自己愛性人格障害の被害にあわないために、あなたの感情を決して見せてはいけない理由

こんばんは♡

今日は、もしあなたの彼が、

自己愛性人格障害だった場合の対処法として、

あなたの感情を決して見せてはいけない理由について

お話しします。

自己愛性人格障害の人にターゲットとして

扱われないために

あなたの感情を見せないということが

非常に重要な役目をします。

なぜかというと、

自己愛性人格障害の人は、

自分の中に、常にある

爆発的な怒りを誰かのせいにして、ぶつけていないと

自分がどうしようもなく価値のない存在になってしまうことを

極度に恐れているために、

常に、無意識のうちに、

自分の感情をぶつける相手を探しています。

自分のそばにいる人の欠点や弱いところを、

常に探しているので、

それを見つけると、

自己愛性人格障害の人の、都合のいいタイミングで

怒りをぶつけてきます。

なので、あなたの感情は、

楽しい時も悲しい時も、悩んでいるときも、

自己愛人格障害の人に見せてはいけません。

ましてや、悩みを打ち明けたり、うれしかったこと、

得したことなどを報告したりしてはいけません。

前回もお話ししたように、

自己愛性人格障害の人の恨みややっかみを買ってしまったり、

逆に優越感にひたらせて、

あなたが、彼より下だと認識されてしまいます。

そうなると、

どんどん嫌がらせを強めていき、

あなたも気づかないうちに取り返しのつかないことになってしまいますので、

あなたの感情は、

極力出さないようにします。

何度も言いますが、彼自身にもそれをやめることはできないのです。

あなたの感情を出すときは、

自己愛性人格障害の人のいないところでしてください。

あなたがあなたらしく生きるために、

彼は必要ですか?

あなたがあなたらしく生きられないのであれば、

彼と一緒にいても

あなたの人生は彼に潰されてしまいます。

人は、人を好きになるとき、

一緒にいると楽しいから、とか

その人といると、自分が幸せになれると思って、

好きになるんですよね?

彼に魅力があるから好きになるんだと思います。

でも、もし、自分がこの人と一緒にいたら、

叩きのめされる、と知っていたら

その人に自分から近づいたりはしないですよね?

今まで、あなたは

常識的に、

無意識に、

何もしていないのに、叩きのめす人なんていない、と思っていたのでしょう。

でも、そういう病気の人がいたらどうしますか?

Tiaraは、はじめ

「自己愛性人格障害」という病気があることすら知りませんでした。

あなたもそうですよね?

でも、世の中にはそういう病気があって、

話や気持ちが通じない人がいるのです。

もし、「自己愛性人格障害」に気づいたら、

少しづつ、離れる準備を自然にしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする