自己愛性人格障害から脱出するには

こんばんは♡

長い間、自己愛性人格障害の彼と付き合っていたあなたは、

自分の幸せを忘れていませんか?

今までずっと自分を殺して我慢していて

自分の好きなことすら忘れていたのなら

少しずつ、思い出してみましょう。

あなたが好きだった音楽は何ですか?

好きなスポーツは?

お友達としばらく会っていなかったのなら、

久しぶりに連絡を取ってみてはどうですか?

自己愛性人格障害の人と長く付き合っていると、

孤立させられてしまいます。

あなたの周りに友達がいては、

いつか彼の正体に気づいてしまうかもしれません。

彼は無意識のうちにあなたの友達を否定し、

あなたが友達と付き合いにくいようにします。

彼と会う時間を少しづつ、

友達と会う時間にずらしていきましょう。

すると、楽しかったことを少しづつ思い出してくるでしょう。

その時、彼に友達と会うことを言わないようにしましょう。

彼が、別の友達と会っていたり、仕事に行っているときに、

あなたのお友達と会う時間を作り、

少しづつあなたの時間を作っていってください。

習い事をするときも、ショッピングに行くときも、

彼に用事があるときに

出かけ、彼にそのことを報告するのをやめるようにしてください。

もし、彼に報告してしまったら、

彼はあなたの邪魔をして、

あなたがお友達と会う機会をつぶそうとします。

わざと彼との予定を入れたり、

「会いたい」と言ったり。。。

またはその友達の悪口をいい、彼女たちと会うのは

あなたのためによくない、などと言い、

お友達と会いにくくなるかもしれません。

あなたを彼だけが支配するためです。

彼の言うことだけを聞いていると、

彼が本当にいい人なのか、判断がつかなくなってしまうため

孤立するのを避けましょう。

そのためには周りの人と良好な人間関係を作っておく必要があります。

そして、あなたが心から楽しいと思う人と会い、

あなたが心から楽しいと思うことをしましょう。

そしてそれを彼には内緒にしてくださいw

あなたの好きなことを

彼の知らないところで増やしていきましょう。

あなたが本来求めていた人はどんな人でしたか?

彼のようにあなたを苦しめる人でしょうか?

あなたをもっと幸せにしてくれる人ではありませんか?

そして、あなたの愛はもっとあなたを大事にしてくれる人に

向けられるべきです。

人は、愛の無駄遣いをしてはいけません。

あなたが幸せでないとあなたが周りの人を幸せにできるはずがありません。

まずは、自分から幸せになりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする