自己愛性人格障害のひとは、あなたがすがり付くこと前提で別れ話をしている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたがすがり付いてくることを

前提にして別れ話をしてくることについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとの特徴として

付き合っている間に

何度も別れ話をしますが、

この別れ話をしてくるときも

本当に別れようと思って

別れ話をしてくるときと

本当は別れる気はないが

別れ話をしてくるときと

2パターンがあります。

本当に別れようと思って

別れ話をしてくるときは

他に新しい女の子ができた場合もありますし、

単純にあなたに興味がなくなり

別れたくなる場合もあります。

この場合、別れ話をした後、

モラハラ行為をしてくるわけでもなく

パタッと連絡が取れなくなります。

ただ、このパターンは

非常に少ないと思われます。

普通の人は

別れた後、ほとんど顔を見せたり

連絡してくることはありませんが、

街中であったときに

懐かしさから普通に話をしてしまうことは

あるかもしれませんが、

昔の恋人、という感じでまたね、

と普通に離れていきます。

ところが自己愛性人格障害の場合は、

本当に別れた後も

何度も顔を見せたり

存在をアピールしてくるのが通常です。

その見せ方は、あなたと彼の立場が

どちらが強いかによって

全然違います。

もし、あなたのほうが彼より立場が強い場合や

まだ彼があなたに魅力を感じている場合には

「もう一度やり直したい。」とか

「元気?」など、

あなたの気を惹くような言葉で

近づいてくることが多いです。

自己愛性人格障害のひとの別れ話は

基本は本当に別れたいと思っておらず

あなたからしがみつき行為をされること前提で

別れ話をしています。

あなたのほうが

「いや。別れたくない。」というのを

待っているのです。

そしてあなたが別れたくないというと

あなたがまだ本当に彼から離れられない、

という場合は

優しくしたり突き放したりを繰り返し、

あなたを不安にさせます。

彼に本当に離れていってしまわれたら

生きていけない、

というほど彼のことが好きな人は

本当に辛い思いをすると思います。

自己愛性人格障害のひとは

あなたのその様子を見て

高揚するのです。

自己愛性人格障害の被害で一番多いのが

このパターンになります。

彼のほうがあなたよりも

立場が強い場合やあなたのほうが

まだ彼に未練がある場合は、

新しい恋人との仲を見せつけたり、

わざと顔を見せて

もうあなたには気がないということを

何度もアピールしてくるようなやり方をして

あなたをさらに傷つけます。

彼から惹きつけと突き放しを同時に行われ

だんだん病んでいくのです。

そしてもし、あなたのほうから

自己愛性人格障害の彼を

フッてしまった場合には

恐ろしいほどの

しがみつき行為を見せてきます。

鬼電やLINEの連続送信などは当たり前で

待ち伏せや、何度も引き留めて

話をしようとしてくる場合もあります。

だから本当に別れようと思っている場合は

できるだけはっきりした言葉は

使わず、

少しづつフェードアウトする

というやり方をお勧めします。

はっきりした言葉で彼に告げてしまうことは

敵対心を見せることにもつながってしまい

逆にものすごい攻撃にあうこともあります。

彼があまりにも怖いため

いうことを聞いてしまう場合もありますが

逆効果ですので、

いうことを聞いてしまってもいけません。

自己愛性人格障害のひとにしがみつくと

さらに恐ろしい地獄が待っていることを

忘れてはならないのです。

自己愛性人格障害のひとの優しさは

あなたが彼から離れられなくなった時に

精神的な虐待をするための

引き寄せ行為だと思って

まず間違いありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする