あなたが苦しんでいるのは、自己愛性人格障害の彼を変えようとしているから

こんばんは♡

今日は、

あなたが苦しんでいるのは、

自己愛性人格障害の彼を変えようとしているから、

ということについて

お話ししたいと思います。

あなたがもし、彼の理不尽さに気づいていて

それでも何とか彼とやっていきたいと思っているのだとしたら

彼の頭のいいところや仕事のできるところ、

手先の器用なところ、スポーツ万能なところなど

彼の魅力的なところと

こんな素敵な彼から熱烈に愛を語られ優しくされたあの頃に

今でも戻れると思っているからでは

ありませんか?

あなたの言うあの頃は、

まだ彼は、あなたを支配できていなくて

彼があなたを、自分の手に入れるために

必死で尊大な自分を魅せつけ、長期戦で

途切れることなく愛を訴え続け、

あなたを完全に信用させようとしていたころのことだと思います。

そのころは、まだあなたが、彼がどんなことをしようと

逃げていかない人間かどうか

彼もわからず、

コントロールできるかできないか分からない人間には、

自己愛性人格障害の人は

モラハラ行為をしようとも思わないからです。

[ad#co-1]

不思議なことに、

自己愛性人格障害の人は

他人を、全力で叩き潰していないと生きていけない病気ですが、

支配できるかできないか分からない人間には

精神的虐待を行いたいという気持ちは

少しもわかないのです。

つまり、はじめからあなたをターゲットとして

狙っていたわけではないのです。

自己愛性人格障害の人も

初めは、普通の男女のように

あなたに何らかの魅力を感じて近づいてきて、

あなたに、尊大な魅力を魅せつけ

あなたに全力で、彼のことを好きになってもらいたいのす。

でも、時間をかけてだんだんあなたが

彼を信用するようになると

不思議なことに、だんだんとあなたにモラハラ行為をしたくなり

まだ、不安な気持ちが残っているときは

時々優しくし、時間をかけて

徐々にモラハラ行為を強めていきます。

そして、あなたが普通の男女のように

付き合いを重ね、だんだん年月をかけて

彼を信用するようになると

時間とともに彼は、あなたのことがどうでもよくなります

またあなたとトラブルになると不安になり

また優しくし、それを繰り返しながら、モラハラを極限まで強めたとき

もう彼は、あなたを完全に支配できる自信を持っています。

そこまで来ると、

もうあなたが離れていかないか

不安な気持ちはほとんどなくなりますので

支配をされたあなたは、どんどん弱っていき

思考がストップして自分で物事を考えられなくなり、

そうなってしまったときには、

もう彼が元に戻ることはないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする