信用されなくなって

孤立してしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人は

そんなつもりもないのですが

どうしてもターゲットを

孤立させてしまいます。

 

そうしないと

堂々とあなたを叩くことはできませんし、

自分が悪者になるのは嫌なので

相手にイライラをぶつけたいので

その為にはあなたが悪いと思われていたり、

あなたが孤立しているほうが

好都合なのです。

 

そうすればあなたを

正義という鉄拳の元に

堂々と叩くことが出来るからなのです。

 

自己愛性人格障害の人の都合で

何もしていないのに

あなた自身が悪者になってしまうのは

いやですよね。

 

それなら自己愛性人格障害の人から

離れたほうが良いのです。

 

もし自己愛性人格障害の人が

あなたの恋人や

旦那様だった場合は

信頼の糸は切れてしまうでしょう。

 

 

どんなに好きでも

自己愛性人格障害の人に

周りの人をコントロールされる

のです。

 

そんなの嫌ですよね。

 

いくら自己愛性人格障害の彼が

好きだとしても

だんだんそばにいたくない

と思う様になるでしょう。

 

だから、あなたにも気付かれないよう

あなたに優しくしているだけなのです。

 

全ては自分のためで

あなたのことなど考えていないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のことで精一杯で

相手のことなど考えていられません。

 

そんな人のそばにいて

あなたの存在を否定されていたら

あなたは自分の罪ではないことで

あなたの存在を脅かされます。

 

相手が自己愛性人格障害だと気付いたら

全力で逃げてください。

 

あなたが逃げていれば

あなたに

自分がしていることがばれると、

あなたが怖くなり

あなたに攻撃を仕掛けてこなくなります。

 

あなたさえ無関心になれば

攻撃しても良い相手か、

判断が付かないのです。

 

自己愛性人格障害の人の

攻撃の相手にならないように

あなたの共感力を一方的に相手に使って

あなたが孤立していないか

よく見ていると

あなたがまともに

相手にしていい相手かどうか

見破るように

注意して観察してみましょう。

 

自己愛性人格障害の人は

自分のミスを

すべて別の人のミスだと思い込みます。

 

相手の問題を

あなたの問題にされないように

気を付けましょう。

 

もしあなたの相手が

自己愛性人格障害だとわかったら

相手の問題をあなたの問題だと思い込み

課題の切り離しができないように

ならないようにしてみてください。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください