自己愛性人格障害のひとから離れるとあなたは驚くほど生きやすくなる

こんにちは♡

今日は、自己愛医性人格障害のひとから

離れると

人生がものすごく生きやすくなる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

もうずっと前から

Tiaraのブログを読んでくれているあなたは

自己愛性人格障害について

かなり詳しくなっていると

思われますが、

自己愛性人格障害のひとから

離れることができると

あなたの人生は

かなり生きやすくなります。

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい方、というのは

共依存症の人や、自分に自信のない人

誰かがそばにいてくれないと

不安で仕方ない、という人が

とても多いのですが、

あなたの大好きな彼が

自己愛性人格障害だった場合

その感情の相乗効果で

あなたは彼から

ますます離れたくなくなってしまいます。

 

そして、

彼の方もまた、あなたを簡単に

手離さなくなります。

 

そしてその組み合わせは

お互いにお互いの症状を強めてしまい

だんだんとひどくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心を満たしてくれる

弱い存在を手放してしまうと

また違うターゲットを

育てていかなければいけなくなります。

 

自己愛性人格障害のひとは

精神的に虐待しても

自分から離れていかない存在が

必ず必要なのです。

だからあなたがそばからいなくなると

また新しいターゲットを

無意識のうちに探し出して

その人をまた少しづつ、

自分の世界に引き込んでいきます。

 

今まで大事に自分から

離れていかないように

自分のことを

信じ込ませたあなたのような存在を

そばに置こうとしてしまうのです。

 

ですから

ひどいことをされても

それは自分が悪いからだと思い込んで

自己愛性人格障害の彼から

離れていかないあなたを

なかなか手放そうとしません。

 

 

あなたが離れていく予感を感じると

必死にいい人を演じ、

もう一度あなたに信じてもらおうと

恐ろしいほどの

しがみつき行為を見せますので

ひどい場合、激化して

大きな事件に発展することも

非常によくあるのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとから

見え方をコントロールされているあなたは

周りの人に信じてもらいにくく

いろいろな事件が勝手に

あなたのせいにされていきます。

 

だから、あなたにとって

自己愛性人格障害のひとのそばにいることは

いいことではないのです。

 

どんなに魅力的に見えても

あなたのためには決してなりませんので

それに気づいてあなたの方から

完全に離れてしまうと

今まであなたのまわりで起きていた

トラブルは

まったく起きなくなります。

 

 

あなたが自然にふるまっていても

誰からもとがめられることもなく

変な事件も起きなくなります。

 

 

それどころか

自己愛性人格障害のひとが

あなたの周りにいない場合、

あなたはありのままにふるまっていても

悪く思われることはいっさいなく

あなたは好かれやすい性格だと

いうことに気づくと思います。

 

自己愛性人格障害のひとに

狙われやすいあなたというのは

実は普通の人からは

とても感じの良い信じられる人なので

知らない間にあなたの周りには

あなたのことを好きな人たちで

いっぱいになります。

 

 

普通の人から見ると

あなたは裏表のない

とても付き合いやすい

親しみの持てる存在なのです。

 

あなたのまじめな所や

素直なところは普通の人から見ると

とても信じられる存在になりますので

みなさん、安心してあなたに

近づいてくると思います。

 

あなたの周りに

自己愛性人格障害のひとの

いない環境の中にいると

あなたは驚くほど

のびのびと生きやすくなるのです。

自己愛性人格障害のひとの心情が分かるようになると無駄に傷つくことがなくなる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

心情が分かるようになると

無駄に傷つくことがなくなる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは今、少しの間その人を見れば

その人が自己愛性人格障害か

そうでない普通の感覚の持ち主か分かります。

 

Tiaraの大好きな彼が

どうしてそんなことをするのか不思議に思い

強烈に興味を持ったからこそ

彼の心情について調べまくりました。

 

 

彼のことを好きだったからこそ、

彼の気持ちを理解したかったからこそ

自己愛性人格障害という病気を

知ってしまったのです。

 

 

初めはそんな病気がある、ということは

とてもショックでしたし、

とても怖かったです。

 

人を他人を愛する人を

信頼しているからこそ

傷つけていく

そんな恐ろしい病気があることは

とてもショックでしたし、

Tiaraの大事な彼がそんな病気だなんて

信じたくもありませんでしたし、

できれば違っていることを望み

彼が、自己愛性人格障害ではないことを

証明しようとあらゆる面で

観察して

彼の今までの行動と当てはめてみました。


すると

彼が自己愛性人格障害だとすると

今までの不可解な出来事のすべてに

説明がつき納得できたのです。

 

離婚後に初めて

こんなにも信じられる人はいないと

神様に出会いを感謝した

大切な彼が

自己愛性人格障害だと知ったことは

とても大きなショックでした。

 

 

でも、大好きな彼だったからこそ

自己愛性人格障害の人たちが

そういう風にしか行動できないこと、

深い悲しみから

共感力を感じないように蓋をしてしか

生きられなかったことに

納得ができたのです。

 

 

そして大好きな人だったからこそ

仕方ない、

とあきらめることもできましたし

彼以外のどうでもいい

他人の自己愛性人格障害のひとに対して

完全に無関心になることにも

容易にできているのかもしれません。

 

 

だって大好きな彼に無関心に

なることはとても辛いことですし

できたら、

ほかの人間関係はもういらないから

彼さえいてくれればいい、

と思っていた人だったからこそ

ほかのどうでもいい

他人の

自己愛性人格障害のひとに好かれたい、

だとか相手にしてほしい

なんてこれっぽっちも思わないからです。

 

 

そして自己愛性人格障害について

とても詳しく知識がついてしまい

実践として自己愛性人格障害の人たちの

感情が動くことをを何度も見たり

次にどんな行動をし、

どんなことを期待してそれをしているのか

すべて分かってしまうので

たとえ自己愛性人格障害のひとに

攻撃されたとしても

どうしてそれをその人がしているのか

分かるのでちっとも怖くないのです。

以前のTiaraはとても傷つきやすく

本当にちょっとしたことや

自分がしてもいないことで

どうしてそんなことをされるのかと

不安になり悩んでいました。

 

そんな日々が

本当はTiaraにとってなんの関係もなく

自己愛性人格障害の人たちの

Tiaraよりも優位な立場でいたいがためだけの

こじ付けの行為だということが分かったので

相手にしなくなったのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭う人たちは

責任感がとても強く

相手が勝手にしていることでも

自分に責任があるのではないか、

と悩んだり

自分が相手の気持ちを

損ねるようなことを

してしまったのではないかと

してもいないようなことで

延々悩み続けています。

 

そしてそんなところを見ると

自分の攻撃が効いていることに

ひどく高揚し

もっともっとと被害者の

傷つくところを求めてしまい、

優越感に浸る不思議な病気の

餌食になっていき

自ら苦しんでいきます。

 

そして人が苦しむところや

みじめなところを見て

人の悪い話に連帯感を持ち

楽しむ人たちが

自己愛性人格障害のひとの

取り巻きとして存在することも知りました。

 

 

そして被害者になってしまうような人たちは

そんな人たちに好かれようと

必死で努力している人たちなのです。

 

自己愛性人格障害という病気を知ったら

そんな人たちや取り巻きになる人たちと

関わることは

とても無駄だと気づきますよね?

 

彼らから拒否されることは

あなたにとっても

好都合なことだったのです。

 

だって苦しむためだけのために

そばに置かれているだけなのですから。

 

自己愛性人格障害のひとは

人が苦しむところや惨めなところを見て

自分のほうがましだと

自分の自尊心を保つために

必死で虐め続けます。

そこに無関心になれない人は

どんどん傷ついていきますので

自己愛性人格障害のひとは

その人たちが傷つくところを

ずっと見続けることができるので

なかなか離れようとしませんし

あなたが傷つくところをわざわざ見に来ます。

 

共感力がないのであなたが傷ついているか

あなたの様子を見ないと

分からないからです。

 

 

自己愛性人格障害の被害から

逃れる方法はただ1つです。

 

あなたが傷つくところを

見せないことです。

 

あなたがそばにいなければ

あなたの傷つくところを

見ることができませんし、

あなたがそばにいても平気な顔をして

自己愛性人格障害のひとを

全く相手にしていないと今度は

自己愛性人格障害のひとのほうが

傷ついてしまうので

あなたから逃げていきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

あんなにも強く見えますが

本当は自尊心が驚くほどないことに

尋常でないほど苦しんでいるので

そこから苦れるために

自分よりも下の存在を作り出し

自分のほうが上だと

優越感に浸ることにより

その苦しみから助かることができるので

自分が相手にされていないことを知ると

驚くほど傷つくのです。

 

 

失恋は自己愛性人格障害のひとが使う

最もポピュラーな人を傷つける方法で

しかも相手の人が

自分のことを好きだということが分かるので

同時に自尊心も満足させることができます。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

恋愛相手には

特に素敵なところをいっぱい見せるので

優しくしたり、プレゼントをたくさんくれたり

あなたのことを

とても大事にしてくれているように見せます。

 

 

だから自己愛性人格障害のひとが

恋人だった場合は

普通の虐待に比べて素敵なことが多く、

そして素敵な映画のような恋愛だったからこそ

自己愛性人格障害という病気に

気づきにくいのです。

 

自己愛性人格障害の特徴が分かると

相手があなたよりも優位に立つためだけに

行動しているということがよくわかるので

あなたが悪くないことにも気づきやすいですし、

相手が離れていっても

辛いとは感じず、

むしろこれで

被害を逃れることができるとほっとします。

 

そして自己愛性人格障害のひとが

あなたが傷ついているかどうか

見に来たとしても

あなたは傷つかずにいることができるので

そんなあなたのケロッとしたところを見て

今度は自分が嫌われたのではないかと不安になり

勝手に傷ついていき、

自己愛性人格障害のひとのほうから

離れてくれます。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が人を嫌うのはいいのですが、

自分が人から嫌われることに関しては

普通のひとよりも尋常でないくらい傷つきます。

 

自己愛性人格障害のひとが恋人だった時は

少し辛いと思いますが

あなたを傷つけ続けるために

そばにいると知ると

そんな人はあなたも一緒にいないほうがいい、

と納得できますよね?

 

あなたが彼のことを好きだったのは

彼があなたを幸せにしてくれると

信じていたからなので

そうでないと知ったときは

思ったよりも簡単に忘れることができます。

 

彼との幸せだった思い出は

自己愛性人格障害のひとの

特徴から生まれたものだと

納得できるので

素敵な映画でも見たと思い

素敵な思い出として

あなたの胸にそっとしまっておいてくださいね。

自己愛性人格障害の彼は、別れた後もずっとあなたの心を束縛し続けている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

別れても

本当はまだずっと

あなたのことを束縛し続けている

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害の

相談にのっていて

いつも思うことなのですが、

被害者の人は、

別れてもまだほんとうは

自己愛性人格障害の彼のことを

好きだと思います。

 

 

本気で好きだったのに

あまりにも理不尽な目にあわされて

納得ができないため

納得すれば自己愛性人格障害の彼のことを

忘れられる、と思っていますが

あまりにも強烈な経験のため

長い間、忘れることはできないと思います。

 

ただ、幸いなことに

人間は忘れる生き物で

どんなに素敵な思い出も

逆にひどい思いも

時間とともにだんだんと

薄れていくようになっています。

その中で、自己愛性人格障害の被害や

そのほかの理不尽な目にあわされたという経験は

類を見ないほど

引きずられてしまうと思います。

 

よく自己愛性人格障害の人は

被害者のことを重い

と思っているようですが、

これだけ理不尽な目にあわされれば

誰だってそうなると思います。

 

むしろ思いを大切にしてきたからこそ

納得できないで引きずられているだけで

これが自己愛性人格障害の被害でなかったら

あなたもそんなに長くは

引きずらないと思います。

 

 

昔、Tiaraの友達で

何年も元彼のことを

忘れることができず、

周りの子から迷惑がられていたり

あきれられていた女の子がいましたが、

その子はむしろそのあとは

普通のひとよりもめちゃくちゃ

さっぱりあっさりとしています。

 

今考えたら、

その女の子が重かったのではなく

その時の彼女の彼氏が

自己愛性人格障害だったのではないか

と思います。

 

自己愛瀬人格障害のひとは

何人も女の人がいることも

珍しくないのですが

その子の彼も

何人も女の人がいた、

ということを聞いています。

 

ただの女好きなのかと思っていましたが

彼女の引きずり方を見ると

相手がおそらく

自己愛性人格障害だったのでしょう。

 

そして、よく被害者が一方的に

自己愛性人格障害の彼を思っているように

思われることもあるのですが

必ず、自己愛性人格障害の彼が

彼女の心を引っ張るような行動を

しています。

 

なぜあんなにも惹きつけ行為を行うのか?

という質問も

驚くほど多いのですが、

それが、自己愛性人格障害のひとの特徴となります。

よく粘着質を持つ、と言われていますが、

恋愛においても、

またお説教や嫌がらせに対しても

何度でもしつこく長く

何回もひっきりなしに行います。

 

それは、被害者を追い込むことを

やめることができないからなのです。

 

恋愛においては

特に将来を考えた大切なお付き合いほど

彼からのしつこい連絡や愛の言葉は

女の子が

「こんなにも私のことを

思ってくれる人はいない」と

思うほどにやってくるので

そんな彼を離したくないと思ってしまうのですが、

そのうえで突き放し行為を行うので

女の子の自尊心はズタズタに

切り裂かれてしまいます。

 

 

あまりの理不尽な彼の言葉に

どうしても納得がいかないのも

当然のことだと思いますし、

それで、もういいや、と思えるほどのひとなら

彼が自己愛性人格障害だとしても

被害に遭うことはないでしょう。

 

それだけの惹きつけ行為をされれば、

嫌がらせと違って

女の子から逃げていくことは

ありえません。

 

嫌がらせはむしろ女の子が

彼からどうしても離れたくない、

と思うようになってから

行います。

 

それも、彼の魅力を魅せつけながら

やらないと

ただの嫌がらせだけなら

とっくに逃げていくと思いますので

当然ながら

自己愛性人格障害の彼は

強烈な惹きつけ行為と嫌がらせを

交互に、あるいは同時に行うのです。

 

まじめな人ほど

パニックになるのは当然のことでしょう。

 

それを、

自分が惹きつけ行為を

していることだけを隠し

迷惑を感じていると

自己愛性人格障害のひとが言えば

それは嘘だと考えて間違いはないでしょう。

 

あなたが

自己愛性人格障害の彼を

なかなか忘れることができないからくりは

ここに隠されているのだと思います。

自己愛性人格障害のひとに執着してしまうあなたへ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼に

執着心を持ってしまう被害者の心理について

お話ししたいと思います。

 

 

毎日たくさんのコメントや相談をいただきますが、

その中で被害者になってしまった方が

自己愛性人格障害のひとに

強く執着心を持ってしまうことが

よくあります。

 

これはさんざん優しくされて

いかにも将来があるようなことを

さんざん夢見せられた挙句に捨てる、

という自己愛性人格障害のひとが

本当によく(というかほぼ全員?)

やる行為から

納得できない被害者がおちいってしまう

心情です。

 

納得できないのは当たり前なのです。

 

だって納得できないほど

不自然な別れ方だからです。

 

 

Tiaraも自己愛性人格障害の彼以外にも

普通の人と何度も恋愛をしていますし、

もちろん、Tiaraの周りにいる友達からも

いろいろな恋愛の話を聞かせれているのですが

別れ話の1つや2つ、

だれでも経験していることです。

 

でも、たまに今までうまく行っていたのに

彼(もしくは彼女)の突然の心変わりから

納得のできない別れ、

というものは存在しますが

たいてい、必ず別れるにあたり

それなりの原因があり、

別れたくないにしても

しかたなく納得するしかない(できる)

別れがほとんどで

そんなにいつまでも執着しません。

しばらくは誰でも失恋の痛みというものは

ありますが、

時間とともに薄れていきます。

 

ですが、自己愛性人格障害のひととの別れは

明らかに不自然なのです。

 

Tiaraの友達も1人だけ、今はもう結婚して

幸せな生活を送っていますが、

若いころ、Tiaraから見たら

そんなに魅力的でもない彼になん股もかけられ

それでもいいと彼に執着して

しばらくしたらフラれて

何年も忘れられなかった子がいます。

 

その時、同級生の間では

「いつまでこだわってるの。」とか

「たいして魅力的でもない人だったのに

ドン引きするほど引きずっている」など、

本当にひどい評判でしたが

その子のその時の彼は

自己愛性人格障害だったのではないか、

と今になって思います。

 

被害者になった人が

彼が嫌がっているのに

こんなにもこだわっていて

自分のほうがおかしいのではないか、

という質問をたまにいただきますが

そんなことはありません。

 

しっかり忘れられないように

自己愛性人格障害のひとの

引き寄せ行為によって

惹きつけられています。

 

ですが、被害者になった人が

彼のことを忘れられなくなってから

拒絶するので

被害者のほうがおかしく見えてしまうのです。

 

Tiaraはそれが分かっていたので

彼のことをまだ好きでしたが、

一切興味がないようにふるまっていました。

 

そうすると逆に自己愛性人格障害のひとが

強烈にしがみついてくるのです。

 

疑問に思うのでしたら

試しにやってみてください。

 

あんなに拒否していたのに

ドラマさながらのセリフで

「強がりだったんだよ!」とか

「あなたがいないと生きていけない。」

とか言ってきますから。

 

不自然すぎることがよくわかると思います。

 

 

あなたとはやっていけない、とか

あなたとやっていく自信がない、

とどれほど言っていても

コロッと態度を180度変えてきますから。

 

そこであなたもおかしいと

気付くかもしれません。

 

逆に彼が自己愛性人格障害だと

はっきり分かっていて

それでも彼からのしがみつき行為がなかったら

そのまま別れてしまったほうが

楽かもしれません。

 

どちらにしても彼は

あなたと幸せになりそうなタイミングで

捨てようとしてきますから

自己愛性人格障害のひととの幸せは

あり得ないのです。

 

 

あなたの幸せにも自己愛性人格障害のひとは

強烈に嫉妬してつぶそうとしてきますので

彼といたら

幸せそうにできないのです。

 

あなたはそれでもいいですか?

自己愛性人格障害の彼と一緒にいたら

あなたは将来的にみじめな人になるのです。

 

それでもあなたは彼と一緒にいたいですか?

 

あなたが幸せになれる人は

自己愛性人格障害のひととは

別のところにあるのです。

自己愛性人格障害のひとがあなたと別れた後にさみしがるわけとは?

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害が

あなたと別れたあとに

寂しがるわけについてお話しします。

 

あなたと別れてしばらくすると

彼から

「あなたのことばかり考えているよ。」

とか

「あなたがいないと寂しくてたまらない。」

とか

「あなたが他のひとにとられると思うと

気が気じゃないんだ」と

熱烈に言われたりしませんか?

 

大好きな彼から

そんなことを言われてしまうと

今すぐにでも

会いたくなってしまいますよね。

 

でも自己愛性人格障害のひとは

本当にあなたの事が好きで

そういっているわけではありません。

 

もしかしたら彼自身も

本当に寂しくて

そう言っているのかもしれませんが

厳密に言うと、

普通の人の愛情とは少し違います。

自己愛性人格障害のひとの

物の考え方の癖というものがあって

本人はそんな気はないのですが

どうしても普段からずっと

物事をすべて

自分主体でしか、

かんがえることができません。

 

 

人のきもちが傷つく、とか

辛い思いをしている、ということは

どうでもいいのです。

 

わざわざ傷つけてでも

自分のほうが優位にたてると思えば

それがたとえ恋人や両親

そしてたとえ自分の子供だとしても

平気なのです。

 

しかし、自分主体で考えて

自分がひどいことをしている、

と思われるのは

強烈なほどに怖いので絶対にしません。

 

ですが、ターゲットになるような人は

どんなにひどいことをしても

歩み寄ってくることを知っているので

傷つけても平気なのです。

 

このことから

彼を大好きなひとや

彼と別れたくないからと

頑張っているひとは

即座にターゲットになります。

 

普通のひとなら

自分のことを愛してくれるひとには

せいいっぱい

応えようとするでしょうし、

応えられないまでも、

自分のことを大切にしてくれるひとを

大事にしようとするでしょう。

 

あなたは彼が普通のひとだと

思い込んで

せいいっぱい努力をしてきたので

とんでもなくひどい

奴隷になっています。

 

そのことに気づかずに

彼にわかってもらおうと

自己愛性人格障害のひとには

逆効果なのを知らずに

どんどんターゲットに

なっていってしまうのです。

 

彼があなたと離れて寂しいのは

時間をかけてすこしづつ

気づかれないように

育ててきたターゲットに

ここで逃げられてしまったら

自分がなんのために今まで一生懸命

やってきたのか分からなくなります。

 

そして、また一から別のターゲットを

育てることは

それなりに時間も労力もかかるので

あなたを逃がしたくないのです。

 

あなたに逃げられることが

何よりも不安なのです。

 

ところが普段は、あなたが

自分から必死に彼に歩み寄ってきているので

そんなことを思いもせず、

あなたに小さな嫌がらせを

気づかれないように徹底的にやっています。

 

 

もちろん、自己愛性人格障害のひとも

その程度により

自分がそんなことをしているなんて

気づいていない場合も

気づいていてやっている場合も

あります。

 

この場合、どちらかというと

気づいていてやっているほうが

自己愛性人格障害の程度としては

軽いでしょう。

 

ひどければひどいほど

全く気づかずにやっていて

自分はいい人だと思い込んでいます。

 

気づいていてやっているひとは

もしかしたらサイコパスか

逆に普通のひとで単に

性格が悪いだけの場合もあります。

 

世の中には

単に性格が悪いだけのひとのほうが

多いですし、

単に性格が悪いだけのひとは

なにかのきっかけで

反省してやめることもあります。

 

ですが、自己愛性人格障害の場合は

自覚をすることがないので気づかないのです。

 

そして本当に

あなたを失いたくないという血相で

連絡してくるので

あなたも彼のことを信じてしまい

2度と彼と離れたくない!

と思ってしまいます。

 

その思い込みによって

次に彼とくっついた時には

前よりもさらに我慢してしまい、

お互いに症状がひどくなってしまうのです。

 

彼があなたと別れた後に

強烈にしがみついてくることは

あなたを離したくなく

そして戻ってきたときは安心して

もっと以前よりも

ひどい嫌がらせをしても平気になり

どんどん症状が悪化していくのです。

自己愛性人格障害の人は土壇場にならないとあなたに捨てられるとは思わない

こんにちは♡

今日は、あなたから別れ話をした時の

自己愛性人格障害の人の

しがみつき行為について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

本当はとても自尊心の低い病気ですが

そのことを隠すため

普段はとても自信のある人のように見えます

 

 

あなたが、

どんなに彼から虐げられていたとしても

あなたのほうがあきらめて

彼とはやっていけない、

という姿勢を崩さなくなると

急に焦りだしてしがみつき行為を

してくることがあります。

 

そこまで来たら

もう二度と彼に戻ってはいけません。

 

 

自己愛性人格障害の人のしがみつきは

非常に強烈で

あなたを惑わせる言葉や愛の言葉、

または反省の言葉や脅しなどを使って

あなたが彼から離れることを

全力で阻止しようとします。

 

そして彼の言葉に

後ろ髪をひかれたり、

自分が悪いのかと反省したり

彼を見捨てる自分がひどいかと

思ってしまう場合もあるでしょうが

戻ったら彼のほうがあなたに対して

とても残酷なことをしまくります。

 

しがみつき行為を行っている彼は

あなたを取り戻した瞬間に

もういません。

 

 

そのことが分からないと

戻ってしまうことも多いのです。

そして戻るとあなたは

愛されたり、彼に虐げられたり脅されたり

拒否されたり、あなたに罪悪感を与えたりして

一度彼を捨てようとしたことへの

報復を彼から受けることになります。

 

するとあなたの頭の中が混乱して

だんだんと苦しい状況におちいるのです。

 

ですので、しがみつき行為をしても

決してあなたのいったことを

ひるがえしてはいけません。

 

一度離れかかったあなたを

いろいろな手を使って

取り戻すことが出来た場合

以前よりもあなたに対する嫌がらせは

ひどくなります。

 

これは、離れていきそうになったあなたを

とり戻すことが出来たことにより

よりあなたが彼から離れられない

ということが分かるからです。

 

自己愛性人格障害の彼に

自信がついて

あなたがもう少し嫌がらせを強めても

離れていかないと

思うようになります。

 

あなたのほうも別れまで考えていたのに

彼に戻るということは

それなりに期待と覚悟をもって

戻っていると思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが手の内に入っている、

と思っているうちは

どんなにひどい拒否もしてきますが

あなたが、自分の手の中から

離れていきそうになると

途端に不安になり

強烈にしがみついてくるのです。

 

この段階であなたは

やっぱり彼も私と離れることは辛いんだ、

と思い

嬉しくなります。

 

でも、そうではありません。

 

実は、この時

自己愛性人格障害の人は、

あなたと離れたくない

と思っているのは事実ですが

それはあなたと今度こそうまくやって行くから

俺から離れないで!という

歩み寄りの気持ちではなく

もしかしたら俺、捨てられるかもしれない、と

急に怖くなり

あなたに見捨てないよね?と

子供が親にすがるような気持ちになります。

 

どんなにいたずらをしても

見捨てない親のように

あなたが彼を見捨てるわけがない、

と思いたいのです。

 

 

 

 

 

 

自己愛性人格障害のひとはあなたが一番苦しむ方法を選ぶ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

あなたが一番苦しむ方法を選ぶ

ということについてお話ししたいと思います。

 

 

常識では考えられないのですが、

自己愛性人格障害の人は

常識では考えられない方法を選びます。

 

常識でこうだろうと思うやり方と

すべて逆のほうを選ぶのです。

 

例えば自己愛性人格障害の彼が

「別れる」といったとします。

 

あなたがもし、彼に

「お願いだから別れないで。

お願いします。お願いします。」

と泣きじゃくり彼にしがみついたとします。

 

普通のひとなら、

本当に別れようと思っていたとしても

そんな彼女の痛々しい姿を見ると

胸が詰まる思いがして罪悪感にさいなまれ

そんな彼女を見捨てることが

できなくなると思います。

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

泣きじゃくるあなたの姿を見て

このまま別れたらこの人は

どうなってしまうんだろう?と思えば思うほど

目を輝かせ、本当に捨ててしまいます。

 

普通の人は

まさかこんな考え方をする人が

いるとは思えないので

彼に気持ちを分かってもらおうと思い

必死に訴え続けるでしょう。

 

ところが自己愛性人格障害のひとは

普通の人とすべての感情が真逆なので

彼のお願いをすれば

ひどいことになってしまうのです。

 

 

だから彼と別れたくなければ

彼にすがったり涙を見せてはいけません。

 

彼と別れたくなければ

彼にあなたが別れたくないと思っている感情を

読み取られてはいけないのです。

 

 

増して、声に出してはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが苦しめば苦しむほど

もっと苦しむところが見たくなるのです。

 

 

この心情を理解していないと

とんでもないことになります。

 

そして今度は逆に

あなたが彼と別れたい場合も

普通のやり方をしていては

自己愛性人格障害のひとは

別れてはくれないのです。

 

もしあなたが自己愛性人格障害の彼と

別れたいと思っているのだとしたら

さっきとは逆で

あなたは自己愛性人格障害のひとに

別れたい、と思っていることを

読まれてはいけないのです。

 

もし彼にあなたが彼と別れたいと思っていることを

伝えたりばれてしまったりしたら

自己愛性人格障害の彼はあなたに

あなたがどんなにひどいことをしようと

しているかを訴えてくるでしょう。

 

もしくはあなたを離したくない、

このままずっと一緒にいたい、など

強烈なしがみつき行為を

してくるかもしれません。

 

 

あなたをどんなに好きかと訴えらえ

自分が彼のことを悪く取ってしまっていた

本当はこんなにも私のことを思ってくれていたんだ、

とうれしくなり戻ってしまうかもしれません。

 

ですが、戻るとしばらくして

あなたに別れを告げらえれたことを

恨みに思い、

あなたを攻撃してくるようになるかもしれません。

 

自己愛性人格障害のひとは

すべてが反対なので

普通の人が彼の行動を予測することができず、

 

 

普通の人は

この自己愛性人格障害のひとの行動を

読みとることができないので

びっくりしていしまい、

自分のほうが悪いと思ってしまい

今度は彼からの攻撃が強くなっても

自分が悪いと思い

耐えてしまうようになるのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとに

あなたの気持ちを分かってほしかったら

すべてを逆にとらえなければなりません。

 

そしてあなたがしてほしいことと逆の態度を

彼に対して取るのです。

 

自己愛性人格障害のひとの心の動きを

ある程度把握しておいてから

彼への対処を考えておいてください。

 

自己愛性人格障害同士の恋愛関係について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害同士の恋愛について

お話ししたいと思います。

 

まれにお互いが、

自己愛性人格障害同士の恋愛について

相談を受けることがあるのですが、

自己愛性人格障害のひとは、

自分の価値を認めてくれる人が好きなので

一気に大恋愛になることが多いと思います。

 

初めのうちはお互いが

尊大な自分を魅せつけあうので

それこそ壮大な映画のような

物語になると思います。

 

なぜか自己愛性人格障害のひとに

俳優の人が多いのもうなづける話です。

 

わりとTiaraの恋愛相談室を

訪れる方の彼や彼女が

俳優やタレント、モデル、

といった職業の方が多いのも納得できます。

 

すべての俳優が、

自己愛性人格障害というわけでは

ありませんが

尊大な自分を魅せつけたり、

同情を引くようなけなげな面を見せるの

もうまいので

本当に天性の職業とも言えます。

話は元に戻りますが

付き合いだして初めのころは

本当に幸せな思いを経験することでしょう。

 

お互いが自己愛性人格障害同士だと

より、頭にいいほう、より魅力的なほうが

優位に立ちます。

 

そして崩れるときは

片方が普通のひとや共依存の人の場合よりも

ひどいことになるのです。

 

 

お互いがお互いの上に立とうとしますので

お互いに勢いを強めていきます。

 

そして弱いほうがボロボロになるのです。

 

 

できたらどちらか一方が気づいたほうから

別れを決意して一気に離れたほうが

大ごとにならなくて済むと思います。

 

自己愛性人格障害のひとが

好印象に見えるその原因が

自尊心の低さから来る

恐怖に近いほど

極端なコンプレックスから来るものなので

自己愛性人格障害の人は

常に全力で好印象にみえるよう

尊大な自分を演じていますので

非常に無理をしている状態です。

 

しかもその

無理をしている状態に見えることすら

自分自身で認められませんので

いかにも自然に見えるようにしていますし

本人自身も、自分を

そんな立派な人間だと思い込んでいます。

 

 

だから自己愛性人格障害のひとは

常に疲れていて

おなかの中にパンパンに膨らんだ怒りを

持ち、ストレスを受け続けています。

 

 

それがちょっとしたことで爆発して

自己愛憤怒という非常に強い怒りを

見せるのです。

 

それが、その本人も

俺みたいな穏やかな奴が

ここまで怒りを感じるのは

あなたのせいだ、と思い込み

あなたに怒りをぶつけてくるので

あなたは恐怖を感じるほど

怖いでしょう。

 

だからどちらか一方が

自己愛性人格障害のカップルよりも

自己愛性人格障害同士のカップルのほうが

大ごとになりやすいのです。

 

 

付き合いだした素晴らしい思い出を

手放したくない思いも

自己愛性人格障害もしがみつき行為の特徴から

ものすごいしがみつき行為と

ものすごい突き放し行為が

マッチングして

大事件に発展してしまうかもしれません。

 

彼の様子を見て

自分も自己愛性人格障害だったと気付く人も

まれにいますので、

お互いに自己愛性人格障害だと

気づいた場合には、

普通のひとよりも

付き合いが浅いうちに早めに離れたほうが

身のためだと思います。

 

自己愛性人格障害のひとが

心穏やかにいられる時は

付き合いだして初期のころと、

1人の時間が、唯一

落ち着ける時間になると思います。

自己愛性人格障害の人が激化してしまったときの注意点

こんにちは♡

今日は、彼が激化してしまって

逃がしてくれないときの注意点について

お話したいと思います。

 

あなたの彼がもし自己愛性人格障害だったとき

もっとも難しいのは別れるときだと思います。

 

今までどんなにひどいことをしてきた

自己愛性人格障害の人でも

その嫌がらせは

あなたが離れていかないと

思っていたからこそ

できていたことです。

 

いざ離れるとなると

極端なしがみつきを見せる人が

非常に多いです。

 

そのやり方は

泣き落としだったり、しがみつきだったり

嫌がらせだったりして

あなたの情を誘うものや、

あなたを怖がらせるものだったりして

あなたの心を引っ張ります。

 

ですが、戻ると

以前よりも強い力で

あなたをつぶしにかかってくるのです。

優しいあなたのことだから

ほっておけず、

どうしても彼のことが気になってしまうと思います。

でも、彼から電話がかかってきたり

家にこられたりしても

戻ってはいけません。

 

彼は自己愛性人格障害だからと割り切って

無関心でいてください。

 

そうでないとあなたの心が完全につぶされます。

 

そして奏しているとき彼は

本当にあなたが悪いと思い込んでしまいます。

 

大好きな彼にそんな風に思われて憎まれるのは

嫌ですよね?

 

だったら彼が自己愛性人格障害だと

気づいた時点で

離れるのが、一番平和な別れ方なんです。

 

そのときの彼はやさしく見えたり

反省して見え、

戻ると反省してくれるのではないかという

錯覚におちいってしまいます。

 

ですが、戻ると反省するどころか

ますます勢いが増すほどです。

 

自己愛性人格障害の人は

いったん離れたあなたが

彼の言葉や態度で

もう一度復縁できると思い込んで

また圧力をかけてきます。

 

自己愛性人格障害の人の心情は

幼いころの自分の無価値感を

非常に恥ずかしく思っているので

あなたにそれがばれてしまうことを

極端に恐れています。

 

だから極端に尊大にみせ

あなたよりも常に上で強い立場でなければ

いられないほど

本当は心の奥底では

臆病なのです。

 

自己愛性人格障害を直そうと思ったら

彼の不安を取り除いてあげることが

いいのですが、

取り除いてあげようと

愛情を注ぐと

あなたより上だと満足して

さらにあなたをつぶして

もっと満足を得ようとするのです。

 

それくらい自己愛性人格障害の人は

自分が落ち着いた気持ちを取り戻すには

いつまでも足りない足りない、と思い込んでいて

普通の人のように

満足したり、自信を持つことが

なかなか難しいのです。

 

もし彼に

自覚症状が少しでもあり

治したいと考えているなら

望みはあります。

 

でも、少しも気づいてもいなくて

あなたをつぶすことに

全力を注いでいるような人は

治る見込みは薄いと言えますので

できるだけ早く離れたほうがいいと思います。

 

あなたができるだけ

傷つかないために

悲しいかもしれませんが、

少しでも早く彼のことから

自己愛性人格障害のひとの恐怖心

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

ターゲットを失ったときの

心境について

お話したいと思います。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいて

何とか気持ちに整理をつけたり

もしくは、彼のことが怖くなり

彼から逃げ出した場合、

彼の心境はどうなるのでしょう。

 

 

彼に逆らったことで

怖くなり、

彼が余計に逆上してくる、とか

何をされるか分からない、

という被害者の方がほとんどですが、

たいていの場合、

それは間違いです。

 

自己愛性人格障害のターゲットに

されるひとは

ターゲットにされたことに

どうしても納得がいかなくて

わかってもらおうとして、必死になり

一生懸命、自己愛性人格障害の彼に

しがみつこうとする人です。

 

そういった人は

自己愛性人格障害の嫌がらせに

苦しみ、自己愛性人格障害のひとの

自尊心を満足させてしまうからです。

 

もちろん、今まで一緒にいた彼とは

離れたくないでしょうし

彼の事が好きだから

今まで必死で耐えてきても

自己愛性人格障害の彼から

離れたくなかったんだと思います。

 

それほどまでに彼の事が

好きな気持ちも分かります。

 

自己愛性人格障害の被害者の

ほとんどがそうなのです。

彼が自己愛性人格障害だなんて

もちろん信じたくもありませんし

もし、そうだとしても

できれば治ってほしいと思います。

 

それが普通です。

 

でも、それができないのです。

 

自己愛性人格障害の彼は

あなたがそばにいればいるほど

その症状は酷くなってしまうのです。

 

彼も自分がどうして

そんな心境になるのか、わかっていません。

 

お腹のなかの怒りは

もしかしたら

あなたが怒らせることをしてしまうから、

イライラするんだ、

とおもっているかもしれません。

 

でもそれは違うのです。

 

彼はどんなことをしていても

他人にイライラするのです。

 

いつもその人に、

自分より上に立たれることに

怯えています。

 

その中で常に、

自分の価値を確かめたいのです。

 

そうしていなければ

自分には、

生きている価値がないような気さえして

怖いのです。

 

でも、本当はそんなことはないのです。

 

でも自己愛性人格障害のひとは

他人を信用していないため

そんなことを言っても信じませんし、

あなたにそんな気がなくても

あなたが彼を潰しにかかると思っています。

 

自己愛性人格障害のひとの怖さは

その極端な恐怖心からくるのです。

 

そして、その恐怖心があることが

バレるのを恐れていて

常に虚勢をはっている状態なのです。

 

幼い頃の辛い体験から

共感力が育たず、

人の心がわかりません。

 

自分を守ることだけで必死なのです。

 

ひとの気持ちが

分からないおとなに育ってしまい、

なんだか分からないけど

自分がひとと違うことに

感覚が分からずイライラするのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

人を脅して生きています。

 

そうじゃないと自分がやられると

おもっているからです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとにとって

ターゲットとは

自分の感情をぶつけても

逃げていかない便利な存在です。

 

恋人でも後輩でも

ターゲットがいることに

ある安心感を持っています。

 

そして、たまにターゲットのご機嫌を取って

いい人を演じ

あなたが逃げていかないように

気を付けているのです。

 

 

でも、そんなあなたが自己愛性人格障害という

その性質に気が付いて

逃げていくことを

心のどこかで恐れています。

 

どんなにあなたを否定しても

否定されながらも苦しんで

あなたがついてくることを期待しているのです。

 

そのあなたが彼から離れていこうとするとき

彼はびっくりして後悔します。

 

 

今なら間に合うと

必死で逃がさないように

しがみつき行為をするのです。

 

でも、それでも逃げていこうとすると

今度は脅しと優しさを交互に使い

あなたが逃げていかないように

コントロールします。

 

それでも自己愛性人格障害の攻撃が効かず

あなたが逃げていこうとすると

自己愛性人格障害のひとがしていた悪事が

みんなにばらされると思い

あなたが周りの人から信用してもらえないように

あなたの悪い噂を振りまきます。

 

それでもあなたが堪えず、

彼から逃げていこうとするとき

自己愛性人格障害のひとの虚勢がはがれて

今度は自己愛性人格障害のひとの

驚くほど臆病な面が顔を出すのです。

 

そして、

あなたが自分のことをばらしてしまわないか

恐怖におののきます。

 

そしてもう二度とあなたに近づかないのです。

 

どれだけ自己愛成人期悪障害のひとが攻撃をしても

あなたに全然効かないと思ったとき

自己愛性人格障害のひとは

もうあなたには

何の手出しもできなくなるのです。