自己愛性人格障害の人は実は被害者が怖い?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

実は被害者が怖いんです。

いつもあれだけ尊大なところを見せつけ

あなたを支配している自己愛性人格障害の彼が、

あなたのことが怖いなんて考えられないですよね?

それでも、

前にもお話ししたことがあると思いますが

自己愛性人格障害の人は、臆病だということを伝えたことがあると思います。

自分に自信がなく生きている価値がないと思うほど

自尊心の低い彼は

それを自覚すると生きていけないくらいの臆病者なので

周りの人間を常に脅し、いたぶりながら

自分が攻撃されることを全力で避けています。

あのこわさ、行動は極度の恐怖からきているものです。

そんな風に見えないのは

それを自覚すると耐えられないくらいの小心者なので

心の中で、自分はそんな人間ではないと

無意識のうちに暗示をかけています。

彼のやっていることを知っているのは

被害者であるあなたが一番なので

あなたにばれることをひどく恐れています。

なのであなたにばれそうになると

今度は全力であなたのご機嫌を取り始めるのです。

なので支配と優しくすることを交互にするのです。

そしてまた彼に優しくされたあなたは

(やっぱり彼はいい人なんだ)と胸をなでおろすしょう。

それが彼が無意識のうちに行っている洗脳なのです。

それを優しさと勘違いしないでください。

勘違いしてしまうと彼をどんどんいい人だと思ってしまい、

心の優しいあなたは

彼のために全力を注ぎます。

するとだんだんに本当のことが見えなくなってしまいます。

恋は盲目と言いますが、

恋の盲目と彼のやさしさを交互に見せることとあいまって

あなたはさらに本当のことが分からなくなります。

自分がどれだけ傷ついているか、

冷静に判断してくださいね。

そして攻撃を強めていくうちに

自己愛性人格障害の人は

周りの人や身分の高い人には謙虚に振舞うので、わかりませんが、

被害者であるあなたには、

いたぶりづつけながら、意味不明な嫌がらせを

どんどん強めています。

そしていつか被害者のあなたが逃げてしまうのを

恐れだします。

あなたにばれるのが怖いのです。

それが彼があなたを怖がる理由です。

でも、それならそんなことしなければいいと思いませんか?

それが、できるくらいなら自己愛性人格障害にはならないのです。

どうしても精神的な虐待をしてしまう

それが、自己愛性人格障害なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする