自己愛性人格障害の人は意味もなく笑いながら話す

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人は笑いながら話す、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は話をしながら

笑いながら話すことがあります。

 

ただ、話しているだけなのに

何がそんなに楽しいのかと思うほど

うふっ、くすっ、だからね。。。

と話を続けることがあります。

 

自己愛性人格障害の人は

男女の区別なく

これを行なっているのですが

男女ともにとても感じの良い人

というイメージを持つのですが、

男性の場合は特に

優しい人、というイメージを持ちます・

 

これって

自分をよく思ってもらいたいときに

起こるようなのですが

普通の人はおかしくもないのに

そんなに笑いながら話をしないと思います。

 

これはTiaraが知っている

自己愛性人格障害の人

みんながやることで

知らなければいつも

あの人は楽しそうで感じがいいなあ、という

印象しか持ちません。

 

みんな意外と深く考えていないのです。

その中で意識していないときに

少し遠くから

笑いながら話している会話が聞こえても

特に意識はしていないことの方が

ほとんどなのですが

その意識していない中に

笑いながら話す自己愛性人格障害の人の印象は

知らない間に

よくなっていることがほとんどです。

 

 

ですが、実際は

ほとんどの場合、楽しいわけではなく

周りの人に自分がよく思ってもらいたいと

何かしらの自分のしていることを

隠したい気持ちが強いのです。

 

またひどいことをこそこそとしているときほど

周りの人に対しては

親切で、明るいことが多く、

そんな態度なので、

まさか酷いことをしているようには

見えません。

 

自分がターゲットに対して

ひどいことをしているということが

バレないようにしているのです。

 

つまり、本当は近くにターゲットがいて

自分が

嫌がらせをしていることがバレてしまうかも

と強く意識している時からこそ

良い人に思われたいと隠す気持ちが大きくなっている時か

もしくは、自分がこれから

この人に好印象を持ってもらいたい、

と強く思っている時ほどこの現象は起きます。

 

そして、ターゲットにするかしないか

相手にためし行為を行なっているときに

相手に気づかれそうになってしまったときにも

バレないために必死で

頻繁に

ほかの人と話している会話を聞かせる目的で

自分の印象をよくしようと

必死になっているときによく起こる

状態なのです。

 

普通の人は自分が楽しい時に

どうしても笑みが抑えきれなくて

出てしまう時に

笑いながら話してしまう、

ということがあるのですが

自己愛性人格障害の人は

自分のしていることが

バレそうになっている時ほど

いい人を演じる傾向にあるのです。

 

 

普通の人はこれに騙されてしまうことが

多いのですが

自己愛性人格障害の人に

被害を受けている人から見ると

とても不自然に感じます。

 

あなたは

自分の印象を悪くされているのに

自分だけはいい人に思われようと

必死で常にいい人を演じる

自己愛性人格障害の人に

恐怖すら感じることと思います。

 

この現象は

自己愛性人格障害という病気に

気付いていなければ

ほとんどおかしいと気付く事はないでしょう。

 

被害者ですら

この前は機嫌が悪かっただけで

本当はいい人なんだろうなあと

思うことが多いと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の印象が悪くなることは

極端に避けるので

症状がそんなにひどくなっていないうちは

自らターゲットを攻撃することなく

周りの人たちをコントロールすることで

被害者を攻撃するように仕向けているので

大抵の場合は

自己愛性人格障害の人は無関係で

その人の周りの人だけが勝手に揉めている、

というふうに見えると思うのですが

本当は自己愛性人格障害の人が

引き起こしているだけなのです。

 

ほとんどの場合

この症状で

相手が自己愛性人格障害だと

見抜くことは難しいと思うのですが

気付いてみると

なんでもない普通の話でも、くすくす笑いながら

おかしそうに話すのは

不自然だと気づきます。

 

おかしい内容のことでもなく

仕事の話や

なんでもないことを話す時でも

笑いながら話していることに気づくので

よほど、

周りからよく思われたいんだなと分かります。

 

だから意味のない話をしている時にも

笑いながら話している人ほど

Tiaraはその人は

自己愛性人格障害ではないかと

疑いの目を持ちますが

やはりしばらく見ていると

その人に

自己愛性人格障害の他の症状も

いろいろ出てくる場合が多いのです。

 

勘違いではない場合が多いのです。

 

他人から見た自分の姿を意識し続けながら

ターゲットを悪く見せることを繰り返すので

周りの人たちが

よく見ていない場合は

自己愛性人格障害の人が

信用されてしまうことの方が多いのですが

1つの場所で同じことを繰り返していますと

ターゲットの数が増えてくるので

気付く人が多くなり

必ずと言っていいほど

自己愛性人格障害人のしていることが

バレてくるのです。

 

今では、被害者の数が多くなり

なんとなく

自己愛性人格障害という

存在に気付いている人は多くなり

みなさんそれぞれに

自己愛対策をしていらっっしゃる人が

たくさんみえるので

以前よりも

自己愛性人格障害のという病気のことが

だんだんとバレてきているのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください