あなたの子供を自己愛性人格障害や被害者に育てないために

こんにちは♡

今日は、あなたの子供を被害者や

自己愛性人格障害に育てないために

世間の常識を

真に受けてはいけないことについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraはいろいろな人の相談を受けていると

1つ心配になることがあります。

 

みなさん、

初めて自己愛性人格障害のひとにあった人は

本当におどろいています。

 

今までの常識が

いっさい通じない人が

この世の中にいるなんて思えないので

その特徴に気づきにくく

不思議だと思いつつも

信じてついていってしまいます。

 

また、自己愛性人格障害になってしまった人も

本人に、その意識はなく、

健全な環境に育っていれば、

共感力が育っていて

普通に人とコミュニケーションをとることができ

幸せな人生を送っていたことでしょう。

 

どうして自己愛性人格障害になってしまうのか、

原因はその育った環境にあると言われています。

 

Tiaraは子供が心配になります。

 

無邪気でかわいい子、

魅力がいっぱいある子ほど

心配になります。

 

優しくて思いやりがあり、

人のためを思って自分を犠牲にできる子ほど

心配になります。

 

自己愛性人格障害の子供は、

おそらく誰からも

なにも嫌なことをされることもなく、

クラスでも強い存在として

一目置かれる存在になることでしょう。

 

自分のことばかり考えている子ほど、

いじめや意地悪のターゲットに

なりにくいのではないかと思います。


;

我慢強い子ほど、

人目を忍んで嫌なことをされても

明るく振舞っていることでしょう。

 

なんだか、子供の世界が

本当に心配になってきます。

 

そしてその関係性は

大人になってからでも続くでしょう。

では、やられる側にならないために

魅力や才能を潰されないために

自分のことばかり考える子供ばかりになったら

世の中はどうなるでしょう。

 

Tiaraが会社に行くときに

小学生が挨拶をしてくれる子が

ちらほらいます。

 

おそらくお母さんから

「近所の人に会ったら

挨拶をしなさい。」と

言われているのでしょう。

 

でも、そういう子に限って

挨拶をしても無視をされたら

傷つきます。

 

傷ついて下を向いていたら

笑う子がいます。

 

あいつは気が弱い。

弱いやつがいるぞって。

 

その子は悲しくなるでしょうね。

なんでお母さんの言うことを聞いて

挨拶をしたのに

こんな思いをしなきゃいけないの?って。

 

世の中にこういうことが

あることは大体の人が経験して

知っているでしょう。

 

でも、子供に嫌なことを

教えたくない人がほとんどです。

 

でも嫌なことを教わっていない

きれいごとばかり教わっている子ほど

傷つきます。

 

Tiaraはいい子ほど

被害に遭いやすいと考えています。

 

中には被害者にも問題があるよね。とか

何かあるからやられるほうに

回っちゃうんだよね、

という人もいますが、

Tiaraは違うと考えています。

 

嫌われている子は

本当に嫌なことをした人ばかりでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

自己愛性人格障害という病気が

あることを知った今、

子供のころ、

嫌われていたあの子は

本当に嫌な子だったのか、と

最近考えることがあります。

 

本当の世界は子供のころ

親から習った世界だけではありませんでした。

 

嫌なことほど、

子供に教えたくはありませんが、

いきなり無視をされたりした時に

子供が親に話すとは限りません。

 

そしてイレギュラーなことが起こったときに

どうしていいか分からなくなってしまいます。

 

共依存とは

いわゆる共感力が強すぎる病気で

ボーダーなんて呼ばれていて

自己愛性人格障害とは

真逆のもので、そのため

お互いに強烈に引き合います。

 

いい子に育ってほしくて

人のことを考えるような優しい子に育てた子が

被害に遭ったり

逆に悪者にされて

居場所を追いやられたりしていることが

多いなんて

悲しすぎます。

 

そろそろ

世の中の間違った常識に

みなさん気づいてもいいころだと

思いませんか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください