相手が自己愛性人格障害の場合、被害者が必ず悪者になる

こんばんは♡

今日は、

相手が自己愛性人格障害だった場合、

必ず被害者のほうが悪者になる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人が言うことは、

なぜか嘘でも信じられやすく

あなたが言うことは

信じてもらいにくい

ということがあります。

 

それは、自己愛性人格障害という

病気のせいで

幼い頃から、尊大に見えるように

ずっと生きてきていますので

あなたがちょっとそれを破ろうと

思っても

絶対に勝つことができません

信じてもらい、

尊敬してもらえるように

全身全霊で、常に動いているので

彼自身にかなりのストレスが

溜まっていますが

彼は、周りの信頼を得ることが

できています

 

本当は、彼は

尊大な人間に見えるように

常に、その場で

一番都合のいいような言動を

とりますので

その言動には一貫性がありません

 

ほとんどが、尊大に見える演技の

積み重ねで来ていますので

つじつまが合わず、ほとんどの場面で

嘘をついていることになります。

 

 

その場で一番都合のいいことを

言っているため

しばらくして彼に聞くと

覚えていないこともあります。

 

それでも、そうやって幼いときから

ずっと生きてきていますので

彼の努力が実って彼は周りの人々から

りっぱな人間に見え、

信用されるような立ち振る舞いを

いとも自然にこなします。

一方、あなたは幼いころから

まじめに生きてきているので

あまり要領がよくなく、

馬鹿正直に生きています。

 

それなのに、自己愛性人格障害の人が

そばにいると

周りの人の心も操作されていますので

あなたよりも彼のほうが

信じてもらいやすくなっています。

 

くそまじめに生きてきたあなたには、

自己愛性人格障害の嘘には、

かなわないのです。

 

しかも彼の嘘は、

事実を使いますので、

周りの人から見ても自然で

信ぴょう性が高いです。

 

彼の嘘を証明しようと思うと

膨大な時間がかかり、

人はそこまで話を聞いては

くれないので

信じてもらえるほど話せないのです。

 

それくらいややこしく、

説明が難しくなることを

自己愛性人格障害の人はしています。

 

Tiaraもちょっと説明しただけでは

分かってはもらえないのは

分かっています。

 

だから、今は周りの

分からない人には、一切言いません。

 

でも逆に、

そのTiaraの堂々とした態度のほうが、

一生懸命分かってもらおうと

話していたころよりも

信じてもらえます。

 

話していないのに、何かあるんだな、

と理解してもらえるんです。

 

へたに説明してはいけません。

 

どうせ分かってはもらえないのです。

 

もし、あなたが悪くないと

そばにいる人が気づいても

あなたの味方をすることは

ほとんどの人ができません

 

あなたの言っていることが

本当だと分かっても

彼を怒らせることは

めんどくさいことだと、

みんなが感じていますので、

わざわざあなたの味方をして、

彼を敵に回したくはないからです。

 

世の中正義が勝つという話は、

自己愛性人格障害の前では、

通用しないのです。

 

Tiaraが言うことは、

本当に嫌なことばかり言うと

思います。

 

でも仕方ないんです。

きれいごとばかり言っていたら

自己愛性人格障害の問題は

解決しません。

 

言いにくいことでも、

誰かが本当のことを言わないと

事実は捻じ曲げられて、

隠ぺいされたままなのです。

 

その嫌な本当のことの中に

解決策は隠されているのです。

 

それをあなたが自分で判断して

自分で決断すべきなのです。

4 Replies to “相手が自己愛性人格障害の場合、被害者が必ず悪者になる”

  1. Tiaraさん
    初めてコメント致します。自己愛性人格障害(未診断ですがほぼアスペルガー症候群がベース)の元カレと別れを決めてから幾度となく足を運ばせて頂いております。「別れ話は僕からはしたくないからそっちからよろしく」というような態度でしたので、お望み通りに進めたところ、きちんと切れました。
    彼の荷物を宅急便で私の宛名や名前も一切書く事なく(笑 後遺症に多少悩まされておりますが、時間が解決すると思っております。数ヶ月の被害でしたが、精神的ダメージはキツイですね。

    1. あみ様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      あみさんの彼が自己愛性人格障害とアスペルガーだと言うことでたいへん理不尽な思いをされたと思います。
      アスペルガーは自分の基準で怒りますので、本当に怖いですよね。

      「別れ話は自分からしない」といわれたということですが、自己愛性人格障害は自分で責任を取ることができません。

      自分の思いも自分からは口にせずあみさんの責任でと言う形にしたかったのですね。
      普通の人から見るとずるいように思えますが、
      あみさんのほうから、結果的に別れを言うことができたという事ですね。

      自己愛性人格障害の彼と付き合っているよりも普通の人とお付き合いをしたほうがいいので
      あみさんにとって結果的にはよかったと思います。

      自己愛性人格障害は愛が分からないのでたいへん理不尽な思いをしますが、あみさんはまだ付き合いが短かったということですので
      あとは日にち薬で忘れていきましょうね。

      次は自己愛性人格障害の人はなんとなく分かると思いますので、普通の人と幸せになることを願っています。

  2. はじめまして
    >その場で一番都合のいいことを言っているためしばらくして彼に聞くと覚えていないこともあります。
    これはかなりしっくり来る自己愛の説明だと思います。何故彼等は自分の言った事を簡単に捻じ曲げる事が出来るのか。その時何を言ったかは彼等にはさほど重要ではなく、その場で一番都合がいい事が最優先なんですね。
    ターゲットにされていない人にとっては辻褄の合わなさはそれほど気にならない事だと思います。所詮自分の問題ではないのでこれは仕方のない事です。
    被害者自身が、自分が虐待を受けている事に気付くのに時間がかかるというのに、周りの人が気付く筈は無いのでしょう。彼等自己愛はむしろ自分たちが被害者であると固く信じていますから信念というのは場合によっては恐ろしいものですね。

    1. lolo様

      いつもTiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      確かに尊大な自分の積み重ねですからつじつまが合わなくなるのは当然ですよね。
      普通の人からは違和感を感じますが、自己愛性人格障害の人にとってはそれが普通ですから嘘だと言ってもピンとさえ来ないのかもしれません。
      自分が普通の人間だと思っているのですから、本当に悲しいですよね。

      周りの人の人にも分かってもらうのは大変難しいですよね。

      自分で気づいて自分で逃げられただけでもよかったと思います。
      自己愛性人格障害の被害は、精神的におかしくなってしまうかひどい場合、命まで落とす人も
      見えますから。それでも周りの人に思われることは、あの人は精神的におかしかったから、です。

      自己愛性人格障害の人に分かってもらうというのも完全に無理ですね。
      相手の言っていることを信用しませんから。
      それでもloloさんは離れることができて本当によかったと思います。
      今まで彼に潰された時を過ごしたと思いますから、今後は自分の本当にしたいことだけをして
      楽しい人生を送ってくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください