自己愛性人格障害のひとは穏やかな人や寄り添う人を悪者にすることが非常に得意である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから見た

被害者の印象についてお話ししたいと

思います。

実は、自己愛性人格障害のひとから見た

被害者の人は

魅力的に映っているって知っていましたか?

今までTiaraが見た被害者の人は

素敵な人がとても多いと思います。

ある意味自己愛性人格障害のひとが

被害者になるような人の魅力に

周りの人が魅了されてしまうんじゃないかと思い

周りの人にとられるまえに

自分のものにしたり、

周りの人の人気を被害者の人に取られてしまうんじゃないかと

極端な恐怖心をいだいて

被害者の人が魅力的にふるまえないように

してしまいます。

こういうところを見ると

自己愛性人格障害のひとの

自尊心があまりにも低いことが

見て取れるのですが、

結果的に魅力的な被害者の人が

魅力をみんなの前で披露する前に

潰されていってしまっています。

被害者の人は

自己愛性人格障害のひとによって

魅力を発揮できないようにその都度

馬鹿にされたり揚げ足を取られたり

または、彼からすてられることによって

倒れそうなほどショックを受けていますので

まったく見向きもされません。

中にはかわいそうだと

同情してくれる方はみえたとしても

被害者を助けるほどの勇気が残っている人は

ほとんどいないと思います。

みんな自己愛性人格障害のひとに逆らうと

今度は自分がターゲットになるかもしれない

ということは分かっているので

味方になるほど勇気のある人は

なかなかいないですし、

例えば味方になったところで

よほど強い人でないと

自己愛性人格障害のひとに勝てる人は

なかなかいないのです。

世間の常識を守っていると

自己愛性人格障害のひとには

勝てないのです。

自己愛性人格障害のひとは

世間の常識を使って

それを利用しますので

よほど気づいている人でないと

助けようとすると

逆に被害者の人が悪い立場に立ってしまうのです。

例えば普通の人同士のカップルは

上手くいくために話し合いを行います。

相手に気持ちを分かってもらうために

相手はどんなことで不満に思っているか

寄り添って分かってあげようとします。

そういった常識を使って

あなたを悪者にしてしまうのが

非常に得意なのです。

変な話ですが

自己愛性人格障害のひととうまくいかせるためには

自己愛性人格障害のひとに

気を使っていないほうが

自己愛性人格障害のひとが気を使ってきて

トラブルが起きにくくなるのです。

不思議な話ですが

自己愛性人格障害のひとは

優しい人、穏やかな人を

悪者にするのが

非常に得意なのです。

彼のことを好きな人も

利用するのがとても得意なのです。

どんなにひどいことを言っても

分かってあげようとするので

自己愛性人格障害のひとがしたとてもひどいことを

一緒になって隠してくれているのです。

だから自己愛性人格障害のひとは

あなたがまだ彼のことを好きなのか

常に確かめてきます。

そしてあなたが好きなのを同時に知るため

自己愛性人格障害のひとが

やらなければならないことを

やってくれるかを見ているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする