自己愛性人格障害の人の恋愛感

こんにちは

今日は自己愛性人格障害の人の

普通の人とは違う女の子の扱い方について

お話しようと思います。

 

自己愛性人各障害の人の恋愛感は

本人は気づいてはいませんが、

普通の人の恋愛感とちょっと違うのです。

 

彼に振り回されて、言いなりになっているにもかかわらず

浮気をされたり、怒られたり冷たくされたりすると

とっても悲しいですよね。

 

それはあなたが、

あなたの気持ちを彼にわかってほしいと

考えているからです。

でも、彼はあなたの気持ちをわかってあげるつもりはありません。

 

彼はただ、あなたに自分を絶賛してもらうためにそばに置き

そして

彼の怒りを向けるサンドバックとして

扱いたいだけなのです。

 

それには、あなたが

彼を、熱烈に好きである必要があります。

 

そのためには、

あなたの気持ちを彼にひきつける必要があります。

 

そこに満足するのが、

自己愛性人格障害の人の恋愛の喜びなのです。

 

普通の人の常識は、

相手と仲良くなりたいから、相手に親切にしたり

喜んでもらったり、自分のことを知ってほしくて

自分の話をうちあけたりします。

 

あなたも彼と仲良くなりたいから

そんな風にしてきたと思います。

 

でも、それは残念ながら一方的な考え方で、

自己愛性人格障害の人は

あなたを自分の魅力でひきつけることだけ考え

(厳密に言えば、尊大な自分を見せ付けていなければ気が治まらないので)

あなたを離れないようにコントロールしているだけです。

彼から冷たくされたりして

あなたが悲しいのは、自己愛性人格障害の彼も

あなたと同じような人間で、話し合いをすれば分かり合える、と

あなたが思っているから悲しいのです。

 

 

普通の人なら、あなたが苦しい思いをしていることが分かれば、

ある程度の機嫌の悪い日はあったとしても

何度となくやり続けたりはしません。

 

何度も同じことを繰り返し、

あなたを苦しめているようなら

そこで気づかなければなりません。

 

あなたが、彼を賞賛すれば、彼は喜びます。

もしかしたら、そこで彼は幸せを感じていて

お互いが、普通の恋愛だと

勘違いしているのかもしれません。

 

彼は、あなたを傷つけるたびに高揚するのです。

 

自分のほうが上だと、

自分はなんて尊大な人間なんだと、気持ちが高ぶって、

あなたをさらに傷つけることになるのです。

 

自己愛性人格障害の人の恋愛の感覚は、

普通の人と少し違うと理解することができれば

少しは楽になれるのかもしれません。

4 Replies to “自己愛性人格障害の人の恋愛感”

  1. 度々すみません(>_<)
    あとものすごく電話好きでした。
    向こうからかけてくるのにも関わらず全部向こうのタイミングで切られるのが特徴でした。
    一人で歩いている時もよく電話をかけていた印象があります。
    当時は寂しがりやなんだろうなと思っていたのですが、この電話好きも自己愛の特徴に入りますか?

    1. りんご様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      電話に関してですが、確かにTiaraの彼も電話は毎日ありましたし、電話で話すのはとても隙でしたが、
      自己愛性人格障害の特徴かどうかはわかりません。

      自己愛性人格障害ではない方でも、電話は好きな方は大勢みえます。
      しかし、無効のタイミングできられる、というのは
      りんごさんの都合よりも彼の都合できっているので、相手の気持ちがわからないということになり、
      多少自己愛性人格障害の特徴によるものなのかもしれません。

      寂しがりや、という面も自己愛性人格障害だという特徴とは重ならないと思います。
      ただ、りんごさんの様子を、把握していないと不安だということで連絡してきていたのだと思います。

  2. tiaraさん、納得のいく内容に感謝します。
    ブログの内容の通り普通の人間の恋愛感情で接しては、裏切られの連続でした。

    「尊大な自分を見せつける」とは具体的にどのような行動を取りますか?
    あと、私の元彼は資格取得に必死でした。でも今思うとその資格の中身を見ていると色んな資格に手を出していて一貫性がないというか…。
    私はズボラな性格なので、そんな風に一生懸命努力する彼の姿を尊敬していましたし、素敵だなと思っていました。これも自己愛の特徴なのでしょうか?
    あと、とにかくブランド思考で高級ブランドや車、住んでいる場所などの拘りはすごかったです。
    当時は向上心があっておしゃれでカッコ良いと思っていました。
    本当魅力的に見えますね…自己愛って。

    1. りんご様

      Tiaraのサイトを訪れていただき、ありがとうございます。

      彼が一生懸命資格試験の勉強をされていたということですが、
      これは自己愛性人格障害の特徴の、尊大な自分でいなければ不安なので、本当に死に物狂いで努力し1番を目指す、というものがあり、
      その特性から、本当にすばらしい結果を出す自己愛性人格障害の方も大勢みえます。
      これは、自己愛性人格障害という病気が成功を導き出したよい結果を生んだことになります。

      ただ、一貫性がなかったのは、何を自分が目指しているのか定まっていないために、手当たり次第にとっていたという可能性があります。
      まさに、本当の自分がない、自己愛の姿でしょう。

      でも、そんな自己愛性人格障害の努力家の面がとても魅力的に見えるのですよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください