自己愛性人格障害の人にはいろいろなタイプの人がいる

こんにちは

今日は、

自己愛性人格障害の種類について

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害とは

有能で魅力的な人物に見える人が

とても多いと思いますが

その人物像は他の人と同じで

性格によって

色々なタイプの人がいます。

 

 

自己愛性人格障害の

他のブログを見ていますと

書いているライターさんの

出会った自己愛性人格障害の人の

タイプによって

「自己愛性人格障害の人は

幼く見えます。」

という人やパワハラのような

「大声で怒鳴り散らして

周りを威嚇する人物」

と書いてある場合もありますし

「大人しく普段は目立たないが

自分のことを

認めてくれる人の中に入ると

急に自慢話をし出す人だ」

と書いてあるものもあります。

 

一般的にはそれだけで

自己愛性人格障害とは言えません。

何もしていない人や

自分を認めてくれる人を

おとしめてその人が堪えているところを

眺めて高揚する、という特徴がなければ

自己愛性人格障害とは言えません。

 

ただ、目立ちたがりの人や

自慢話しを繰り返すような目立つ人物でも

誰かを攻撃したりしなければ

自己愛性人格障害ではなく

その人の個性なのです。

 

確かにTiaraも今まで

色々なタイプの

自己愛性人格障害の人を見てきましたが

初めは話がおもしろく

Tiaraもその話に

引き込まれることが多いです。

 

魅力的な人物だな、

おもしろいことをいうなあ

この人と一緒に居たら

楽しいだろうな、と思いますが

確かに自己愛性人格障害の場合は

それを予感させる特徴を持っています。

 

まず、その人が有能な話や

おもしろい過去の出来事、

とても活躍した話や

自分の才能について話す時

必ず、Tiaraだけではなく

その周りの人に

聞こえるような感じで話していて

Tiaraだけに話している感じでは

ありません。

 

親切にしてくれる時も

必ず周りに人がいることが前提で

被害者にして惹きつけよう、

と考えている場合以外では

人がいない所で

親切にすることはありません。

 

必ず

誰かが見ていることが条件で

親切にしているのです。

 

Tiaraを使って

Tiaraに話をしているように見えて

実は周りに自分の存在を

アピールしているのです。

 

ですから確かに

声の大きい人が多いのかもしれませんが

静かな落ち着いた声で

話す自己愛性人格障害の人も

何人かお見えになりますが

その場合は

自分の落ち着いた雰囲気も

同時に周りに見せている場合だと思います。

 

これはどちらかと言うと

男性の自己愛性人格障害に多いタイプで

女性の自己愛性人格障害よりは

初めはわかりにくいかもしれません。

 

落ち着いているな、

紳士的で有能なステキな人だな、

という印象を持ちますが

自己愛性人格障害の可能性がある、と

初めから少し警戒をして

接していますが、

やはり、しばらく経つと

その人が

とても怖い人物だと言うことが

Tiaraの耳に入ってきたり

その人が誰かを威嚇して

押さえつけているところを

必ず目にします。

 

女性のタイプは

わかりやすいタイプと

わかりにくいタイプがいて

分かりやすいタイプだと

「わたしはね。。」と

大げさに有能な感じを

ひけらかしながら話して

過去に自分が

どんな実績を残してきたかを

イメージさせるような話や

本当に実績のある

自己愛性人格障害の人は

自分の実績について具体的に

Tiaraだけではなく

周りの人にも聞こえるかのような

話し方をするので

当然声はよく通りますし、

とても大きな声で話します。

 

実績のない場合は

わたしもやったことがあるわよ。」とか

それくらいできなきゃね。」と

できるんだな、

と連想させるような話し方をしますが

実際にその人が

やっているところを

目撃したことはありません。

Tiaraは自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を見せるために

息を吸うように嘘をつく、

と言う特徴を知っているので

嘘だな、とわかりますが

周りにいる人は

やっているイメージだけで

すごいなと鵜呑みにする人も多くいます。

 

ただ、このタイプは

新人でも上司のような話し方をして

上から目線で話をしてするので

自己愛性人格障害を知らない人でも

多少は怖い人かもな、

と警戒もする人もいるでしょう。

 

 

怖いのは

可愛い若い女の子の中にも

自己愛性人格障害はいるのですが

このタイプは

男性はファンになる人も多く

可愛らしいので

とても自己愛性人格障害には

見えないのですが、

ある日突然仲間外れにしてきて

それも悪気はない、と言う感じで

被害者の周りで

被害者だけを無視した状態で

何ヶ月も周りの人を魅了しながら

楽しく話をされたり

他の人に親切にしたりすることを

やり続けますので

被害者は

誰にも分かってもらえない状態で辛くなり

その場にいられなくなって

姿を消します。

 

Tiaraが気付いて

気にしないで、

そう言うことやり続ける人達だから」

とアドバイスしても

数ヶ月もずっと存在を無視し続けられて

他の人とは

うまくやっていることを

すぐそばで続けられると

相手にしてほしい、

と思っているわけではなくても

耐えられなくなり、

自分の方が憎しみから

どうにかなりそうになり

そんな自分に嫌気がさして

逃げたくなるようです。

 

そんな時、

tiaraは耳栓をおすすめしているのですが

あと最近では

ワイヤレスのイヤフォンありますよね?

それで小さな音で

音楽を聴きながら仕事をするとかも

お勧めしたのですが、

これも見つかると

会社では問題になる事もあるでしょうし、

そもそも

ターゲットになっているのでそのことから

上司に報告されてしまう事も

あるでしょう。

 

ですので

耳栓が一番お勧めです。

 

それが無関心になる

手助けをしてくれると思います。

自分が無関心になれれば

それが一番いいのですが、

どうしも

無関心になれない人には

イヤフォンをお勧めしています。

 

ですが、このタイプも長くやり続けて

周りにいる人がどんどん辞めていけば

だんだんと気づかれるように

なってくるでしょう。

 

このように

自己愛性人格障害には

色々なタイプがいますので

その対応に応じて対処が必要ですが

どんなタイプにも共通することは

無関心になることです。

 

自己愛性人格障害には

関わってはいけないと強く頭に刻み込み

話も嘘が混じっていると思えば

関心を持つ事も

興味を持つ事もなくなりますので

恋人になって忘れられなくなる、

という被害も防げるでしょう。

 

Tiaraも自分が経験した後にも

自己愛性人格障害と付き合っていて

気づけば別れていて相手の方が

怒っているところを

何度も目撃していますので

ひどい目にあったんだな、

と予想することができます。

 

それでも別れられた人はまだいい

と思っているのですが

純粋に信じてしまった人が

自己愛性人格障害の人を忘れることは

容易ではありません。

 

話してみて、

相手に自己愛性人格障害の

要素が見られた時は

はじめから可能性を警戒し、

それでもその機体を裏切られる事によって

この人は違う、と判断した時には

それからその人と深く関わっても

遅くはないでしょう。

 

魅力的な人物だからといって

初めから鵜呑みにして

すぐに飛びつくことだけは

あなたのためにも

やめるようにしましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください