自己愛性人格障害の人の前でのあなたの対応についてベストな方法とは?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の前での

あなたの対応について

お話ししたいと思います。

 

もし今、あなたが自己愛性人格障害の人から

何らかの攻撃をされていて

苦しいと感じるなら、

あなたの日常の態度に

問題があるのかもしれません。

 

問題がある、というのは別に

あなたが悪い、

ということではありません。

 

自己愛性人格障害の被害に遭う様な人は

極端に優しい人か

極端に善人なひとが多いです。

 

そして真面目で忍耐強く

責任感の強い人であればあるほど

自己愛性人格障害の被害に遭います。

 

常識から考えたら

いいことばかりですよね?

 

ところが、

自己愛性人格障害の人にはあなたの優しさが

普通の人に接する態度と

同じ対応をしていると

あなたの態度が弱い人間だと

印象付けてしまう場合があります。

 

また、

自己愛性人格障害の人は普通の人よりも

極端に価値のある人間にこだわっていて

自分が尊大な人間だという事を脅かす人を

恐れています。

 

あなたの優しさや明るさが他の人から

いい印象をもたれることにさえ

恐怖を感じているのです。

 

そのどちらも、

あなたが攻撃される原因になりうるので

あなたが弱い人間だと思われることも

あなたが周りの人から

魅力的だと思われることも

避けなければなりません。

 

 

とはいえ、

じゃあ、優しい人だとか

いい人だと思われちゃいけないの?

と怒る人がたまにいるのですが、

それはあなたが持って生まれた

あなたの長所なので

それをなくす必要はありませんし、

普通の人から見たら

それはあなたを好きになる大切な要素です。

 

ただ、自己愛性人格障害の人は

自尊心がないために

自分のことしか考えられないので

自分以外の人間がいい人だと思われることにも

極端な恐怖心を抱いてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の相談を聞いていますと

被害者が

だんだんと周りの人から

よく思われなくなっていく様子を

しばしば耳にするのですが、

それは、自己愛性人格障害の人が

被害者が周りの人からよく思われない様に

周りの人たちをコントロールしています。

 

なぜ、そんな事をするのかというと

自分が被害者に対して

ひどい事をしていることに

うすうす気付いているのですが、

それを認めることにも

壮大な恐怖心を抱いていますので

それを認めることもできません。

 

だってそんな事をしていることが

周りの人にバレてしまったら

自分は世間から排除されてしまうことは

知っているので

何としても隠さなければいけません。

 

ですが、どうしても

もともとお腹の中にある爆発しそうな怒りを

ぶつける相手が欲しいので

そのぶつける相手が

ぶつけてもいいほど酷い相手だと

相手にもその周りの人にも思わせる

必要があります。

 

そうすることで自己愛性人格障害の人は

正当な理由で

どうしても怒りを持ってしまう

と印象付けることができるので

自分が悪い人間だとバレないと思っています。

 

だから被害者を少しづつ

悪く見せる様に

常にコントロールして話したり

その場の態度をとったりしているので

何も知らない人は

被害者が何かしたから

自己愛性人格障害の人は怒っているのかな、

と思ってしまいます。

あなたが申し訳なさそうな顔をして

必死で自己愛性人格障害のひとに

わかってもらおうとすればするほど

あなたの方が悪く見えてしまい、

自己愛性人格障害の人の嘘が

本当のことの様になってしまいます。

 

だからあなたは自己愛性人格障害の人の罪を

請け負ってはいけません。

 

自己愛性人格障害の人の罪は

きちんと自己愛性人格障害のひとに

そっとお返しして差し上げるのです。

 

そのためには

あなたが自己愛性人格障害のひとに

わかってもらおうとしてはいけません。

 

あなたが自己愛性人格障害の人と一緒にいて

あなたが苦しい思いをしているのなら

あなたはきちんと自分が傷つけられている事を

自覚するべきなのです。

 

自己愛性人格障害の被害に合う様な人は

自己防衛本能のブレーキが壊れていますので

自分が傷つけられる事を

軽視する傾向にあります。

 

そうしていると

あなたの方がどんどん悪者に

なっていってしまうし、

あなた自身も

やってはいないことへの罪で

罪悪感に苦しめられてしまいます。

 

すると周りの人は

誰もあなたのいう事を

聞かなくなってしまうでしょう。

 

理不尽な思いをしているのはあなたの方なのに

あなたがどんどん信頼を失っていきます。

 

しかし、初めのうちはバレなくても

どうしても時間と共に

どんどんバレていってしまいます。

 

だからそのうちには

自己愛性人格障害の人と被害者の

そのどちらのいうことも

誰も聞かなくなってしまうことのほうが

多いです。

 

だから、被害者も加害者も

最後には周りの信用を失ってしまうのですが、

本当はあなたは何もしていないですよね?

 

そうならないためにも

あなたが自己愛性人格障害の人から

攻撃される事を避けなければなりません。

 

惹きつけ行為もやがてはあなたを貶めるために

惹きつけているだけなのですから

信用してはなりません。

 

惹きつけられれば惹きつけられるほど

あなたの方も彼と離れることが

苦しくなってしまうし

あなたが苦しめられるひとに

自らすり寄っていく形になってしまい、

抜けることが非常に困難になります。

 

だから

あなたが優しい人間だということは

自己愛性人格障害の人の前では

隠すべきだと思います。

 

ですが、もし自己愛性人格障害のひとが

あなたの恋人だったり、

ご主人だったりした場合は

わかってもらいたい、

という気持ちが強いと思いますので

彼にわかってもらおうとすればするほど

状態は悪くなってしまいます。

 

もし、自己愛性人格障害のひとが

会社の上司や同僚だった時も

できるだけうまくやっていきたいと思うので

より優しくしたり、

自己愛性人格障害のひとにわかってもらおうと

してしまうので

事態はさらに悪化してしまうでしょう。

日頃から言っていることですが、

自己愛性人格障害の人は

普通の人と全て逆の思いを持っています。

 

だからあなたがもし、

うまくやっていきたい、と思っているのなら

自己愛性人格障害の人とは

できるだけ関わってはいけません。

 

恋人の場合は

別れたくないという人もいるでしょうから

まずあなたの優しさを

彼に向けることはやめましょう。

 

彼と今まで話し合いを何度もしてきたり

彼によく思ってもらおうとして

彼に尽くしてきた人は

今までの様な関係で

うまくいっていないとしたら

そのやり方を変えなければ

現状はかわりません。

 

かと言って冷たくしろ、とか

酷い態度をとれ!というわけでもないのです。

 

 

あなたはただ、

自分の印象を自分で意識して

薄くしてください。

 

少しづつでいいので

自分で意識してあなたの言葉数を減らすよう

心がけたり

思いを表情に出さないように

していってください。

 

意識をしてみると

だんだんできるようになります。

 

そうすることで、自己愛性人格障害の人は

あなたが何を考えているか

だんだん分からなくなりますから

あなたに攻撃をしてもいいのか

判断ができなくなります。

 

あなたの優しさは、

自己愛性人格障害の人のいないところでだけ

出すようにしてください。

 

自己愛性人格障害の人は

普段はそうは見えませんが

普通の人よりも

ひとに嫌われる事に極端に怯えていますから

あなたに嫌われることにも

非常に怯えています。

 

逆にあなたが今攻撃されているのは

あなたには嫌われない、

とタカをくくっているので

攻撃できる、といえます。

 

また、あなたが何をするか分からない、

と恐怖心を抱くこともありませんから

安心してあなたに攻撃ができているのです。

 

それは

共感力のない自己愛性人格障害の人でも

わかるくらい

あなたが

自己愛性人格障害の人に

あなたの感情を見せ過ぎているのです。

 

だからあなたの感情や思いは

自己愛性人格障害の人の前では

隠すほうが

あなたは自己愛性人格障害の人から

攻撃されにくくなります。

 

今から意識して

そういうあなたが自然だと

思われるようになるまで

あなたの印象を薄くして

あなたが感情を見せてもいい相手だけの前で

あなたの優しさや感情を使っていくと

良いでしょう。

 

決して

何も考えずに動くことはやめてくださいね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください