自己愛性人格障害のひとは被害者を孤立させる目的

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

被害者を孤立させて

みじめな気持ちにさせることが狙い、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さに耐えられないので

何とか自分がよく接する人の中に

自分が優位に立てる人物を

作りたがります。

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さを

恥ずかしいと思っているので

普段は完ぺきに隠すために

尊大な自分を演じています。

だからとてもそんな風には

見えないのですが

本当は普通のひとよりも

臆病なのです。

この話を普通の人にすると

「そうなの?とてもそんな風に見えない。」

と、言われますが、

本当に自己愛性人格障害の被害に

遭ったことのある人に

「自己愛性人格障害のひとは

とても臆病ですが

臆病に見えるときがありますか?」

と聞くと、たいていの人が

「そうです。」と答えます。

普通の人から見たほうが

自己愛性人格障害のひとは

臆病に見えないのかもしれないです。

そして、普通の人も被害者も

同じように認める自己愛性人格障害の特徴は

「どうしてあんなにも、

他人のことを見下すんだろう?」

と言います。

周りすべての人から見て

自己愛性人格障害のひとは

周りの人のことを見下すようです。

自己愛性人格障害の特徴として

いったん周りの人たちに

自分の自己愛的な行動が

ばれてしまうと、

あの時はたまたま、

できの悪い奴がいて

迷惑していたから

俺もあんな態度に出ちゃったんだ、

とばかりに

被害者のことをさも非があるような言い方をして

被害者の悪い評判を広めます。

それは、別に被害者のことが嫌いだから

悪い評判を流す、というよりは

臆病だから自分が悪く思われないように

防御線をはっておくつもりで

必死に被害者を悪者にします。

だから被害者は

何にもしていないのに

自分の知らない間にものすごく評判を落とされて

その場所で生きていけないくらいに

されていますので

ショックのあまり心臓が張り裂けそうになります。

そのほどひどいことをする意味は

被害者が誰かに助けを求めて

それが救われてしまうと

自己愛性人格障害のひとから

容易に逃げていってしまいますし、

自己愛性い人格障害のひとではない人で満足してしまうので

自己愛性人格障害のひとにすがらせることもできませんし、

辛い思いをさせることも難しくなります。

だから誰も被害者の話を聞かないように

しておかないと不安で仕方ないのです。

だから

そこまでひどいことをされている被害者は

世間の人に、ものすごく悪者にされ、

自己愛性人格障害のひとは

そこまでひどいことをしているのに

そうは見えず、同情されたり

受け入れられたりしています。

これを知ると被害者は

とても理不尽な思いをします。

あなたが彼に同情心を抱いて

彼のために傷ついていることもされていることも

何もかも言わないでいるのに

自己愛性人格障害のひとは

共感力が全くありませんので

あなたのことをかわいそうだとも

自分が悪いとも思わず、周りから

同情をされて受け入れられています。

ですが、ターゲットであるあなたが

いなくなると

平和な世界が待っているわけでもなく

自己愛性人格障害のひとは

そのおなかの中の怒りを誰かにぶつけていないと

気がおさまらないほどの極端な

怒りや自分の価値のなさに苦しんでしまうので

また別の、今、彼のそばにいるターゲットにされても

文句も言えなさそうな気の弱い人や

優しい人や後輩、

気の大きい人や隠してくれそうな恋人のような

安心できる存在を潰して

少しだけ満足をして、

同じようなことを続けながら

生きていくしかできないのです。

逃げないあなたはその場所で

生きていけないほどの

類を見ないほど変わった、生きる価値のない

ごみのような存在だと言われ、

本当にその世界では生きていけなくなるのです。

もしあなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いた場合は

まず心を離し、物理的にも距離をとったり

会う回数も時間も減らしていきます。

そして彼がいなくても

楽しい思いができるほど

あなたの新しいで世界を

作っていってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする