自己愛性人格障害の人は周りを巻き込んで自分を良く見せるために穏やかに談笑する

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の人に

どうしても狙われてしまう人の特徴について

お話ししたいと思います。

 

あなたは、自己愛性人格障害の人の穏やかな姿に

何も考えずに誤魔化されているのです。

 

 

あなたの恋人やあなたの旦那様から

いいように扱われていると感じているのなら

それはあなたに原因があります。

 

あなたがこれ以上、

相手から好きなように扱われないためには

まずこの原因を取り除く必要があります。

 

その原因は普段、

あなたがいいと思っているようなことや

あなたが善人だと思っていることに

その原因があるのです。

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方のほとんどが

相手の気持ちがわかりすぎるほどの

共感力の持ち主です。

 

自分を犠牲にして

相手のことを思う人ほど

ひどい目に遭っているし、それでいて

自分が悪者になって孤立しています。

 

でも、よく考えたらこれは当然の結末ですよね?

だって、相手に都合よく

自分を大事にしていないからこそ、

悪者になっていても黙っているのです。

 

かといって、それに気づくと

今度は被害者の方が腹が立ってきて

過剰に怒ってしまうので

これもまた周りの人が

ドン引きになってしまう原因になってしまうのです。

 

本当は優しいはずなのに

自分のことしか考えていない人よりも

悪く見られてしまいます。

 

自己愛性人格障害とは

人から嫌われることに極端に怯えているので

自分を良く見せることを常にしています。

 

だからこそ、周りからの印象がとても良いし、

好感度が高くなります。

 

ですが、本当は自分がしたことも

他人のせいにして逃げ回っているので

ひどいことをしていることが

周りの人から見えていないのです。

 

そして被害者になりやすい人は

自分がどう見えるかよりも

相手に尽くす事で自分を認めてもらうことに

必死になっていますから

必死の努力を重ねながら

自己愛性人格障害の人が

自分のせいにしていることにすら気づかないのです。

 

まさか、こんなにも尽くしている私に

ひどいことなんてしないよね?

と思い込んで現実を見ていません。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

その場にいられなくなることが多く、

職場では多くの場合、自分から退職することになって

「こんなところにいたくない。

さっさと見切りをつけたほうが正解だわ。」

と消えていきますが、

時間が経てば、

ただ単に忘れ去られた人になるだけで

自己愛性人格障害の人が犯したひどいことは

すべてその人のせいになっていることさえあります。

 

 

こんなことになる前に

自己愛性人格障害の人に気づいて

その人の罪を背負わないようにしたいと

思いませんか?

 

それが、例え好きな人だとしても

あなたはその人が

本当にあなたのことを思ってくれる人なのか、

判断できているでしょうか?

 

自己愛性人格障害の人の特徴として

周りの人と穏やかに談笑する、という場面を

よく見かけます。

 

だから、Tiaraは穏やかに談笑している人が居ると

その人の周りの人は

自己愛性人格障害の人に

合わせさせられているのではないかと

疑います。

 

もし、合わせさせられているとしても

その周りの人たちは気づかず、

自己愛性人格障害の人の人が

本当に穏やかな心の広い人だと

勘違いしていることが多いです。

 

昨日のブログでも書きましたが、

自己愛性人格障害の人が切羽詰まっていると

なんとしてもよく見せたいと言う思いが強く、

無理矢理、話を長引かせられて、

共感力の高い人たちが

もうそろそろ、他のことがやりたいのに

なんか知らんけど逃れられない、ということ思いから

自分でも気づかない間に自己愛性人格障害の人に縛られて

席を立ちたいのに立てない、という苦しみから

顔が赤くなっていることがあります。

 

そんな場面を見ると、

中心で、穏やかに話している人は

間違いなく自己愛性人格障害です。

 

気づかれないように

人を操作しているのです。

 

その目的はすべて自分をよく見せたいだけです。

 

だから、

見るからに悪そうな自己愛性人格障害の人は

ほとんどいません。

 

ほとんどの場合、

自己愛性人格障害の人は周りの人から見て

好印象なのです。

 

もし、自己愛性人格障害の人に

引っ張られそうな時は、

自分はやらなければならないことがあるからと

いつまでも自己愛性人格障害の人に引っ張られず

自分の意思で動くようにしないと

時間をかけて被害者に見立てられ、

やがては理不尽な嫌がらせや

当たられたり、怒られたりと

立場を追いやられることになります。

 

その暖かそうな雰囲気とは真逆に

だんだんと、

理不尽に責め立てられるようになるのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人のイライラを

自分を信じた人に安心してぶつけるためです。

 

自己愛性人格障害の人がいても

自分を守ることはできるのです。

 

穏やかな雰囲気に巻き込まれないよう、

本当に周りの人に気を配れる人かどうか

きちんと判断をして距離を置くようにすることです。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください