自己愛性人格障害の人はなぜ周りの人を潰してしまうのか?

こんにちは

今日は、

自己愛性人格障害の人は

なぜ

人を潰してしまうことを

やめられないのか?

と言うことについて

お話ししたいと思います。

 

あなたがいくら

自己愛性人格障害の人と

うまくやっていこうと努力を重ねても

どうしてもあなたを苦しめる事を

やめてくれません。

 

しかも努力をしているのは

あなたの方なのに

あなたの方が悪く思われてしまったり

何もしていないのに

あなたが責められることが多いと思います。

 

相手があなたの旦那様だったり

恋人だったりした場合は

とても辛いですよね?

 

別れたくないから

必死で努力していると思うのですが

彼から見たら

あなたが

彼の気持ちをわかっていない

と言われてしまったり

傷つけていると

思われてしまうのは何故なのでしょうか?

 

そもそも

自己愛性人格障害でなくとも

人は

他人から存在を

認めてもらいたいものです。

 

人間の中にある

承認欲求というものなのですが

それはあなただけでなく

誰でも持っているものだと思います。

 

その承認欲求が悪いものだとは

思いませんが、

自己愛性人格障害の人は

その承認欲求があなたよりも

数千倍強く持っているので

あなたが少しでも

自分を認めて貰いたい

気持ちを出してしまうと

自己愛性人格障害の人の

敵対心を無駄に煽ってしまうのです。

 

つまり、自尊心が

極端にない自己愛性人格障害という

病気の原因は

ありのままの自分を

受け止めてもらえないままに

育ってきているので

その恐怖心から

自分を必死で尊大で価値ある人物だと

異常に強く見せようとします。

だからもし、あなたが

自己愛性人格障害の人よりも

目立ってしまっていたり、

大切にされているところを

見られてしまったりすると

あなたの方に他人がいってしまい

自分の存在価値が

なくなってしまうのではないかと

異常な恐怖心をいだきます。

 

本当はそんなことはないのですが、

自己愛性人格障害の人は

自分でも意識せず

勝手にそう思ってしまうのです。

 

可哀想だと言えば可哀想なのですが、

自己愛性人格障害の人は

自分以外の人間が

認められる事を異常に嫌います。

 

だから、

自己愛性人格障害の人のそばに居ると

勝手に敵対心を向けられたり、

あなたが何もしていなくても

ただ周りの人から

人気があったりするだけで

それを潰そうと

あなたが悪く思われるような

言動をとったりしがちです。

 

ただ、人を潰すほど

自分を認めてもらいたい

強烈な自尊心を持っていますので

自分が嫌われることには

ひどく臆病でいい人でいることもやめません。

 

だから滅多に

悪い人には見られる振る舞いをしないため

自己愛性人格障害の人が

あなたを落とし入れようと

している言動をとっているとは

周りにいる人たちからは

気づかれづらいのです。

 

そのため、本当に

あなたの方が悪いと思われてしまったり

惨めに思われてしまうので

あなたの信頼性は

自己愛性人各障害の人に

知らない間に

落とされていってしまうのです。

 

それは

恋人や夫婦でも同じことです。

 

だからあなたが

いくら

自己愛性人格障害の人を思っていようと

大事にして居ようと

それは当たり前で

あなたは彼を

よく見せるだけの

道具に使われるだけですから

いいことがありません。

ましてそんな彼から

常にあなたが悪いと

周りの人にわからないように

見せ続けれられるために

長い時間をかけて

あなたは何もしていないのに

周りから信じてもらえなくなって

しまうかもしれません。

 

あなたが周りの人と

うまくいかないのはそのためです。

 

もしかしたら

あなたは

周りの誰からも

認めてもらえなくてもいいから

自己愛性人格障害の彼からだけは

認めてもらいたいと

考えているのかもしれませんが

それは叶わない夢なのです。

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だったとしたら

そばにいれば初めのうちは

天国のような気持ちを

見せてもらえるかもしれませんが

後で、

地獄のような苦しみを

味あわされることになるのです。

 

悲しいですが、

自己愛性人格障害とは

そういう病気です。

 

自己愛性人格障害の人本人にも

どうすることもできないのです。

 

あなたにできることは

あなた自身を守る事だけです。

 

自己愛性人格障害の人と

一緒に幸せになることはないのです。

 

あなたは

自分を守ってくれる人と一緒にいますか?

 

安心感を持って

その彼と一緒にいられるでしょうか?

 

もし一緒にいて

苦しい思いばかりをしているのなら

思い切ってそこから飛び出すことも

重要になってくるでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は嫌われることが極端に怖い

こんにちは

今日は、自己愛性人格障害の人は

人から嫌われることが極端に怖い

というお話をしたいとおもいます。

 

あなたもどちらかというと

もちろん人から嫌われるに

恐怖感を抱いていると思います。

 

なぜなら、人には

ふつうに承認欲求というものが

あり、他人から自分を認めてもらいたい

と考えていることは

とても自然なことだと思います。

 

最近では

「嫌われる勇気」で話題となった

アドラー心理学のようなものが

流行って来ているので

あまり承認欲求を持つことは

良くないとされてきていて

昔よりは少し

変わってきているのかもしれませんが

そもそも人から好かれたい、

認められたいと思うことは

とても自然な事です。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あんなにも堂々としていて

人のことには

興味がないないように見えて

実は普通の人よりも極端に

人から嫌われることに

怯えているのです。

被害者であるあなたも

できれば人から認められたい、とか

好かれたい、と思っていると思うのですが

被害者になるような人や

普通の人は

他人を蹴落としてまで

自分をよく見せたい、とまでは思いません。

 

ですが、自己愛性人格障害とは

幼い頃に

ありのままの自分を

認められなかったので

その反動で

極端に自己を愛する気持ちが

飛躍してしまっていて

どうしても他人のことを認められません。

 

だからどうしても

嫌がらせをしてしまい

自分のそばに

惨めな存在を作ることで

自分の方がマシだと

安心できるのですが、

それもその一瞬だけで

すぐに

自分は本当は価値がない

と思い込んでしまいます。

 

 

その辛さから抜け出すために

常に尊大な自分を見せつけ

周りの人から称賛されたいがために

同時に惨めなだめな存在を作り

周りを下に下げて

同時に自分を上に見せることで

コスパよく、

自分の才能や魅力や実力以上に

見せるのがとても上手いのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

極端にいい人に見えたり

有能に見えたりするのは

そのためです。

 

そして

自己愛性人格障害の人は

被害者を惨めな存在にすることだけで

満足するわけではなく

その辛そうな状態を常にみていないと

落ち着いていられません。

 

極端に共感力が低いために

その表情や言動を見ていなければ

相手の気持ちを想像することが

出来ないのです。

 

だから被害者が

自己愛性人格障害の被害に気付いて

逃げ出してしまうと

その惨めな姿をみられなくなるので

途端に不安になり

また自分がわかる範囲で

被害者を作り出してしまうのです。

 

だから

自己愛性人格障害の人の

そばにいることは

危険なわけですが

被害者がまだ

自己愛性人格障害の人を

魅力的に感じていて

被害に気付いていないうちは

辛い思いをしながらも

それは

自己愛性人格障害の人のせいではなく

自分が悪いために

起きている出来事だと信じ切っていて

自己愛性人格障害の人から

離れようとはしません。

 

それがわかっているからこそ

Tiaraは自己愛性人格障害の人と

距離を置くわけですが、

自己愛性人格障害の人は

初めのうちは

距離を置かれたことがわからず

また引きつけようと

Tiaraの視界に入るところに入ってきて

立派な事をいっているところを聞かせたり

人に親切にしている所を見せたりして

Tiaraの方から

(あ、やっぱりこの人はいい人なんだ。。)

と思って近づいて来ることを期待しますが

ただ、自分がいい人に思われるように

期待しているだけなので

本当に立派なわけでもないし

本当に親切なわけでもないことを

Tiaraは知っています。

 

だから、そんなことをしても

自己愛性人格障害の人に

もう一度なつくことはないのですが、

そうなってくると

今度はTiaraの行動や言動の

真似をし出したりします。

 

それをみて

自己愛性人格障害を知らない人なら

(あ、やっぱりわたしと

仲良くしたいのかな?)と

思ってみたり

(本当はいい人なのかも)と

思ってみたりするのですが、

そうではないという事も

Tiaraは知っています。

 

今までは

そんなキャラで

まったくなかったにも関わらず

平気で恥ずかしげもなく

自分の言動も態度も

ころっと変えてしまうので

ここで自分がないことが

とても良くわかります。

 

ただ

自己愛性人格障害という病気を

知らない人や

優しい人や

相手の気持ちになって考えられる人ほど

この自己愛性人格障害の特徴を

本当はいい人なんだ

と勘違いしてしまうのです。

 

この特徴がわかるようになり

どんなに自己愛性人格障害の人が

態度を変えても

謝ってきても

変わらず相手にしないでいると

あんなにも人には流されないような

強い意思を持っていたように見えた

自己愛性人格障害の人が

今度は怯え出したり

嫌われないように自分の存在を消したり

おとなしくなったり

黙り込んだりして

自分の存在を隠そうとします。

 

これは

自分がひどいことをしていたことが

バレることが極端に怖いので

隠そうとしたり、

これ以上被害者に嫌われないように

何もしてこなくなります。

 

Tiaraは

自己愛性人格障害の被害者の方々に

これを目指して欲しいのです。

 

 

ここまで

自己愛性人格障害の人が

人の気持ちが病気でわからない、

という事が分からず、

いつかわかってくれると希望を抱いて

ズタズタにされた被害者を

Tiaraは何十人も見てきました。

 

あなたにもそんな1人には

なってほしくないのです。

 

自己愛性人格障害の人の罪を

あなたが受けてはいけません。

 

あなたが

人の罪までも自分のせいだと

考えるような

自責の念が強い

責任感の強い人だとわかっていて

自己愛性人格障害の人は

安心して

あなたに嫌がらせをしているのです。

 

こんなに酷い話はないと思いますよ?

 

それに

自己愛性人格障害の人は弁が立つ人が多く

人を

自分の思い通りに

コントロールすることができてしまうので

本当は、自分がひどいことをしていても

平気であなたを悪者にしてしまいますから

あなたは

周りの人からも悪く思われてしまい、

味方がいなくなってしまうのです。

 

あなたがどんなに

思いやりをかけたとしても

自己愛性人格障害の人は

あなたに感謝をすることはありません。

 

いいことは全て自分のせいだと思い、

悪いことは全て

あなたのせいだと思い込むのです。

 

自己愛性人格障害の人のそばにいれば

あなたはどんどんひどい目にあい

限度がありません。

 

しかし、

あなたが自己愛性人格障害の人を

近づけなければ

極端に臆病な

自己愛性人格障害の人は

あなたに嫌がらせをしにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害者は

自分から

自己愛性人格障害の被害に

遭いに行っています。

 

あなたを少しでも傷つける人は

あなたに近づくことを

許してはいけないのです。

自己愛性人格障害の人は被害者のマネをする

こんばんは

今日は、自己愛性人格障害の人は

被害者のマネをする

という事について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の

尊大な姿は

まず自己愛のことについて

知っている人がいないと

被害者が騒ぎ立てたところで

被害者が被害を訴えたところで

被害者の方が悪くみられてしまったり

哀れに見えてしまうことが多いです。

 

いつも堂々としていて

自信に満ち溢れているので

間違った事をしていない、

という印象を受けることが多くあります。

 

自己愛性人格障害の人は

いかにも自分に自信を持っている

という態度を緩めることがありません。

 

どんなにピンチに立たされていようと

まったく堪えていないような

態度をとり続けるので

そんなことはまったく

気にしていないように見えます。

 

ところが

その見た目とは

真逆で、

本当は被害者よりも

周りの目を気にしています。

 

周りの目を気にしているからこそ

自分がそんなことで動揺しているとは

見せたくないので

あくまでも周りが騒いでいる

自分の悪い事実は

まるで事実無根のような顔を

し続けます。

それを信じてしまう人が多いと

本当に自己愛性人格障害の人が

悪くないように見えるのですが、

それだと、

被害を訴えた被害者の方が

悪くとられてしまうことが

たびたび起こります。

 

それが

多くの自己愛性人格障害の被害を

もたらしているわけなのですが

まれに自己愛性人格障害の事について

よく知っている人がおみえになったり

自己愛性人格障害の人が

力を持ちすぎてしまい、

被害者がどんどん出てしまう環境の中だと

だんだんと

うすうす気づく人が

ちらほら出てきてしまいます。

 

そんな時は

また被害者が出たか、と

周りが気づき出して

自己愛性人格障害の人が

いくら立派なことを言っていても

反応がイマイチだったり

自己愛性人格障害の人に近づく人が

少しづつ減ってきて

自己愛性人格障害の人が

孤立するケースも

多くみられます。

 

そんな時でも

自己愛性人格障害の人は

自分を尊大に見せる事をやめられないので

堂々としているのですが

そのことがより

不自然さを増して醸し出し

周りが気づいているのに

自己愛性人格障害の人が

尊大に振舞っている姿が

すごく不自然に見えます。

 

そんなとき

自己愛性人格障害の人は

自分のしてきたことが

バレるのがものすごく怖いので

一時的に

存在を消すようにおとなしくなり

いるのかいないのかわからないように

気配を消すことがよくあります。

 

そんな時、

被害者は急に生きやすくなって

徐々に自分を出していくのですが

その被害者のやり方を

マネをすることが良くあります。

 

自己愛性人格障害の

被害者になりやすい人は

本当はそんなことはないのに

自己愛性人格障害の人から無価値化され

価値がないように周りの人からも

みられがちになるのですが

自己愛性人格障害の人が

おとなしくなった事により

一時的に被害者が

すごしやすくなることがあります。

 

このとき

自己愛性人格障害の人は

疑われ始めた自分を

そんなことはなかったと見せかけるために

あんなにも

無価値のように扱ってきた被害者の

仕草や話し方を

マネをすることがよくあります。

 

不思議ですよね?

 

あんなにも

あの人は無価値だと

自分は被害者のせいで

迷惑をかけてかけられてきた

と言っていたり

被害者には

まったく興味がなかったような

雰囲気を醸し出し

被害者を無視していたにも

かかわらず、

そのばかにしてきた被害者を

真似することがあるんです。

 

Tiaraも何度か見てきたので

もう驚きはしないのですが

被害者が生きやすそうにしていたり

被害者の人の周りにかわいそうに

と救いの手を差し伸べているところを

見ると

今まで

尊大で有能に見せかける演出を

してきたにもかかわらず、

被害者の弱々しい態度や

優しい雰囲気や話し方

果ては持ち物やしぐさまでマネて

いかにも自分はもともと

そんな人間だったかのように

振る舞うところを

何度も見てきています。

 

 

Tiaraも常に自己愛性人格障害には

対処をしていているのですが、

Tiaraがブログでおしえているような事を

Tiaraや恋愛相談室を訪れてくれた

多くの読者様の対処法まで

真似ているところを

たびたび目にします。

 

 

Tiaraの自己愛性人格障害の元彼も

ものすごく強気な方だったのですが

Tiaraの言動を彼に見られると

Tiaraの弱い部分や

ちょっとした失敗から

攻撃されることがあるので

攻撃されないように

彼に聞こえない声で

周りの人と話をしたり

誰と仲が良いか

わからないようにするために

彼から見えないところで

周りの人と話をしていたときに

それまで自身たっぷりに話していた

弁の立つ彼が

やたらと小さな声で

周りの人と話し出したり

Tiaraから見えないように

しゃがんで周りの人と

話しているところを見て

(彼はやらなくてもいいのに・・・)

とびっくりしたことがありました。

 

Tiaraは彼が誰と話してようが

邪魔をすることはありませんし、

彼の才能について

Tiaraがディスる事もできません。

 

だから、元彼は

Tiaraから隠れる必要もないし、

小声で話した所で

誰からも別に

攻撃されるわけでは無いのですが、

なぜか

自分が無価値化したはずの

tiaraのマネをしているのです。

 

そのことを知り合いに話した時に

(なんか可愛いね。)

といわれたのですが

本当になぜか怖いはずの

自己愛性人格障害の元彼が

自分がターゲットにしているはずの

Tiaraをマネするなんて

行動が可愛すぎます。

 

その可愛い、とは

小動物のような知恵のなさ、

無知な人が何も知らずに

周りの人を

訳もわからず真似ているような

そんな幼い子供のように思えます。

 

Tiaraの元彼は

有能な社員の男の人だったのですが

同じ事を

ものすごく怖い

自分の有能さをアピールして

いつも上司のような

上から目線の話し方をする

女性の自己愛性人格障害の人も

最近やっています。

 

そんなキャラではないはずなのに

「わたし、わからんもん。。。」と

甘えた声を上司に使ったり

急に怯えたコリスのようになり

小さな声で

けはいを消して周りの人に

聞こえない声で

仲の良い上司に

甘えているところを見かけます。

 

性別が違っても

年も仕事も仕事場も

全く違っている全く接点のない

自己愛性人格障害の人が

判を押したように

全く

同じ行動をしているところを見ると

本当は自分がないんだな、

ということがわかります。

 

自己愛性人格障害の人は

周りの状況に合わせて

性格を全く

違う方向に

瞬時にすることができるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の方に部があると思っているうちは

どんどん強くなり

本当に怖いのですが、

自分に部がなくなると

途端に態度を

ころっと変えることができるのです。

 

そう考えてみると

自己愛性人格障害の人に

つぶされ続ける人生は本当に意味がないし

あんなにも素敵に見えた彼も

本当は中身がないんだ、と思えるので

彼と一緒に居なくても良かったんだ、と

心から納得できます。

 

そう考えると

あなたが今怖がっている

自己愛性人格障害の彼は

怖がる必要もないし、

彼との将来がこないことを

惜しいとも思いませんよね?

 

自己愛性人格障害に

思い描いた未来はないのです。

 

自己愛性人格障害の人も

自分の性格を変えることは

できませんので

人と距離を持ったまま、

自分の人生に目を向ける方が

よっぽどタメになりますし、

どんなに素敵に見えていた

自己愛性人格障害の彼も

あなたがこだわる必要はないのです。

今、尊大に見えているかれの姿も

仕事ができる有能な彼の姿も

あなたによりそう優しい彼の姿や

あなたを想う言葉も

すべて

自己愛性人格障害の人が

自分を有能で

優しい人間に見せる為に

必死でやっているだけに

すぎないのです。

 

 

その彼の本物の心はどこにもありません。

 

いくら有能に見えても

自己愛性人格障害の人は

自分をよく見せるために

必死なだけの感情のない人物なのです。

 

あなたが将来を

彼と築き上げる未来にしたいなら

自己愛性人格障害の人と

一緒にいる時間は無駄でしかありません。

 

ただ、自分を必死で持ち上げるために

必死でやっている

作り物の言動に間違いは無いのです。

自己愛性人格障害の被害から逃れるために心がけることとは?

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

都合のいい世の中

という事について

お話ししたいと思います。

 

実は今までの世の中というのは

自己愛性人格障害の人に

都合よく作られています。

 

なぜ、そのようなことになっているのか

と言いますと

戦争に都合のいい教育が

そのまま

長年続けられているからなのです。

 

昔日本でも

第二次世界大戦までは

人は15歳になると

健康な限り、徴兵令というものが

存在しました。

 

位の高いものが

自分達の命を守る為に

都合のいいように

下のものが上のものに

逆らわないように

物事の善悪を決めていました。

そして、それが

正しい事だと

教育されてきた人たちが大人になり、

子供ができて、その考えをまた、

正しい事だと教えて、

普段、あなたは

あまり意識していないかもしれませんが、

上のものに従うことが正しい事だと

なんとなくみんな思うことが

常識のようになっています。

 

ですが、上に立つものが

正しいことを言っていない場合もある事は

気づいている人もいますよね。

 

そこで

その人が上に立つ人に逆らって

言い方やその表現の仕方では

その人が悪い様にされたり、

または認められて

上の人が考え方を改めたりしています。

 

ですが、大体は

ほとんどの方が常識に従って動いているでしょう。

 

自己愛性人格障害の人は

無意識に

この常識と言うものを使いながら

自分が悪く見えないことに全力を注ぎながら

その場の都合に合わせて

言うことをコロコロと変えることができるので

その場その場で自己愛性人格障害の人が

正しいことを言っているように見えるのです。

 

だから自己愛性人格障害の人は

一見すると

常識的な人間にみえ、

人格者であり、立派な人に見えます。

 

周りの人は

人のことをそんなに深く考えていないので

大体の人の事をイメージで捉えています。

 

だから自己愛性人格障害の人が

ターゲットに

ひどいことをしていても

気付かないのです。

 

また、被害者になるような人は

本当に善人が多いので

相手のいいところを探してしまうし、

自責の念が強いために

自分の悪いところを探して

相手に寄り添います。

そして、

自分でもひどいことをされていると

認めたくないので

たまたま機嫌が悪かったのかな?と

許してあげようとしたり、

一旦は受け止めても

そういう時もあるよね、と

人のことは簡単に許してしまいます。

 

相手が普通の人ならそれで良いのですが

もし、相手が

自己愛性人格障害だったとしたら

これが大変な事になります。

 

悪いことがあればそれは全て被害者のせいにされ

いい事があると全て

自己愛性人格障害の人のおかげになります。

 

 

いい事も悪い事も両方起きたりしますから

いいことが起きるたびに

自己愛性人格障害の人のおかげになり、

またあなたもそれを認めてしまうため

自己愛性人格障害の人の印象はどんどん上がっていき

悪いことがあるたびにあなたのせいにされ

あなたもそれを認めてしまいますから

あなたは何もしていなくても

いい人がゆえに

どんどんイメージは悪くなっていきます。

 

なんでも

「ごめんね。わたしがいけなかったの。」

といえばまるく収まるわけでは無いのです。

 

あなたの人の良さが

まさに

自己愛性人格障害の人が

貴方のイメージを悪くするのに

好都合なわけです。

 

そして印象の悪くなったあなたのことを

自己愛性人格障害の人が責めていても

周りのイメージは

自己愛性人格障害の人の方が

正しいとされていますので

あなたが叩かれていても

誰も見向きもしなくなります。

 

そのため、自己愛性人格障害の人は

堂々と

あなたに

自分の心の中の怒りを

ぶつけることが出来るのです。

 

こんな恐ろしいことになりたくなかったら

きちんと物事を判断してください。

 

被害者体質の人は

事なかれ主義の人が多いのですが、

自分が悪者になる事で

物ごとをまるく収めようとします。

 

ですが、今後は

めんどくさいようですが

いちいち1つ1つの出来事に対して

これは自分が責任を負うべき事なのかな、

と考えてみてください。

あなたが負うべき責任でないことは

受けないようにしてください。

 

これを言うと

私じゃない!

と声を荒げて今までとは

極端に真逆の対応をしてしまい、

自分の立場を

さらに悪くしてしまう被害者が

よくいるのですが

これはやり方がまちがっています。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

これまで以上にたたかれる

原因になってしまいますので

絶対に敵対心を見せないでください。

 

自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せてしまうと

とても恐ろしいことになります。

 

あなたのせいでない事は

そっと相手にお返しをしてください。

 

あなたは引くだけでいいのです。

 

これがイメージしにくい人は

その場は黙って

ちょっと驚いたような顔をして

後ろにすこしだけ引いてみてください。

 

え?!

と驚くような感じです。

 

自己愛性人格障害の被害に合っていると

理不尽な気持ちがどんどん溜まっていきますから

初めはあなたの優しさから

折れてあげているかもしれませんが

ずっと我慢していると

被害者の方が攻撃的になってくる事があります。

 

周りの人はそれをみて

さらに被害者のほうが

悪く思ってしまうのですが

Tiaraは見ていて

それが本当はどちらが悪いかわかります。

 

ですが、ほとんどの人は

そんなことを知っている人はいないので

被害者の方が悪者にされて

立場はさらに悪くなります。

 

そうならないためにも

他人の罪を

ずっとかぶるのはやめましょう。

 

自己愛性人格障害の被害者になるような人は

自分が傷つくことへのブレーキが壊れていますので

自分が酷いことをされることは

わりと平気です。

 

ですが、本当は心の中で

積み重なっていきますので

気付いた時にはあなたが

深く傷ついていることに気づくでしょう。

 

そうなってからでは遅いのです。

 

普通の人は

自分が傷つけられることに

あなたよりも敏感です。

 

きちんと自分の身を守っているのです。

 

普通の人にトラブルがないのに

あなたには

あなたが何もしていないのに

トラブルばかり引き起こされている時は

この自分が傷つけられるブレーキを

直さなければいけません。

 

あなたには

自分を守る力が足りません。

 

あなたが自分で自分の心を守れないと

あなたは無意識の内に

あなたを守ってくれる存在を

探してしまいますが

あなたの周りには

いい人ばかりではありませんし、

残念ながら

あなたのような人の周りには

自己愛性人格障害の人が

寄ってきやすいのです。

 

人は自立したもの同士がくっついて

初めて幸せになれるものだと思っています。

 

あなたの心はあなた自身で守れるように

今日からあなたを少しでも傷付ける人を

寄せつけないでくださいね。

自己愛性人格障害のひとに関わってしまった時間は、あなたにとって無駄なものになってしまう


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭った女の子は

普通のひとの感じる楽しみを

だいぶロスしてしまっていることについて

お話ししたいと思います。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたが彼に恋をしていた気持ちは

本物だったと思います。

 

彼のことが好きな気持ちは

誰にも負けないと思っていたことでしょう。

 

そんな思いをしたことのない子も

いるので

恋をする楽しみを充分に味わった、

という点では

幸せだったのかもしれません。

 

ですが、その分

裏切られた気持ちも大きいと思いますので

そのショックは

計り知れなかったことと思います。

自己愛英人格障害の

被害に遭ってしまった人は

初めは何が何だか理解できず、

あなたのその理不尽な気持ちを

納得させようと

答えを探しまくると思います。

 

その結果、

どう考えても

あなたの何がいけなかったのか分からず

納得がいきません。

 

Tiaraはもう自己愛性人格障害について

とてもよくわかっていますし

Tiaraの恋愛相談室を訪れて

その時は納得がいかずに苦しんだ人たちも

今となってはとても良く理解でき、

今、周りにいる自己愛性人格障害に気づき

Tiaraにラインを送ってくれる人が

大勢います。

 

特に芸能人や事件になった原因のひとを

「この人って

自己愛性人格障害ですよね?」と

その人たちの今後や現在の心境を

Tiaraよりもとてもよく

理解していらっしゃる方が大勢見えます。

 

Tiaraが知らなかったことまでも

「こんなことがあったんですよ?」と

教えてくれるユーザーさんのおかげで

芸能人の自己愛性人格障害のひとに

気づくことも多々あります。

 

 

なによりもよかったな、と思うことは

被害者のみなさんが気持ちを

理解することができただけでなく

周りで被害に遭っている人に気づき

その人たちに

アドバイスをしてあげられることにより

その人たちが楽になっただけでなく

周りの人たちにも

そういった理不尽なことを

しまくる人たちがいることを

知らせることができ、

苦しむ人が減ったように感じます。

 

みなさん、自己愛性人格障害の被害から

脱出することで

自分の人生を

とても楽しんでいらっしゃるのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

関わっている時間は

あなたにとって

無駄なものになってしまう

 

自己愛性人格障害の被害に

遭っているうちは

そのことがうざいほど頭から離れず、

どうして自分が被害に遭ってしまったのか

彼は本当に自分を愛してくれていたのか

などということに取りつかれてしまい

膨大な時間を無駄にします。

 

おそらく何も手につかないでしょうし、

成長のチャンスをたくさん失うでしょうし

そのことに気づいてさえ

いないかもしれません。

 

被害に遭ってしまった人のせいでなく

何もしない人だからこそ

安心してつぶされてしまっただけなのに

悪者になったり、罪悪感を持たされるなんて

あほくさいです。

 

ですが、自己愛性人格障害に気づくまでは

自分は素晴らしい人と出会った、とか

こんなに幸せなことはない、と

とても幸せな気持ちを味わっているので

分からないでしょう。

 

 

自己愛性人格障害の被害は

後から気づくのです。

 

もしあなたが、

自己愛性人格障害の

被害に遭ってしまったと、

気づいてしまったのなら

できるだけ早く

自己愛性人格障害のひとのことを

忘れることです。

 

自己愛性人格障害のひとは

無意味にあなたを傷つけてきますので

関わるだけ無駄になります。

 

だからできるだけ早く

自己愛性人格障害のひととの関わりを遠ざけ

関わりをまったくなくすようにするのです。

 

そうすることにより

また自分の人生の軌道に

戻ることができるのです。

 

とはいえ、自己愛性人格障害のショックは

相当深い傷になることも多いので、

年単位で悩まれる人も多いのです。

 

現にTiaraも

自己愛性人格障害に気づいてから

3年近くもそのことについて

頭から離れないのです。

 

ですが、できるだけ早く忘れるためには

忘れたふりをして

自分の気持ちにふたをしてしまうと

かえって逆効果になり、

またぶり返して悩んでしまう結果に

なりかねません。

 

なので、できるだけ早く

自己愛性人格障害の被害を

忘れるためにも次のステップを

踏むことをお勧めします。

 

自己愛性人格障害の被害を

できるだけ早く忘れるための

ステップ5

 

1.とことん彼の心情を分析してみる

2.できるだけ早く

彼が自己愛性人格障害かどうかを判断する

3.もし、彼が自己愛性人格障害だと

あなたの中で確信したときは

すべてはあなたのせいではなかったこと

に気づく

4.できるだけ早く彼と縁を切り、

もう相手が何をしているか

分からくなるところまで逃げる

4.今までの時間を無駄にしただけだったと気付き

できるだけ早く自分の人生の軌道に戻る

5.今までの無駄にしてきた時間を

取り戻すために

今までよりさらにやりたいことを

しまくる時間を自分のために作る

 

以上の5ステップを踏むことにより

あなたができるだけ早く納得することができ

彼がいなくなっても

楽に生きられるようになります。

 

むしろ彼といたときのほうが

むやみに悩む機会が多かったのです。

 

本来、あなたは一切何もしていないので

悪いことが

起きることもなかったでしょうし、

苦しむ必要も

自己嫌悪におちいる必要もなく

もっと楽しく生きていたと思います。

 

あなたのことを本当に想ってくれていると

思っていた彼が

そんなことをしていたと気付くことは

大変なショックだったと思いますが

実際にそういう人は多く、

またそういった人ほど

普通のひとよりも魅力的に映るものです。

 

あまりにも素敵な人や

不自然に落ち着いたまま

人をディスったり、

説教をしてくるような人は

用心したほうがいいのかもしれません。

 

ちなみにTiaraは

自己愛性人格障害を知らなかったころは

そういった人に

「すごい!頭いいんだ!」とか

「良く知っているから

Tiaraのミスに気付くんだ!」と

本当に感動して相手をすごいひとだ、と

自己愛性人格障害の人ほど

素敵で頼りがいがある、と感じていました。

 

そう思ってしまう人は

Tiaraのほかにもいると思います。

 

だから説教されても、叱られても

(こんなにもTiaraのことを思ってくれる)

とか

(頼りがいがある)とか

(彼についていけば

Tiaraも仕事ができるようになる!)

と思って嫌じゃなかったんですね。。。

 

そう思ってしまう人ほど

騙されやすいです。

 

あなたもご用心してくださいね。

自己愛性人格障害の被害を受ければ受けるほどあなたはうざい人になってしまう


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

自己愛性人格障害の被害を受ければ受けるほど

どんどん印象がうざくなっていく

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

言葉は悪いですが本当のことなので

自己愛性人格障害の被害に遭われたあなたは

真剣に考えてみてください。

 

 

自己愛性人格障害の被害に遭うと

被害者はどんどんうざい印象になっていきます。

 

他人から見て分からないような

被害者だけに伝わる

あの嫌な感じをどんどん受けていくと

被害者の自尊心は

どんどんなくなっていきます。

 

ですが、それはもちろん

あなたはもうわかっていると思いますが

あなたのせいではないですよね?

 

それどころかあなたは

今まで誠心誠意、

自己愛性人格障害の人に

分かってもらおうと

寄り添ってきたわけです。

 

2人がうまくいくように相手の気持ちに寄り添い

自分のことよりも彼の気持ちを

一番に優先させてきましたよね?

 

それなのになぜかいつも彼を怒らせてしまう。

 

それは彼が自己愛性人格障害で

あなたのせいにして怒ることで

自己愛性人格障害のひとの

おなかの中にもともと持っていた大きな怒りを

堂々とあなたにぶつけて

すっきりすることができるためです。

 

あなたが落ちぶれて

みじめな思いをしているときや

自分のことを分かってもらえない無力感に

さいなまれているところを見ると

自己愛性人格障害のひとは

病気のために持っている大きな怒りを少しだけ

少しだけ高揚させて

アドレナリンを出すことができます。

 

そしてちょっとだけすっきりして

気持ちよくなるのです。

 

そのために優しく

ちょっとしたことなら許してくれる

寛大なあなたを使い

あなたのせいにすることで

あなたは自己愛性人格障害の

彼から離れていくことはないし

むしろもっと彼に気に入ってもらえるよう

努力するようになるからです。

 

 

でも、それではあなたは

どんどん理不尽で悔しい思いが

本当は心の中にたまっていきますよね?

 

彼とはうまくやっていきたいので

本当に自分が悪いのか不安になり

誰かに分かってほしくて

あなたの友達に相談したり

話しを聞いてもらったりしたことは

ありませんか?

 

 

ですが、あなたの中にも

彼は本当にいい人、という思いがあるので

友達からしたら

あなたが変わるべき可能性のある

アドバイスをしたり

なかなか分かってもらえたなかった

悔しい思いがあるのではないでしょうか?

友達がしてくれたアドバイスなど

あなたはもうとっくに

実践してきたのではありませんか?

 

 

それなのにあなたはそんな当たり前のことさえ

していないと思われてしまいます。

 

 

自己愛性人格障害の被害者の中には

自分がおかしくないことを必死に訴えるあまり

周りの友達や親族と

こじれてしまった人も多くいますが、

自己愛性人格障害の被害者は

この理不尽な思いを分かってくれる人を探すため

どうしてもうざくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭えば遭うほど

あなたはどんどんうざくなっていき

その人に分かってもらいたいと

すがる気持ちが周りのひとにも

なんとなく伝わってしまうようになり

それがあなたの周りから見た印象と

なってしまいます。

 

その結果、あなたは

バカにされやすい印象になってしまい

その印象は自分では消すことが

できなくなってしまうのです。

 

そうするとまた

あなたのその雰囲気をかぎつけて

また自己愛性人格障害のひとに狙われやすくなり

あなたの人生はどこに行っても

上手くいかなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとに狙われたくなければ

もっと自分の気持ちを大切にすることです。

 

あなたのやさしさは

あなたのいいところですが

それを利用する人たちによって

あなたはどんどん

うざい存在になってしまうのです。

 

優しい人ほど、自分が付き合う人間は

選ばなければいけません。

 

あなたの真心を真心で返してくれる人や

あなたに感謝の気持ちを表してくれる人には

あなたの優しさをそっと分けてあげてもいいのですが

あなたの優しさを利用するような人とは

あなたのような優しい人は

関わってはいけないのです。

 

幸せな人生を送るためにも

あなたはもっと

余裕のある雰囲気を

身につけなければなりません。

 

それには自分を大切に扱うことなのです。

 

自分を大切に扱うことは

他人をぞんざいに扱うことに比例しません。

 

まず自分を大切にしてから

それから他人を幸せにしてあげる

お手伝いができるのです。

 

あなたを幸せにできるのは

あなた自身しかありません。

 

あなたが自分の人生を生きていけなけば

余裕と自信は生まれないのです。

 

あなたの中の余裕と自信は

あなたの雰囲気を落ち着かせ

人が安心して近づいてこられる存在になり

あなたさえ自分を大切にしていれば

あなたの優しさを利用しようとする人は

あなたに近づいてこられなくなるのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

まず自分の嫌だ、と感じる気持ちを

大切にしてください。

 

自分が何に対して

嫌だと感じるのかが分かるようになると

不用意にあなたを傷つける人物を

寄せ付けたりしません。

 

あなたが自分を大切にする気持ちが

あなたを大切にしてくれる人だけを

寄せ付けるようにしてくれるのです。

自己愛性人格障害のひとはあなたの愛情や優しさを利用する


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたの愛情や優しさを利用する

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとの

脳の構造が分かってきたところで

今度はもし、自己愛性人格障害のひとから

嘘をつかれたときや

突然の無視をされたとき

どう反応したらよいのか

分からなくなってしまう人も

多いと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

共感力や罪悪感というものが

まったくありませんので

嘘をつくことにも

まったく罪悪感を感じません。

 

堂々とあなたに、

まるでそんなことが

本当にあったかのように

話をすることができますので

余計に信頼性が増してしまうのです。

 

だからこそあなたは

彼を信頼していたから

後からそれが嘘だった時の

ショックはとても大きいですよね?

 

 

こんな時、彼を問い詰めてしまったり

悲しそうな顔をしてしまったりする人も

多いと思いますが

これではまたさらにあなたを傷つける行為を

エスカレートさせてしまうのです。

 

そんなときは

彼は自己愛性人格障害だから

脳の構造上、あなたを傷つけて

それでもあなたが

すがってくるところが見たくて

どうしても無意識のうちにしてしまう

ということを思いだしてください。

 

自己愛性人格障害のひとというのは

自分の不安や不満をあなたにぶつけて

高揚感を感じようとしてしまいます。

女の子は優しくされると

その人のことを好きになってしまうことが

多いので

そんな女の子の性質を利用して

あなたを信頼させてしまいます。

 

普通のひとは、

自分を信頼してくれた人を裏切る、

という行為はなかなかできませんが

自己愛性人格障害のひとは逆に臆病なので

悪く思われてしまうような

信頼できない人よりも

自分のことを信頼してくれて

好きでいてくれる女の子に

自分の中の怒りをぶつけて

あなたが悲しむ顔を見たいのです。

 

あなたが彼のことを

信頼して好きでいてくれるからこそ

嫌なことをしてしまうのです。

 

 

あなたが彼のことを

好きでいてくれることを大切に思ってくれる

あなたのことを

本当に大切にしてくれる人を

恋人として選んでください。

 

あなたは愛情が

普通のひとよりも深いので

だからこそあなたのその尊い愛情を

向けてもいい相手を選ばなければ

あなたは愛情の薄い人よりも

不幸になってしまうのです。

 

あなたのその優しさや愛情が

あなたをどん底まで落とす

自己愛性人格障害のひとから

そばに置きたいと思われる

材料になってしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとというのは

とても素敵な魅力を

1つや2つ、持っている人が多いですから

あなたはとても幸せを感じてしまいやすくなります。

 

その結果、

自己愛性人格障害のひとと

恋愛関係になりやすいのです。

 

 

ですが、彼らの奥底には

極端な自尊心のなさから

人を潰してしまう

習慣がついてしまってします。

 

 

だからこそ愛情深いあなたは

近づいてはいけないのです。

自己愛性人格障害のひとは自分であなたにひどいことをしておきながらあなたのことを親身になって心配する


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分であなたにひどいことをしておきながら

あなたのことを親身になって心配する

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたを傷つけるようなことを

自分でしておきながら

周りの人には

あなたを心配しているようなことを言います。

 

たとえば、彼の方から訳も分からないうちに

一方的に別れを告げられ

会うことをかたくなに拒否し続けられます。

 

あなたが悲しくなってしまい

彼に何とかあなたの気持ちを

分かってもらいたいがために

会いたいということすらできず

我慢をしているとします。

 

 

するとあなたの周りの人に

「彼女どうしてる?」

とまるで自分のほうが傷心しているように

聞いたり、

「彼女とけんかをしてしまったけど

後悔している。」とか

「彼女と話がしたいんだけど

彼女が僕と口をきいてくれないんだ。。」

と相談したりします。

 

それを聞いたあなたの知人から

「どうしたの?」と連絡が入ることは

よくあることだと思います。

 

あなたから彼が優しい、と

普段から聞いている友達は

彼が訳も分からないようなことで

別れ話をするとは思えないので

2人の間に何かあったとしか思わないでしょう。

 

そのほうが自然です。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなたに対してだけ

とても不自然なことをしているのです。

 

 

あなたの知人が

あなたに勝手に連絡したとすれば

彼は自分からは連絡していないので

「彼女には言わないで。といったのに。。」

というでしょう。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなたに必ず耳に入れるような

あなたのことを親身になって

相談を聞いてくれるような熱い人に

彼の情報をわざと漏らしています。

 

 

 

ですが、実はそれもまた

自己愛性人格障害のひとが

この子なら間違いなく

彼女に伝えるだろうと踏んでから

あなたに親しい間柄に人に

「実はね、彼女には

黙っててほしいんだけど。。。」

とあなたに情報が入るように

わざとしているのです。

 

あなたも自分の方に原因があるのでは?

と悩むことも多く

彼が心配していたという話を聞くと

うれしくなってしまうかもしれません。

 

 

けれど自己愛性人格障害のひとは

あなたが別れ話を出されると

深く傷つく、ということを

知っていてやっているのです。

 

しかも彼が浮気をした、とか

最近彼との仲がうまくいっていなかったなど

あなたにも別れ話が出る可能性が

自然に理解できる時は

ショックを受けたとしても

まだ納得はできると思います。

 

 

ですが二人の仲がついさっきまで

うまく行っていたなど不自然な場合は

余計に不安になるでしょう。

 

 

自己愛英人格障害のひととの別れは

とても納得のできる話ではありません。

 

 

だからあなたが深く傷つき

さらに引きずったり、

納得できなかったりするのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたのことを心配しているように

あなたに伝わるようにするのは

あなたに諦められないようにするためと

あなたに知人から

彼が悪いと思われないためにしていることなのです。

 

本当にあなたのことを心配しているわけでは

ありません。

 

自分が悪者にならないために

あなたの様子への偵察と

彼の信用を周りのひとへ印象づけるためです。

 

 

そしてたとえ別れたとしても

あなたが彼のことを忘れようとしている

絶妙なタイミングで

あなたの知人から

彼の情報が入ってくることがあるでしょう。

 

 

あなたの親友や家族や

彼との共通の友達などから

新しい彼女ができたことや

結婚したことを耳にしたあなたが

動揺して彼に連絡をしてしまえば

あなたは、別れた彼のことを

いつまでも忘れられない

本当に迷惑な存在として

伝えられてしまいます。

 

 

こんなに手の込んだ、

周りくどいやり方をしてまで

元カノの気を自分に向けようとする人など

いない、というのが世間一般の常識ですから

何も動いていない自己愛性人格障害のひとは

悪くない、という結論に達してしまうのです。

 

ですが、Tiaraはもう

自己愛性人格障害のひとの行動が

分かってしまうので

想像した通りに

自己愛性人格障害のひとが動くのを

何度も見ています。

 

だから、

そういった精神状態のひとがいることは

目の当たりにしていますし

たとえ周りの人に信じてもらえないとしても

自己愛性人格障害の被害者同士で話し合えば

一発で分かることなのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとの情報が

あなたの耳に入ってきたとしたら

それは偶然ではありません。

 

彼が、あなたに伝わるために

わざわざあなたの近しい人に

情報を流しているだけなのです。

 

分かると本当にあほくさくなりますので

あなたの大事な人生を

自己愛性人格障害のひとに潰されないように

自己愛性人格障害だと分かった瞬間から

彼のことはあなたの意識から

離すように努力し続けてくださいね。

 

そうすることであなたは自由になれますので

その時に初めて、

あなたのことを

本当に思ってくれる人を見つけたら

その時はその人を

絶対に話さないようにしてくださいね。

 

あなたに我慢ばかりさせて

当然のような顔をしている男には

振り回されないように

気をつけてくださいね。

自己愛性人格障害とはあなたの心に小さなダメージを与え続ける異常なほどしつこい病気である


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害とは

あなたを不快な気分にさせ続ける

小さな行動の異常な積み重ね

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとのしていることは

本当に分かりにくいので

被害に遭った人は

周りの人に信じてもらおうと思っても

なかなか信じてもらえません。

 

被害妄想だと思われてしまうことが多く

被害者のほうが

メンタルを病んでいるようにも見えます。

 

このことの積み重ねが

本当に被害者を

いずれは

病気にしてしまうのですが

自己愛性人格障害のひとのしていることは

本当にひどい事なのに

どうして周りの人が

そこまで思わないのでしょうか?

 

それは自己愛性人格障害のひとの

行動の小ささにあります。

 

本当によく見ていないと

分からないような

ほんの少しだけ

眉をひそめる表情や

急に無言になったり、

ほんの少しだけ音を立ててドアを閉める、など

被害者でも気づかないような行動が

モラハラの行動だからです。

 

おそらく1度や2度では

被害者本人も

気づかないことが多いのですが

こういった行動を異常なほど被害者にのみ

し続けることで

いつか被害者の方も

(あれ?もしかして今の自分にしたのかな?)と思いだします。

Tiaraはもう、

自己愛性人格障害のひとの行動が分かるので

被害に遭われた方から

お話を聞くだけで

その人のその行動が

自己愛性人格障害のひとのものだと気付きます。

 

 

ですが、大半の方は

そんなのは思い過ごしだと思ってしまうことでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が嫌われることには

極端に臆病なので

ターゲットに嫌がらせをしていることを

周りの人に悟られることを

極端に嫌います。

 

なので、そんなことはしていないよ?

と見せかけるために

ひどいことをしていればしているほど

ターゲット以外のひとには

極端に優しくしたり

親切にしたりします。

 

こうすることで被害者が周りの人に

信じてもらおうとしても

信じてもらうことができず、

被害者が、

(あの人考えすぎだよね?)

と嫌がらせてしまう原因になります。

 

かといって、自己愛性人格障害のひとは

被害者をみじめな人物に仕立て上げますので

被害に遭った人がそんなことはしていない、

と言い訳したくなる気持ちもとてもよくわかります。

 

ですが、それを言い訳することができなかったり

話しても信じてもらえないことで

被害に遭った人の中には

どんどん不満がたまっていき

不快な気分が続きます。

 

それも1度や2度なら

もともとは、人よりも

優しくて寛大な性格を持っている人が

自己愛性人格障害のひとから

安心されることによって

ターゲットになってしまうので

聞き流したり、忘れてしまったりすることが多いでしょう。

 

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたを許してくれず

周りの人から分からないように

何度も何度も小さな嫌がらせを立て続けに行うのです。

 

ですが、1つ1つがとても小さな出来事のため

ほとんどのひとは

自分に関係のない出来事だと

気づくことができません。

 

そんな中、

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットの心に

確実にダメージを与えるまで

コツコツと

嫌がらせを尋常じゃないほど

し続けてしまうのです。

 

小さなダメージは

あなたがダメージに気づかない間にも

確実にあなたの心を

攻撃し続けます。

 

そして、いくら寛大なあなたでも

最後には

取り押さえのないほどの怒りを

持ち続けているので

人を助ける余裕もないほど

取り乱してしまうのです。

 

そして、自己愛性人格障害の被害者が

怒りを持ち続けることによって

あなたがイライラしたり、

彼のことが信用できなくなってしまうのです。

 

あなたのその怒りを

爆発させてしまうと

あなたの方が

おかしいと思われてしまうので

もし、あなたがその積み重なるイライラを
爆発させずに抑え込んでしまうと

あなたの方が常にイライラしてきた利するのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

異常なくらい温和なあなたがイライラしてくるほど

しつこく理不尽なことをし続けて

あなたの心にダメージを与え続けてしまうのです。

 

これに勝つには

自己愛性人格障害のひとのすることに

無関心でなければ

気になって仕方がありません。

 

自分に自信がなくなってしまい、

周りだけでなく

あなたまであなた自身が悪いと

思ってしまうようになるのです。

 

こうしてあなたは

自己愛性人格障害のひと本人と

自己愛性人格障害のひとから見せられた

幻を信じ続ける周りの人

そして、あなた自身までが

自己嫌悪におちいってしまい

どんどん自分を責めてしまうのです。

 

そして、毎日細かいダメージを

異常なほど

浴びせ続けられた被害者は

やがて爆発して

大声を出してしまうか

本当はそんなことではないと言い訳がましく

周りの人に訴え続けることで

あなたの周りから逃げる人も出てきてしまいます。

 

自己愛性人格障害とは

そうやって小さなダメージをあなたの心に与え続ける

異常な病気なのです。

 

これに勝つには

あなたの方が

自己愛性人格障害の特徴を

完ぺきに理解することと

あなたがそれにへこたれないほどの

完ぺきな無関心を自己愛性人格障害のひとに

向けることなのです。

自己愛性人格障害のひとは自分を信じてくれる人を裏切っても何とも思わない


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分を信じてくれる人を裏切っても

何とも思わない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分のことしか考えられません。

 

それ以外のひとは

嘘でも印象を全く変えて悪者にしても

自分をよく見せるためなら平気です。

 

それが長年連れ添った恋人だろうが

夫婦だろうが

自分の本当の子供だろうが

自分以外のひとは

悪者にしても全く平気なのです。

 

 

ただ、自分がそんな人間だということは

全力で隠しますので

そんな風にはとても見えませんが

時間がたって後から考えてみると

とてもよくわかります。

 

もし、自己愛性人格障害のひとに

新しい恋人ができたとしたら

今まで、あなたのことをどれだけ大切か

話してきていたとしても

まったく事実を捻じ曲げられて

あなたがとんでもなく

ひどい人間だと言われている可能性があります。

 

そう話すことによって

次の恋人に

彼がとてもいい人に見られるとしたら

なおさらでしょう。

 

だから彼の過去はないものも同然になります。

 

 

そしてその時は、そう言うことによって

周りの人からの信頼を得て

彼がとても生きやすいように

見えるかもしれませんが

次の瞬間にはなかったことに

なっているかもしれませんので

自己愛性人格障害のひとには

足跡というものが全くなくなってしまうのです。

 

そのことによって彼が今を一番都合よく

周りの人に思わせることができたとしても

彼には思い出や

積み上げてきた人間関係というものが

全くなくなってしまうのです。

 

そのために歳をとった

自己愛性人格障害のひとが

今まで自分が何をしてきたのか

まったくわからなくなって

むなしくなることがよくあります。

 

関わってきた人も

時間を無駄にしてきただけかもしれませんが

自己愛性人格障害のひともまた

何をしているのかよくわからないのです。

Tiaraは彼との思い出を

ずっと大事にしてきましたが

彼が何をしていたのかが

分かってくると

彼が感情を高ぶらせて

Tiaraと一緒にいたい、とか

俺にはTiaraしかいないんだ、というような

ドラマのようなセリフも

ただその場で一番都合がよかっただけの言葉だった、

ということがとてもよくわかります。

 

ただ、その時は

Tiaraに逃げられたくなかっただけなのです。

 

自己愛性人格障害のひとは知りませんが

普通のひとには

感情や愛情というものがあります。

 

そこまでのセリフを言うということは

Tiaraをどうしても離したくないから

思いを打ち明けているとか

将来、この人以外に考えられないと考えて言うもので

そのあと理由もないのにあっさりと別れて

何事もなかったように次の恋に行くことは

考えられないでしょう。

 

このまえ、友人と話をしていて

「女だって別れたら

すぐにほかの男と付き合うやつもいるんだから

なんの不思議もない。」という言葉が出たのですが、

そういう時は

そこまでの感情はないはずなので

そこまでの会話もないのです。

 

 

もしそれほど強い思いがある場合は

しばらくはほかのひとと

付き合うなんて考えられないでしょう。

 

ただ、付き合っていて

別れただけならTiaraだってすぐに別のひとと

付き合ったことがないとは言いません。

 

でも、自己愛性人格障害の彼に

言われた責任感のある重い言葉は

覚悟をして受け止めたので

自己愛性人格障害だとは知りながらも

自分の気持ちがすぐに次のひとに

移ることができなかったのです。

 

彼がそこまで言わなければ

おそらく彼とはお付き合いすら

していなかったでしょう。

 

彼がそこまで言ってくれるからこそ

信用したのです。

 

おそらく自己愛性人格障害の彼と

付き合った人のほとんどが

一方的に彼を好きだったという人は

いないはずです。

 

彼から、これは信用できるという

熱い思いを何度も何度も告げられ

真剣にお付き合いをお互いにしてきた

と思っていたからこそ

思いが深くなっていると思われます。

 

だからこそなかなか忘れられないのでしょう。

 

Tiaraは今まで

自己愛性人格障害という病気があることを

知りませんでしたので

なかなか彼のことを忘れられなくて

相手があっさりとほかのひとと付き合っている場合や

結婚してしまった場合は

彼の方はそんなにも真剣でもなかったのかな?

と思っていたと思うのですが

もしかしたらそういった人のほとんどが

自己愛性人格障害だったのではないかと

思います。

 

普通のひとは、本当に愛している彼女から

そんなに簡単に離れたりはしないのです。

 

自己愛性人格障害の彼が

また戻ってくることはないでしょうか?

という質問を受けることがあるのですが

自己愛性人格障害のひとは

何度も何度も戻ってくる可能性はあります。

 

でもそれはあなたがまだ

ターゲットとして

彼に支配されていると感じている場合のみで

相手が自己愛性人格障害の彼を

信じなくなった場合には

二度と戻ってこないでしょう。

 

自己愛性人格障害に人が

戻ってくるということは

あなたを愛しているから

戻ってくるわけではなく

あなたが彼に支配され続ける自信があるから

戻ってくるだけなのです。

 

つまり自己愛性人格障害のひとが

戻ってくるということは

あなたにとって良いことではないので

できれば戻ってこないほうが

あなたは幸せなのです。

 

はっきり言います。

 

自己愛性人格障害のひとに

他人に対する思いはありません。

 

周りの人は

自分をよく見せるためだけの道具なのです。

自己愛性人格障害とはそういう病気です。