自己愛性人格障害のひとから攻撃をされないためにはどうしたらいいの?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとから

攻撃をされないためにはどうしたらいいか

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

その特徴により、

尊大な自分を魅せ付けていないと

いられないので

立派な人物に見えることが多いです。

そして、その立派な彼は

立派な人なのだから

きっと責任感のある、男らしい人、

のように見られることも多くあります。

ところが、

自己愛性人格障害のひとは

すべてのことにおいて

責任がまったく取れないのです。

自己愛性人格障害のひとは

常に尊大な自分を魅せているため

見せている自分ははたから見て

立派な人物に見えるかどうか

ということに注目して動いていますので

中身がありません。

ですから自分のしていることや言ったことに

責任が持てないのです。

そして何かあれば

こじつけてなんでもあなたのせいにして

自分はその責任から逃げようとします。

自己愛性人格障害のひとは

よく話し合いをしますが、話し合いも

問題を解決しようとしてしているわけではなく

ただあなたを攻撃したいだけなのです。

攻撃してあなたを悪者にすることによって

その責任から逃げようとします。

気づくと自己愛性人格障害のひとが

したこともすべて

あなたのせいになっているのです。

自己愛性人格障害のひとと

深く付き合ったことがある人は、

分かると思いますが

彼から何かにつけてあなたに質問され

それについて失敗すると

すべてあなたのせいにされる、

ということはありませんか?

自己愛性人格障害のひとは

あなたと会話をするときに

問題について解決するつもりで

話しているわけではありません。

ただ、あなたを嫌な気持ちにさせるつもりで

話していると心得ておいてください。

だから一生懸命、

彼に分かってもらおうとしたり

解決しようと提案をしても

怒られる可能性があると

初めから意識しておいてください。

だから彼と話し合いを

してはいけないのです。

話し合いをして解決できる

とも思わないでください。

彼にあなたを攻撃するチャンスを

与えてはいけません。

あなたに正義感があると

特に負けやすくなります。

自己愛性人格障害のひとは

無意識のうちに

あなたを攻撃するチャンスを待っていますので

あなたが不快な顔をしたり

落ち込んだ表情を見せると

彼はあなたに勝ったと思い

少しだけ満足します。

そしてさらに攻撃を強めてくるのです。

自己愛性人格障害のひとは

あなたを傷つけてるつもりで

話をしていますので

あなたが怒ったり反論をしたりすれば

あなたに正義という名の攻撃で

あなたをしかりつけることができます。

だからこれからあなたが心得ておくことは

できるだけ彼と

話し合いをしてはいけないのです。

世間一般の歩み寄りというのは

自己愛性人格障害のひとには

通用しません。

通用しない、というより

歩み寄りをすればするほど

攻撃をするチャンスを

与えてしまうことになるのです。

だから自己愛性人格障害のひとに

歩み寄りをしてはいけません。

自己愛性人格障害のひとには

歩み寄りをするのではなく

あなたの心を見せないことです。

できるだけ聞き役に回り

自己愛性人格障害のひとに

しゃべらせてあげてください。

自己愛性人格障害のひとは

共感力がないため、あなたの感情を

予測することができません。

だからあなたが

悲しそうな顔をしたり

苦しそうな顔をしたりすれば

あなたが辛いと認識して

彼のその攻撃はあなたに効くということを

あなたの表情から覚えてしまうのです。

あなたが嫌な顔を見せなければ

自己愛性人格障害のひとは

あなたが嫌かどうか判断することが

できません。

ですからその攻撃が

あなたに効くか効かないか

判断できないのです。

だから今後もその攻撃を

彼からされることはなくなります。

彼からの攻撃を受けたくなければ

あなたが何で悲しむかを

彼に学習させてはいけないのです。

自己愛性人格障害のひとは

立派な人物に見えることが

多いのでそんなことが分からないようには

見えないと思います。

ですが共感力がないことで

できないことはいろいろあるのです。

そしてその時も

敵対心は絶対に見せないように

気を付けておいてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする