自己愛性人格障害の人の被害者の特徴

こんにちは♡

今日は自己愛性自覚障害の

被害者の特徴について

お話したいと思います。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だった場合

はじめからターゲットだったわけでは

ありません。

 

自己愛性人格障害の人の

モラハラ行為は

相手がどれだけ許すかによって

自然に調節されます。

 

たとえば、あなたが

モラハラを

絶対に

受けないタイプの人だったとしたら

彼は、モラハラを

しようとも思いません。

 

モラハラも受けるタイプと

受けないタイプの人がいるのです。

 

自己愛性人格障害の人は

権力者や実力者には

弱いと言われています。

はっきりものをいうタイプは

苦手としていて、まず

自己愛性人格障害の人から

寄ってくることがありません。

 

反撃してきたり

攻撃するようなタイプは苦手なので

ターゲットにすることは、まずなく

自己愛性人格障害の人から

避けて通ります。

 

自己愛性人格障害の人の

近づいてくるタイプとしては

まず一生懸命な人です。

 

何事にもけなげに、

一生懸命やるような人は

自己愛性人格障害の人から

気に入られやすいでしょう。

 

そしてあったかい雰囲気の人も

好みと言えます。

優しくて温かい雰囲気の人には

自己愛性人格障害の人からも

どんどんよってきます。

 

だから自己愛性人格障害の人に

ターゲットにされたくなかったら

クールな雰囲気でいたほうが

自己愛性人格障害の人は

寄りづらく、

たとえ話しかけてきたとしても

短く淡々と

終わらせるようにしましょう。

 

自己愛性人格障害の人の

攻撃を受けるような人は

少しづつ彼の嫌がらせを

許してしまっています。

 

普通の人なら

ちょっとしたいたずらやからかいに

いちいち目くじらを立てる人は

少ないでしょう。

でも、そういった小さなことも

一切自分の嫌なことは受付けない

という人には、

自己愛性人格障害の人も

嫌がらせをする気にも

なれないのです。

 

そういったちょっとしたことでも

嫌なことは受付けない、

と決めている人のほうが

自己愛性人格障害の攻撃を受けず、

むしろのびのびとしていますので

いきやすく見えます。

 

自己愛性人格障害の人の攻撃を

受けたくなかったら

この、

ちょっと嫌なことを一切受付けない

勇気を持つのです。

 

そこではっきりと「嫌です!」と

言う必要はありません。

 

言わなくても

ただ、受付けつけないのです。

 

寛大な優しい人ほど

その場にいられなくなるほど

嫌われるように仕向けられ

むしろ少し気を使わなければ

ならないような人は

自己愛性人格障害のひとに

嫌がらせをされることはなく

むしろ自由に生き延びているのです。

 

この世の中に

常識の反対の考え方を持つ人がいて

そういった人のほうが

取り巻きがいて人気者に見えていたり

嫌なことを一切受付けない

冷たい人のほうが

生きやすい世の中だと言うことを

Tiaraははじめて知りました。

 

自己愛性人格障害の人から

攻撃を受けない人は

ただ、受付けない人、

これに限ります。

 

そしてそうやって世の中を見ていくと

今まで不思議だったことに

全て説明がつくのです。

 

世の中にはすべての人が

自己愛性人格障害か被害者ではなく

普通の人が大半です。

 

 

その普通の人、以外の人の中では

まったく常識とは

あべこべの出来事が

起こっているのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください