自己愛性人格障害の人は、あなたのミスをわざと誘発する

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

あなたがミスすることをわざと誘発していることについて

お話したいと思います。

あなたは、彼が突然怒り出したり、

彼の機嫌が悪くなっても、自分が悪いのかどうか、

はっきりわかっていますか?

実はあなたは、何もしていないのです

確かにあなたが本当に失敗したときもあると思いますが、

そのときの彼の怒り方が、

あなたが彼をそこまで怒らせるほどのことをしたのか、

納得できていますか?

彼の言い方により、

そこまでたいしたことのない失敗を

あなたが、さも何も考えていないように

あなたのミスで、どれだけ彼が迷惑したかを

理論的にうったえ、事実以上にあなたを悪者にしているのです。

そして、それを聞いたあなたも、

彼がそんなに嫌な思いをしたんだと、

共依存のため、必要以上にあなたが悪いと

あなた自身も思い込んで自分を責めてしまうのです。

二人の需要と供給がぴったりと合って、

話が成立します。

彼に嫌われたくないあなたは

ひたすら謝り彼に許してもらおうとします。

自己愛性人格障害の人の気分によって

それはやさしく許してもらえたり、

許してもらえなくて冷たくされたりします。

そして、それだけでなく、

さらに自己愛性人格障害の人は、

自分の中にたまった爆発しそうな怒りをどこかで爆発するために

あなたがミスをしていないと、わざわざミスを誘発して

あなたがミスを起こしやすい状況を作り出します。

あなたが悪いことをしていてもしていなくても

責めるのです。

正確にいうと

あなたが何かをしたから

彼が怒る、というわけではなく、

彼が、自分のイライラを吐き出すために

あなたには何か失敗をしてもらわないと

彼が怒りをあなたにぶつけられないために、困るのです。

その責める材料を自己愛性人格障害の人は

どこからでも引っ張り出してきます。

そして、それをいかにもあなたが悪いように仕向けて

わかりやすいように説明するのが

とてもうまいのです。

たまに、

あなたが、「私はそんなことをしていない!」といったとします。

すると自己愛性人格障害の人の頭の中には

勝つか負けるしかないので、

あなたに負けるかもしれないと全力でつぶしにかかってきます。

あなたは、なぜか彼が怖くなり

おどおどして思考が停止します。

すると、本当に、

彼の思い通りに、あなたは何もかもが不安定になり失敗しやすくなるでしょう。

そして、周りから見ても

あなたが悪いようにしか見えなくなって

最後には、あなたの味方は誰もいなくなるのです。

するとあなたは前よりも段々弱くなり

逆らうこともやめ(どうせ逆らっても勝てない)

ただただ、力をなくしていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする