自己愛性人格障害の人の嫌がらせの仕方

[ad#co-01]

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

嫌がらせの仕方について

お話ししたいと思います。

Tiaraのサイトでは

自己愛性人格障害の彼の

対処法について

お話をしていますが、

社内恋愛や習い事など

彼と共通のコミュニティを

持っている方も多くみえます。

彼とうまくいっている間は

不思議なことに

その中で、周りの人とも

彼と一緒にいることで

あなたも

より高い立場にいられることが

多かったと思います。

ところが、彼とうまくいかなくなると

彼だけでなく、

あなたがなにもしていなくても

なぜか周りの人からも

あまりいい目でみられなくなります。

自己愛性人格障害の彼が

自分が悪く思われないように

周りを操作するからです。

あなたが彼のしたことを

言ってしまったときに

信じてもらえないように

するためです。

自己愛性人格障害のひとは

あなたが言うか言わないか

分からないうちから

あなたが周りのひとに

彼からされたことを話してしまわないかを

警戒しています。

だからあなたはなにもしていないのに

あなたの性格やしたことから

考えられるあらゆる悪い可能性を

本当にしたかのように

言われてしまいす。

[ad#co-01]

周りのひとから言われるような

悪いことを、本当にしているひとは

(しまった、ばれた)と思うだけで

それほどショックは受けませんが

本当は

そんなことをしていない人ほど

どうしてそのように

扱われなければいけないのかと

ショックを受けます。

それどころか、

自己愛性人格障害の被害に

遭うようなひとは

自分のことは差し置いても

相手のことや相手の立場を

守ることばかりを

考えるような人が多いのです。

だから少々理不尽なことをされても

黙って耐えています。

自己愛性人格障害のひとは

その事を知っているからこそ

被害者にひどいことができるのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分を悪く思われることを

極端に恐れていますので、

自己愛性人格障害のことを

ひどく言いそうなひとには

警戒していて、

怖くてモラハラ行為を

仕掛けることができないのです。

あなたがなぜ、

自己愛性人格障害の人から

狙われてしまうのかというと、

自己愛性人格障害のひとを守ろうと

彼のことばかり考えて

彼のことを悪く言わないからです。

自己愛性人格障害のひとを

知っているひとは

tiaraがいうほど臆病だったり

ひとによく思われようと

しているように

見えないと言われています。

たしかにクールで

堂々としていて

時々ものすごく機嫌が悪くなる

自己愛性人格障害の人は

とてもひとに好かれようと

思っているようには見えません。

ですが、よく見ていると

そういったモラハラ行為を

したあとほど

とてもひとに親切にしていることが

分かります。

優しい声でターゲット以外のひとに

話しかけたり、

笑いかけたり

親切にしたりします。

これは自分がしたひどいことを

全力でなかったことにするためなのです。

そして、そのあとの

自己愛性人格障害のひとの親切に

安心して、

周りの人が普通に接してくれると

安心してまた怒りをぶつけても、

いいと思ってしまうのです。

そして、なにもしていないあなたを

わざわざ孤立させて

話を信じてもらえないようにする

用意周到さは

長年同じ場所にいると

ほとんどの人がわかっているのです。

自己愛性人格障害のひとは

あなただけでなく

必ず他の誰かにも

何度も同じことをしています。

だから、長年一緒にいる人からは

そういう人だからと

なんとなく恐れられています。

自己愛性人格障害の人の

回りにいるひとは

彼の取り巻きなのです。

そのコミュニティにいるひとは

なんとなく彼の正体を知っている人が

ほとんどだと思います。

[ad#co-01]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする