出口を探す

こんにちは♡

前回、自己愛性人格障害思い出を大切にしない

というお話をしましたが、

彼のことが好きなあなたにはショックなことだったと

思います。

 

Tiaraもたくさんの思い出を

元カレと育ててきました。

子供たちとも今でも話すのですが、

「楽しかったよね。」と

言っています。

 

どんなによくても思い出を積み上げていかない

自己愛性人格障害の人ですが、

相手の気持ちをくみ取らない、ということです。

 

どういうことかというと、

自分のしたことは、ちゃんと数えているのですが、

相手のしてくれたこと、というのは

全くのスルーなのです。

 

どんなにあなたが彼のために

してあげたことがあっても

それはスルーなのです。

 

自己愛性人格障害のことをいろいろ説明すると

嫌なことがいっぱい出てきます。

そこだけ見ていると

(じゃなんでそんなに自己愛性人格障害のことが

好きなの?)と疑問も出てくるでしょう。

それは、人前で、あなたのことを

とても大切にするからです。

それは、他人から見て、

優しく語りかける、面倒を見ている、

という風にふるまいます。

 

なので、だれも彼があなたにひどいことをしている、

とは思わないでしょう。

あなたもそんな風に思いません。

 

自己愛性人格障害の人が

人前で、あなたを怒ることもあるでしょう。

でも、普段、

あなたの面倒を見ているように見えるので、

誰も彼のことをひどいとは思いません。

 

Tiaraの場合、会社が一緒でしたので

Tiaraが彼に怒られている場面を、

周りの方たちが見ているシーンも

何度もありました。

でも、「面倒を見てあげているんだな。」と

いう風にしか思っていなかったといわれました。

 

皆さんちゃんと見ているのです。

 

Tiaraが気づきだしたのは

だんだんひどくなっていったからです。

さすがに、そんなことまで言ってくるのは

おかしい。

 

あと頻度も増していきました。

無視の期間も長くなりました。

 

より意味の分からないことで怒られるようになりました。

別れる!といった後に

Tiaraがしばらく何も言わない日が続きました。

 

だんだん分かっていったのです。

意味もなくこじつけて怒っていると。

別れるということも。。

 

すると、自分から言い出したくせに

全力で戻そうとします。

 

以前は、それがうれしくて

Tiaraも戻ってしまっていました。

それでもそのころは(何か理由があるんだろうな)

と思っていたことも

だんだんに何もないことに気づきだしたのです。

 

理由もわからないまま

「ごめんなさい。」と言って許しを請っていたTiaraが

何も言わなくなった。。

 

「別れてもいいよ。」と言い出したのです。

 

すると、なにがなんでもTiaraのせいには

しにくくなってきました。

彼「あなたが分かってくれないんだ。」

Tiara「わからないならいいよ。仕方ないね。」

彼「あなたのことが好きなんだ」

Tiara「好きなら別れ話をしたのはなぜ?」

彼「気づいてほしかった。。」

Tiara「何に?」

 

彼のほうから、別れたかった理由が出てこないのです。

さすがにおかしいですよね。

 

年月が経ってくると、だんだんに分かってくるんです。

何か理由があるのかな?

そう思っていましたけど、なかったんです。

単なる嫌がらせだった。。。

 

大好きな恋人との別れ、本当に辛いですよね。

その時はあなたもごはんものどを通らないほど

だと思います。

毎日泣く人もいます。

何も手につかなくなる人だっているでしょう。

 

それを何度も何度も意味もなくやられるのです。

それは出口のない拷問です。

 

あなたが自分で出口を見つけて

逃げ出さなければ

自己愛性人格障害は

何度でもあなたを追いかけてきて

それを繰り返すのです。

3 Replies to “出口を探す”

  1. Tiaraさん、はじめまして。キャサリンです。
    自分のことが書かれているのかと思うぐらいTiaraさんと趣味や物事の考え方(性格)、境遇・・・すごく似ていて、共感しつつ、最初からじっくり読ませていただいております。(私も子持ちです。)
    つい先日、彼から「お母さんとしかみられなくなった。」といきなり言われて、関係をシャットアウトされました。その直前も頻繁にあってて、至って円満。
    もちろん、子供がいることは知ってましたし、LINEの写真も子供達。ただ、以前着物の写真を見せたときに、子供と一緒に写っていたら「1人のはないの?1人で写っていたら最高だったのに。」と言われて、その時の一瞬の表情がすごく怖かったのが印象的だったこと。(すぐにLINEの写真は、子供以外に変更しました(^_^;))
    そして、すごい愛情表現をしてくるにもかかわらず、突如、手のひらを返すような言動があったり、(本当に好きな人することなのかな~?と)なんとなく違和感を感じていたので・・・。
    少し距離を置けたので、今までのことを思い返しているうちに、普通の神経じゃできないのでは?と思い、精神的な障害のことを色々調べているうちに、「自己愛性人格障害」にたどり着きました。まさにすべて当てはまってて、今までの違和感に合点がいきました。
    もっと知りたいと検索していたらTiaraさんのブログにたどり着き、「そうそう!そうなの!」と、彼の自己愛性人格障害の確率を高めながら、読み進ませていただいてます。引き続きよろしくお願いします。

    1. キャサリン様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      自己愛性人格障害は、本当にみんな似たような症状です。
      あんなにも個性的だと思っていた彼のような性格の人がこんなにも大勢いたことが
      Tiataも驚愕しています。
      でも、Tiaraだけがあんな思いをしたわけじゃないと思うと少しほっとした思いと
      あまりにも多い自己愛性人格障害にショックを覚え、1人でもこんな思いをする人がいることが許せません。
      でも通常ですと、彼が悪いとなるのですが、あまりにも異常な精神状態に自己愛性人格障害の人本人も
      非常に辛い思いをし、しかもその精神状態から自分でそんなことをするつもりがなくても、
      どうしてもやめることができないということも分かりました。
      ならば少しでも被害者の方を無くしたくてこの病気を知ってもらえたらと思い、サイトを立ち上げました。
      キャサリンさんも彼の自己愛性人格障害に気づかれたようで、今までの理不尽な思いにも今までよりも
      少しでも納得できていると思われますが、それで少しでも楽になっていたらいいなあと思います。

      どうかあなた自身が責められる理由がないことを知り、もっとご自分を大事になさってください。
      周りの人には分かってもらえないかもしれませんが、ここには気持ちを分かり合える仲間が大勢見えます。

      キャサリンさんの場合は、まだ彼から連絡が入る可能性が高いですので、どうぞ冷静に判断なさってください。
      自己愛性人格障害の症状が分かってくると、キャサリンさんの彼が自己愛性人格障害かどうか、キャサリンさんには
      判断できると思います。
      一番は、キャサリンさんの気持ちが一番大事ですので、心の声によく耳を傾けて
      キャサリンさんが幸せになれる方向をしっかり見据えてくださいね。
      何か分からないことが、ありましたら、いつでも聞いてくださいね!

      1. ご返信いただき、ありがとうございます。読み進めて、もうすぐ最新投稿まで追いつきます!
        過剰なぐらいの愛情表現と裏腹に、時折のよそよそしさとLINEで送られてくる冷たい言葉、温度差が激しすぎることの繰り返し。つきあってからは2ヶ月で気がついたのですが、それは元彼も「自己愛性人格障害」だったからかもです。(Tiaraさんのブログを読み進めていて、そういえば、あの人も?と思いました)
        前の彼とは4年半。心を痛めながらも信じてついていたですが、最後は「あなたのわがままには、ついていけません」と(笑) 思い通りにならないとあからさまに不機嫌になるので、わがままなんて言ってないですけどね。ただ、いつも「すべて私のせい」にしてくるので納得がいかず、話し合いを試みても一方通行、全く響かず。私のせいにしたことだけは記憶が鮮明で、1度のことでも「いつもそう」「何度も言われた」と何度もあったことのように記憶をすり替えてました。話し合ってはならないのに、話し合っていてしまったので、心が折れていったと思います。
        その元彼の弟が、今回コメントした彼です。元彼は弟のことを毛嫌いしていたので、面識もなかったのですが、彼(弟)のお店にお客さんとして訪問して、であってしまい、元彼が兄だと言うことがわかり。元彼(兄)のことは誰にも話せず(私はまだ離婚してなくて不倫なので)、別れた後も頭の片隅で苦しんでいたので、色々と話してしまったのが最後・・・彼(弟)にとって、いいカモだったんだと思います。
        私も今まで性善説で生きてきて、自分が嫌な気持ちになっても、「私が我慢すれば、いいか」で流して、誰に対しても大切に思う気持ちを第一にしてましたが、彼・元彼の兄弟やママ友(この世界もすごいですよね)で心が痛くなることがおくて、人を見る目を変えることがなければと思っていたところで、Tiaraさんのブログにであって良かったです。これからも読ませていただきますね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください