自己愛性人格障害の前では、絶対に他の人を褒めてはいけない。

こんばんは♡

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害かどうか

どこで見分けたらいいのでしょう。

 

以前、自己愛性人格障害の人が、

完ぺきな人格者を演じ切るというお話をしました。

 

その中でターゲットにされた方が、

自己愛性人格障害の人の前で

褒められたり、

良い成績をとるなど、

人前で目立ってしまったがために、

とことんまで潰される、

というお話が出てきたと思います。。

 

本当に怖いことだと思います。

もし、それがあなたの彼だったら。。。

 

今回はこのことについて

詳しく説明をしていきたいと思います。

人は、よい成績をとったり、

仕事で成功などしたときに

周りから称賛されることがあります。

 

人の成功は、見ていて気持ちがいいし、

羨望のまなざしで

憧れや、羨ましい気持ちをもつひとも

多くいますよね。

それ自体は素晴らしいことだし、

注目を浴びた人も、

気持ちのいいことだと思います。

 

しかし、自己愛性人格障害の前では

それはタブーということになります。

 

自己愛性人格障害は、                                (参考資料 :自己愛人格障害の特徴)

自尊心があまりにも低いがために

自分を恥だと思っていて、

それに耐えることができないほどの

異常な劣等感から、

人を引き下げることで

自分をかろうじて保とうとする病気です。

 

その自己愛性人格障害の人の前で

他人をほめるということは

その人が、その世界で生きていけないほどの

精神的苦痛を、自己愛性人格障害から

与えられてしまうことになるのです。

その、褒めた人ではなく、

褒められた人がターゲットになってしまうのです。

 

だから人前で、人を褒めるときにも

注意が必要です。

 

でも、人はそんなことまで

考えて話してはいないでしょう。

 

周りにすごいと思えるような人がいれば

「すごいですね~。」

なんていう人は

いっぱいいると思います。

 

それが普通です。

 

Tiaraも普通に人を褒め、

普通に人をかばってきました。

 

でも、今は、

むやみやたらに人を褒めたり

かばったりしません。

 

もし、人を褒めたり

かばったりするときは、

本人だけにこっそり伝えるか、

 

自己愛人格障害の人が

周りにいないかどうか、

確認出来て、いないときだけ

「すごいね!」と言ったり

その成功の話を聞いたりします。

 

女の子に「可愛いね。」という時も

気を付けなければいけません。

 

特に何にも細かいことを気にしない、

声の大きいおおらかな人の

「可愛いね!」が

その、言われた人を

地獄にまで落とされてしまうきっかけを

作ってしまうのです。

 

「可愛いね」といったその人は

いい人なのかもしれません。

裏表のないあっけらかんとした性格なのでしょう。

 

それが褒めた人をどん底まで突き落とす

きっかけとなってしまうのです。

人を褒めたり称賛したりするときは

周りで自己愛性人格障害の人が

聞いていないか、

注意して言うようにしてください。

 

なぜ、こんな細かいことまで

考えなければならないのでしょうか。

 

それは、

嫉妬という簡単なものではなく

もっと

究極に自尊心の低い人間の

心を虐待せざるは得ない人たちからの

攻撃から守ることになるのです。

 

人を褒めるときは

周りに自己愛性人格障害の人がいないか

確認してから

褒めるようにしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください