自己愛性人格障害の症状は病気の特徴なのか。

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の種類について

説明をします。

今まで、自己愛性人格障害の危険性や、見分け方、

対処法などについていろいろお話をしてきましたが、

一口に自己愛性人格障害といってもいろいろ種類があります。

人それぞれ性格があるように、

自己愛性人格障害も性格によっても違いますし、

恐怖の感じ方や嫌がらせの方法も人それぞれです。

ただ、いろんな人の体験談を聞いていると、

自己愛性人格障害には一貫性があって、

「どうして自己愛性人格障害ってみんな同じ性格なの?」という人もいますが、

その中でも細かくタイプ別に分類されているので、

詳しくお話ししていきましょう。

[ad#co-1]

自己愛性人格障害の種類

○マスターソンの分類(1990)
・自己顕示型
・引き出し型(臆病型)

○ブロウセックの分類(1982)
・自己中心型
・解離型

○バーンスタインの分類(1972)
・渇望型:賞賛を過剰に求める
・妄想型:猜疑的で自分が一番と妄想する
・男根型:活発だが傲慢
・操作型:物事を捻じ曲げ人を操る

○ロゼンフェルドの分類(1987)
・厚皮
・薄皮

○ウィンクの分類(1991)
・顕在型
・潜在型

現代の分類(ギャバード,1997)
・無関心型(無自覚型)
1. 他の人々の反応に気づかない
2. 傲慢で攻撃的
3. 自分に夢中である
4. 注目の的である必要がある
5. 「送話器」はあるが「受話器」がない
6. 見かけ上は、他の人々によって傷つけられたと感じることに鈍感である

・過敏型(過剰警戒型)
1. 他の人々の反応に過敏である
2. 抑制的、内気、表に立とうとしない
3. 自分よりも他の人々に注意を向ける
4. 注目の的になることを避ける
5. 侮辱や批判の証拠がないかどうか他の人々に耳を傾ける
6. 容易に傷つけられたという感情をもつ。羞恥や屈辱を感じやすい

現実の自己愛性パーソナリティ障害は、ギャバードの分類した無関心型の極から過敏型の極の間のいずれかにプロットされると考えられる。

その他の分類
○セオドア・ミロンの分類(2003)
・反道徳的ナルシスト
概要:反社会的特徴を含んでいる。搾取的で、不実で、人をだます、無節操なペテン師という人物像をもつ
人格特性:良心に欠けている。無節操で、道理に無関心であり、不実で、詐欺的で、人を欺き、傲慢で、人をモノのように扱う。支配的で、人を軽蔑し、執念深い詐欺師である

・多情型(好色的)ナルシスト
概要:演技的特徴を含んでいる。ドンファン性格者(多情で誘惑的)であり、エロティックで魅惑的な自己顕示的人物である
人格特性:性的に誘惑的であり、魅惑的で、心を引きつけ、思わせぶりである。舌のよく回る巧みな人物であり、快楽主義的な欲望に耽るが、本当の親密さにはほとんど無関心である。貧乏な人やうぶな人を魅了し、意のままに操る。病的に嘘つきで、人を騙す

・代償的ナルシスト
概要:受動攻撃的な特徴を含んでいる。また、過敏で回避的な特徴を有している
人格特性:自尊心の欠如および劣等感を中和あるいは相殺することに努める。すなわち、自分は優れており、特別で、賞賛されるべきであり、注目に値するという幻想を生み出すことで自己の欠損をバランスしようとする。それらの自己価値感は自身を強調した結果生まれたものである

・エリート主義的ナルシスト
概要:純粋なタイプである。ヴィルヘルム・ライヒの男根期的自己愛性格に相当する
人格特性:偽りの業績や特別な子ども時代の体験のために、自分は特権的で、特別な能力を有すると信じている。しかし、立派な外見と現実との間に関連はほとんどない。恵まれた、上昇気流にのった良好な社会生活を求め、人との関わりにおいては特別な地位や優越が得られる関係を築こうとする

・狂信的ナルシスト
概要:妄想的な特徴をもつ
人格特性:自尊心はひどく幼少時代に捉われており、普段から誇大妄想的傾向を示し、全能の神であるという幻想を抱いている人物である。自分は重要ではなく、価値が無いという幻想と戦っており、素晴らしいファンタジーを夢想すること、あるいは自己鍛錬を通じて、自尊心を再確立しようと試みている。他者から是認や支持を得ることができない時には、壮大な使命を帯びた英雄的で崇拝される人物の役割を担おうとする

共通特徴
自己愛の病理は軽症から重症まで連続的な広がりをもち、その自己表現形式も多様である。

引用  : https://ameblo.jp/rolly-corn/entry-11742328976.html

Tiaraが調べていたころよりもはるか種類が増えていて

これだけの種類があります。

自己愛性人格障害とは病気というよりは、むしろ性格のようですが、

普通の人と同じ感覚から、何かのショックから自己性愛人格障害になった、

というよりは、むしろ初めからそういう環境下の中、だんだんに

そういった傾向になっていったのでむしろ普通の感覚という意味が

分かりません。

そういった意味では、病気と言えるでしょう。

[ad#co-1]

人はだれしも同じではありません。

以前に話した性善説というのはむしろ、崩壊した状態が

自己愛性人格障害と言えるのかもしれません。

Tiaraはこんな状況は早く世間に

知らしめるものだと思います。

社会現象となっている

学校でのいじめや、会社でのパワハラ問題などは

自己愛性人格障害と大きくかかわっているものと思われます。

1人も早く、この事実を世間が知って

被害者が1人でも出ないよに周りの見る目が大事だと思います。

自己愛性人格障害とは、他人の目をくらませて

被害者1人が、その世界で生きていけないくらいにする病気です。

世の中の常識を使い、

自分は悪くなく被害者だけが信じてもらえないような世界を作り上げ、

1人の人間を確実につぶしてしまいます。

されるほうは普通の感覚であるため、

そんなことをすることに理解ができません。

理不尽この上ないやり方で

あなたが本来、信じ切っている人間から

徹底的につぶされる行為は、意味が分からない恐怖心と

ショックから、どうしようもなくどん底に突き落とされるのです。

精神が崩壊しても無理はないでしょう。

たとえ病気とはいえ、それは許されるべきことではないと思います。

かといって、自己愛性人格障害の自体も

それをしないと生きていけないくらい

心で悲鳴をあげているのです。

Tiaraは周りの人たちがそれに気づくべきだと思います。

かといって、周りの目を

くらまして、自分は何もしていないような顔をして

(厳密にいうと、自己愛性人格障害とは、自分がそんなことをしていると

気づくと、自分自身がそんな人間だということが耐えられないので、

自分はそんなことをしていない、と本気で思い込みます。)

分からないようにしているので、周りの人に気づいてほしいと思っても

なかなか難しいでしょう。

それでも、自己愛性人格障害の人は、

自分が被害者であり、

あなたが加害者だと思い込みます。

それでもあなたは彼と一緒にいたいですか?

[ad#co-1]

だから、世間が自己愛性人格障害という病気がある、

ということを知っていてほしいのです。

それだけで、周りの人が、

自己愛性人格障害の目くらましをうのみにせず、

被害者を救うことができます。

なので世間の人には

どんどん自己愛性人格障害のことを

知ってほしいです。

一人でも犠牲者が出るのを防ぎましょう。

そして、もし、あなたがターゲットになっていると気付いたら

全力で逃げてください。

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする