動機があってやるのが被害者で動機がなくてもやるのが自己愛性人格障害

こんにちは♡

今日は、動機があってやるのが被害者で

動機がなくてもやるのが自己愛性人格障害

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

そのコミュニケーション能力の高さと

魅力で、普段はそんな風に見えませんが

本当はおなかの中に

大きな怒りを持っています。

自己愛性人格障害の人は

自分がどう見えるか、というところに

一番に重きを置いていてそれがすべてです。

笑っていても穏やかでも

本当はおなかの中の怒りを持っていて

出してもいい場面以外では

それを常に隠しています。

その怒りは人の気持ちが

本当には理解できないイライラと

その自尊心の低さから

自分は本当は存在価値などない、と思っていて

常に大きな不安と怒りに震えています。

ですがそれをどこでも出してしまうと

世間では受け入れられないことを

知っていますので

隠していることが辛いのです。

ですから自分よりも弱い人間や

逆らえない人間がいるときには

その人の何か悪い理由をこじつけて

怒りを発散させます。

何も理由がないのに怒りを発散させると

周りの人から受け入れてもらえないことは

知っていて

自己愛性人格障害の人は大変臆病なので

普段は奥に隠しているのです。

そして自分が尊大な人間だと思われるように

ふるまっているので

怒りを持っているようには見えません。

でも、自己愛性人格障害の人を

実際に知っている人は

自己愛性人格障害の人が、

イライラしているところや

ピリピリしているところ

怒鳴りつけたり、長時間叱咤しているところを

見たことがあると思います。

だから自己愛性人格障害の人は持っている

おなかの中の怒りを見たことがないという人は

ターゲットではないひとか

周りにターゲットがいない人です。

自分自身がターゲットではないとしても

ターゲットがそばにいれば

ターゲットにイライラをぶつけている

自己愛性人格障害の人を

見たことがあるはずです。

自己愛性人格障害の人の怒りは

周りで聞いていても怖いので

わかると思います。

自己愛性人格障害の人がもともと持っている

このおなかの中の怒りを発散させるのに

発散する理由がいります。

これが自己愛性人格障害の人の

イライラなので

あなたが彼を怒らせたわけではないのです。

これが分からないと

いつまでも苦しみ続けることになります。

だからあなたを怒るのに

本当は動機がないのです。

自己愛性人格障害の人は

自分のおなかにたまった怒りを

あなたの何かにこじつけて

あなたにぶつけます。

怒れる理由があれば何でもいいのです。

とても怒る理由とは考えにくいことでも

それを理由に怒ったといいます。

よくTiaraが言われたことは

なぜ彼が怒るのかわからないTiaraに

「俺がどうして怒っているのか

わからないんだね。もういいよ。」

と言って

連絡を絶たれていました。

この言い方なら

何もしていなくても何度でも使えて

しかも彼が不自然なことに

なかなか気づくこともできません。

自己愛性人格障害だった場合

動機は出てきません。

自己愛性人格障害の人は

嫌がらせを動機なしにやります。

これに対して被害者は

理由があって怒ります。

こんなことを繰り返されているうちに

悲しむ被害者が多いですが

怒る人も出てくるでしょう。

ですが、自己愛性人格障害の人が

理由を明確にしていない場合、

被害者もそれを説明することが出来ませんから

被害者のほうが

ほかの人からは悪く映ることもあります。

「あなたが彼を怒らせるようなことを

したんじゃないの?」

と言われることもあるでしょう。

だから、自分以外の人に相談しても

わかるわけがないのです。

自己愛性人格障害の人の怒りは

自分に対する怒りで

自分はそんな人間だと思うことに

耐えられないので

自分がしたことをすべて相手のせいにします。

だからあなたは自分がしていないことを

したことにされてでっち上げられ

しかもそれをしている本人から

責められるのです。

自己愛性人格障害の人を

まともに相手にしていて

さらに自分が悪いと思ってしまうと

非常につらい状態になってしまいます。

彼の罪はそっと彼にお返ししてください。

そのやり方は、あなたがしたんでしょ、と

はっきりということではなく

あなたはただ、自分がしていないことを

受けないだけでいいのです。

あなたは、責任感が強すぎるので

相手の責任まで

自分の責任にしてしまうようなところが

あります。

それが自己愛性人格障害の人にとって

非常に都合がいいのです。

そしてあなたはやってもいない罪を

背負うことになり

自己愛性人格障害の人に責められ

周りに責められ、

そしてあなた自身も

あなたを責めて、

追い詰められていきます。

よく考えてみてください。

それはあなたのしたことですか?

わざわざ敵対心を見せたり

あなたが怒りをもってイライラしたり

泣いたり、

苦しんだり、

悲しんだりする必要はないのです。

それは自己愛性人格障害の人の

心の中にあるものなので

あなたは受けないで

彼にそっとお返しをしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする